【長澤まさみ】真田丸 最悪の大河に2【受信料食い潰し】 [無断転載禁止]©2ch.net

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています
1日曜8時の名無しさん2017/01/24(火) 20:40:47.19
長澤まさみのせいで最悪の真田丸に
http://nhk.2ch.net/test/read.cgi/nhkdrama/1453715342/

2日曜8時の名無しさん2017/01/24(火) 20:47:40.10ID:QqSl5FBP
豚きり登場から早1年 悪夢がよみがえったな

3日曜8時の名無しさん2017/01/24(火) 20:52:53.23
巨大すぎるからや

4日曜8時の名無しさん2017/01/24(火) 21:09:11.68
酷いな

5日曜8時の名無しさん2017/01/24(火) 21:23:08.80
大コケwww

6日曜8時の名無しさん2017/01/24(火) 21:50:47.84ID:QqSl5FBP
大根婆にギャラ払うなよ!受信料返せ(怒)

7日曜8時の名無しさん2017/01/24(火) 22:17:35.71ID:YsoipA7t
長沢まさみの代表作になった

8日曜8時の名無しさん2017/01/24(火) 22:24:30.56
巨人症みたいなキモい顔

9日曜8時の名無しさん2017/01/24(火) 22:25:56.59
巨人症みたいなキモい顔

10日曜8時の名無しさん2017/01/24(火) 22:27:38.24
また大コケか

11日曜8時の名無しさん2017/01/24(火) 23:09:40.24ID:vUzeuq/1
代表作 クソ丸 豚きり(笑)

12日曜8時の名無しさん2017/01/25(水) 00:52:19.38
長澤ヲタが、八つ当たりで上野綾瀬向井玉木のアンチスレを乱立してるね

13日曜8時の名無しさん2017/01/25(水) 01:03:15.71
ヲタが痛すぎるw

14日曜8時の名無しさん2017/01/25(水) 08:44:04.86ID:QPSTsb7p
長澤ヲタはヘムタイで基地害ばかり

15日曜8時の名無しさん2017/01/25(水) 10:50:45.86
長澤ヲタ必死だよなあ

16日曜8時の名無しさん2017/01/25(水) 12:36:38.53
人気でも大負けしてんじゃゴリ押ししかないわけだ惨めで哀れ

17日曜8時の名無しさん2017/01/25(水) 13:05:45.64
ヲタ惨めだわ

18日曜8時の名無しさん2017/01/25(水) 17:41:49.46ID:Qo3LPdGk
みなさまの受信料無駄遣い!

19日曜8時の名無しさん2017/01/25(水) 19:53:37.77
死亡

20日曜8時の名無しさん2017/01/25(水) 20:36:39.06
こんな数字だしておいて、まったくゴシップ誌が叩かないところに

深い闇を感じるな

21日曜8時の名無しさん2017/01/25(水) 21:38:46.62
テレビ局のプロデューサーと寝てるからな

22日曜8時の名無しさん2017/01/26(木) 02:10:05.85
ぶさみきんもー

23日曜8時の名無しさん2017/01/26(木) 10:20:29.28
ブサ

24日曜8時の名無しさん2017/01/26(木) 13:29:06.28ID:huqKEMx0
長澤も落ちぶれたなー
すっかり芋姉ちゃんになった

25日曜8時の名無しさん2017/01/27(金) 01:36:27.72
最近のNHKはネット対策にも金使ってるから

26日曜8時の名無しさん2017/01/27(金) 01:39:12.74
>>20
大河放送後たった数分で新聞の提灯記事が出て
すぐそのスレが立ったり
最近のNHKはネット対策にも金使ってるから

27日曜8時の名無しさん2017/01/27(金) 10:57:11.18
きもいよなあブサ美

28日曜8時の名無しさん2017/01/27(金) 19:18:22.80
枕でチャラ

29日曜8時の名無しさん2017/01/28(土) 04:21:28.80ID:RfjtFKqw
能力ない性悪女きしょい!

30日曜8時の名無しさん2017/01/28(土) 13:56:35.81
徹底的に潰そう
受信料泥棒だ

31日曜8時の名無しさん2017/01/28(土) 17:02:24.39
バックが強力なのでつぶせません

32日曜8時の名無しさん2017/01/28(土) 18:21:30.42ID:qc1Q+mxI
https://goo.gl/RJtxwh
これ本当??
すごいショック。。

33日曜8時の名無しさん2017/01/28(土) 20:15:46.32
バックが強力なのでつぶせません

34日曜8時の名無しさん2017/01/28(土) 20:20:18.22
本来なら刺し身に乗ってる菊の花的な器しかないのに主役をやらされた挙句
役の幅が狭いのに

35日曜8時の名無しさん2017/01/28(土) 21:10:29.71
要するにゴリ押し

36日曜8時の名無しさん2017/01/28(土) 22:41:39.79ID:tWk+d4Hv
ごきぶり女

37日曜8時の名無しさん2017/01/29(日) 01:06:53.02
顔も髪型もなんのひねりも無くいつも同じで飽き飽き
前髪のベタってしてるのも気になる

38日曜8時の名無しさん2017/01/29(日) 01:08:59.78
飽き飽き

39日曜8時の名無しさん2017/01/29(日) 01:50:48.27
ほんと人気無いのにごり押しされてるよね

40日曜8時の名無しさん2017/01/29(日) 07:29:53.09ID:TJtXA/q9
顔でかいw 態度でかい‼
そのくせ三流演技のクソ大根

41日曜8時の名無しさん2017/01/29(日) 08:39:42.32ID:OcZ3E7zc
【青戸6丁目住民一同の告発(住民代表・色川高志)】

秋葉原通り魔事件で逮捕された加藤智大氏は、明らかに冤罪

http://youtu.be/gj0X2qLNbUg

42日曜8時の名無しさん2017/01/29(日) 10:20:44.35
キチガイ

43日曜8時の名無しさん2017/01/29(日) 10:48:49.37ID:jJnA4jru
元からミュージカルやってる人たちに失礼なストリップ

44日曜8時の名無しさん2017/01/29(日) 11:39:44.97ID:4v5WPtNx
ミュージカルは題材がそうだから まだしも…なんでNHK大河で無理矢理コントで大根足晒すんだ?笑
駄目な演技をカバーするお色気路線ってやつか?笑
女優やるならそっち系か 三流グラビアババドルでもやってろよ!

45日曜8時の名無しさん2017/01/30(月) 03:48:05.03ID:jsAzdWZt
顔がでかい態度もでかいが ちんけな女優

46日曜8時の名無しさん2017/01/30(月) 03:48:41.41ID:jsAzdWZt
ババァきもいよ()

47日曜8時の名無しさん2017/01/30(月) 03:51:01.82ID:jsAzdWZt
カス女優が大河に出るから有能な可愛いヒロインの出る幕が…orz

48日曜8時の名無しさん2017/01/30(月) 09:18:35.79ID:34MzZItc
水死体顔のくせにキモイんだよ

49日曜8時の名無しさん2017/01/30(月) 21:17:28.56
大コケw

50日曜8時の名無しさん2017/01/30(月) 22:47:13.51ID:cHsUZZu8
場違いな女優

51日曜8時の名無しさん2017/01/31(火) 00:06:20.81ID:lnbmJx2g
枕営業乙

52日曜8時の名無しさん2017/01/31(火) 00:07:08.74
オワコンざまぁwww

53日曜8時の名無しさん2017/01/31(火) 01:31:43.17
惨めやなあ

54日曜8時の名無しさん2017/01/31(火) 01:42:12.20
自覚して引退しな

55日曜8時の名無しさん2017/01/31(火) 06:54:00.29ID:zwu1Lntx
……………………




直虎の井伊家といえば彦根城(天守閣広場から眺める)

https://www.youtube.com/watch?v=QGa8AkcQ6-M

……………………

56日曜8時の名無しさん2017/01/31(火) 08:00:18.89ID:z/gaE6Rn
大根のくせに次から次へと仕事やってるようじゃないか!
スクリーンで でかいツラ見るのは勘弁w

57日曜8時の名無しさん2017/01/31(火) 08:01:24.93ID:z/gaE6Rn
ぶす!

58日曜8時の名無しさん2017/01/31(火) 10:03:16.00
ここまで不人気で実力も無く、結果も出せてないやつを
イメージ操作して、無理やり国民に押し付けようとされてるタレントって、過去芸能界にいたかな?

59日曜8時の名無しさん2017/01/31(火) 12:22:00.82
いないと思う
上戸を超えてるよ

60日曜8時の名無しさん2017/01/31(火) 12:26:16.83ID:k30tlNe6
剛力を見習って大根なんだから深夜枠に異動しろよ

61日曜8時の名無しさん2017/01/31(火) 12:34:51.59
まったく需要無いんだから、自覚して引退しなよ

62日曜8時の名無しさん2017/01/31(火) 12:59:39.76
ダウン症みたいな間延びした顔だね

63日曜8時の名無しさん2017/01/31(火) 13:06:17.92
朝ドラor再来年の五輪大河の主要キャストでまたゴリ押しされると思う

64日曜8時の名無しさん2017/01/31(火) 14:34:34.26
やはり全力でこういうぶさみのような膿は排除すべきだな

65日曜8時の名無しさん2017/01/31(火) 14:36:21.29
やはり全力でこういうぶさみのような膿は排除すべきだな

66日曜8時の名無しさん2017/01/31(火) 15:03:38.96ID:rcRMoIw0
>>63
朝から水死体顔の疫病神が映ったら1日が台無しになる

67日曜8時の名無しさん2017/01/31(火) 15:04:50.53ID:rcRMoIw0
五輪大河より 不倫汚物キャラがお似合い

68日曜8時の名無しさん2017/01/31(火) 17:51:36.60
みんなで無能ゴリ押し長澤まさみを潰そう

69日曜8時の名無しさん2017/01/31(火) 23:16:35.70ID:n6XAE3I+
とりま、受信料払ってるNHKでは こいつの起用やめて欲しい

70日曜8時の名無しさん2017/02/01(水) 01:54:52.60
ほうれい線

71日曜8時の名無しさん2017/02/01(水) 01:58:19.63
しねえ

72日曜8時の名無しさん2017/02/01(水) 02:09:20.79ID:zC7VJDRy
ババァ顔だよねw

73日曜8時の名無しさん2017/02/01(水) 03:20:29.48ID:ZWwMMDq1
アメリカ先住民の祖先は、最大2万3000年前に1回の集団移動でシベリア(Siberia)から米大陸に渡ったとする、DNA分析に基づく研究結果が21
日、発表された。現在の
さまざまなグループに分化したのは後の時代になってからだという。地球の最終氷期に、現在のロシアと米アラスカ(Alaska)州を結ぶベーリング海
峡(Bering Strait)の陸地と氷を横断してやってきた祖先が米大陸に定住したとする説については、大半の
科学者から支持されており、また、米大陸には1万5000年前にすでに人類が存在していたことも考古学的な発見によって判明している。
だが、未解決の問題も数多くある。集団移動の時期とその回数、そして、アジア大陸と米大陸の間に当時隆起していた陸地部分のベーリング地峡
(Beringia)で、これら初期の開拓者らがどのくらいの期間を過ごしたのか、など。今回発表された2件の研究結果は、現代と古代の米先住民および
シベリア先住民のDNAを分析することで、これらの問題の空欄の一部を埋めることを目指したもので、21日の米科学誌
「サイエンス(Science)」と英科学誌ネイチャー(Nature)にそれぞれ発表された。サイエンス誌に掲載されたのは、デンマーク・コペンハーゲン大
学(University of Copenhagen)地理遺伝学センター(Centre for GeoGenetics)が主導したもので、米大陸への集団移動が
2万3000年前以降に最初の1回だけ行われたことが分かったとしている。論文によると、コペンハーゲン大の研究チームは、この祖先の集団が、約1
万3000年前に2つの主要系統に分岐したことを発見した。これは、氷河が融解して北米大陸の内陸部への経路が
開かれた時期と一致するという。
研究は、これらの2系統が、人類学でアメリンディアンとアサバスカンと呼ばれる先住民グループになったとしている。これまでの研究では、アメリ
ンディアンの祖先とアサバスカンの祖先がそれぞれ個別にベーリング海峡を横断したことが示唆されていた。論文主執筆者の一人、マーナサ・ラガバ
ン(Maanasa Raghavan)氏は「今回の研究は、米大陸の遺伝的先史時代に関する、これまでで最も包括的な全体像を提示するものだ」と語る。ラガ
バン氏は、「アメリンディアンとアサバスカンの主要サブグループを含む全ての米先住民は、米大陸に渡った同一の移住者集団の子孫であることを、今
回の研究は示している」と述べ、
北米北極圏のパレオ・エスキモー(Paleo-Eskimo)やイヌイット(Inuit)などの民族を発生させることとなった後の時代の移住者集団とは明確に異な
ると続けた。研究チームは、また、米大陸での人類の存在を示す最古の証拠が1万5000年前のものであることを考えると、最初期の祖先が最終的に米
大陸に流入するまでのベーリング地峡にとどまっていた
期間は、最大で8000年続いた可能性があると指摘している。一部の従来の研究では、このベーリング地峡で孤立していた期間を数万年とする説も提唱
されているが、この8000年はそれよりはるかに短い。今日存在が知られているさまざまな民族集団への多様化は、祖先が米大陸に足を踏み入れる前で
はなく、到達した後に初めて起きたとされる。ネイチャー誌に発表された別の研究では、南米アマゾン(Amazon)の先住民の一部は、現代で仲間とさ
れるアメリカ先住民より、オーストラリア、ニューギニア島(New Guinea)、インド洋
アンダマン諸島(Andaman Islands)などの先住民に近い近縁関係にある祖先の系統を引いていることが分かったとされた。
アメリカ先住民がユーラシア(Eurasia)大陸からやってきたとすると、初期米先住民の骨格の一部が、現在のオーストラレーシア(オーストラリア、
ニュージーランド、周辺の島々の総称)の人々と
共通の特徴を持っている理由についても説明できることになる。だが、この祖先がいつ、どのようにして米大陸にやってきたかは依然として「未解決
の問題」だと論文は指摘している。(c)AFP/Mariette LE ROUX
生物多様性の保全や持続可能な生物資源の利用に関する施策を推進することを目的として2008年に「生物多様性基本法」が制定され、その成立を
受けて2010年に「生物多様性国家戦略
2010」が閣議決定されました。この施策を推進するための基盤となる技術の1つが生物多様性のモニタリングです。ところが、海や川や湖沼で魚
の多様性をモニタリングしようとすると、水中に潜って
観察したり網などの漁具を使って捕るなど、大きな労力と費用に加えて長期間にわたる調査が必要でした。さらに、日本に生息が確認されている魚だ
けでも4,000種以上いるため、目視や標本の観察により魚の種類を決めるためには、高度に専門的な知識と経験が必要でした

74日曜8時の名無しさん2017/02/01(水) 03:20:48.32ID:ZWwMMDq1
アメリカ先住民の祖先は、最大2万3000年前に1回の集団移動でシベリア(Siberia)から米大陸に渡ったとする、DNA分析に基づく研究結果が21
日、発表された。現在の
さまざまなグループに分化したのは後の時代になってからだという。地球の最終氷期に、現在のロシアと米アラスカ(Alaska)州を結ぶベーリング海
峡(Bering Strait)の陸地と氷を横断してやってきた祖先が米大陸に定住したとする説については、大半の
科学者から支持されており、また、米大陸には1万5000年前にすでに人類が存在していたことも考古学的な発見によって判明している。
だが、未解決の問題も数多くある。集団移動の時期とその回数、そして、アジア大陸と米大陸の間に当時隆起していた陸地部分のベーリング地峡
(Beringia)で、これら初期の開拓者らがどのくらいの期間を過ごしたのか、など。今回発表された2件の研究結果は、現代と古代の米先住民および
シベリア先住民のDNAを分析することで、これらの問題の空欄の一部を埋めることを目指したもので、21日の米科学誌
「サイエンス(Science)」と英科学誌ネイチャー(Nature)にそれぞれ発表された。サイエンス誌に掲載されたのは、デンマーク・コペンハーゲン大
学(University of Copenhagen)地理遺伝学センター(Centre for GeoGenetics)が主導したもので、米大陸への集団移動が
2万3000年前以降に最初の1回だけ行われたことが分かったとしている。論文によると、コペンハーゲン大の研究チームは、この祖先の集団が、約1
万3000年前に2つの主要系統に分岐したことを発見した。これは、氷河が融解して北米大陸の内陸部への経路が
開かれた時期と一致するという。
研究は、これらの2系統が、人類学でアメリンディアンとアサバスカンと呼ばれる先住民グループになったとしている。これまでの研究では、アメリ
ンディアンの祖先とアサバスカンの祖先がそれぞれ個別にベーリング海峡を横断したことが示唆されていた。論文主執筆者の一人、マーナサ・ラガバ
ン(Maanasa Raghavan)氏は「今回の研究は、米大陸の遺伝的先史時代に関する、これまでで最も包括的な全体像を提示するものだ」と語る。ラガ
バン氏は、「アメリンディアンとアサバスカンの主要サブグループを含む全ての米先住民は、米大陸に渡った同一の移住者集団の子孫であることを、今
回の研究は示している」と述べ、
北米北極圏のパレオ・エスキモー(Paleo-Eskimo)やイヌイット(Inuit)などの民族を発生させることとなった後の時代の移住者集団とは明確に異な
ると続けた。研究チームは、また、米大陸での人類の存在を示す最古の証拠が1万5000年前のものであることを考えると、最初期の祖先が最終的に米
大陸に流入するまでのベーリング地峡にとどまっていた
期間は、最大で8000年続いた可能性があると指摘している。一部の従来の研究では、このベーリング地峡で孤立していた期間を数万年とする説も提唱
されているが、この8000年はそれよりはるかに短い。今日存在が知られているさまざまな民族集団への多様化は、祖先が米大陸に足を踏み入れる前で
はなく、到達した後に初めて起きたとされる。ネイチャー誌に発表された別の研究では、南米アマゾン(Amazon)の先住民の一部は、現代で仲間とさ
れるアメリカ先住民より、オーストラリア、ニューギニア島(New Guinea)、インド洋
アンダマン諸島(Andaman Islands)などの先住民に近い近縁関係にある祖先の系統を引いていることが分かったとされた。
アメリカ先住民がユーラシア(Eurasia)大陸からやってきたとすると、初期米先住民の骨格の一部が、現在のオーストラレーシア(オーストラリア、
ニュージーランド、周辺の島々の総称)の人々と
共通の特徴を持っている理由についても説明できることになる。だが、この祖先がいつ、どのようにして米大陸にやってきたかは依然として「未解決
の問題」だと論文は指摘している。(c)AFP/Mariette LE ROUX
生物多様性の保全や持続可能な生物資源の利用に関する施策を推進することを目的として2008年に「生物多様性基本法」が制定され、その成立を
受けて2010年に「生物多様性国家戦略
2010」が閣議決定されました。この施策を推進するための基盤となる技術の1つが生物多様性のモニタリングです。ところが、海や川や湖沼で魚
の多様性をモニタリングしようとすると、水中に潜って
観察したり網などの漁具を使って捕るなど、大きな労力と費用に加えて長期間にわたる調査が必要でした。さらに、日本に生息が確認されている魚だ
けでも4,000種以上いるため、目視や標本の観察により魚の種類を決めるためには、高度に専門的な知識と経験が必要でした

75日曜8時の名無しさん2017/02/01(水) 03:21:03.04ID:ZWwMMDq1
アメリカ先住民の祖先は、最大2万3000年前に1回の集団移動でシベリア(Siberia)から米大陸に渡ったとする、DNA分析に基づく研究結果が21
日、発表された。現在の
さまざまなグループに分化したのは後の時代になってからだという。地球の最終氷期に、現在のロシアと米アラスカ(Alaska)州を結ぶベーリング海
峡(Bering Strait)の陸地と氷を横断してやってきた祖先が米大陸に定住したとする説については、大半の
科学者から支持されており、また、米大陸には1万5000年前にすでに人類が存在していたことも考古学的な発見によって判明している。
だが、未解決の問題も数多くある。集団移動の時期とその回数、そして、アジア大陸と米大陸の間に当時隆起していた陸地部分のベーリング地峡
(Beringia)で、これら初期の開拓者らがどのくらいの期間を過ごしたのか、など。今回発表された2件の研究結果は、現代と古代の米先住民および
シベリア先住民のDNAを分析することで、これらの問題の空欄の一部を埋めることを目指したもので、21日の米科学誌
「サイエンス(Science)」と英科学誌ネイチャー(Nature)にそれぞれ発表された。サイエンス誌に掲載されたのは、デンマーク・コペンハーゲン大
学(University of Copenhagen)地理遺伝学センター(Centre for GeoGenetics)が主導したもので、米大陸への集団移動が
2万3000年前以降に最初の1回だけ行われたことが分かったとしている。論文によると、コペンハーゲン大の研究チームは、この祖先の集団が、約1
万3000年前に2つの主要系統に分岐したことを発見した。これは、氷河が融解して北米大陸の内陸部への経路が
開かれた時期と一致するという。
研究は、これらの2系統が、人類学でアメリンディアンとアサバスカンと呼ばれる先住民グループになったとしている。これまでの研究では、アメリ
ンディアンの祖先とアサバスカンの祖先がそれぞれ個別にベーリング海峡を横断したことが示唆されていた。論文主執筆者の一人、マーナサ・ラガバ
ン(Maanasa Raghavan)氏は「今回の研究は、米大陸の遺伝的先史時代に関する、これまでで最も包括的な全体像を提示するものだ」と語る。ラガ
バン氏は、「アメリンディアンとアサバスカンの主要サブグループを含む全ての米先住民は、米大陸に渡った同一の移住者集団の子孫であることを、今
回の研究は示している」と述べ、
北米北極圏のパレオ・エスキモー(Paleo-Eskimo)やイヌイット(Inuit)などの民族を発生させることとなった後の時代の移住者集団とは明確に異な
ると続けた。研究チームは、また、米大陸での人類の存在を示す最古の証拠が1万5000年前のものであることを考えると、最初期の祖先が最終的に米
大陸に流入するまでのベーリング地峡にとどまっていた
期間は、最大で8000年続いた可能性があると指摘している。一部の従来の研究では、このベーリング地峡で孤立していた期間を数万年とする説も提唱
されているが、この8000年はそれよりはるかに短い。今日存在が知られているさまざまな民族集団への多様化は、祖先が米大陸に足を踏み入れる前で
はなく、到達した後に初めて起きたとされる。ネイチャー誌に発表された別の研究では、南米アマゾン(Amazon)の先住民の一部は、現代で仲間とさ
れるアメリカ先住民より、オーストラリア、ニューギニア島(New Guinea)、インド洋
アンダマン諸島(Andaman Islands)などの先住民に近い近縁関係にある祖先の系統を引いていることが分かったとされた。
アメリカ先住民がユーラシア(Eurasia)大陸からやってきたとすると、初期米先住民の骨格の一部が、現在のオーストラレーシア(オーストラリア、
ニュージーランド、周辺の島々の総称)の人々と
共通の特徴を持っている理由についても説明できることになる。だが、この祖先がいつ、どのようにして米大陸にやってきたかは依然として「未解決
の問題」だと論文は指摘している。(c)AFP/Mariette LE ROUX
生物多様性の保全や持続可能な生物資源の利用に関する施策を推進することを目的として2008年に「生物多様性基本法」が制定され、その成立を
受けて2010年に「生物多様性国家戦略
2010」が閣議決定されました。この施策を推進するための基盤となる技術の1つが生物多様性のモニタリングです。ところが、海や川や湖沼で魚
の多様性をモニタリングしようとすると、水中に潜って
観察したり網などの漁具を使って捕るなど、大きな労力と費用に加えて長期間にわたる調査が必要でした。さらに、日本に生息が確認されている魚だ
けでも4,000種以上いるため、目視や標本の観察により魚の種類を決めるためには、高度に専門的な知識と経験が必要でした

76日曜8時の名無しさん2017/02/01(水) 03:21:18.13ID:ZWwMMDq1
アメリカ先住民の祖先は、最大2万3000年前に1回の集団移動でシベリア(Siberia)から米大陸に渡ったとする、DNA分析に基づく研究結果が21
日、発表された。現在の
さまざまなグループに分化したのは後の時代になってからだという。地球の最終氷期に、現在のロシアと米アラスカ(Alaska)州を結ぶベーリング海
峡(Bering Strait)の陸地と氷を横断してやってきた祖先が米大陸に定住したとする説については、大半の
科学者から支持されており、また、米大陸には1万5000年前にすでに人類が存在していたことも考古学的な発見によって判明している。
だが、未解決の問題も数多くある。集団移動の時期とその回数、そして、アジア大陸と米大陸の間に当時隆起していた陸地部分のベーリング地峡
(Beringia)で、これら初期の開拓者らがどのくらいの期間を過ごしたのか、など。今回発表された2件の研究結果は、現代と古代の米先住民および
シベリア先住民のDNAを分析することで、これらの問題の空欄の一部を埋めることを目指したもので、21日の米科学誌
「サイエンス(Science)」と英科学誌ネイチャー(Nature)にそれぞれ発表された。サイエンス誌に掲載されたのは、デンマーク・コペンハーゲン大
学(University of Copenhagen)地理遺伝学センター(Centre for GeoGenetics)が主導したもので、米大陸への集団移動が
2万3000年前以降に最初の1回だけ行われたことが分かったとしている。論文によると、コペンハーゲン大の研究チームは、この祖先の集団が、約1
万3000年前に2つの主要系統に分岐したことを発見した。これは、氷河が融解して北米大陸の内陸部への経路が
開かれた時期と一致するという。
研究は、これらの2系統が、人類学でアメリンディアンとアサバスカンと呼ばれる先住民グループになったとしている。これまでの研究では、アメリ
ンディアンの祖先とアサバスカンの祖先がそれぞれ個別にベーリング海峡を横断したことが示唆されていた。論文主執筆者の一人、マーナサ・ラガバ
ン(Maanasa Raghavan)氏は「今回の研究は、米大陸の遺伝的先史時代に関する、これまでで最も包括的な全体像を提示するものだ」と語る。ラガ
バン氏は、「アメリンディアンとアサバスカンの主要サブグループを含む全ての米先住民は、米大陸に渡った同一の移住者集団の子孫であることを、今
回の研究は示している」と述べ、
北米北極圏のパレオ・エスキモー(Paleo-Eskimo)やイヌイット(Inuit)などの民族を発生させることとなった後の時代の移住者集団とは明確に異な
ると続けた。研究チームは、また、米大陸での人類の存在を示す最古の証拠が1万5000年前のものであることを考えると、最初期の祖先が最終的に米
大陸に流入するまでのベーリング地峡にとどまっていた
期間は、最大で8000年続いた可能性があると指摘している。一部の従来の研究では、このベーリング地峡で孤立していた期間を数万年とする説も提唱
されているが、この8000年はそれよりはるかに短い。今日存在が知られているさまざまな民族集団への多様化は、祖先が米大陸に足を踏み入れる前で
はなく、到達した後に初めて起きたとされる。ネイチャー誌に発表された別の研究では、南米アマゾン(Amazon)の先住民の一部は、現代で仲間とさ
れるアメリカ先住民より、オーストラリア、ニューギニア島(New Guinea)、インド洋
アンダマン諸島(Andaman Islands)などの先住民に近い近縁関係にある祖先の系統を引いていることが分かったとされた。
アメリカ先住民がユーラシア(Eurasia)大陸からやってきたとすると、初期米先住民の骨格の一部が、現在のオーストラレーシア(オーストラリア、
ニュージーランド、周辺の島々の総称)の人々と
共通の特徴を持っている理由についても説明できることになる。だが、この祖先がいつ、どのようにして米大陸にやってきたかは依然として「未解決
の問題」だと論文は指摘している。(c)AFP/Mariette LE ROUX
生物多様性の保全や持続可能な生物資源の利用に関する施策を推進することを目的として2008年に「生物多様性基本法」が制定され、その成立を
受けて2010年に「生物多様性国家戦略
2010」が閣議決定されました。この施策を推進するための基盤となる技術の1つが生物多様性のモニタリングです。ところが、海や川や湖沼で魚
の多様性をモニタリングしようとすると、水中に潜って
観察したり網などの漁具を使って捕るなど、大きな労力と費用に加えて長期間にわたる調査が必要でした。さらに、日本に生息が確認されている魚だ
けでも4,000種以上いるため、目視や標本の観察により魚の種類を決めるためには、高度に専門的な知識と経験が必要でした

77日曜8時の名無しさん2017/02/01(水) 03:21:32.94ID:ZWwMMDq1
アメリカ先住民の祖先は、最大2万3000年前に1回の集団移動でシベリア(Siberia)から米大陸に渡ったとする、DNA分析に基づく研究結果が21
日、発表された。現在の
さまざまなグループに分化したのは後の時代になってからだという。地球の最終氷期に、現在のロシアと米アラスカ(Alaska)州を結ぶベーリング海
峡(Bering Strait)の陸地と氷を横断してやってきた祖先が米大陸に定住したとする説については、大半の
科学者から支持されており、また、米大陸には1万5000年前にすでに人類が存在していたことも考古学的な発見によって判明している。
だが、未解決の問題も数多くある。集団移動の時期とその回数、そして、アジア大陸と米大陸の間に当時隆起していた陸地部分のベーリング地峡
(Beringia)で、これら初期の開拓者らがどのくらいの期間を過ごしたのか、など。今回発表された2件の研究結果は、現代と古代の米先住民および
シベリア先住民のDNAを分析することで、これらの問題の空欄の一部を埋めることを目指したもので、21日の米科学誌
「サイエンス(Science)」と英科学誌ネイチャー(Nature)にそれぞれ発表された。サイエンス誌に掲載されたのは、デンマーク・コペンハーゲン大
学(University of Copenhagen)地理遺伝学センター(Centre for GeoGenetics)が主導したもので、米大陸への集団移動が
2万3000年前以降に最初の1回だけ行われたことが分かったとしている。論文によると、コペンハーゲン大の研究チームは、この祖先の集団が、約1
万3000年前に2つの主要系統に分岐したことを発見した。これは、氷河が融解して北米大陸の内陸部への経路が
開かれた時期と一致するという。
研究は、これらの2系統が、人類学でアメリンディアンとアサバスカンと呼ばれる先住民グループになったとしている。これまでの研究では、アメリ
ンディアンの祖先とアサバスカンの祖先がそれぞれ個別にベーリング海峡を横断したことが示唆されていた。論文主執筆者の一人、マーナサ・ラガバ
ン(Maanasa Raghavan)氏は「今回の研究は、米大陸の遺伝的先史時代に関する、これまでで最も包括的な全体像を提示するものだ」と語る。ラガ
バン氏は、「アメリンディアンとアサバスカンの主要サブグループを含む全ての米先住民は、米大陸に渡った同一の移住者集団の子孫であることを、今
回の研究は示している」と述べ、
北米北極圏のパレオ・エスキモー(Paleo-Eskimo)やイヌイット(Inuit)などの民族を発生させることとなった後の時代の移住者集団とは明確に異な
ると続けた。研究チームは、また、米大陸での人類の存在を示す最古の証拠が1万5000年前のものであることを考えると、最初期の祖先が最終的に米
大陸に流入するまでのベーリング地峡にとどまっていた
期間は、最大で8000年続いた可能性があると指摘している。一部の従来の研究では、このベーリング地峡で孤立していた期間を数万年とする説も提唱
されているが、この8000年はそれよりはるかに短い。今日存在が知られているさまざまな民族集団への多様化は、祖先が米大陸に足を踏み入れる前で
はなく、到達した後に初めて起きたとされる。ネイチャー誌に発表された別の研究では、南米アマゾン(Amazon)の先住民の一部は、現代で仲間とさ
れるアメリカ先住民より、オーストラリア、ニューギニア島(New Guinea)、インド洋
アンダマン諸島(Andaman Islands)などの先住民に近い近縁関係にある祖先の系統を引いていることが分かったとされた。
アメリカ先住民がユーラシア(Eurasia)大陸からやってきたとすると、初期米先住民の骨格の一部が、現在のオーストラレーシア(オーストラリア、
ニュージーランド、周辺の島々の総称)の人々と
共通の特徴を持っている理由についても説明できることになる。だが、この祖先がいつ、どのようにして米大陸にやってきたかは依然として「未解決
の問題」だと論文は指摘している。(c)AFP/Mariette LE ROUX
生物多様性の保全や持続可能な生物資源の利用に関する施策を推進することを目的として2008年に「生物多様性基本法」が制定され、その成立を
受けて2010年に「生物多様性国家戦略
2010」が閣議決定されました。この施策を推進するための基盤となる技術の1つが生物多様性のモニタリングです。ところが、海や川や湖沼で魚
の多様性をモニタリングしようとすると、水中に潜って
観察したり網などの漁具を使って捕るなど、大きな労力と費用に加えて長期間にわたる調査が必要でした。さらに、日本に生息が確認されている魚だ
けでも4,000種以上いるため、目視や標本の観察により魚の種類を決めるためには、高度に専門的な知識と経験が必要でした

78日曜8時の名無しさん2017/02/01(水) 03:21:46.86ID:ZWwMMDq1
アメリカ先住民の祖先は、最大2万3000年前に1回の集団移動でシベリア(Siberia)から米大陸に渡ったとする、DNA分析に基づく研究結果が21
日、発表された。現在の
さまざまなグループに分化したのは後の時代になってからだという。地球の最終氷期に、現在のロシアと米アラスカ(Alaska)州を結ぶベーリング海
峡(Bering Strait)の陸地と氷を横断してやってきた祖先が米大陸に定住したとする説については、大半の
科学者から支持されており、また、米大陸には1万5000年前にすでに人類が存在していたことも考古学的な発見によって判明している。
だが、未解決の問題も数多くある。集団移動の時期とその回数、そして、アジア大陸と米大陸の間に当時隆起していた陸地部分のベーリング地峡
(Beringia)で、これら初期の開拓者らがどのくらいの期間を過ごしたのか、など。今回発表された2件の研究結果は、現代と古代の米先住民および
シベリア先住民のDNAを分析することで、これらの問題の空欄の一部を埋めることを目指したもので、21日の米科学誌
「サイエンス(Science)」と英科学誌ネイチャー(Nature)にそれぞれ発表された。サイエンス誌に掲載されたのは、デンマーク・コペンハーゲン大
学(University of Copenhagen)地理遺伝学センター(Centre for GeoGenetics)が主導したもので、米大陸への集団移動が
2万3000年前以降に最初の1回だけ行われたことが分かったとしている。論文によると、コペンハーゲン大の研究チームは、この祖先の集団が、約1
万3000年前に2つの主要系統に分岐したことを発見した。これは、氷河が融解して北米大陸の内陸部への経路が
開かれた時期と一致するという。
研究は、これらの2系統が、人類学でアメリンディアンとアサバスカンと呼ばれる先住民グループになったとしている。これまでの研究では、アメリ
ンディアンの祖先とアサバスカンの祖先がそれぞれ個別にベーリング海峡を横断したことが示唆されていた。論文主執筆者の一人、マーナサ・ラガバ
ン(Maanasa Raghavan)氏は「今回の研究は、米大陸の遺伝的先史時代に関する、これまでで最も包括的な全体像を提示するものだ」と語る。ラガ
バン氏は、「アメリンディアンとアサバスカンの主要サブグループを含む全ての米先住民は、米大陸に渡った同一の移住者集団の子孫であることを、今
回の研究は示している」と述べ、
北米北極圏のパレオ・エスキモー(Paleo-Eskimo)やイヌイット(Inuit)などの民族を発生させることとなった後の時代の移住者集団とは明確に異な
ると続けた。研究チームは、また、米大陸での人類の存在を示す最古の証拠が1万5000年前のものであることを考えると、最初期の祖先が最終的に米
大陸に流入するまでのベーリング地峡にとどまっていた
期間は、最大で8000年続いた可能性があると指摘している。一部の従来の研究では、このベーリング地峡で孤立していた期間を数万年とする説も提唱
されているが、この8000年はそれよりはるかに短い。今日存在が知られているさまざまな民族集団への多様化は、祖先が米大陸に足を踏み入れる前で
はなく、到達した後に初めて起きたとされる。ネイチャー誌に発表された別の研究では、南米アマゾン(Amazon)の先住民の一部は、現代で仲間とさ
れるアメリカ先住民より、オーストラリア、ニューギニア島(New Guinea)、インド洋
アンダマン諸島(Andaman Islands)などの先住民に近い近縁関係にある祖先の系統を引いていることが分かったとされた。
アメリカ先住民がユーラシア(Eurasia)大陸からやってきたとすると、初期米先住民の骨格の一部が、現在のオーストラレーシア(オーストラリア、
ニュージーランド、周辺の島々の総称)の人々と
共通の特徴を持っている理由についても説明できることになる。だが、この祖先がいつ、どのようにして米大陸にやってきたかは依然として「未解決
の問題」だと論文は指摘している。(c)AFP/Mariette LE ROUX
生物多様性の保全や持続可能な生物資源の利用に関する施策を推進することを目的として2008年に「生物多様性基本法」が制定され、その成立を
受けて2010年に「生物多様性国家戦略
2010」が閣議決定されました。この施策を推進するための基盤となる技術の1つが生物多様性のモニタリングです。ところが、海や川や湖沼で魚
の多様性をモニタリングしようとすると、水中に潜って
観察したり網などの漁具を使って捕るなど、大きな労力と費用に加えて長期間にわたる調査が必要でした。さらに、日本に生息が確認されている魚だ
けでも4,000種以上いるため、目視や標本の観察により魚の種類を決めるためには、高度に専門的な知識と経験が必要でした

79日曜8時の名無しさん2017/02/01(水) 03:22:19.28ID:ZWwMMDq1
アメリカ先住民の祖先は、最大2万3000年前に1回の集団移動でシベリア(Siberia)から米大陸に渡ったとする、DNA分析に基づく研究結果が21
日、発表された。現在の
さまざまなグループに分化したのは後の時代になってからだという。地球の最終氷期に、現在のロシアと米アラスカ(Alaska)州を結ぶベーリング海
峡(Bering Strait)の陸地と氷を横断してやってきた祖先が米大陸に定住したとする説については、大半の
科学者から支持されており、また、米大陸には1万5000年前にすでに人類が存在していたことも考古学的な発見によって判明している。
だが、未解決の問題も数多くある。集団移動の時期とその回数、そして、アジア大陸と米大陸の間に当時隆起していた陸地部分のベーリング地峡
(Beringia)で、これら初期の開拓者らがどのくらいの期間を過ごしたのか、など。今回発表された2件の研究結果は、現代と古代の米先住民および
シベリア先住民のDNAを分析することで、これらの問題の空欄の一部を埋めることを目指したもので、21日の米科学誌
「サイエンス(Science)」と英科学誌ネイチャー(Nature)にそれぞれ発表された。サイエンス誌に掲載されたのは、デンマーク・コペンハーゲン大
学(University of Copenhagen)地理遺伝学センター(Centre for GeoGenetics)が主導したもので、米大陸への集団移動が
2万3000年前以降に最初の1回だけ行われたことが分かったとしている。論文によると、コペンハーゲン大の研究チームは、この祖先の集団が、約1
万3000年前に2つの主要系統に分岐したことを発見した。これは、氷河が融解して北米大陸の内陸部への経路が
開かれた時期と一致するという。
研究は、これらの2系統が、人類学でアメリンディアンとアサバスカンと呼ばれる先住民グループになったとしている。これまでの研究では、アメリ
ンディアンの祖先とアサバスカンの祖先がそれぞれ個別にベーリング海峡を横断したことが示唆されていた。論文主執筆者の一人、マーナサ・ラガバ
ン(Maanasa Raghavan)氏は「今回の研究は、米大陸の遺伝的先史時代に関する、これまでで最も包括的な全体像を提示するものだ」と語る。ラガ
バン氏は、「アメリンディアンとアサバスカンの主要サブグループを含む全ての米先住民は、米大陸に渡った同一の移住者集団の子孫であることを、今
回の研究は示している」と述べ、
北米北極圏のパレオ・エスキモー(Paleo-Eskimo)やイヌイット(Inuit)などの民族を発生させることとなった後の時代の移住者集団とは明確に異な
ると続けた。研究チームは、また、米大陸での人類の存在を示す最古の証拠が1万5000年前のものであることを考えると、最初期の祖先が最終的に米
大陸に流入するまでのベーリング地峡にとどまっていた
期間は、最大で8000年続いた可能性があると指摘している。一部の従来の研究では、このベーリング地峡で孤立していた期間を数万年とする説も提唱
されているが、この8000年はそれよりはるかに短い。今日存在が知られているさまざまな民族集団への多様化は、祖先が米大陸に足を踏み入れる前で
はなく、到達した後に初めて起きたとされる。ネイチャー誌に発表された別の研究では、南米アマゾン(Amazon)の先住民の一部は、現代で仲間とさ
れるアメリカ先住民より、オーストラリア、ニューギニア島(New Guinea)、インド洋
アンダマン諸島(Andaman Islands)などの先住民に近い近縁関係にある祖先の系統を引いていることが分かったとされた。
アメリカ先住民がユーラシア(Eurasia)大陸からやってきたとすると、初期米先住民の骨格の一部が、現在のオーストラレーシア(オーストラリア、
ニュージーランド、周辺の島々の総称)の人々と
共通の特徴を持っている理由についても説明できることになる。だが、この祖先がいつ、どのようにして米大陸にやってきたかは依然として「未解決
の問題」だと論文は指摘している。(c)AFP/Mariette LE ROUX
生物多様性の保全や持続可能な生物資源の利用に関する施策を推進することを目的として2008年に「生物多様性基本法」が制定され、その成立を
受けて2010年に「生物多様性国家戦略
2010」が閣議決定されました。この施策を推進するための基盤となる技術の1つが生物多様性のモニタリングです。ところが、海や川や湖沼で魚
の多様性をモニタリングしようとすると、水中に潜って
観察したり網などの漁具を使って捕るなど、大きな労力と費用に加えて長期間にわたる調査が必要でした。さらに、日本に生息が確認されている魚だ
けでも4,000種以上いるため、目視や標本の観察により魚の種類を決めるためには、高度に専門的な知識と経験が必要でした

80日曜8時の名無しさん2017/02/01(水) 03:22:37.80ID:ZWwMMDq1
アメリカ先住民の祖先は、最大2万3000年前に1回の集団移動でシベリア(Siberia)から米大陸に渡ったとする、DNA分析に基づく研究結果が21
日、発表された。現在の
さまざまなグループに分化したのは後の時代になってからだという。地球の最終氷期に、現在のロシアと米アラスカ(Alaska)州を結ぶベーリング海
峡(Bering Strait)の陸地と氷を横断してやってきた祖先が米大陸に定住したとする説については、大半の
科学者から支持されており、また、米大陸には1万5000年前にすでに人類が存在していたことも考古学的な発見によって判明している。
だが、未解決の問題も数多くある。集団移動の時期とその回数、そして、アジア大陸と米大陸の間に当時隆起していた陸地部分のベーリング地峡
(Beringia)で、これら初期の開拓者らがどのくらいの期間を過ごしたのか、など。今回発表された2件の研究結果は、現代と古代の米先住民および
シベリア先住民のDNAを分析することで、これらの問題の空欄の一部を埋めることを目指したもので、21日の米科学誌
「サイエンス(Science)」と英科学誌ネイチャー(Nature)にそれぞれ発表された。サイエンス誌に掲載されたのは、デンマーク・コペンハーゲン大
学(University of Copenhagen)地理遺伝学センター(Centre for GeoGenetics)が主導したもので、米大陸への集団移動が
2万3000年前以降に最初の1回だけ行われたことが分かったとしている。論文によると、コペンハーゲン大の研究チームは、この祖先の集団が、約1
万3000年前に2つの主要系統に分岐したことを発見した。これは、氷河が融解して北米大陸の内陸部への経路が
開かれた時期と一致するという。
研究は、これらの2系統が、人類学でアメリンディアンとアサバスカンと呼ばれる先住民グループになったとしている。これまでの研究では、アメリ
ンディアンの祖先とアサバスカンの祖先がそれぞれ個別にベーリング海峡を横断したことが示唆されていた。論文主執筆者の一人、マーナサ・ラガバ
ン(Maanasa Raghavan)氏は「今回の研究は、米大陸の遺伝的先史時代に関する、これまでで最も包括的な全体像を提示するものだ」と語る。ラガ
バン氏は、「アメリンディアンとアサバスカンの主要サブグループを含む全ての米先住民は、米大陸に渡った同一の移住者集団の子孫であることを、今
回の研究は示している」と述べ、
北米北極圏のパレオ・エスキモー(Paleo-Eskimo)やイヌイット(Inuit)などの民族を発生させることとなった後の時代の移住者集団とは明確に異な
ると続けた。研究チームは、また、米大陸での人類の存在を示す最古の証拠が1万5000年前のものであることを考えると、最初期の祖先が最終的に米
大陸に流入するまでのベーリング地峡にとどまっていた
期間は、最大で8000年続いた可能性があると指摘している。一部の従来の研究では、このベーリング地峡で孤立していた期間を数万年とする説も提唱
されているが、この8000年はそれよりはるかに短い。今日存在が知られているさまざまな民族集団への多様化は、祖先が米大陸に足を踏み入れる前で
はなく、到達した後に初めて起きたとされる。ネイチャー誌に発表された別の研究では、南米アマゾン(Amazon)の先住民の一部は、現代で仲間とさ
れるアメリカ先住民より、オーストラリア、ニューギニア島(New Guinea)、インド洋
アンダマン諸島(Andaman Islands)などの先住民に近い近縁関係にある祖先の系統を引いていることが分かったとされた。
アメリカ先住民がユーラシア(Eurasia)大陸からやってきたとすると、初期米先住民の骨格の一部が、現在のオーストラレーシア(オーストラリア、
ニュージーランド、周辺の島々の総称)の人々と
共通の特徴を持っている理由についても説明できることになる。だが、この祖先がいつ、どのようにして米大陸にやってきたかは依然として「未解決
の問題」だと論文は指摘している。(c)AFP/Mariette LE ROUX
生物多様性の保全や持続可能な生物資源の利用に関する施策を推進することを目的として2008年に「生物多様性基本法」が制定され、その成立を
受けて2010年に「生物多様性国家戦略
2010」が閣議決定されました。この施策を推進するための基盤となる技術の1つが生物多様性のモニタリングです。ところが、海や川や湖沼で魚
の多様性をモニタリングしようとすると、水中に潜って
観察したり網などの漁具を使って捕るなど、大きな労力と費用に加えて長期間にわたる調査が必要でした。さらに、日本に生息が確認されている魚だ
けでも4,000種以上いるため、目視や標本の観察により魚の種類を決めるためには、高度に専門的な知識と経験が必要でした

81日曜8時の名無しさん2017/02/01(水) 03:23:09.78ID:ZWwMMDq1
アメリカ先住民の祖先は、最大2万3000年前に1回の集団移動でシベリア(Siberia)から米大陸に渡ったとする、DNA分析に基づく研究結果が21
日、発表された。現在の
さまざまなグループに分化したのは後の時代になってからだという。地球の最終氷期に、現在のロシアと米アラスカ(Alaska)州を結ぶベーリング海
峡(Bering Strait)の陸地と氷を横断してやってきた祖先が米大陸に定住したとする説については、大半の
科学者から支持されており、また、米大陸には1万5000年前にすでに人類が存在していたことも考古学的な発見によって判明している。
だが、未解決の問題も数多くある。集団移動の時期とその回数、そして、アジア大陸と米大陸の間に当時隆起していた陸地部分のベーリング地峡
(Beringia)で、これら初期の開拓者らがどのくらいの期間を過ごしたのか、など。今回発表された2件の研究結果は、現代と古代の米先住民および
シベリア先住民のDNAを分析することで、これらの問題の空欄の一部を埋めることを目指したもので、21日の米科学誌
「サイエンス(Science)」と英科学誌ネイチャー(Nature)にそれぞれ発表された。サイエンス誌に掲載されたのは、デンマーク・コペンハーゲン大
学(University of Copenhagen)地理遺伝学センター(Centre for GeoGenetics)が主導したもので、米大陸への集団移動が
2万3000年前以降に最初の1回だけ行われたことが分かったとしている。論文によると、コペンハーゲン大の研究チームは、この祖先の集団が、約1
万3000年前に2つの主要系統に分岐したことを発見した。これは、氷河が融解して北米大陸の内陸部への経路が
開かれた時期と一致するという。
研究は、これらの2系統が、人類学でアメリンディアンとアサバスカンと呼ばれる先住民グループになったとしている。これまでの研究では、アメリ
ンディアンの祖先とアサバスカンの祖先がそれぞれ個別にベーリング海峡を横断したことが示唆されていた。論文主執筆者の一人、マーナサ・ラガバ
ン(Maanasa Raghavan)氏は「今回の研究は、米大陸の遺伝的先史時代に関する、これまでで最も包括的な全体像を提示するものだ」と語る。ラガ
バン氏は、「アメリンディアンとアサバスカンの主要サブグループを含む全ての米先住民は、米大陸に渡った同一の移住者集団の子孫であることを、今
回の研究は示している」と述べ、
北米北極圏のパレオ・エスキモー(Paleo-Eskimo)やイヌイット(Inuit)などの民族を発生させることとなった後の時代の移住者集団とは明確に異な
ると続けた。研究チームは、また、米大陸での人類の存在を示す最古の証拠が1万5000年前のものであることを考えると、最初期の祖先が最終的に米
大陸に流入するまでのベーリング地峡にとどまっていた
期間は、最大で8000年続いた可能性があると指摘している。一部の従来の研究では、このベーリング地峡で孤立していた期間を数万年とする説も提唱
されているが、この8000年はそれよりはるかに短い。今日存在が知られているさまざまな民族集団への多様化は、祖先が米大陸に足を踏み入れる前で
はなく、到達した後に初めて起きたとされる。ネイチャー誌に発表された別の研究では、南米アマゾン(Amazon)の先住民の一部は、現代で仲間とさ
れるアメリカ先住民より、オーストラリア、ニューギニア島(New Guinea)、インド洋
アンダマン諸島(Andaman Islands)などの先住民に近い近縁関係にある祖先の系統を引いていることが分かったとされた。
アメリカ先住民がユーラシア(Eurasia)大陸からやってきたとすると、初期米先住民の骨格の一部が、現在のオーストラレーシア(オーストラリア、
ニュージーランド、周辺の島々の総称)の人々と
共通の特徴を持っている理由についても説明できることになる。だが、この祖先がいつ、どのようにして米大陸にやってきたかは依然として「未解決
の問題」だと論文は指摘している。(c)AFP/Mariette LE ROUX
生物多様性の保全や持続可能な生物資源の利用に関する施策を推進することを目的として2008年に「生物多様性基本法」が制定され、その成立を
受けて2010年に「生物多様性国家戦略
2010」が閣議決定されました。この施策を推進するための基盤となる技術の1つが生物多様性のモニタリングです。ところが、海や川や湖沼で魚
の多様性をモニタリングしようとすると、水中に潜って
観察したり網などの漁具を使って捕るなど、大きな労力と費用に加えて長期間にわたる調査が必要でした。さらに、日本に生息が確認されている魚だ
けでも4,000種以上いるため、目視や標本の観察により魚の種類を決めるためには、高度に専門的な知識と経験が必要でした

82日曜8時の名無しさん2017/02/01(水) 03:23:22.94ID:ZWwMMDq1
アメリカ先住民の祖先は、最大2万3000年前に1回の集団移動でシベリア(Siberia)から米大陸に渡ったとする、DNA分析に基づく研究結果が21
日、発表された。現在の
さまざまなグループに分化したのは後の時代になってからだという。地球の最終氷期に、現在のロシアと米アラスカ(Alaska)州を結ぶベーリング海
峡(Bering Strait)の陸地と氷を横断してやってきた祖先が米大陸に定住したとする説については、大半の
科学者から支持されており、また、米大陸には1万5000年前にすでに人類が存在していたことも考古学的な発見によって判明している。
だが、未解決の問題も数多くある。集団移動の時期とその回数、そして、アジア大陸と米大陸の間に当時隆起していた陸地部分のベーリング地峡
(Beringia)で、これら初期の開拓者らがどのくらいの期間を過ごしたのか、など。今回発表された2件の研究結果は、現代と古代の米先住民および
シベリア先住民のDNAを分析することで、これらの問題の空欄の一部を埋めることを目指したもので、21日の米科学誌
「サイエンス(Science)」と英科学誌ネイチャー(Nature)にそれぞれ発表された。サイエンス誌に掲載されたのは、デンマーク・コペンハーゲン大
学(University of Copenhagen)地理遺伝学センター(Centre for GeoGenetics)が主導したもので、米大陸への集団移動が
2万3000年前以降に最初の1回だけ行われたことが分かったとしている。論文によると、コペンハーゲン大の研究チームは、この祖先の集団が、約1
万3000年前に2つの主要系統に分岐したことを発見した。これは、氷河が融解して北米大陸の内陸部への経路が
開かれた時期と一致するという。
研究は、これらの2系統が、人類学でアメリンディアンとアサバスカンと呼ばれる先住民グループになったとしている。これまでの研究では、アメリ
ンディアンの祖先とアサバスカンの祖先がそれぞれ個別にベーリング海峡を横断したことが示唆されていた。論文主執筆者の一人、マーナサ・ラガバ
ン(Maanasa Raghavan)氏は「今回の研究は、米大陸の遺伝的先史時代に関する、これまでで最も包括的な全体像を提示するものだ」と語る。ラガ
バン氏は、「アメリンディアンとアサバスカンの主要サブグループを含む全ての米先住民は、米大陸に渡った同一の移住者集団の子孫であることを、今
回の研究は示している」と述べ、
北米北極圏のパレオ・エスキモー(Paleo-Eskimo)やイヌイット(Inuit)などの民族を発生させることとなった後の時代の移住者集団とは明確に異な
ると続けた。研究チームは、また、米大陸での人類の存在を示す最古の証拠が1万5000年前のものであることを考えると、最初期の祖先が最終的に米
大陸に流入するまでのベーリング地峡にとどまっていた
期間は、最大で8000年続いた可能性があると指摘している。一部の従来の研究では、このベーリング地峡で孤立していた期間を数万年とする説も提唱
されているが、この8000年はそれよりはるかに短い。今日存在が知られているさまざまな民族集団への多様化は、祖先が米大陸に足を踏み入れる前で
はなく、到達した後に初めて起きたとされる。ネイチャー誌に発表された別の研究では、南米アマゾン(Amazon)の先住民の一部は、現代で仲間とさ
れるアメリカ先住民より、オーストラリア、ニューギニア島(New Guinea)、インド洋
アンダマン諸島(Andaman Islands)などの先住民に近い近縁関係にある祖先の系統を引いていることが分かったとされた。
アメリカ先住民がユーラシア(Eurasia)大陸からやってきたとすると、初期米先住民の骨格の一部が、現在のオーストラレーシア(オーストラリア、
ニュージーランド、周辺の島々の総称)の人々と
共通の特徴を持っている理由についても説明できることになる。だが、この祖先がいつ、どのようにして米大陸にやってきたかは依然として「未解決
の問題」だと論文は指摘している。(c)AFP/Mariette LE ROUX
生物多様性の保全や持続可能な生物資源の利用に関する施策を推進することを目的として2008年に「生物多様性基本法」が制定され、その成立を
受けて2010年に「生物多様性国家戦略
2010」が閣議決定されました。この施策を推進するための基盤となる技術の1つが生物多様性のモニタリングです。ところが、海や川や湖沼で魚
の多様性をモニタリングしようとすると、水中に潜って
観察したり網などの漁具を使って捕るなど、大きな労力と費用に加えて長期間にわたる調査が必要でした。さらに、日本に生息が確認されている魚だ
けでも4,000種以上いるため、目視や標本の観察により魚の種類を決めるためには、高度に専門的な知識と経験が必要でした

83日曜8時の名無しさん2017/02/01(水) 03:23:44.69ID:ZWwMMDq1
アメリカ先住民の祖先は、最大2万3000年前に1回の集団移動でシベリア(Siberia)から米大陸に渡ったとする、DNA分析に基づく研究結果が21
日、発表された。現在の
さまざまなグループに分化したのは後の時代になってからだという。地球の最終氷期に、現在のロシアと米アラスカ(Alaska)州を結ぶベーリング海
峡(Bering Strait)の陸地と氷を横断してやってきた祖先が米大陸に定住したとする説については、大半の
科学者から支持されており、また、米大陸には1万5000年前にすでに人類が存在していたことも考古学的な発見によって判明している。
だが、未解決の問題も数多くある。集団移動の時期とその回数、そして、アジア大陸と米大陸の間に当時隆起していた陸地部分のベーリング地峡
(Beringia)で、これら初期の開拓者らがどのくらいの期間を過ごしたのか、など。今回発表された2件の研究結果は、現代と古代の米先住民および
シベリア先住民のDNAを分析することで、これらの問題の空欄の一部を埋めることを目指したもので、21日の米科学誌
「サイエンス(Science)」と英科学誌ネイチャー(Nature)にそれぞれ発表された。サイエンス誌に掲載されたのは、デンマーク・コペンハーゲン大
学(University of Copenhagen)地理遺伝学センター(Centre for GeoGenetics)が主導したもので、米大陸への集団移動が
2万3000年前以降に最初の1回だけ行われたことが分かったとしている。論文によると、コペンハーゲン大の研究チームは、この祖先の集団が、約1
万3000年前に2つの主要系統に分岐したことを発見した。これは、氷河が融解して北米大陸の内陸部への経路が
開かれた時期と一致するという。
研究は、これらの2系統が、人類学でアメリンディアンとアサバスカンと呼ばれる先住民グループになったとしている。これまでの研究では、アメリ
ンディアンの祖先とアサバスカンの祖先がそれぞれ個別にベーリング海峡を横断したことが示唆されていた。論文主執筆者の一人、マーナサ・ラガバ
ン(Maanasa Raghavan)氏は「今回の研究は、米大陸の遺伝的先史時代に関する、これまでで最も包括的な全体像を提示するものだ」と語る。ラガ
バン氏は、「アメリンディアンとアサバスカンの主要サブグループを含む全ての米先住民は、米大陸に渡った同一の移住者集団の子孫であることを、今
回の研究は示している」と述べ、
北米北極圏のパレオ・エスキモー(Paleo-Eskimo)やイヌイット(Inuit)などの民族を発生させることとなった後の時代の移住者集団とは明確に異な
ると続けた。研究チームは、また、米大陸での人類の存在を示す最古の証拠が1万5000年前のものであることを考えると、最初期の祖先が最終的に米
大陸に流入するまでのベーリング地峡にとどまっていた
期間は、最大で8000年続いた可能性があると指摘している。一部の従来の研究では、このベーリング地峡で孤立していた期間を数万年とする説も提唱
されているが、この8000年はそれよりはるかに短い。今日存在が知られているさまざまな民族集団への多様化は、祖先が米大陸に足を踏み入れる前で
はなく、到達した後に初めて起きたとされる。ネイチャー誌に発表された別の研究では、南米アマゾン(Amazon)の先住民の一部は、現代で仲間とさ
れるアメリカ先住民より、オーストラリア、ニューギニア島(New Guinea)、インド洋
アンダマン諸島(Andaman Islands)などの先住民に近い近縁関係にある祖先の系統を引いていることが分かったとされた。
アメリカ先住民がユーラシア(Eurasia)大陸からやってきたとすると、初期米先住民の骨格の一部が、現在のオーストラレーシア(オーストラリア、
ニュージーランド、周辺の島々の総称)の人々と
共通の特徴を持っている理由についても説明できることになる。だが、この祖先がいつ、どのようにして米大陸にやってきたかは依然として「未解決
の問題」だと論文は指摘している。(c)AFP/Mariette LE ROUX
生物多様性の保全や持続可能な生物資源の利用に関する施策を推進することを目的として2008年に「生物多様性基本法」が制定され、その成立を
受けて2010年に「生物多様性国家戦略
2010」が閣議決定されました。この施策を推進するための基盤となる技術の1つが生物多様性のモニタリングです。ところが、海や川や湖沼で魚
の多様性をモニタリングしようとすると、水中に潜って
観察したり網などの漁具を使って捕るなど、大きな労力と費用に加えて長期間にわたる調査が必要でした。さらに、日本に生息が確認されている魚だ
けでも4,000種以上いるため、目視や標本の観察により魚の種類を決めるためには、高度に専門的な知識と経験が必要でした

84日曜8時の名無しさん2017/02/01(水) 03:24:02.82ID:ZWwMMDq1
アメリカ先住民の祖先は、最大2万3000年前に1回の集団移動でシベリア(Siberia)から米大陸に渡ったとする、DNA分析に基づく研究結果が21
日、発表された。現在の
さまざまなグループに分化したのは後の時代になってからだという。地球の最終氷期に、現在のロシアと米アラスカ(Alaska)州を結ぶベーリング海
峡(Bering Strait)の陸地と氷を横断してやってきた祖先が米大陸に定住したとする説については、大半の
科学者から支持されており、また、米大陸には1万5000年前にすでに人類が存在していたことも考古学的な発見によって判明している。
だが、未解決の問題も数多くある。集団移動の時期とその回数、そして、アジア大陸と米大陸の間に当時隆起していた陸地部分のベーリング地峡
(Beringia)で、これら初期の開拓者らがどのくらいの期間を過ごしたのか、など。今回発表された2件の研究結果は、現代と古代の米先住民および
シベリア先住民のDNAを分析することで、これらの問題の空欄の一部を埋めることを目指したもので、21日の米科学誌
「サイエンス(Science)」と英科学誌ネイチャー(Nature)にそれぞれ発表された。サイエンス誌に掲載されたのは、デンマーク・コペンハーゲン大
学(University of Copenhagen)地理遺伝学センター(Centre for GeoGenetics)が主導したもので、米大陸への集団移動が
2万3000年前以降に最初の1回だけ行われたことが分かったとしている。論文によると、コペンハーゲン大の研究チームは、この祖先の集団が、約1
万3000年前に2つの主要系統に分岐したことを発見した。これは、氷河が融解して北米大陸の内陸部への経路が
開かれた時期と一致するという。
研究は、これらの2系統が、人類学でアメリンディアンとアサバスカンと呼ばれる先住民グループになったとしている。これまでの研究では、アメリ
ンディアンの祖先とアサバスカンの祖先がそれぞれ個別にベーリング海峡を横断したことが示唆されていた。論文主執筆者の一人、マーナサ・ラガバ
ン(Maanasa Raghavan)氏は「今回の研究は、米大陸の遺伝的先史時代に関する、これまでで最も包括的な全体像を提示するものだ」と語る。ラガ
バン氏は、「アメリンディアンとアサバスカンの主要サブグループを含む全ての米先住民は、米大陸に渡った同一の移住者集団の子孫であることを、今
回の研究は示している」と述べ、
北米北極圏のパレオ・エスキモー(Paleo-Eskimo)やイヌイット(Inuit)などの民族を発生させることとなった後の時代の移住者集団とは明確に異な
ると続けた。研究チームは、また、米大陸での人類の存在を示す最古の証拠が1万5000年前のものであることを考えると、最初期の祖先が最終的に米
大陸に流入するまでのベーリング地峡にとどまっていた
期間は、最大で8000年続いた可能性があると指摘している。一部の従来の研究では、このベーリング地峡で孤立していた期間を数万年とする説も提唱
されているが、この8000年はそれよりはるかに短い。今日存在が知られているさまざまな民族集団への多様化は、祖先が米大陸に足を踏み入れる前で
はなく、到達した後に初めて起きたとされる。ネイチャー誌に発表された別の研究では、南米アマゾン(Amazon)の先住民の一部は、現代で仲間とさ
れるアメリカ先住民より、オーストラリア、ニューギニア島(New Guinea)、インド洋
アンダマン諸島(Andaman Islands)などの先住民に近い近縁関係にある祖先の系統を引いていることが分かったとされた。
アメリカ先住民がユーラシア(Eurasia)大陸からやってきたとすると、初期米先住民の骨格の一部が、現在のオーストラレーシア(オーストラリア、
ニュージーランド、周辺の島々の総称)の人々と
共通の特徴を持っている理由についても説明できることになる。だが、この祖先がいつ、どのようにして米大陸にやってきたかは依然として「未解決
の問題」だと論文は指摘している。(c)AFP/Mariette LE ROUX
生物多様性の保全や持続可能な生物資源の利用に関する施策を推進することを目的として2008年に「生物多様性基本法」が制定され、その成立を
受けて2010年に「生物多様性国家戦略
2010」が閣議決定されました。この施策を推進するための基盤となる技術の1つが生物多様性のモニタリングです。ところが、海や川や湖沼で魚
の多様性をモニタリングしようとすると、水中に潜って
観察したり網などの漁具を使って捕るなど、大きな労力と費用に加えて長期間にわたる調査が必要でした。さらに、日本に生息が確認されている魚だ
けでも4,000種以上いるため、目視や標本の観察により魚の種類を決めるためには、高度に専門的な知識と経験が必要でした

85日曜8時の名無しさん2017/02/01(水) 03:24:21.19ID:ZWwMMDq1
アメリカ先住民の祖先は、最大2万3000年前に1回の集団移動でシベリア(Siberia)から米大陸に渡ったとする、DNA分析に基づく研究結果が21
日、発表された。現在の
さまざまなグループに分化したのは後の時代になってからだという。地球の最終氷期に、現在のロシアと米アラスカ(Alaska)州を結ぶベーリング海
峡(Bering Strait)の陸地と氷を横断してやってきた祖先が米大陸に定住したとする説については、大半の
科学者から支持されており、また、米大陸には1万5000年前にすでに人類が存在していたことも考古学的な発見によって判明している。
だが、未解決の問題も数多くある。集団移動の時期とその回数、そして、アジア大陸と米大陸の間に当時隆起していた陸地部分のベーリング地峡
(Beringia)で、これら初期の開拓者らがどのくらいの期間を過ごしたのか、など。今回発表された2件の研究結果は、現代と古代の米先住民および
シベリア先住民のDNAを分析することで、これらの問題の空欄の一部を埋めることを目指したもので、21日の米科学誌
「サイエンス(Science)」と英科学誌ネイチャー(Nature)にそれぞれ発表された。サイエンス誌に掲載されたのは、デンマーク・コペンハーゲン大
学(University of Copenhagen)地理遺伝学センター(Centre for GeoGenetics)が主導したもので、米大陸への集団移動が
2万3000年前以降に最初の1回だけ行われたことが分かったとしている。論文によると、コペンハーゲン大の研究チームは、この祖先の集団が、約1
万3000年前に2つの主要系統に分岐したことを発見した。これは、氷河が融解して北米大陸の内陸部への経路が
開かれた時期と一致するという。
研究は、これらの2系統が、人類学でアメリンディアンとアサバスカンと呼ばれる先住民グループになったとしている。これまでの研究では、アメリ
ンディアンの祖先とアサバスカンの祖先がそれぞれ個別にベーリング海峡を横断したことが示唆されていた。論文主執筆者の一人、マーナサ・ラガバ
ン(Maanasa Raghavan)氏は「今回の研究は、米大陸の遺伝的先史時代に関する、これまでで最も包括的な全体像を提示するものだ」と語る。ラガ
バン氏は、「アメリンディアンとアサバスカンの主要サブグループを含む全ての米先住民は、米大陸に渡った同一の移住者集団の子孫であることを、今
回の研究は示している」と述べ、
北米北極圏のパレオ・エスキモー(Paleo-Eskimo)やイヌイット(Inuit)などの民族を発生させることとなった後の時代の移住者集団とは明確に異な
ると続けた。研究チームは、また、米大陸での人類の存在を示す最古の証拠が1万5000年前のものであることを考えると、最初期の祖先が最終的に米
大陸に流入するまでのベーリング地峡にとどまっていた
期間は、最大で8000年続いた可能性があると指摘している。一部の従来の研究では、このベーリング地峡で孤立していた期間を数万年とする説も提唱
されているが、この8000年はそれよりはるかに短い。今日存在が知られているさまざまな民族集団への多様化は、祖先が米大陸に足を踏み入れる前で
はなく、到達した後に初めて起きたとされる。ネイチャー誌に発表された別の研究では、南米アマゾン(Amazon)の先住民の一部は、現代で仲間とさ
れるアメリカ先住民より、オーストラリア、ニューギニア島(New Guinea)、インド洋
アンダマン諸島(Andaman Islands)などの先住民に近い近縁関係にある祖先の系統を引いていることが分かったとされた。
アメリカ先住民がユーラシア(Eurasia)大陸からやってきたとすると、初期米先住民の骨格の一部が、現在のオーストラレーシア(オーストラリア、
ニュージーランド、周辺の島々の総称)の人々と
共通の特徴を持っている理由についても説明できることになる。だが、この祖先がいつ、どのようにして米大陸にやってきたかは依然として「未解決
の問題」だと論文は指摘している。(c)AFP/Mariette LE ROUX
生物多様性の保全や持続可能な生物資源の利用に関する施策を推進することを目的として2008年に「生物多様性基本法」が制定され、その成立を
受けて2010年に「生物多様性国家戦略
2010」が閣議決定されました。この施策を推進するための基盤となる技術の1つが生物多様性のモニタリングです。ところが、海や川や湖沼で魚
の多様性をモニタリングしようとすると、水中に潜って
観察したり網などの漁具を使って捕るなど、大きな労力と費用に加えて長期間にわたる調査が必要でした。さらに、日本に生息が確認されている魚だ
けでも4,000種以上いるため、目視や標本の観察により魚の種類を決めるためには、高度に専門的な知識と経験が必要でした

86日曜8時の名無しさん2017/02/01(水) 03:24:38.98ID:ZWwMMDq1
アメリカ先住民の祖先は、最大2万3000年前に1回の集団移動でシベリア(Siberia)から米大陸に渡ったとする、DNA分析に基づく研究結果が21
日、発表された。現在の
さまざまなグループに分化したのは後の時代になってからだという。地球の最終氷期に、現在のロシアと米アラスカ(Alaska)州を結ぶベーリング海
峡(Bering Strait)の陸地と氷を横断してやってきた祖先が米大陸に定住したとする説については、大半の
科学者から支持されており、また、米大陸には1万5000年前にすでに人類が存在していたことも考古学的な発見によって判明している。
だが、未解決の問題も数多くある。集団移動の時期とその回数、そして、アジア大陸と米大陸の間に当時隆起していた陸地部分のベーリング地峡
(Beringia)で、これら初期の開拓者らがどのくらいの期間を過ごしたのか、など。今回発表された2件の研究結果は、現代と古代の米先住民および
シベリア先住民のDNAを分析することで、これらの問題の空欄の一部を埋めることを目指したもので、21日の米科学誌
「サイエンス(Science)」と英科学誌ネイチャー(Nature)にそれぞれ発表された。サイエンス誌に掲載されたのは、デンマーク・コペンハーゲン大
学(University of Copenhagen)地理遺伝学センター(Centre for GeoGenetics)が主導したもので、米大陸への集団移動が
2万3000年前以降に最初の1回だけ行われたことが分かったとしている。論文によると、コペンハーゲン大の研究チームは、この祖先の集団が、約1
万3000年前に2つの主要系統に分岐したことを発見した。これは、氷河が融解して北米大陸の内陸部への経路が
開かれた時期と一致するという。
研究は、これらの2系統が、人類学でアメリンディアンとアサバスカンと呼ばれる先住民グループになったとしている。これまでの研究では、アメリ
ンディアンの祖先とアサバスカンの祖先がそれぞれ個別にベーリング海峡を横断したことが示唆されていた。論文主執筆者の一人、マーナサ・ラガバ
ン(Maanasa Raghavan)氏は「今回の研究は、米大陸の遺伝的先史時代に関する、これまでで最も包括的な全体像を提示するものだ」と語る。ラガ
バン氏は、「アメリンディアンとアサバスカンの主要サブグループを含む全ての米先住民は、米大陸に渡った同一の移住者集団の子孫であることを、今
回の研究は示している」と述べ、
北米北極圏のパレオ・エスキモー(Paleo-Eskimo)やイヌイット(Inuit)などの民族を発生させることとなった後の時代の移住者集団とは明確に異な
ると続けた。研究チームは、また、米大陸での人類の存在を示す最古の証拠が1万5000年前のものであることを考えると、最初期の祖先が最終的に米
大陸に流入するまでのベーリング地峡にとどまっていた
期間は、最大で8000年続いた可能性があると指摘している。一部の従来の研究では、このベーリング地峡で孤立していた期間を数万年とする説も提唱
されているが、この8000年はそれよりはるかに短い。今日存在が知られているさまざまな民族集団への多様化は、祖先が米大陸に足を踏み入れる前で
はなく、到達した後に初めて起きたとされる。ネイチャー誌に発表された別の研究では、南米アマゾン(Amazon)の先住民の一部は、現代で仲間とさ
れるアメリカ先住民より、オーストラリア、ニューギニア島(New Guinea)、インド洋
アンダマン諸島(Andaman Islands)などの先住民に近い近縁関係にある祖先の系統を引いていることが分かったとされた。
アメリカ先住民がユーラシア(Eurasia)大陸からやってきたとすると、初期米先住民の骨格の一部が、現在のオーストラレーシア(オーストラリア、
ニュージーランド、周辺の島々の総称)の人々と
共通の特徴を持っている理由についても説明できることになる。だが、この祖先がいつ、どのようにして米大陸にやってきたかは依然として「未解決
の問題」だと論文は指摘している。(c)AFP/Mariette LE ROUX
生物多様性の保全や持続可能な生物資源の利用に関する施策を推進することを目的として2008年に「生物多様性基本法」が制定され、その成立を
受けて2010年に「生物多様性国家戦略
2010」が閣議決定されました。この施策を推進するための基盤となる技術の1つが生物多様性のモニタリングです。ところが、海や川や湖沼で魚
の多様性をモニタリングしようとすると、水中に潜って
観察したり網などの漁具を使って捕るなど、大きな労力と費用に加えて長期間にわたる調査が必要でした。さらに、日本に生息が確認されている魚だ
けでも4,000種以上いるため、目視や標本の観察により魚の種類を決めるためには、高度に専門的な知識と経験が必要でした

87日曜8時の名無しさん2017/02/01(水) 03:24:55.45ID:ZWwMMDq1
アメリカ先住民の祖先は、最大2万3000年前に1回の集団移動でシベリア(Siberia)から米大陸に渡ったとする、DNA分析に基づく研究結果が21
日、発表された。現在の
さまざまなグループに分化したのは後の時代になってからだという。地球の最終氷期に、現在のロシアと米アラスカ(Alaska)州を結ぶベーリング海
峡(Bering Strait)の陸地と氷を横断してやってきた祖先が米大陸に定住したとする説については、大半の
科学者から支持されており、また、米大陸には1万5000年前にすでに人類が存在していたことも考古学的な発見によって判明している。
だが、未解決の問題も数多くある。集団移動の時期とその回数、そして、アジア大陸と米大陸の間に当時隆起していた陸地部分のベーリング地峡
(Beringia)で、これら初期の開拓者らがどのくらいの期間を過ごしたのか、など。今回発表された2件の研究結果は、現代と古代の米先住民および
シベリア先住民のDNAを分析することで、これらの問題の空欄の一部を埋めることを目指したもので、21日の米科学誌
「サイエンス(Science)」と英科学誌ネイチャー(Nature)にそれぞれ発表された。サイエンス誌に掲載されたのは、デンマーク・コペンハーゲン大
学(University of Copenhagen)地理遺伝学センター(Centre for GeoGenetics)が主導したもので、米大陸への集団移動が
2万3000年前以降に最初の1回だけ行われたことが分かったとしている。論文によると、コペンハーゲン大の研究チームは、この祖先の集団が、約1
万3000年前に2つの主要系統に分岐したことを発見した。これは、氷河が融解して北米大陸の内陸部への経路が
開かれた時期と一致するという。
研究は、これらの2系統が、人類学でアメリンディアンとアサバスカンと呼ばれる先住民グループになったとしている。これまでの研究では、アメリ
ンディアンの祖先とアサバスカンの祖先がそれぞれ個別にベーリング海峡を横断したことが示唆されていた。論文主執筆者の一人、マーナサ・ラガバ
ン(Maanasa Raghavan)氏は「今回の研究は、米大陸の遺伝的先史時代に関する、これまでで最も包括的な全体像を提示するものだ」と語る。ラガ
バン氏は、「アメリンディアンとアサバスカンの主要サブグループを含む全ての米先住民は、米大陸に渡った同一の移住者集団の子孫であることを、今
回の研究は示している」と述べ、
北米北極圏のパレオ・エスキモー(Paleo-Eskimo)やイヌイット(Inuit)などの民族を発生させることとなった後の時代の移住者集団とは明確に異な
ると続けた。研究チームは、また、米大陸での人類の存在を示す最古の証拠が1万5000年前のものであることを考えると、最初期の祖先が最終的に米
大陸に流入するまでのベーリング地峡にとどまっていた
期間は、最大で8000年続いた可能性があると指摘している。一部の従来の研究では、このベーリング地峡で孤立していた期間を数万年とする説も提唱
されているが、この8000年はそれよりはるかに短い。今日存在が知られているさまざまな民族集団への多様化は、祖先が米大陸に足を踏み入れる前で
はなく、到達した後に初めて起きたとされる。ネイチャー誌に発表された別の研究では、南米アマゾン(Amazon)の先住民の一部は、現代で仲間とさ
れるアメリカ先住民より、オーストラリア、ニューギニア島(New Guinea)、インド洋
アンダマン諸島(Andaman Islands)などの先住民に近い近縁関係にある祖先の系統を引いていることが分かったとされた。
アメリカ先住民がユーラシア(Eurasia)大陸からやってきたとすると、初期米先住民の骨格の一部が、現在のオーストラレーシア(オーストラリア、
ニュージーランド、周辺の島々の総称)の人々と
共通の特徴を持っている理由についても説明できることになる。だが、この祖先がいつ、どのようにして米大陸にやってきたかは依然として「未解決
の問題」だと論文は指摘している。(c)AFP/Mariette LE ROUX
生物多様性の保全や持続可能な生物資源の利用に関する施策を推進することを目的として2008年に「生物多様性基本法」が制定され、その成立を
受けて2010年に「生物多様性国家戦略
2010」が閣議決定されました。この施策を推進するための基盤となる技術の1つが生物多様性のモニタリングです。ところが、海や川や湖沼で魚
の多様性をモニタリングしようとすると、水中に潜って
観察したり網などの漁具を使って捕るなど、大きな労力と費用に加えて長期間にわたる調査が必要でした。さらに、日本に生息が確認されている魚だ
けでも4,000種以上いるため、目視や標本の観察により魚の種類を決めるためには、高度に専門的な知識と経験が必要でした

88日曜8時の名無しさん2017/02/01(水) 03:25:10.38ID:ZWwMMDq1
アメリカ先住民の祖先は、最大2万3000年前に1回の集団移動でシベリア(Siberia)から米大陸に渡ったとする、DNA分析に基づく研究結果が21
日、発表された。現在の
さまざまなグループに分化したのは後の時代になってからだという。地球の最終氷期に、現在のロシアと米アラスカ(Alaska)州を結ぶベーリング海
峡(Bering Strait)の陸地と氷を横断してやってきた祖先が米大陸に定住したとする説については、大半の
科学者から支持されており、また、米大陸には1万5000年前にすでに人類が存在していたことも考古学的な発見によって判明している。
だが、未解決の問題も数多くある。集団移動の時期とその回数、そして、アジア大陸と米大陸の間に当時隆起していた陸地部分のベーリング地峡
(Beringia)で、これら初期の開拓者らがどのくらいの期間を過ごしたのか、など。今回発表された2件の研究結果は、現代と古代の米先住民および
シベリア先住民のDNAを分析することで、これらの問題の空欄の一部を埋めることを目指したもので、21日の米科学誌
「サイエンス(Science)」と英科学誌ネイチャー(Nature)にそれぞれ発表された。サイエンス誌に掲載されたのは、デンマーク・コペンハーゲン大
学(University of Copenhagen)地理遺伝学センター(Centre for GeoGenetics)が主導したもので、米大陸への集団移動が
2万3000年前以降に最初の1回だけ行われたことが分かったとしている。論文によると、コペンハーゲン大の研究チームは、この祖先の集団が、約1
万3000年前に2つの主要系統に分岐したことを発見した。これは、氷河が融解して北米大陸の内陸部への経路が
開かれた時期と一致するという。
研究は、これらの2系統が、人類学でアメリンディアンとアサバスカンと呼ばれる先住民グループになったとしている。これまでの研究では、アメリ
ンディアンの祖先とアサバスカンの祖先がそれぞれ個別にベーリング海峡を横断したことが示唆されていた。論文主執筆者の一人、マーナサ・ラガバ
ン(Maanasa Raghavan)氏は「今回の研究は、米大陸の遺伝的先史時代に関する、これまでで最も包括的な全体像を提示するものだ」と語る。ラガ
バン氏は、「アメリンディアンとアサバスカンの主要サブグループを含む全ての米先住民は、米大陸に渡った同一の移住者集団の子孫であることを、今
回の研究は示している」と述べ、
北米北極圏のパレオ・エスキモー(Paleo-Eskimo)やイヌイット(Inuit)などの民族を発生させることとなった後の時代の移住者集団とは明確に異な
ると続けた。研究チームは、また、米大陸での人類の存在を示す最古の証拠が1万5000年前のものであることを考えると、最初期の祖先が最終的に米
大陸に流入するまでのベーリング地峡にとどまっていた
期間は、最大で8000年続いた可能性があると指摘している。一部の従来の研究では、このベーリング地峡で孤立していた期間を数万年とする説も提唱
されているが、この8000年はそれよりはるかに短い。今日存在が知られているさまざまな民族集団への多様化は、祖先が米大陸に足を踏み入れる前で
はなく、到達した後に初めて起きたとされる。ネイチャー誌に発表された別の研究では、南米アマゾン(Amazon)の先住民の一部は、現代で仲間とさ
れるアメリカ先住民より、オーストラリア、ニューギニア島(New Guinea)、インド洋
アンダマン諸島(Andaman Islands)などの先住民に近い近縁関係にある祖先の系統を引いていることが分かったとされた。
アメリカ先住民がユーラシア(Eurasia)大陸からやってきたとすると、初期米先住民の骨格の一部が、現在のオーストラレーシア(オーストラリア、
ニュージーランド、周辺の島々の総称)の人々と
共通の特徴を持っている理由についても説明できることになる。だが、この祖先がいつ、どのようにして米大陸にやってきたかは依然として「未解決
の問題」だと論文は指摘している。(c)AFP/Mariette LE ROUX
生物多様性の保全や持続可能な生物資源の利用に関する施策を推進することを目的として2008年に「生物多様性基本法」が制定され、その成立を
受けて2010年に「生物多様性国家戦略
2010」が閣議決定されました。この施策を推進するための基盤となる技術の1つが生物多様性のモニタリングです。ところが、海や川や湖沼で魚
の多様性をモニタリングしようとすると、水中に潜って
観察したり網などの漁具を使って捕るなど、大きな労力と費用に加えて長期間にわたる調査が必要でした。さらに、日本に生息が確認されている魚だ
けでも4,000種以上いるため、目視や標本の観察により魚の種類を決めるためには、高度に専門的な知識と経験が必要でした

89日曜8時の名無しさん2017/02/01(水) 03:25:28.32ID:ZWwMMDq1
アメリカ先住民の祖先は、最大2万3000年前に1回の集団移動でシベリア(Siberia)から米大陸に渡ったとする、DNA分析に基づく研究結果が21
日、発表された。現在の
さまざまなグループに分化したのは後の時代になってからだという。地球の最終氷期に、現在のロシアと米アラスカ(Alaska)州を結ぶベーリング海
峡(Bering Strait)の陸地と氷を横断してやってきた祖先が米大陸に定住したとする説については、大半の
科学者から支持されており、また、米大陸には1万5000年前にすでに人類が存在していたことも考古学的な発見によって判明している。
だが、未解決の問題も数多くある。集団移動の時期とその回数、そして、アジア大陸と米大陸の間に当時隆起していた陸地部分のベーリング地峡
(Beringia)で、これら初期の開拓者らがどのくらいの期間を過ごしたのか、など。今回発表された2件の研究結果は、現代と古代の米先住民および
シベリア先住民のDNAを分析することで、これらの問題の空欄の一部を埋めることを目指したもので、21日の米科学誌
「サイエンス(Science)」と英科学誌ネイチャー(Nature)にそれぞれ発表された。サイエンス誌に掲載されたのは、デンマーク・コペンハーゲン大
学(University of Copenhagen)地理遺伝学センター(Centre for GeoGenetics)が主導したもので、米大陸への集団移動が
2万3000年前以降に最初の1回だけ行われたことが分かったとしている。論文によると、コペンハーゲン大の研究チームは、この祖先の集団が、約1
万3000年前に2つの主要系統に分岐したことを発見した。これは、氷河が融解して北米大陸の内陸部への経路が
開かれた時期と一致するという。
研究は、これらの2系統が、人類学でアメリンディアンとアサバスカンと呼ばれる先住民グループになったとしている。これまでの研究では、アメリ
ンディアンの祖先とアサバスカンの祖先がそれぞれ個別にベーリング海峡を横断したことが示唆されていた。論文主執筆者の一人、マーナサ・ラガバ
ン(Maanasa Raghavan)氏は「今回の研究は、米大陸の遺伝的先史時代に関する、これまでで最も包括的な全体像を提示するものだ」と語る。ラガ
バン氏は、「アメリンディアンとアサバスカンの主要サブグループを含む全ての米先住民は、米大陸に渡った同一の移住者集団の子孫であることを、今
回の研究は示している」と述べ、
北米北極圏のパレオ・エスキモー(Paleo-Eskimo)やイヌイット(Inuit)などの民族を発生させることとなった後の時代の移住者集団とは明確に異な
ると続けた。研究チームは、また、米大陸での人類の存在を示す最古の証拠が1万5000年前のものであることを考えると、最初期の祖先が最終的に米
大陸に流入するまでのベーリング地峡にとどまっていた
期間は、最大で8000年続いた可能性があると指摘している。一部の従来の研究では、このベーリング地峡で孤立していた期間を数万年とする説も提唱
されているが、この8000年はそれよりはるかに短い。今日存在が知られているさまざまな民族集団への多様化は、祖先が米大陸に足を踏み入れる前で
はなく、到達した後に初めて起きたとされる。ネイチャー誌に発表された別の研究では、南米アマゾン(Amazon)の先住民の一部は、現代で仲間とさ
れるアメリカ先住民より、オーストラリア、ニューギニア島(New Guinea)、インド洋
アンダマン諸島(Andaman Islands)などの先住民に近い近縁関係にある祖先の系統を引いていることが分かったとされた。
アメリカ先住民がユーラシア(Eurasia)大陸からやってきたとすると、初期米先住民の骨格の一部が、現在のオーストラレーシア(オーストラリア、
ニュージーランド、周辺の島々の総称)の人々と
共通の特徴を持っている理由についても説明できることになる。だが、この祖先がいつ、どのようにして米大陸にやってきたかは依然として「未解決
の問題」だと論文は指摘している。(c)AFP/Mariette LE ROUX
生物多様性の保全や持続可能な生物資源の利用に関する施策を推進することを目的として2008年に「生物多様性基本法」が制定され、その成立を
受けて2010年に「生物多様性国家戦略
2010」が閣議決定されました。この施策を推進するための基盤となる技術の1つが生物多様性のモニタリングです。ところが、海や川や湖沼で魚
の多様性をモニタリングしようとすると、水中に潜って
観察したり網などの漁具を使って捕るなど、大きな労力と費用に加えて長期間にわたる調査が必要でした。さらに、日本に生息が確認されている魚だ
けでも4,000種以上いるため、目視や標本の観察により魚の種類を決めるためには、高度に専門的な知識と経験が必要でした

90日曜8時の名無しさん2017/02/01(水) 03:25:46.66ID:ZWwMMDq1
アメリカ先住民の祖先は、最大2万3000年前に1回の集団移動でシベリア(Siberia)から米大陸に渡ったとする、DNA分析に基づく研究結果が21
日、発表された。現在の
さまざまなグループに分化したのは後の時代になってからだという。地球の最終氷期に、現在のロシアと米アラスカ(Alaska)州を結ぶベーリング海
峡(Bering Strait)の陸地と氷を横断してやってきた祖先が米大陸に定住したとする説については、大半の
科学者から支持されており、また、米大陸には1万5000年前にすでに人類が存在していたことも考古学的な発見によって判明している。
だが、未解決の問題も数多くある。集団移動の時期とその回数、そして、アジア大陸と米大陸の間に当時隆起していた陸地部分のベーリング地峡
(Beringia)で、これら初期の開拓者らがどのくらいの期間を過ごしたのか、など。今回発表された2件の研究結果は、現代と古代の米先住民および
シベリア先住民のDNAを分析することで、これらの問題の空欄の一部を埋めることを目指したもので、21日の米科学誌
「サイエンス(Science)」と英科学誌ネイチャー(Nature)にそれぞれ発表された。サイエンス誌に掲載されたのは、デンマーク・コペンハーゲン大
学(University of Copenhagen)地理遺伝学センター(Centre for GeoGenetics)が主導したもので、米大陸への集団移動が
2万3000年前以降に最初の1回だけ行われたことが分かったとしている。論文によると、コペンハーゲン大の研究チームは、この祖先の集団が、約1
万3000年前に2つの主要系統に分岐したことを発見した。これは、氷河が融解して北米大陸の内陸部への経路が
開かれた時期と一致するという。
研究は、これらの2系統が、人類学でアメリンディアンとアサバスカンと呼ばれる先住民グループになったとしている。これまでの研究では、アメリ
ンディアンの祖先とアサバスカンの祖先がそれぞれ個別にベーリング海峡を横断したことが示唆されていた。論文主執筆者の一人、マーナサ・ラガバ
ン(Maanasa Raghavan)氏は「今回の研究は、米大陸の遺伝的先史時代に関する、これまでで最も包括的な全体像を提示するものだ」と語る。ラガ
バン氏は、「アメリンディアンとアサバスカンの主要サブグループを含む全ての米先住民は、米大陸に渡った同一の移住者集団の子孫であることを、今
回の研究は示している」と述べ、
北米北極圏のパレオ・エスキモー(Paleo-Eskimo)やイヌイット(Inuit)などの民族を発生させることとなった後の時代の移住者集団とは明確に異な
ると続けた。研究チームは、また、米大陸での人類の存在を示す最古の証拠が1万5000年前のものであることを考えると、最初期の祖先が最終的に米
大陸に流入するまでのベーリング地峡にとどまっていた
期間は、最大で8000年続いた可能性があると指摘している。一部の従来の研究では、このベーリング地峡で孤立していた期間を数万年とする説も提唱
されているが、この8000年はそれよりはるかに短い。今日存在が知られているさまざまな民族集団への多様化は、祖先が米大陸に足を踏み入れる前で
はなく、到達した後に初めて起きたとされる。ネイチャー誌に発表された別の研究では、南米アマゾン(Amazon)の先住民の一部は、現代で仲間とさ
れるアメリカ先住民より、オーストラリア、ニューギニア島(New Guinea)、インド洋
アンダマン諸島(Andaman Islands)などの先住民に近い近縁関係にある祖先の系統を引いていることが分かったとされた。
アメリカ先住民がユーラシア(Eurasia)大陸からやってきたとすると、初期米先住民の骨格の一部が、現在のオーストラレーシア(オーストラリア、
ニュージーランド、周辺の島々の総称)の人々と
共通の特徴を持っている理由についても説明できることになる。だが、この祖先がいつ、どのようにして米大陸にやってきたかは依然として「未解決
の問題」だと論文は指摘している。(c)AFP/Mariette LE ROUX
生物多様性の保全や持続可能な生物資源の利用に関する施策を推進することを目的として2008年に「生物多様性基本法」が制定され、その成立を
受けて2010年に「生物多様性国家戦略
2010」が閣議決定されました。この施策を推進するための基盤となる技術の1つが生物多様性のモニタリングです。ところが、海や川や湖沼で魚
の多様性をモニタリングしようとすると、水中に潜って
観察したり網などの漁具を使って捕るなど、大きな労力と費用に加えて長期間にわたる調査が必要でした。さらに、日本に生息が確認されている魚だ
けでも4,000種以上いるため、目視や標本の観察により魚の種類を決めるためには、高度に専門的な知識と経験が必要でした

91日曜8時の名無しさん2017/02/01(水) 03:26:01.51ID:ZWwMMDq1
アメリカ先住民の祖先は、最大2万3000年前に1回の集団移動でシベリア(Siberia)から米大陸に渡ったとする、DNA分析に基づく研究結果が21
日、発表された。現在の
さまざまなグループに分化したのは後の時代になってからだという。地球の最終氷期に、現在のロシアと米アラスカ(Alaska)州を結ぶベーリング海
峡(Bering Strait)の陸地と氷を横断してやってきた祖先が米大陸に定住したとする説については、大半の
科学者から支持されており、また、米大陸には1万5000年前にすでに人類が存在していたことも考古学的な発見によって判明している。
だが、未解決の問題も数多くある。集団移動の時期とその回数、そして、アジア大陸と米大陸の間に当時隆起していた陸地部分のベーリング地峡
(Beringia)で、これら初期の開拓者らがどのくらいの期間を過ごしたのか、など。今回発表された2件の研究結果は、現代と古代の米先住民および
シベリア先住民のDNAを分析することで、これらの問題の空欄の一部を埋めることを目指したもので、21日の米科学誌
「サイエンス(Science)」と英科学誌ネイチャー(Nature)にそれぞれ発表された。サイエンス誌に掲載されたのは、デンマーク・コペンハーゲン大
学(University of Copenhagen)地理遺伝学センター(Centre for GeoGenetics)が主導したもので、米大陸への集団移動が
2万3000年前以降に最初の1回だけ行われたことが分かったとしている。論文によると、コペンハーゲン大の研究チームは、この祖先の集団が、約1
万3000年前に2つの主要系統に分岐したことを発見した。これは、氷河が融解して北米大陸の内陸部への経路が
開かれた時期と一致するという。
研究は、これらの2系統が、人類学でアメリンディアンとアサバスカンと呼ばれる先住民グループになったとしている。これまでの研究では、アメリ
ンディアンの祖先とアサバスカンの祖先がそれぞれ個別にベーリング海峡を横断したことが示唆されていた。論文主執筆者の一人、マーナサ・ラガバ
ン(Maanasa Raghavan)氏は「今回の研究は、米大陸の遺伝的先史時代に関する、これまでで最も包括的な全体像を提示するものだ」と語る。ラガ
バン氏は、「アメリンディアンとアサバスカンの主要サブグループを含む全ての米先住民は、米大陸に渡った同一の移住者集団の子孫であることを、今
回の研究は示している」と述べ、
北米北極圏のパレオ・エスキモー(Paleo-Eskimo)やイヌイット(Inuit)などの民族を発生させることとなった後の時代の移住者集団とは明確に異な
ると続けた。研究チームは、また、米大陸での人類の存在を示す最古の証拠が1万5000年前のものであることを考えると、最初期の祖先が最終的に米
大陸に流入するまでのベーリング地峡にとどまっていた
期間は、最大で8000年続いた可能性があると指摘している。一部の従来の研究では、このベーリング地峡で孤立していた期間を数万年とする説も提唱
されているが、この8000年はそれよりはるかに短い。今日存在が知られているさまざまな民族集団への多様化は、祖先が米大陸に足を踏み入れる前で
はなく、到達した後に初めて起きたとされる。ネイチャー誌に発表された別の研究では、南米アマゾン(Amazon)の先住民の一部は、現代で仲間とさ
れるアメリカ先住民より、オーストラリア、ニューギニア島(New Guinea)、インド洋
アンダマン諸島(Andaman Islands)などの先住民に近い近縁関係にある祖先の系統を引いていることが分かったとされた。
アメリカ先住民がユーラシア(Eurasia)大陸からやってきたとすると、初期米先住民の骨格の一部が、現在のオーストラレーシア(オーストラリア、
ニュージーランド、周辺の島々の総称)の人々と
共通の特徴を持っている理由についても説明できることになる。だが、この祖先がいつ、どのようにして米大陸にやってきたかは依然として「未解決
の問題」だと論文は指摘している。(c)AFP/Mariette LE ROUX
生物多様性の保全や持続可能な生物資源の利用に関する施策を推進することを目的として2008年に「生物多様性基本法」が制定され、その成立を
受けて2010年に「生物多様性国家戦略
2010」が閣議決定されました。この施策を推進するための基盤となる技術の1つが生物多様性のモニタリングです。ところが、海や川や湖沼で魚
の多様性をモニタリングしようとすると、水中に潜って
観察したり網などの漁具を使って捕るなど、大きな労力と費用に加えて長期間にわたる調査が必要でした。さらに、日本に生息が確認されている魚だ
けでも4,000種以上いるため、目視や標本の観察により魚の種類を決めるためには、高度に専門的な知識と経験が必要でした

92日曜8時の名無しさん2017/02/01(水) 03:26:21.48ID:ZWwMMDq1
アメリカ先住民の祖先は、最大2万3000年前に1回の集団移動でシベリア(Siberia)から米大陸に渡ったとする、DNA分析に基づく研究結果が21
日、発表された。現在の
さまざまなグループに分化したのは後の時代になってからだという。地球の最終氷期に、現在のロシアと米アラスカ(Alaska)州を結ぶベーリング海
峡(Bering Strait)の陸地と氷を横断してやってきた祖先が米大陸に定住したとする説については、大半の
科学者から支持されており、また、米大陸には1万5000年前にすでに人類が存在していたことも考古学的な発見によって判明している。
だが、未解決の問題も数多くある。集団移動の時期とその回数、そして、アジア大陸と米大陸の間に当時隆起していた陸地部分のベーリング地峡
(Beringia)で、これら初期の開拓者らがどのくらいの期間を過ごしたのか、など。今回発表された2件の研究結果は、現代と古代の米先住民および
シベリア先住民のDNAを分析することで、これらの問題の空欄の一部を埋めることを目指したもので、21日の米科学誌
「サイエンス(Science)」と英科学誌ネイチャー(Nature)にそれぞれ発表された。サイエンス誌に掲載されたのは、デンマーク・コペンハーゲン大
学(University of Copenhagen)地理遺伝学センター(Centre for GeoGenetics)が主導したもので、米大陸への集団移動が
2万3000年前以降に最初の1回だけ行われたことが分かったとしている。論文によると、コペンハーゲン大の研究チームは、この祖先の集団が、約1
万3000年前に2つの主要系統に分岐したことを発見した。これは、氷河が融解して北米大陸の内陸部への経路が
開かれた時期と一致するという。
研究は、これらの2系統が、人類学でアメリンディアンとアサバスカンと呼ばれる先住民グループになったとしている。これまでの研究では、アメリ
ンディアンの祖先とアサバスカンの祖先がそれぞれ個別にベーリング海峡を横断したことが示唆されていた。論文主執筆者の一人、マーナサ・ラガバ
ン(Maanasa Raghavan)氏は「今回の研究は、米大陸の遺伝的先史時代に関する、これまでで最も包括的な全体像を提示するものだ」と語る。ラガ
バン氏は、「アメリンディアンとアサバスカンの主要サブグループを含む全ての米先住民は、米大陸に渡った同一の移住者集団の子孫であることを、今
回の研究は示している」と述べ、
北米北極圏のパレオ・エスキモー(Paleo-Eskimo)やイヌイット(Inuit)などの民族を発生させることとなった後の時代の移住者集団とは明確に異な
ると続けた。研究チームは、また、米大陸での人類の存在を示す最古の証拠が1万5000年前のものであることを考えると、最初期の祖先が最終的に米
大陸に流入するまでのベーリング地峡にとどまっていた
期間は、最大で8000年続いた可能性があると指摘している。一部の従来の研究では、このベーリング地峡で孤立していた期間を数万年とする説も提唱
されているが、この8000年はそれよりはるかに短い。今日存在が知られているさまざまな民族集団への多様化は、祖先が米大陸に足を踏み入れる前で
はなく、到達した後に初めて起きたとされる。ネイチャー誌に発表された別の研究では、南米アマゾン(Amazon)の先住民の一部は、現代で仲間とさ
れるアメリカ先住民より、オーストラリア、ニューギニア島(New Guinea)、インド洋
アンダマン諸島(Andaman Islands)などの先住民に近い近縁関係にある祖先の系統を引いていることが分かったとされた。
アメリカ先住民がユーラシア(Eurasia)大陸からやってきたとすると、初期米先住民の骨格の一部が、現在のオーストラレーシア(オーストラリア、
ニュージーランド、周辺の島々の総称)の人々と
共通の特徴を持っている理由についても説明できることになる。だが、この祖先がいつ、どのようにして米大陸にやってきたかは依然として「未解決
の問題」だと論文は指摘している。(c)AFP/Mariette LE ROUX
生物多様性の保全や持続可能な生物資源の利用に関する施策を推進することを目的として2008年に「生物多様性基本法」が制定され、その成立を
受けて2010年に「生物多様性国家戦略
2010」が閣議決定されました。この施策を推進するための基盤となる技術の1つが生物多様性のモニタリングです。ところが、海や川や湖沼で魚
の多様性をモニタリングしようとすると、水中に潜って
観察したり網などの漁具を使って捕るなど、大きな労力と費用に加えて長期間にわたる調査が必要でした。さらに、日本に生息が確認されている魚だ
けでも4,000種以上いるため、目視や標本の観察により魚の種類を決めるためには、高度に専門的な知識と経験が必要でした

93日曜8時の名無しさん2017/02/01(水) 03:26:36.02ID:ZWwMMDq1
アメリカ先住民の祖先は、最大2万3000年前に1回の集団移動でシベリア(Siberia)から米大陸に渡ったとする、DNA分析に基づく研究結果が21
日、発表された。現在の
さまざまなグループに分化したのは後の時代になってからだという。地球の最終氷期に、現在のロシアと米アラスカ(Alaska)州を結ぶベーリング海
峡(Bering Strait)の陸地と氷を横断してやってきた祖先が米大陸に定住したとする説については、大半の
科学者から支持されており、また、米大陸には1万5000年前にすでに人類が存在していたことも考古学的な発見によって判明している。
だが、未解決の問題も数多くある。集団移動の時期とその回数、そして、アジア大陸と米大陸の間に当時隆起していた陸地部分のベーリング地峡
(Beringia)で、これら初期の開拓者らがどのくらいの期間を過ごしたのか、など。今回発表された2件の研究結果は、現代と古代の米先住民および
シベリア先住民のDNAを分析することで、これらの問題の空欄の一部を埋めることを目指したもので、21日の米科学誌
「サイエンス(Science)」と英科学誌ネイチャー(Nature)にそれぞれ発表された。サイエンス誌に掲載されたのは、デンマーク・コペンハーゲン大
学(University of Copenhagen)地理遺伝学センター(Centre for GeoGenetics)が主導したもので、米大陸への集団移動が
2万3000年前以降に最初の1回だけ行われたことが分かったとしている。論文によると、コペンハーゲン大の研究チームは、この祖先の集団が、約1
万3000年前に2つの主要系統に分岐したことを発見した。これは、氷河が融解して北米大陸の内陸部への経路が
開かれた時期と一致するという。
研究は、これらの2系統が、人類学でアメリンディアンとアサバスカンと呼ばれる先住民グループになったとしている。これまでの研究では、アメリ
ンディアンの祖先とアサバスカンの祖先がそれぞれ個別にベーリング海峡を横断したことが示唆されていた。論文主執筆者の一人、マーナサ・ラガバ
ン(Maanasa Raghavan)氏は「今回の研究は、米大陸の遺伝的先史時代に関する、これまでで最も包括的な全体像を提示するものだ」と語る。ラガ
バン氏は、「アメリンディアンとアサバスカンの主要サブグループを含む全ての米先住民は、米大陸に渡った同一の移住者集団の子孫であることを、今
回の研究は示している」と述べ、
北米北極圏のパレオ・エスキモー(Paleo-Eskimo)やイヌイット(Inuit)などの民族を発生させることとなった後の時代の移住者集団とは明確に異な
ると続けた。研究チームは、また、米大陸での人類の存在を示す最古の証拠が1万5000年前のものであることを考えると、最初期の祖先が最終的に米
大陸に流入するまでのベーリング地峡にとどまっていた
期間は、最大で8000年続いた可能性があると指摘している。一部の従来の研究では、このベーリング地峡で孤立していた期間を数万年とする説も提唱
されているが、この8000年はそれよりはるかに短い。今日存在が知られているさまざまな民族集団への多様化は、祖先が米大陸に足を踏み入れる前で
はなく、到達した後に初めて起きたとされる。ネイチャー誌に発表された別の研究では、南米アマゾン(Amazon)の先住民の一部は、現代で仲間とさ
れるアメリカ先住民より、オーストラリア、ニューギニア島(New Guinea)、インド洋
アンダマン諸島(Andaman Islands)などの先住民に近い近縁関係にある祖先の系統を引いていることが分かったとされた。
アメリカ先住民がユーラシア(Eurasia)大陸からやってきたとすると、初期米先住民の骨格の一部が、現在のオーストラレーシア(オーストラリア、
ニュージーランド、周辺の島々の総称)の人々と
共通の特徴を持っている理由についても説明できることになる。だが、この祖先がいつ、どのようにして米大陸にやってきたかは依然として「未解決
の問題」だと論文は指摘している。(c)AFP/Mariette LE ROUX
生物多様性の保全や持続可能な生物資源の利用に関する施策を推進することを目的として2008年に「生物多様性基本法」が制定され、その成立を
受けて2010年に「生物多様性国家戦略
2010」が閣議決定されました。この施策を推進するための基盤となる技術の1つが生物多様性のモニタリングです。ところが、海や川や湖沼で魚
の多様性をモニタリングしようとすると、水中に潜って
観察したり網などの漁具を使って捕るなど、大きな労力と費用に加えて長期間にわたる調査が必要でした。さらに、日本に生息が確認されている魚だ
けでも4,000種以上いるため、目視や標本の観察により魚の種類を決めるためには、高度に専門的な知識と経験が必要でした

94日曜8時の名無しさん2017/02/01(水) 03:26:52.27ID:ZWwMMDq1
アメリカ先住民の祖先は、最大2万3000年前に1回の集団移動でシベリア(Siberia)から米大陸に渡ったとする、DNA分析に基づく研究結果が21
日、発表された。現在の
さまざまなグループに分化したのは後の時代になってからだという。地球の最終氷期に、現在のロシアと米アラスカ(Alaska)州を結ぶベーリング海
峡(Bering Strait)の陸地と氷を横断してやってきた祖先が米大陸に定住したとする説については、大半の
科学者から支持されており、また、米大陸には1万5000年前にすでに人類が存在していたことも考古学的な発見によって判明している。
だが、未解決の問題も数多くある。集団移動の時期とその回数、そして、アジア大陸と米大陸の間に当時隆起していた陸地部分のベーリング地峡
(Beringia)で、これら初期の開拓者らがどのくらいの期間を過ごしたのか、など。今回発表された2件の研究結果は、現代と古代の米先住民および
シベリア先住民のDNAを分析することで、これらの問題の空欄の一部を埋めることを目指したもので、21日の米科学誌
「サイエンス(Science)」と英科学誌ネイチャー(Nature)にそれぞれ発表された。サイエンス誌に掲載されたのは、デンマーク・コペンハーゲン大
学(University of Copenhagen)地理遺伝学センター(Centre for GeoGenetics)が主導したもので、米大陸への集団移動が
2万3000年前以降に最初の1回だけ行われたことが分かったとしている。論文によると、コペンハーゲン大の研究チームは、この祖先の集団が、約1
万3000年前に2つの主要系統に分岐したことを発見した。これは、氷河が融解して北米大陸の内陸部への経路が
開かれた時期と一致するという。
研究は、これらの2系統が、人類学でアメリンディアンとアサバスカンと呼ばれる先住民グループになったとしている。これまでの研究では、アメリ
ンディアンの祖先とアサバスカンの祖先がそれぞれ個別にベーリング海峡を横断したことが示唆されていた。論文主執筆者の一人、マーナサ・ラガバ
ン(Maanasa Raghavan)氏は「今回の研究は、米大陸の遺伝的先史時代に関する、これまでで最も包括的な全体像を提示するものだ」と語る。ラガ
バン氏は、「アメリンディアンとアサバスカンの主要サブグループを含む全ての米先住民は、米大陸に渡った同一の移住者集団の子孫であることを、今
回の研究は示している」と述べ、
北米北極圏のパレオ・エスキモー(Paleo-Eskimo)やイヌイット(Inuit)などの民族を発生させることとなった後の時代の移住者集団とは明確に異な
ると続けた。研究チームは、また、米大陸での人類の存在を示す最古の証拠が1万5000年前のものであることを考えると、最初期の祖先が最終的に米
大陸に流入するまでのベーリング地峡にとどまっていた
期間は、最大で8000年続いた可能性があると指摘している。一部の従来の研究では、このベーリング地峡で孤立していた期間を数万年とする説も提唱
されているが、この8000年はそれよりはるかに短い。今日存在が知られているさまざまな民族集団への多様化は、祖先が米大陸に足を踏み入れる前で
はなく、到達した後に初めて起きたとされる。ネイチャー誌に発表された別の研究では、南米アマゾン(Amazon)の先住民の一部は、現代で仲間とさ
れるアメリカ先住民より、オーストラリア、ニューギニア島(New Guinea)、インド洋
アンダマン諸島(Andaman Islands)などの先住民に近い近縁関係にある祖先の系統を引いていることが分かったとされた。
アメリカ先住民がユーラシア(Eurasia)大陸からやってきたとすると、初期米先住民の骨格の一部が、現在のオーストラレーシア(オーストラリア、
ニュージーランド、周辺の島々の総称)の人々と
共通の特徴を持っている理由についても説明できることになる。だが、この祖先がいつ、どのようにして米大陸にやってきたかは依然として「未解決
の問題」だと論文は指摘している。(c)AFP/Mariette LE ROUX
生物多様性の保全や持続可能な生物資源の利用に関する施策を推進することを目的として2008年に「生物多様性基本法」が制定され、その成立を
受けて2010年に「生物多様性国家戦略
2010」が閣議決定されました。この施策を推進するための基盤となる技術の1つが生物多様性のモニタリングです。ところが、海や川や湖沼で魚
の多様性をモニタリングしようとすると、水中に潜って
観察したり網などの漁具を使って捕るなど、大きな労力と費用に加えて長期間にわたる調査が必要でした。さらに、日本に生息が確認されている魚だ
けでも4,000種以上いるため、目視や標本の観察により魚の種類を決めるためには、高度に専門的な知識と経験が必要でした

95日曜8時の名無しさん2017/02/01(水) 03:27:10.10ID:ZWwMMDq1
アメリカ先住民の祖先は、最大2万3000年前に1回の集団移動でシベリア(Siberia=jから米大陸に涛nったとする、DNA分析に基づく研究結果が21
日、発表された。現在の
さまざまなグループに分化したのは後の時代になってからだという。地球の最終氷期に、現在のロシアと米アラスカ(Alaska)州を結ぶベーリング海
峡(Bering Strait)の陸地と氷を横断してやってきた祖先が米大陸に定住したとする説については、大半の
科学者から支持されており、また、米大陸には1万5000年前にすでに人類が存在していたことも考古学的な発見によって判明している。
だが、未解決の問題も数多くある。集団移動の時期とその回数、そして、アジア大陸と米大陸の間に当時隆起していた陸地部分のベーリング地峡
(Beringia)で、これら初期の開拓者らがどのくらいの期間を過ごしたのか、など。今回発表された2件の研究結果は、現代と古代の米先住民および
シベリア先住民のDNAを分析することで、これらの問題の空欄の一部を埋めることを目指したもので、21日の米科学誌
「サイエンス(Science)」と英科学誌ネイチャー(Nature)にそれぞれ発表された。サイエンス誌に掲載されたのは、デンマーク・コペンハーゲン大
学(University of Copenhagen)地理遺伝学センター(Centre for GeoGenetics)が主導したもので、米大陸への集団移動が
2万3000年前以降に最初の1回だけ行われたことが分かったとしている。論文によると、コペンハーゲン大の研究チームは、この祖先の集団が、約1
万3000年前に2つの主要系統に分岐したことを発見した。これは、氷河が融解して北米大陸の内陸部への経路が
開かれた時期と一致するという。
研究は、これらの2系統が、人類学でアメリンディアンとアサバスカンと呼ばれる先住民グループになったとしている。これまでの研究では、アメリ
ンディアンの祖先とアサバスカンの祖先がそれぞれ個別にベーリング海峡を横断したことが示唆されていた。論文主執筆者の一人、マーナサ・ラガバ
ン(Maanasa Raghavan)氏は「今回の研究は、米大陸の遺伝的先史時代に関する、これまでで最も包括的な全体像を提示するものだ」と語る。ラガ
バン氏は、「アメリンディアンとアサバスカンの主要サブグループを含む全ての米先住民は、米大陸に渡った同一の移住者集団の子孫であることを、今
回の研究は示している」と述べ、
北米北極圏のパレオ・エスキモー(Paleo-Eskimo)やイヌイット(Inuit)などの民族を発生させることとなった後の時代の移住者集団とは明確に異な
ると続けた。研究チームは、また、米大陸での人類の存在を示す最古の証拠が1万5000年前のものであることを考えると、最初期の祖先が最終的に米
大陸に流入するまでのベーリング地峡にとどまっていた
期間は、最大で8000年続いた可能性があると指摘している。一部の従来の研究では、このベーリング地峡で孤立していた期間を数万年とする説も提唱
されているが、この8000年はそれよりはるかに短い。今日存在が知られているさまざまな民族集団への多様化は、祖先が米大陸に足を踏み入れる前で
はなく、到達した後に初めて起きたとされる。ネイチャー誌に発表された別の研究では、南米アマゾン(Amazon)の先住民の一部は、現代で仲間とさ
れるアメリカ先住民より、オーストラリア、ニューギニア島(New Guinea)、インド洋
アンダマン諸島(Andaman Islands)などの先住民に近い近縁関係にある祖先の系統を引いていることが分かったとされた。
アメリカ先住民がユーラシア(Eurasia)大陸からやってきたとすると、初期米先住民の骨格の一部が、現在のオーストラレーシア(オーストラリア、
ニュージーランド、周辺の島々の総称)の人々と
共通の特徴を持っている理由についても説明できることになる。だが、この祖先がいつ、どのようにして米大陸にやってきたかは依然として「未解決
の問題」だと論文は指摘している。(c)AFP/Mariette LE ROUX
生物多様性の保全や持続可能な生物資源の利用に関する施策を推進することを目的として2008年に「生物多様性基本法」が制定され、その成立を
受けて2010年に「生物多様性国家戦略
2010」が閣議決定されました。この施策を推進するための基盤となる技術の1つが生物多様性のモニタリングです。ところが、海や川や湖沼で魚
の多様性をモニタリングしようとすると、水中に潜って
観察したり網などの漁具を使って捕るなど、大きな労力と費用に加えて長期間にわたる調査が必要でした。さらに、日本に生息が確認されている魚だ
けでも4,000種以上いるため、目視や標本の観察により魚の種類を決めるためには、高度に専門的な知識と経験が必要でした

96日曜8時の名無しさん2017/02/01(水) 03:27:26.21ID:ZWwMMDq1
アメリカ先住民の祖先は、最大2万3000年前に1回の集団移動でシベリア(Siberia)から米大陸に渡ったとする、DNA分析に基づく研究結果が21
日、発表された。現在の
さまざまなグループに分化したのは後の時代になってからだという。地球の最終氷期に、現在のロシアと米アラスカ(Alaska)州を結ぶベーリング海
峡(Bering Strait)の陸地と氷を横断してやってきた祖先が米大陸に定住したとする説については、大半の
科学者から支持されており、また、米大陸には1万5000年前にすでに人類が存在していたことも考古学的な発見によって判明している。
だが、未解決の問題も数多くある。集団移動の時期とその回数、そして、アジア大陸と米大陸の間に当時隆起していた陸地部分のベーリング地峡
(Beringia)で、これら初期の開拓者らがどのくらいの期間を過ごしたのか、など。今回発表された2件の研究結果は、現代と古代の米先住民および
シベリア先住民のDNAを分析することで、これらの問題の空欄の一部を埋めることを目指したもので、21日の米科学誌
「サイエンス(Science)」と英科学誌ネイチャー(Nature)にそれぞれ発表された。サイエンス誌に掲載されたのは、デンマーク・コペンハーゲン大
学(University of Copenhagen)地理遺伝学センター(Centre for GeoGenetics)が主導したもので、米大陸への集団移動が
2万3000年前以降に最初の1回だけ行われたことが分かったとしている。論文によると、コペンハーゲン大の研究チームは、この祖先の集団が、約1
万3000年前に2つの主要系統に分岐したことを発見した。これは、氷河が融解して北米大陸の内陸部への経路が
開かれた時期と一致するという。
研究は、これらの2系統が、人類学でアメリンディアンとアサバスカンと呼ばれる先住民グループになったとしている。これまでの研究では、アメリ
ンディアンの祖先とアサバスカンの祖先がそれぞれ個別にベーリング海峡を横断したことが示唆されていた。論文主執筆者の一人、マーナサ・ラガバ
ン(Maanasa Raghavan)氏は「今回の研究は、米大陸の遺伝的先史時代に関する、これまでで最も包括的な全体像を提示するものだ」と語る。ラガ
バン氏は、「アメリンディアンとアサバスカンの主要サブグループを含む全ての米先住民は、米大陸に渡った同一の移住者集団の子孫であることを、今
回の研究は示している」と述べ、
北米北極圏のパレオ・エスキモー(Paleo-Eskimo)やイヌイット(Inuit)などの民族を発生させることとなった後の時代の移住者集団とは明確に異な
ると続けた。研究チームは、また、米大陸での人類の存在を示す最古の証拠が1万5000年前のものであることを考えると、最初期の祖先が最終的に米
大陸に流入するまでのベーリング地峡にとどまっていた
期間は、最大で8000年続いた可能性があると指摘している。一部の従来の研究では、このベーリング地峡で孤立していた期間を数万年とする説も提唱
されているが、この8000年はそれよりはるかに短い。今日存在が知られているさまざまな民族集団への多様化は、祖先が米大陸に足を踏み入れる前で
はなく、到達した後に初めて起きたとされる。ネイチャー誌に発表された別の研究では、南米アマゾン(Amazon)の先住民の一部は、現代で仲間とさ
れるアメリカ先住民より、オーストラリア、ニューギニア島(New Guinea)、インド洋
アンダマン諸島(Andaman Islands)などの先住民に近い近縁関係にある祖先の系統を引いていることが分かったとされた。
アメリカ先住民がユーラシア(Eurasia)大陸からやってきたとすると、初期米先住民の骨格の一部が、現在のオーストラレーシア(オーストラリア、
ニュージーランド、周辺の島々の総称)の人々と
共通の特徴を持っている理由についても説明できることになる。だが、この祖先がいつ、どのようにして米大陸にやってきたかは依然として「未解決
の問題」だと論文は指摘している。(c)AFP/Mariette LE ROUX
生物多様性の保全や持続可能な生物資源の利用に関する施策を推進することを目的として2008年に「生物多様性基本法」が制定され、その成立を
受けて2010年に「生物多様性国家戦略
2010」が閣議決定されました。この施策を推進するための基盤となる技術の1つが生物多様性のモニタリングです。ところが、海や川や湖沼で魚
の多様性をモニタリングしようとすると、水中に潜って
観察したり網などの漁具を使って捕るなど、大きな労力と費用に加えて長期間にわたる調査が必要でした。さらに、日本に生息が確認されている魚だ
けでも4,000種以上いるため、目視や標本の観察により魚の種類を決めるためには、高度に専門的な知識と経験が必要でした

97日曜8時の名無しさん2017/02/01(水) 03:27:59.63ID:ZWwMMDq1
アメリカ先住民の祖先は、最大2万3000年前に1回の集団移動でシベリア(Siberia)から米大陸に渡ったとする、DNA分析に基づく研究結果が21
日、発表された。現在の
さまざまなグループに分化したのは後の時代になってからだという。地球の最終氷期に、現在のロシアと米アラスカ(Alaska)州を結ぶベーリング海
峡(Bering Strait)の陸地と氷を横断してやってきた祖先が米大陸に定住したとする説については、大半の
科学者から支持されており、また、米大陸には1万5000年前にすでに人類が存在していたことも考古学的な発見によって判明している。
だが、未解決の問題も数多くある。集団移動の時期とその回数、そして、アジア大陸と米大陸の間に当時隆起していた陸地部分のベーリング地峡
(Beringia)で、これら初期の開拓者らがどのくらいの期間を過ごしたのか、など。今回発表された2件の研究結果は、現代と古代の米先住民および
シベリア先住民のDNAを分析することで、これらの問題の空欄の一部を埋めることを目指したもので、21日の米科学誌
「サイエンス(Science)」と英科学誌ネイチャー(Nature)にそれぞれ発表された。サイエンス誌に掲載されたのは、デンマーク・コペンハーゲン大
学(University of Copenhagen)地理遺伝学センター(Centre for GeoGenetics)が主導したもので、米大陸への集団移動が
2万3000年前以降に最初の1回だけ行われたことが分かったとしている。論文によると、コペンハーゲン大の研究チームは、この祖先の集団が、約1
万3000年前に2つの主要系統に分岐したことを発見した。これは、氷河が融解して北米大陸の内陸部への経路が
開かれた時期と一致するという。
研究は、これらの2系統が、人類学でアメリンディアンとアサバスカンと呼ばれる先住民グループになったとしている。これまでの研究では、アメリ
ンディアンの祖先とアサバスカンの祖先がそれぞれ個別にベーリング海峡を横断したことが示唆されていた。論文主執筆者の一人、マーナサ・ラガバ
ン(Maanasa Raghavan)氏は「今回の研究は、米大陸の遺伝的先史時代に関する、これまでで最も包括的な全体像を提示するものだ」と語る。ラガ
バン氏は、「アメリンディアンとアサバスカンの主要サブグループを含む全ての米先住民は、米大陸に渡った同一の移住者集団の子孫であることを、今
回の研究は示している」と述べ、
北米北極圏のパレオ・エスキモー(Paleo-Eskimo)やイヌイット(Inuit)などの民族を発生させることとなった後の時代の移住者集団とは明確に異な
ると続けた。研究チームは、また、米大陸での人類の存在を示す最古の証拠が1万5000年前のものであることを考えると、最初期の祖先が最終的に米
大陸に流入するまでのベーリング地峡にとどまっていた
期間は、最大で8000年続いた可能性があると指摘している。一部の従来の研究では、このベーリング地峡で孤立していた期間を数万年とする説も提唱
されているが、この8000年はそれよりはるかに短い。今日存在が知られているさまざまな民族集団への多様化は、祖先が米大陸に足を踏み入れる前で
はなく、到達した後に初めて起きたとされる。ネイチャー誌に発表された別の研究では、南米アマゾン(Amazon)の先住民の一部は、現代で仲間とさ
れるアメリカ先住民より、オーストラリア、ニューギニア島(New Guinea)、インド洋
アンダマン諸島(Andaman Islands)などの先住民に近い近縁関係にある祖先の系統を引いていることが分かったとされた。
アメリカ先住民がユーラシア(Eurasia)大陸からやってきたとすると、初期米先住民の骨格の一部が、現在のオーストラレーシア(オーストラリア、
ニュージーランド、周辺の島々の総称)の人々と
共通の特徴を持っている理由についても説明できることになる。だが、この祖先がいつ、どのようにして米大陸にやってきたかは依然として「未解決
の問題」だと論文は指摘している。(c)AFP/Mariette LE ROUX
生物多様性の保全や持続可能な生物資源の利用に関する施策を推進することを目的として2008年に「生物多様性基本法」が制定され、その成立を
受けて2010年に「生物多様性国家戦略
2010」が閣議決定されました。この施策を推進するための基盤となる技術の1つが生物多様性のモニタリングです。ところが、海や川や湖沼で魚
の多様性をモニタリングしようとすると、水中に潜って
観察したり網などの漁具を使って捕るなど、大きな労力と費用に加えて長期間にわたる調査が必要でした。さらに、日本に生息が確認されている魚だ
けでも4,000種以上いるため、目視や標本の観察により魚の種類を決めるためには、高度に専門的な知識と経験が必要でした

98日曜8時の名無しさん2017/02/01(水) 03:28:20.71ID:ZWwMMDq1
アメリカ先住民の祖先は、最大2万3000年前に1回の集団移動でシベリア(Siberia)から米大陸に渡ったとする、DNA分析に基づく研究結果が21
日、発表された。現在の
さまざまなグループに分化したのは後の時代になってからだという。地球の最終氷期に、現在のロシアと米アラスカ(Alaska)州を結ぶベーリング海
峡(Bering Strait)の陸地と氷を横断してやってきた祖先が米大陸に定住したとする説については、大半の
科学者から支持されており、また、米大陸には1万5000年前にすでに人類が存在していたことも考古学的な発見によって判明している。
だが、未解決の問題も数多くある。集団移動の時期とその回数、そして、アジア大陸と米大陸の間に当時隆起していた陸地部分のベーリング地峡
(Beringia)で、これら初期の開拓者らがどのくらいの期間を過ごしたのか、など。今回発表された2件の研究結果は、現代と古代の米先住民および
シベリア先住民のDNAを分析することで、これらの問題の空欄の一部を埋めることを目指したもので、21日の米科学誌
「サイエンス(Science)」と英科学誌ネイチャー(Nature)にそれぞれ発表された。サイエンス誌に掲載されたのは、デンマーク・コペンハーゲン大
学(University of Copenhagen)地理遺伝学センター(Centre for GeoGenetics)が主導したもので、米大陸への集団移動が
2万3000年前以降に最初の1回だけ行われたことが分かったとしている。論文によると、コペンハーゲン大の研究チームは、この祖先の集団が、約1
万3000年前に2つの主要系統に分岐したことを発見した。これは、氷河が融解して北米大陸の内陸部への経路が
開かれた時期と一致するという。
研究は、これらの2系統が、人類学でアメリンディアンとアサバスカンと呼ばれる先住民グループになったとしている。これまでの研究では、アメリ
ンディアンの祖先とアサバスカンの祖先がそれぞれ個別にベーリング海峡を横断したことが示唆されていた。論文主執筆者の一人、マーナサ・ラガバ
ン(Maanasa Raghavan)氏は「今回の研究は、米大陸の遺伝的先史時代に関する、これまでで最も包括的な全体像を提示するものだ」と語る。ラガ
バン氏は、「アメリンディアンとアサバスカンの主要サブグループを含む全ての米先住民は、米大陸に渡った同一の移住者集団の子孫であることを、今
回の研究は示している」と述べ、
北米北極圏のパレオ・エスキモー(Paleo-Eskimo)やイヌイット(Inuit)などの民族を発生させることとなった後の時代の移住者集団とは明確に異な
ると続けた。研究チームは、また、米大陸での人類の存在を示す最古の証拠が1万5000年前のものであることを考えると、最初期の祖先が最終的に米
大陸に流入するまでのベーリング地峡にとどまっていた
期間は、最大で8000年続いた可能性があると指摘している。一部の従来の研究では、このベーリング地峡で孤立していた期間を数万年とする説も提唱
されているが、この8000年はそれよりはるかに短い。今日存在が知られているさまざまな民族集団への多様化は、祖先が米大陸に足を踏み入れる前で
はなく、到達した後に初めて起きたとされる。ネイチャー誌に発表された別の研究では、南米アマゾン(Amazon)の先住民の一部は、現代で仲間とさ
れるアメリカ先住民より、オーストラリア、ニューギニア島(New Guinea)、インド洋
アンダマン諸島(Andaman Islands)などの先住民に近い近縁関係にある祖先の系統を引いていることが分かったとされた。
アメリカ先住民がユーラシア(Eurasia)大陸からやってきたとすると、初期米先住民の骨格の一部が、現在のオーストラレーシア(オーストラリア、
ニュージーランド、周辺の島々の総称)の人々と
共通の特徴を持っている理由についても説明できることになる。だが、この祖先がいつ、どのようにして米大陸にやってきたかは依然として「未解決
の問題」だと論文は指摘している。(c)AFP/Mariette LE ROUX
生物多様性の保全や持続可能な生物資源の利用に関する施策を推進することを目的として2008年に「生物多様性基本法」が制定され、その成立を
受けて2010年に「生物多様性国家戦略
2010」が閣議決定されました。この施策を推進するための基盤となる技術の1つが生物多様性のモニタリングです。ところが、海や川や湖沼で魚
の多様性をモニタリングしようとすると、水中に潜って
観察したり網などの漁具を使って捕るなど、大きな労力と費用に加えて長期間にわたる調査が必要でした。さらに、日本に生息が確認されている魚だ
けでも4,000種以上いるため、目視や標本の観察により魚の種類を決めるためには、高度に専門的な知識と経験が必要でした

99日曜8時の名無しさん2017/02/01(水) 03:28:38.92ID:ZWwMMDq1
アメリカ先住民の祖先は、最大2万3000年前に1回の集団移動でシベリア(Siberia)から米大陸に渡ったとする、DNA分析に基づく研究結果が21
日、発表された。現在の
さまざまなグループに分化したのは後の時代になってからだという。地球の最終氷期に、現在のロシアと米アラスカ(Alaska)州を結ぶベーリング海
峡(Bering Strait)の陸地と氷を横断してやってきた祖先が米大陸に定住したとする説については、大半の
科学者から支持されており、また、米大陸には1万5000年前にすでに人類が存在していたことも考古学的な発見によって判明している。
だが、未解決の問題も数多くある。集団移動の時期とその回数、そして、アジア大陸と米大陸の間に当時隆起していた陸地部分のベーリング地峡
(Beringia)で、これら初期の開拓者らがどのくらいの期間を過ごしたのか、など。今回発表された2件の研究結果は、現代と古代の米先住民および
シベリア先住民のDNAを分析することで、これらの問題の空欄の一部を埋めることを目指したもので、21日の米科学誌
「サイエンス(Science)」と英科学誌ネイチャー(Nature)にそれぞれ発表された。サイエンス誌に掲載されたのは、デンマーク・コペンハーゲン大
学(University of Copenhagen)地理遺伝学センター(Centre for GeoGenetics)が主導したもので、米大陸への集団移動が
2万3000年前以降に最初の1回だけ行われたことが分かったとしている。論文によると、コペンハーゲン大の研究チームは、この祖先の集団が、約1
万3000年前に2つの主要系統に分岐したことを発見した。これは、氷河が融解して北米大陸の内陸部への経路が
開かれた時期と一致するという。
研究は、これらの2系統が、人類学でアメリンディアンとアサバスカンと呼ばれる先住民グループになったとしている。これまでの研究では、アメリ
ンディアンの祖先とアサバスカンの祖先がそれぞれ個別にベーリング海峡を横断したことが示唆されていた。論文主執筆者の一人、マーナサ・ラガバ
ン(Maanasa Raghavan)氏は「今回の研究は、米大陸の遺伝的先史時代に関する、これまでで最も包括的な全体像を提示するものだ」と語る。ラガ
バン氏は、「アメリンディアンとアサバスカンの主要サブグループを含む全ての米先住民は、米大陸に渡った同一の移住者集団の子孫であることを、今
回の研究は示している」と述べ、
北米北極圏のパレオ・エスキモー(Paleo-Eskimo)やイヌイット(Inuit)などの民族を発生させることとなった後の時代の移住者集団とは明確に異な
ると続けた。研究チームは、また、米大陸での人類の存在を示す最古の証拠が1万5000年前のものであることを考えると、最初期の祖先が最終的に米
大陸に流入するまでのベーリング地峡にとどまっていた
期間は、最大で8000年続いた可能性があると指摘している。一部の従来の研究では、このベーリング地峡で孤立していた期間を数万年とする説も提唱
されているが、この8000年はそれよりはるかに短い。今日存在が知られているさまざまな民族集団への多様化は、祖先が米大陸に足を踏み入れる前で
はなく、到達した後に初めて起きたとされる。ネイチャー誌に発表された別の研究では、南米アマゾン(Amazon)の先住民の一部は、現代で仲間とさ
れるアメリカ先住民より、オーストラリア、ニューギニア島(New Guinea)、インド洋
アンダマン諸島(Andaman Islands)などの先住民に近い近縁関係にある祖先の系統を引いていることが分かったとされた。
アメリカ先住民がユーラシア(Eurasia)大陸からやってきたとすると、初期米先住民の骨格の一部が、現在のオーストラレーシア(オーストラリア、
ニュージーランド、周辺の島々の総称)の人々と
共通の特徴を持っている理由についても説明できることになる。だが、この祖先がいつ、どのようにして米大陸にやってきたかは依然として「未解決
の問題」だと論文は指摘している。(c)AFP/Mariette LE ROUX
生物多様性の保全や持続可能な生物資源の利用に関する施策を推進することを目的として2008年に「生物多様性基本法」が制定され、その成立を
受けて2010年に「生物多様性国家戦略
2010」が閣議決定されました。この施策を推進するための基盤となる技術の1つが生物多様性のモニタリングです。ところが、海や川や湖沼で魚
の多様性をモニタリングしようとすると、水中に潜って
観察したり網などの漁具を使って捕るなど、大きな労力と費用に加えて長期間にわたる調査が必要でした。さらに、日本に生息が確認されている魚だ
けでも4,000種以上いるため、目視や標本の観察により魚の種類を決めるためには、高度に専門的な知識と経験が必要でした

100日曜8時の名無しさん2017/02/01(水) 03:28:55.41ID:ZWwMMDq1
アメリカ先住民の祖先は、最大2万3000年前に1回の集団移動でシベリア(Siberia)から米大陸に渡ったとする、DNA分析に基づく研究結果が21
日、発表された。現在の
さまざまなグループに分化したのは後の時代になってからだという。地球の最終氷期に、現在のロシアと米アラスカ(Alaska)州を結ぶベーリング海
峡(Bering Strait)の陸地と氷を横断してやってきた祖先が米大陸に定住したとする説については、大半の
科学者から支持されており、また、米大陸には1万5000年前にすでに人類が存在していたことも考古学的な発見によって判明している。
だが、未解決の問題も数多くある。集団移動の時期とその回数、そして、アジア大陸と米大陸の間に当時隆起していた陸地部分のベーリング地峡
(Beringia)で、これら初期の開拓者らがどのくらいの期間を過ごしたのか、など。今回発表された2件の研究結果は、現代と古代の米先住民および
シベリア先住民のDNAを分析することで、これらの問題の空欄の一部を埋めることを目指したもので、21日の米科学誌
「サイエンス(Science)」と英科学誌ネイチャー(Nature)にそれぞれ発表された。サイエンス誌に掲載されたのは、デンマーク・コペンハーゲン大
学(University of Copenhagen)地理遺伝学センター(Centre for GeoGenetics)が主導したもので、米大陸への集団移動が
2万3000年前以降に最初の1回だけ行われたことが分かったとしている。論文によると、コペンハーゲン大の研究チームは、この祖先の集団が、約1
万3000年前に2つの主要系統に分岐したことを発見した。これは、氷河が融解して北米大陸の内陸部への経路が
開かれた時期と一致するという。
研究は、これらの2系統が、人類学でアメリンディアンとアサバスカンと呼ばれる先住民グループになったとしている。これまでの研究では、アメリ
ンディアンの祖先とアサバスカンの祖先がそれぞれ個別にベーリング海峡を横断したことが示唆されていた。論文主執筆者の一人、マーナサ・ラガバ
ン(Maanasa Raghavan)氏は「今回の研究は、米大陸の遺伝的先史時代に関する、これまでで最も包括的な全体像を提示するものだ」と語る。ラガ
バン氏は、「アメリンディアンとアサバスカンの主要サブグループを含む全ての米先住民は、米大陸に渡った同一の移住者集団の子孫であることを、今
回の研究は示している」と述べ、
北米北極圏のパレオ・エスキモー(Paleo-Eskimo)やイヌイット(Inuit)などの民族を発生させることとなった後の時代の移住者集団とは明確に異な
ると続けた。研究チームは、また、米大陸での人類の存在を示す最古の証拠が1万5000年前のものであることを考えると、最初期の祖先が最終的に米
大陸に流入するまでのベーリング地峡にとどまっていた
期間は、最大で8000年続いた可能性があると指摘している。一部の従来の研究では、このベーリング地峡で孤立していた期間を数万年とする説も提唱
されているが、この8000年はそれよりはるかに短い。今日存在が知られているさまざまな民族集団への多様化は、祖先が米大陸に足を踏み入れる前で
はなく、到達した後に初めて起きたとされる。ネイチャー誌に発表された別の研究では、南米アマゾン(Amazon)の先住民の一部は、現代で仲間とさ
れるアメリカ先住民より、オーストラリア、ニューギニア島(New Guinea)、インド洋
アンダマン諸島(Andaman Islands)などの先住民に近い近縁関係にある祖先の系統を引いていることが分かったとされた。
アメリカ先住民がユーラシア(Eurasia)大陸からやってきたとすると、初期米先住民の骨格の一部が、現在のオーストラレーシア(オーストラリア、
ニュージーランド、周辺の島々の総称)の人々と
共通の特徴を持っている理由についても説明できることになる。だが、この祖先がいつ、どのようにして米大陸にやってきたかは依然として「未解決
の問題」だと論文は指摘している。(c)AFP/Mariette LE ROUX
生物多様性の保全や持続可能な生物資源の利用に関する施策を推進することを目的として2008年に「生物多様性基本法」が制定され、その成立を
受けて2010年に「生物多様性国家戦略
2010」が閣議決定されました。この施策を推進するための基盤となる技術の1つが生物多様性のモニタリングです。ところが、海や川や湖沼で魚
の多様性をモニタリングしようとすると、水中に潜って
観察したり網などの漁具を使って捕るなど、大きな労力と費用に加えて長期間にわたる調査が必要でした。さらに、日本に生息が確認されている魚だ
けでも4,000種以上いるため、目視や標本の観察により魚の種類を決めるためには、高度に専門的な知識と経験が必要でした

101日曜8時の名無しさん2017/02/01(水) 03:29:12.14ID:ZWwMMDq1
アメリカ先住民の祖先は、最大2万3000年前に1回の集団移動でシベリア(Siberia)から米大陸に渡ったとする、DNA分析に基づく研究結果が21
日、発表された。現在の
さまざまなグループに分化したのは後の時代になってからだという。地球の最終氷期に、現在のロシアと米アラスカ(Alaska)州を結ぶベーリング海
峡(Bering Strait)の陸地と氷を横断してやってきた祖先が米大陸に定住したとする説については、大半の
科学者から支持されており、また、米大陸には1万5000年前にすでに人類が存在していたことも考古学的な発見によって判明している。
だが、未解決の問題も数多くある。集団移動の時期とその回数、そして、アジア大陸と米大陸の間に当時隆起していた陸地部分のベーリング地峡
(Beringia)で、これら初期の開拓者らがどのくらいの期間を過ごしたのか、など。今回発表された2件の研究結果は、現代と古代の米先住民および
シベリア先住民のDNAを分析することで、これらの問題の空欄の一部を埋めることを目指したもので、21日の米科学誌
「サイエンス(Science)」と英科学誌ネイチャー(Nature)にそれぞれ発表された。サイエンス誌に掲載されたのは、デンマーク・コペンハーゲン大
学(University of Copenhagen)地理遺伝学センター(Centre for GeoGenetics)が主導したもので、米大陸への集団移動が
2万3000年前以降に最初の1回だけ行われたことが分かったとしている。論文によると、コペンハーゲン大の研究チームは、この祖先の集団が、約1
万3000年前に2つの主要系統に分岐したことを発見した。これは、氷河が融解して北米大陸の内陸部への経路が
開かれた時期と一致するという。
研究は、これらの2系統が、人類学でアメリンディアンとアサバスカンと呼ばれる先住民グループになったとしている。これまでの研究では、アメリ
ンディアンの祖先とアサバスカンの祖先がそれぞれ個別にベーリング海峡を横断したことが示唆されていた。論文主執筆者の一人、マーナサ・ラガバ
ン(Maanasa Raghavan)氏は「今回の研究は、米大陸の遺伝的先史時代に関する、これまでで最も包括的な全体像を提示するものだ」と語る。ラガ
バン氏は、「アメリンディアンとアサバスカンの主要サブグループを含む全ての米先住民は、米大陸に渡った同一の移住者集団の子孫であることを、今
回の研究は示している」と述べ、
北米北極圏のパレオ・エスキモー(Paleo-Eskimo)やイヌイット(Inuit)などの民族を発生させることとなった後の時代の移住者集団とは明確に異な
ると続けた。研究チームは、また、米大陸での人類の存在を示す最古の証拠が1万5000年前のものであることを考えると、最初期の祖先が最終的に米
大陸に流入するまでのベーリング地峡にとどまっていた
期間は、最大で8000年続いた可能性があると指摘している。一部の従来の研究では、このベーリング地峡で孤立していた期間を数万年とする説も提唱
されているが、この8000年はそれよりはるかに短い。今日存在が知られているさまざまな民族集団への多様化は、祖先が米大陸に足を踏み入れる前で
はなく、到達した後に初めて起きたとされる。ネイチャー誌に発表された別の研究では、南米アマゾン(Amazon)の先住民の一部は、現代で仲間とさ
れるアメリカ先住民より、オーストラリア、ニューギニア島(New Guinea)、インド洋
アンダマン諸島(Andaman Islands)などの先住民に近い近縁関係にある祖先の系統を引いていることが分かったとされた。
アメリカ先住民がユーラシア(Eurasia)大陸からやってきたとすると、初期米先住民の骨格の一部が、現在のオーストラレーシア(オーストラリア、
ニュージーランド、周辺の島々の総称)の人々と
共通の特徴を持っている理由についても説明できることになる。だが、この祖先がいつ、どのようにして米大陸にやってきたかは依然として「未解決
の問題」だと論文は指摘している。(c)AFP/Mariette LE ROUX
生物多様性の保全や持続可能な生物資源の利用に関する施策を推進することを目的として2008年に「生物多様性基本法」が制定され、その成立を
受けて2010年に「生物多様性国家戦略
2010」が閣議決定されました。この施策を推進するための基盤となる技術の1つが生物多様性のモニタリングです。ところが、海や川や湖沼で魚
の多様性をモニタリングしようとすると、水中に潜って
観察したり網などの漁具を使って捕るなど、大きな労力と費用に加えて長期間にわたる調査が必要でした。さらに、日本に生息が確認されている魚だ
けでも4,000種以上いるため、目視や標本の観察により魚の種類を決めるためには、高度に専門的な知識と経験が必要でした

102日曜8時の名無しさん2017/02/01(水) 03:29:28.77ID:ZWwMMDq1
アメリカ先住民の祖先は、最大2万3000年前に1回の集団移動でシベリア(Siberia)から米大陸に渡ったとする、DNA分析に基づく研究結果が21
日、発表された。現在の
さまざまなグループに分化したのは後の時代になってからだという。地球の最終氷期に、現在のロシアと米アラスカ(Alaska)州を結ぶベーリング海
峡(Bering Strait)の陸地と氷を横断してやってきた祖先が米大陸に定住したとする説については、大半の
科学者から支持されており、また、米大陸には1万5000年前にすでに人類が存在していたことも考古学的な発見によって判明している。
だが、未解決の問題も数多くある。集団移動の時期とその回数、そして、アジア大陸と米大陸の間に当時隆起していた陸地部分のベーリング地峡
(Beringia)で、これら初期の開拓者らがどのくらいの期間を過ごしたのか、など。今回発表された2件の研究結果は、現代と古代の米先住民および
シベリア先住民のDNAを分析することで、これらの問題の空欄の一部を埋めることを目指したもので、21日の米科学誌
「サイエンス(Science)」と英科学誌ネイチャー(Nature)にそれぞれ発表された。サイエンス誌に掲載されたのは、デンマーク・コペンハーゲン大
学(University of Copenhagen)地理遺伝学センター(Centre for GeoGenetics)が主導したもので、米大陸への集団移動が
2万3000年前以降に最初の1回だけ行われたことが分かったとしている。論文によると、コペンハーゲン大の研究チームは、この祖先の集団が、約1
万3000年前に2つの主要系統に分岐したことを発見した。これは、氷河が融解して北米大陸の内陸部への経路が
開かれた時期と一致するという。
研究は、これらの2系統が、人類学でアメリンディアンとアサバスカンと呼ばれる先住民グループになったとしている。これまでの研究では、アメリ
ンディアンの祖先とアサバスカンの祖先がそれぞれ個別にベーリング海峡を横断したことが示唆されていた。論文主執筆者の一人、マーナサ・ラガバ
ン(Maanasa Raghavan)氏は「今回の研究は、米大陸の遺伝的先史時代に関する、これまでで最も包括的な全体像を提示するものだ」と語る。ラガ
バン氏は、「アメリンディアンとアサバスカンの主要サブグループを含む全ての米先住民は、米大陸に渡った同一の移住者集団の子孫であることを、今
回の研究は示している」と述べ、
北米北極圏のパレオ・エスキモー(Paleo-Eskimo)やイヌイット(Inuit)などの民族を発生させることとなった後の時代の移住者集団とは明確に異な
ると続けた。研究チームは、また、米大陸での人類の存在を示す最古の証拠が1万5000年前のものであることを考えると、最初期の祖先が最終的に米
大陸に流入するまでのベーリング地峡にとどまっていた
期間は、最大で8000年続いた可能性があると指摘している。一部の従来の研究では、このベーリング地峡で孤立していた期間を数万年とする説も提唱
されているが、この8000年はそれよりはるかに短い。今日存在が知られているさまざまな民族集団への多様化は、祖先が米大陸に足を踏み入れる前で
はなく、到達した後に初めて起きたとされる。ネイチャー誌に発表された別の研究では、南米アマゾン(Amazon)の先住民の一部は、現代で仲間とさ
れるアメリカ先住民より、オーストラリア、ニューギニア島(New Guinea)、インド洋
アンダマン諸島(Andaman Islands)などの先住民に近い近縁関係にある祖先の系統を引いていることが分かったとされた。
アメリカ先住民がユーラシア(Eurasia)大陸からやってきたとすると、初期米先住民の骨格の一部が、現在のオーストラレーシア(オーストラリア、
ニュージーランド、周辺の島々の総称)の人々と
共通の特徴を持っている理由についても説明できることになる。だが、この祖先がいつ、どのようにして米大陸にやってきたかは依然として「未解決
の問題」だと論文は指摘している。(c)AFP/Mariette LE ROUX
生物多様性の保全や持続可能な生物資源の利用に関する施策を推進することを目的として2008年に「生物多様性基本法」が制定され、その成立を
受けて2010年に「生物多様性国家戦略
2010」が閣議決定されました。この施策を推進するための基盤となる技術の1つが生物多様性のモニタリングです。ところが、海や川や湖沼で魚
の多様性をモニタリングしようとすると、水中に潜って
観察したり網などの漁具を使って捕るなど、大きな労力と費用に加えて長期間にわたる調査が必要でした。さらに、日本に生息が確認されている魚だ
けでも4,000種以上いるため、目視や標本の観察により魚の種類を決めるためには、高度に専門的な知識と経験が必要でした

103日曜8時の名無しさん2017/02/01(水) 03:29:45.37ID:ZWwMMDq1
アメリカ先住民の祖先は、最大2万3000年前に1回の集団移動でシベリア(Siberia)から米大陸に渡ったとする、DNA分析に基づく研究結果が21
日、発表された。現在の
さまざまなグループに分化したのは後の時代になってからだという。地球の最終氷期に、現在のロシアと米アラスカ(Alaska)州を結ぶベーリング海
峡(Bering Strait)の陸地と氷を横断してやってきた祖先が米大陸に定住したとする説については、大半の
科学者から支持されており、また、米大陸には1万5000年前にすでに人類が存在していたことも考古学的な発見によって判明している。
だが、未解決の問題も数多くある。集団移動の時期とその回数、そして、アジア大陸と米大陸の間に当時隆起していた陸地部分のベーリング地峡
(Beringia)で、これら初期の開拓者らがどのくらいの期間を過ごしたのか、など。今回発表された2件の研究結果は、現代と古代の米先住民および
シベリア先住民のDNAを分析することで、これらの問題の空欄の一部を埋めることを目指したもので、21日の米科学誌
「サイエンス(Science)」と英科学誌ネイチャー(Nature)にそれぞれ発表された。サイエンス誌に掲載されたのは、デンマーク・コペンハーゲン大
学(University of Copenhagen)地理遺伝学センター(Centre for GeoGenetics)が主導したもので、米大陸への集団移動が
2万3000年前以降に最初の1回だけ行われたことが分かったとしている。論文によると、コペンハーゲン大の研究チームは、この祖先の集団が、約1
万3000年前に2つの主要系統に分岐したことを発見した。これは、氷河が融解して北米大陸の内陸部への経路が
開かれた時期と一致するという。
研究は、これらの2系統が、人類学でアメリンディアンとアサバスカンと呼ばれる先住民グループになったとしている。これまでの研究では、アメリ
ンディアンの祖先とアサバスカンの祖先がそれぞれ個別にベーリング海峡を横断したことが示唆されていた。論文主執筆者の一人、マーナサ・ラガバ
ン(Maanasa Raghavan)氏は「今回の研究は、米大陸の遺伝的先史時代に関する、これまでで最も包括的な全体像を提示するものだ」と語る。ラガ
バン氏は、「アメリンディアンとアサバスカンの主要サブグループを含む全ての米先住民は、米大陸に渡った同一の移住者集団の子孫であることを、今
回の研究は示している」と述べ、
北米北極圏のパレオ・エスキモー(Paleo-Eskimo)やイヌイット(Inuit)などの民族を発生させることとなった後の時代の移住者集団とは明確に異な
ると続けた。研究チームは、また、米大陸での人類の存在を示す最古の証拠が1万5000年前のものであることを考えると、最初期の祖先が最終的に米
大陸に流入するまでのベーリング地峡にとどまっていた
期間は、最大で8000年続いた可能性があると指摘している。一部の従来の研究では、このベーリング地峡で孤立していた期間を数万年とする説も提唱
されているが、この8000年はそれよりはるかに短い。今日存在が知られているさまざまな民族集団への多様化は、祖先が米大陸に足を踏み入れる前で
はなく、到達した後に初めて起きたとされる。ネイチャー誌に発表された別の研究では、南米アマゾン(Amazon)の先住民の一部は、現代で仲間とさ
れるアメリカ先住民より、オーストラリア、ニューギニア島(New Guinea)、インド洋
アンダマン諸島(Andaman Islands)などの先住民に近い近縁関係にある祖先の系統を引いていることが分かったとされた。
アメリカ先住民がユーラシア(Eurasia)大陸からやってきたとすると、初期米先住民の骨格の一部が、現在のオーストラレーシア(オーストラリア、
ニュージーランド、周辺の島々の総称)の人々と
共通の特徴を持っている理由についても説明できることになる。だが、この祖先がいつ、どのようにして米大陸にやってきたかは依然として「未解決
の問題」だと論文は指摘している。(c)AFP/Mariette LE ROUX
生物多様性の保全や持続可能な生物資源の利用に関する施策を推進することを目的として2008年に「生物多様性基本法」が制定され、その成立を
受けて2010年に「生物多様性国家戦略
2010」が閣議決定されました。この施策を推進するための基盤となる技術の1つが生物多様性のモニタリングです。ところが、海や川や湖沼で魚
の多様性をモニタリングしようとすると、水中に潜って
観察したり網などの漁具を使って捕るなど、大きな労力と費用に加えて長期間にわたる調査が必要でした。さらに、日本に生息が確認されている魚だ
けでも4,000種以上いるため、目視や標本の観察により魚の種類を決めるためには、高度に専門的な知識と経験が必要でした

104日曜8時の名無しさん2017/02/01(水) 03:29:57.67ID:ZWwMMDq1
アメリカ先住民の祖先は、最大2万3000年前に1回の集団移動でシベリア(Siberia)から米大陸に渡ったとする、DNA分析に基づく研究結果が21
日、発表された。現在の
さまざまなグループに分化したのは後の時代になってからだという。地球の最終氷期に、現在のロシアと米アラスカ(Alaska)州を結ぶベーリング海
峡(Bering Strait)の陸地と氷を横断してやってきた祖先が米大陸に定住したとする説については、大半の
科学者から支持されており、また、米大陸には1万5000年前にすでに人類が存在していたことも考古学的な発見によって判明している。
だが、未解決の問題も数多くある。集団移動の時期とその回数、そして、アジア大陸と米大陸の間に当時隆起していた陸地部分のベーリング地峡
(Beringia)で、これら初期の開拓者らがどのくらいの期間を過ごしたのか、など。今回発表された2件の研究結果は、現代と古代の米先住民および
シベリア先住民のDNAを分析することで、これらの問題の空欄の一部を埋めることを目指したもので、21日の米科学誌
「サイエンス(Science)」と英科学誌ネイチャー(Nature)にそれぞれ発表された。サイエンス誌に掲載されたのは、デンマーク・コペンハーゲン大
学(University of Copenhagen)地理遺伝学センター(Centre for GeoGenetics)が主導したもので、米大陸への集団移動が
2万3000年前以降に最初の1回だけ行われたことが分かったとしている。論文によると、コペンハーゲン大の研究チームは、この祖先の集団が、約1
万3000年前に2つの主要系統に分岐したことを発見した。これは、氷河が融解して北米大陸の内陸部への経路が
開かれた時期と一致するという。
研究は、これらの2系統が、人類学でアメリンディアンとアサバスカンと呼ばれる先住民グループになったとしている。これまでの研究では、アメリ
ンディアンの祖先とアサバスカンの祖先がそれぞれ個別にベーリング海峡を横断したことが示唆されていた。論文主執筆者の一人、マーナサ・ラガバ
ン(Maanasa Raghavan)氏は「今回の研究は、米大陸の遺伝的先史時代に関する、これまでで最も包括的な全体像を提示するものだ」と語る。ラガ
バン氏は、「アメリンディアンとアサバスカンの主要サブグループを含む全ての米先住民は、米大陸に渡った同一の移住者集団の子孫であることを、今
回の研究は示している」と述べ、
北米北極圏のパレオ・エスキモー(Paleo-Eskimo)やイヌイット(Inuit)などの民族を発生させることとなった後の時代の移住者集団とは明確に異な
ると続けた。研究チームは、また、米大陸での人類の存在を示す最古の証拠が1万5000年前のものであることを考えると、最初期の祖先が最終的に米
大陸に流入するまでのベーリング地峡にとどまっていた
期間は、最大で8000年続いた可能性があると指摘している。一部の従来の研究では、このベーリング地峡で孤立していた期間を数万年とする説も提唱
されているが、この8000年はそれよりはるかに短い。今日存在が知られているさまざまな民族集団への多様化は、祖先が米大陸に足を踏み入れる前で
はなく、到達した後に初めて起きたとされる。ネイチャー誌に発表された別の研究では、南米アマゾン(Amazon)の先住民の一部は、現代で仲間とさ
れるアメリカ先住民より、オーストラリア、ニューギニア島(New Guinea)、インド洋
アンダマン諸島(Andaman Islands)などの先住民に近い近縁関係にある祖先の系統を引いていることが分かったとされた。
アメリカ先住民がユーラシア(Eurasia)大陸からやってきたとすると、初期米先住民の骨格の一部が、現在のオーストラレーシア(オーストラリア、
ニュージーランド、周辺の島々の総称)の人々と
共通の特徴を持っている理由についても説明できることになる。だが、この祖先がいつ、どのようにして米大陸にやってきたかは依然として「未解決
の問題」だと論文は指摘している。(c)AFP/Mariette LE ROUX
生物多様性の保全や持続可能な生物資源の利用に関する施策を推進することを目的として2008年に「生物多様性基本法」が制定され、その成立を
受けて2010年に「生物多様性国家戦略
2010」が閣議決定されました。この施策を推進するための基盤となる技術の1つが生物多様性のモニタリングです。ところが、海や川や湖沼で魚
の多様性をモニタリングしようとすると、水中に潜って
観察したり網などの漁具を使って捕るなど、大きな労力と費用に加えて長期間にわたる調査が必要でした。さらに、日本に生息が確認されている魚だ
けでも4,000種以上いるため、目視や標本の観察により魚の種類を決めるためには、高度に専門的な知識と経験が必要でした

105日曜8時の名無しさん2017/02/01(水) 03:30:12.36ID:ZWwMMDq1
アメリカ先住民の祖先は、最大2万3000年前に1回の集団移動でシベリア(Siberia)から米大陸に渡ったとする、DNA分析に基づく研究結果が21
日、発表された。現在の
さまざまなグループに分化したのは後の時代になってからだという。地球の最終氷期に、現在のロシアと米アラスカ(Alaska)州を結ぶベーリング海
峡(Bering Strait)の陸地と氷を横断してやってきた祖先が米大陸に定住したとする説については、大半の
科学者から支持されており、また、米大陸には1万5000年前にすでに人類が存在していたことも考古学的な発見によって判明している。
だが、未解決の問題も数多くある。集団移動の時期とその回数、そして、アジア大陸と米大陸の間に当時隆起していた陸地部分のベーリング地峡
(Beringia)で、これら初期の開拓者らがどのくらいの期間を過ごしたのか、など。今回発表された2件の研究結果は、現代と古代の米先住民および
シベリア先住民のDNAを分析することで、これらの問題の空欄の一部を埋めることを目指したもので、21日の米科学誌
「サイエンス(Science)」と英科学誌ネイチャー(Nature)にそれぞれ発表された。サイエンス誌に掲載されたのは、デンマーク・コペンハーゲン大
学(University of Copenhagen)地理遺伝学センター(Centre for GeoGenetics)が主導したもので、米大陸への集団移動が
2万3000年前以降に最初の1回だけ行われたことが分かったとしている。論文によると、コペンハーゲン大の研究チームは、この祖先の集団が、約1
万3000年前に2つの主要系統に分岐したことを発見した。これは、氷河が融解して北米大陸の内陸部への経路が
開かれた時期と一致するという。
研究は、これらの2系統が、人類学でアメリンディアンとアサバスカンと呼ばれる先住民グループになったとしている。これまでの研究では、アメリ
ンディアンの祖先とアサバスカンの祖先がそれぞれ個別にベーリング海峡を横断したことが示唆されていた。論文主執筆者の一人、マーナサ・ラガバ
ン(Maanasa Raghavan)氏は「今回の研究は、米大陸の遺伝的先史時代に関する、これまでで最も包括的な全体像を提示するものだ」と語る。ラガ
バン氏は、「アメリンディアンとアサバスカンの主要サブグループを含む全ての米先住民は、米大陸に渡った同一の移住者集団の子孫であることを、今
回の研究は示している」と述べ、
北米北極圏のパレオ・エスキモー(Paleo-Eskimo)やイヌイット(Inuit)などの民族を発生させることとなった後の時代の移住者集団とは明確に異な
ると続けた。研究チームは、また、米大陸での人類の存在を示す最古の証拠が1万5000年前のものであることを考えると、最初期の祖先が最終的に米
大陸に流入するまでのベーリング地峡にとどまっていた
期間は、最大で8000年続いた可能性があると指摘している。一部の従来の研究では、このベーリング地峡で孤立していた期間を数万年とする説も提唱
されているが、この8000年はそれよりはるかに短い。今日存在が知られているさまざまな民族集団への多様化は、祖先が米大陸に足を踏み入れる前で
はなく、到達した後に初めて起きたとされる。ネイチャー誌に発表された別の研究では、南米アマゾン(Amazon)の先住民の一部は、現代で仲間とさ
れるアメリカ先住民より、オーストラリア、ニューギニア島(New Guinea)、インド洋
アンダマン諸島(Andaman Islands)などの先住民に近い近縁関係にある祖先の系統を引いていることが分かったとされた。
アメリカ先住民がユーラシア(Eurasia)大陸からやってきたとすると、初期米先住民の骨格の一部が、現在のオーストラレーシア(オーストラリア、
ニュージーランド、周辺の島々の総称)の人々と
共通の特徴を持っている理由についても説明できることになる。だが、この祖先がいつ、どのようにして米大陸にやってきたかは依然として「未解決
の問題」だと論文は指摘している。(c)AFP/Mariette LE ROUX
生物多様性の保全や持続可能な生物資源の利用に関する施策を推進することを目的として2008年に「生物多様性基本法」が制定され、その成立を
受けて2010年に「生物多様性国家戦略
2010」が閣議決定されました。この施策を推進するための基盤となる技術の1つが生物多様性のモニタリングです。ところが、海や川や湖沼で魚
の多様性をモニタリングしようとすると、水中に潜って
観察したり網などの漁具を使って捕るなど、大きな労力と費用に加えて長期間にわたる調査が必要でした。さらに、日本に生息が確認されている魚だ
けでも4,000種以上いるため、目視や標本の観察により魚の種類を決めるためには、高度に専門的な知識と経験が必要でした

106日曜8時の名無しさん2017/02/01(水) 03:30:29.97ID:ZWwMMDq1
アメリカ先住民の祖先は、最大2万3000年前に1回の集団移動でシベリア(Siberia)から米大陸に渡ったとする、DNA分析に基づく研究結果が21
日、発表された。現在の
さまざまなグループに分化したのは後の時代になってからだという。地球の最終氷期に、現在のロシアと米アラスカ(Alaska)州を結ぶベーリング海
峡(Bering Strait)の陸地と氷を横断してやってきた祖先が米大陸に定住したとする説については、大半の
科学者から支持されており、また、米大陸には1万5000年前にすでに人類が存在していたことも考古学的な発見によって判明している。
だが、未解決の問題も数多くある。集団移動の時期とその回数、そして、アジア大陸と米大陸の間に当時隆起していた陸地部分のベーリング地峡
(Beringia)で、これら初期の開拓者らがどのくらいの期間を過ごしたのか、など。今回発表された2件の研究結果は、現代と古代の米先住民および
シベリア先住民のDNAを分析することで、これらの問題の空欄の一部を埋めることを目指したもので、21日の米科学誌
「サイエンス(Science)」と英科学誌ネイチャー(Nature)にそれぞれ発表された。サイエンス誌に掲載されたのは、デンマーク・コペンハーゲン大
学(University of Copenhagen)地理遺伝学センター(Centre for GeoGenetics)が主導したもので、米大陸への集団移動が
2万3000年前以降に最初の1回だけ行われたことが分かったとしている。論文によると、コペンハーゲン大の研究チームは、この祖先の集団が、約1
万3000年前に2つの主要系統に分岐したことを発見した。これは、氷河が融解して北米大陸の内陸部への経路が
開かれた時期と一致するという。
研究は、これらの2系統が、人類学でアメリンディアンとアサバスカンと呼ばれる先住民グループになったとしている。これまでの研究では、アメリ
ンディアンの祖先とアサバスカンの祖先がそれぞれ個別にベーリング海峡を横断したことが示唆されていた。論文主執筆者の一人、マーナサ・ラガバ
ン(Maanasa Raghavan)氏は「今回の研究は、米大陸の遺伝的先史時代に関する、これまでで最も包括的な全体像を提示するものだ」と語る。ラガ
バン氏は、「アメリンディアンとアサバスカンの主要サブグループを含む全ての米先住民は、米大陸に渡った同一の移住者集団の子孫であることを、今
回の研究は示している」と述べ、
北米北極圏のパレオ・エスキモー(Paleo-Eskimo)やイヌイット(Inuit)などの民族を発生させることとなった後の時代の移住者集団とは明確に異な
ると続けた。研究チームは、また、米大陸での人類の存在を示す最古の証拠が1万5000年前のものであることを考えると、最初期の祖先が最終的に米
大陸に流入するまでのベーリング地峡にとどまっていた
期間は、最大で8000年続いた可能性があると指摘している。一部の従来の研究では、このベーリング地峡で孤立していた期間を数万年とする説も提唱
されているが、この8000年はそれよりはるかに短い。今日存在が知られているさまざまな民族集団への多様化は、祖先が米大陸に足を踏み入れる前で
はなく、到達した後に初めて起きたとされる。ネイチャー誌に発表された別の研究では、南米アマゾン(Amazon)の先住民の一部は、現代で仲間とさ
れるアメリカ先住民より、オーストラリア、ニューギニア島(New Guinea)、インド洋
アンダマン諸島(Andaman Islands)などの先住民に近い近縁関係にある祖先の系統を引いていることが分かったとされた。
アメリカ先住民がユーラシア(Eurasia)大陸からやってきたとすると、初期米先住民の骨格の一部が、現在のオーストラレーシア(オーストラリア、
ニュージーランド、周辺の島々の総称)の人々と
共通の特徴を持っている理由についても説明できることになる。だが、この祖先がいつ、どのようにして米大陸にやってきたかは依然として「未解決
の問題」だと論文は指摘している。(c)AFP/Mariette LE ROUX
生物多様性の保全や持続可能な生物資源の利用に関する施策を推進することを目的として2008年に「生物多様性基本法」が制定され、その成立を
受けて2010年に「生物多様性国家戦略
2010」が閣議決定されました。この施策を推進するための基盤となる技術の1つが生物多様性のモニタリングです。ところが、海や川や湖沼で魚
の多様性をモニタリングしようとすると、水中に潜って
観察したり網などの漁具を使って捕るなど、大きな労力と費用に加えて長期間にわたる調査が必要でした。さらに、日本に生息が確認されている魚だ
けでも4,000種以上いるため、目視や標本の観察により魚の種類を決めるためには、高度に専門的な知識と経験が必要でした

107日曜8時の名無しさん2017/02/01(水) 03:30:48.00ID:ZWwMMDq1
アメリカ先住民の祖先は、最大2万3000年前に1回の集団移動でシベリア(Siberia)から米大陸に渡ったとする、DNA分析に基づく研究結果が21
日、発表された。現在の
さまざまなグループに分化したのは後の時代になってからだという。地球の最終氷期に、現在のロシアと米アラスカ(Alaska)州を結ぶベーリング海
峡(Bering Strait)の陸地と氷を横断してやってきた祖先が米大陸に定住したとする説については、大半の
科学者から支持されており、また、米大陸には1万5000年前にすでに人類が存在していたことも考古学的な発見によって判明している。
だが、未解決の問題も数多くある。集団移動の時期とその回数、そして、アジア大陸と米大陸の間に当時隆起していた陸地部分のベーリング地峡
(Beringia)で、これら初期の開拓者らがどのくらいの期間を過ごしたのか、など。今回発表された2件の研究結果は、現代と古代の米先住民および
シベリア先住民のDNAを分析することで、これらの問題の空欄の一部を埋めることを目指したもので、21日の米科学誌
「サイエンス(Science)」と英科学誌ネイチャー(Nature)にそれぞれ発表された。サイエンス誌に掲載されたのは、デンマーク・コペンハーゲン大
学(University of Copenhagen)地理遺伝学センター(Centre for GeoGenetics)が主導したもので、米大陸への集団移動が
2万3000年前以降に最初の1回だけ行われたことが分かったとしている。論文によると、コペンハーゲン大の研究チームは、この祖先の集団が、約1
万3000年前に2つの主要系統に分岐したことを発見した。これは、氷河が融解して北米大陸の内陸部への経路が
開かれた時期と一致するという。
研究は、これらの2系統が、人類学でアメリンディアンとアサバスカンと呼ばれる先住民グループになったとしている。これまでの研究では、アメリ
ンディアンの祖先とアサバスカンの祖先がそれぞれ個別にベーリング海峡を横断したことが示唆されていた。論文主執筆者の一人、マーナサ・ラガバ
ン(Maanasa Raghavan)氏は「今回の研究は、米大陸の遺伝的先史時代に関する、これまでで最も包括的な全体像を提示するものだ」と語る。ラガ
バン氏は、「アメリンディアンとアサバスカンの主要サブグループを含む全ての米先住民は、米大陸に渡った同一の移住者集団の子孫であることを、今
回の研究は示している」と述べ、
北米北極圏のパレオ・エスキモー(Paleo-Eskimo)やイヌイット(Inuit)などの民族を発生させることとなった後の時代の移住者集団とは明確に異な
ると続けた。研究チームは、また、米大陸での人類の存在を示す最古の証拠が1万5000年前のものであることを考えると、最初期の祖先が最終的に米
大陸に流入するまでのベーリング地峡にとどまっていた
期間は、最大で8000年続いた可能性があると指摘している。一部の従来の研究では、このベーリング地峡で孤立していた期間を数万年とする説も提唱
されているが、この8000年はそれよりはるかに短い。今日存在が知られているさまざまな民族集団への多様化は、祖先が米大陸に足を踏み入れる前で
はなく、到達した後に初めて起きたとされる。ネイチャー誌に発表された別の研究では、南米アマゾン(Amazon)の先住民の一部は、現代で仲間とさ
れるアメリカ先住民より、オーストラリア、ニューギニア島(New Guinea)、インド洋
アンダマン諸島(Andaman Islands)などの先住民に近い近縁関係にある祖先の系統を引いていることが分かったとされた。
アメリカ先住民がユーラシア(Eurasia)大陸からやってきたとすると、初期米先住民の骨格の一部が、現在のオーストラレーシア(オーストラリア、
ニュージーランド、周辺の島々の総称)の人々と
共通の特徴を持っている理由についても説明できることになる。だが、この祖先がいつ、どのようにして米大陸にやってきたかは依然として「未解決
の問題」だと論文は指摘している。(c)AFP/Mariette LE ROUX
生物多様性の保全や持続可能な生物資源の利用に関する施策を推進することを目的として2008年に「生物多様性基本法」が制定され、その成立を
受けて2010年に「生物多様性国家戦略
2010」が閣議決定されました。この施策を推進するための基盤となる技術の1つが生物多様性のモニタリングです。ところが、海や川や湖沼で魚
の多様性をモニタリングしようとすると、水中に潜って
観察したり網などの漁具を使って捕るなど、大きな労力と費用に加えて長期間にわたる調査が必要でした。さらに、日本に生息が確認されている魚だ
けでも4,000種以上いるため、目視や標本の観察により魚の種類を決めるためには、高度に専門的な知識と経験が必要でした

108日曜8時の名無しさん2017/02/01(水) 03:31:02.93ID:ZWwMMDq1
アメリカ先住民の祖先は、最大2万3000年前に1回の集団移動でシベリア(Siberia)から米大陸に渡ったとする、DNA分析に基づく研究結果が21
日、発表された。現在の
さまざまなグループに分化したのは後の時代になってからだという。地球の最終氷期に、現在のロシアと米アラスカ(Alaska)州を結ぶベーリング海
峡(Bering Strait)の陸地と氷を横断してやってきた祖先が米大陸に定住したとする説については、大半の
科学者から支持されており、また、米大陸には1万5000年前にすでに人類が存在していたことも考古学的な発見によって判明している。
だが、未解決の問題も数多くある。集団移動の時期とその回数、そして、アジア大陸と米大陸の間に当時隆起していた陸地部分のベーリング地峡
(Beringia)で、これら初期の開拓者らがどのくらいの期間を過ごしたのか、など。今回発表された2件の研究結果は、現代と古代の米先住民および
シベリア先住民のDNAを分析することで、これらの問題の空欄の一部を埋めることを目指したもので、21日の米科学誌
「サイエンス(Science)」と英科学誌ネイチャー(Nature)にそれぞれ発表された。サイエンス誌に掲載されたのは、デンマーク・コペンハーゲン大
学(University of Copenhagen)地理遺伝学センター(Centre for GeoGenetics)が主導したもので、米大陸への集団移動が
2万3000年前以降に最初の1回だけ行われたことが分かったとしている。論文によると、コペンハーゲン大の研究チームは、この祖先の集団が、約1
万3000年前に2つの主要系統に分岐したことを発見した。これは、氷河が融解して北米大陸の内陸部への経路が
開かれた時期と一致するという。
研究は、これらの2系統が、人類学でアメリンディアンとアサバスカンと呼ばれる先住民グループになったとしている。これまでの研究では、アメリ
ンディアンの祖先とアサバスカンの祖先がそれぞれ個別にベーリング海峡を横断したことが示唆されていた。論文主執筆者の一人、マーナサ・ラガバ
ン(Maanasa Raghavan)氏は「今回の研究は、米大陸の遺伝的先史時代に関する、これまでで最も包括的な全体像を提示するものだ」と語る。ラガ
バン氏は、「アメリンディアンとアサバスカンの主要サブグループを含む全ての米先住民は、米大陸に渡った同一の移住者集団の子孫であることを、今
回の研究は示している」と述べ、
北米北極圏のパレオ・エスキモー(Paleo-Eskimo)やイヌイット(Inuit)などの民族を発生させることとなった後の時代の移住者集団とは明確に異な
ると続けた。研究チームは、また、米大陸での人類の存在を示す最古の証拠が1万5000年前のものであることを考えると、最初期の祖先が最終的に米
大陸に流入するまでのベーリング地峡にとどまっていた
期間は、最大で8000年続いた可能性があると指摘している。一部の従来の研究では、このベーリング地峡で孤立していた期間を数万年とする説も提唱
されているが、この8000年はそれよりはるかに短い。今日存在が知られているさまざまな民族集団への多様化は、祖先が米大陸に足を踏み入れる前で
はなく、到達した後に初めて起きたとされる。ネイチャー誌に発表された別の研究では、南米アマゾン(Amazon)の先住民の一部は、現代で仲間とさ
れるアメリカ先住民より、オーストラリア、ニューギニア島(New Guinea)、インド洋
アンダマン諸島(Andaman Islands)などの先住民に近い近縁関係にある祖先の系統を引いていることが分かったとされた。
アメリカ先住民がユーラシア(Eurasia)大陸からやってきたとすると、初期米先住民の骨格の一部が、現在のオーストラレーシア(オーストラリア、
ニュージーランド、周辺の島々の総称)の人々と
共通の特徴を持っている理由についても説明できることになる。だが、この祖先がいつ、どのようにして米大陸にやってきたかは依然として「未解決
の問題」だと論文は指摘している。(c)AFP/Mariette LE ROUX
生物多様性の保全や持続可能な生物資源の利用に関する施策を推進することを目的として2008年に「生物多様性基本法」が制定され、その成立を
受けて2010年に「生物多様性国家戦略
2010」が閣議決定されました。この施策を推進するための基盤となる技術の1つが生物多様性のモニタリングです。ところが、海や川や湖沼で魚
の多様性をモニタリングしようとすると、水中に潜って
観察したり網などの漁具を使って捕るなど、大きな労力と費用に加えて長期間にわたる調査が必要でした。さらに、日本に生息が確認されている魚だ
けでも4,000種以上いるため、目視や標本の観察により魚の種類を決めるためには、高度に専門的な知識と経験が必要でした

109日曜8時の名無しさん2017/02/01(水) 03:31:22.91ID:ZWwMMDq1
アメリカ先住民の祖先は、最大2万3000年前に1回の集団移動でシベリア(Siberia)から米大陸に渡ったとする、DNA分析に基づく研究結果が21
日、発表された。現在の
さまざまなグループに分化したのは後の時代になってからだという。地球の最終氷期に、現在のロシアと米アラスカ(Alaska)州を結ぶベーリング海
峡(Bering Strait)の陸地と氷を横断してやってきた祖先が米大陸に定住したとする説については、大半の
科学者から支持されており、また、米大陸には1万5000年前にすでに人類が存在していたことも考古学的な発見によって判明している。
だが、未解決の問題も数多くある。集団移動の時期とその回数、そして、アジア大陸と米大陸の間に当時隆起していた陸地部分のベーリング地峡
(Beringia)で、これら初期の開拓者らがどのくらいの期間を過ごしたのか、など。今回発表された2件の研究結果は、現代と古代の米先住民および
シベリア先住民のDNAを分析することで、これらの問題の空欄の一部を埋めることを目指したもので、21日の米科学誌
「サイエンス(Science)」と英科学誌ネイチャー(Nature)にそれぞれ発表された。サイエンス誌に掲載されたのは、デンマーク・コペンハーゲン大
学(University of Copenhagen)地理遺伝学センター(Centre for GeoGenetics)が主導したもので、米大陸への集団移動が
2万3000年前以降に最初の1回だけ行われたことが分かったとしている。論文によると、コペンハーゲン大の研究チームは、この祖先の集団が、約1
万3000年前に2つの主要系統に分岐したことを発見した。これは、氷河が融解して北米大陸の内陸部への経路が
開かれた時期と一致するという。
研究は、これらの2系統が、人類学でアメリンディアンとアサバスカンと呼ばれる先住民グループになったとしている。これまでの研究では、アメリ
ンディアンの祖先とアサバスカンの祖先がそれぞれ個別にベーリング海峡を横断したことが示唆されていた。論文主執筆者の一人、マーナサ・ラガバ
ン(Maanasa Raghavan)氏は「今回の研究は、米大陸の遺伝的先史時代に関する、これまでで最も包括的な全体像を提示するものだ」と語る。ラガ
バン氏は、「アメリンディアンとアサバスカンの主要サブグループを含む全ての米先住民は、米大陸に渡った同一の移住者集団の子孫であることを、今
回の研究は示している」と述べ、
北米北極圏のパレオ・エスキモー(Paleo-Eskimo)やイヌイット(Inuit)などの民族を発生させることとなった後の時代の移住者集団とは明確に異な
ると続けた。研究チームは、また、米大陸での人類の存在を示す最古の証拠が1万5000年前のものであることを考えると、最初期の祖先が最終的に米
大陸に流入するまでのベーリング地峡にとどまっていた
期間は、最大で8000年続いた可能性があると指摘している。一部の従来の研究では、このベーリング地峡で孤立していた期間を数万年とする説も提唱
されているが、この8000年はそれよりはるかに短い。今日存在が知られているさまざまな民族集団への多様化は、祖先が米大陸に足を踏み入れる前で
はなく、到達した後に初めて起きたとされる。ネイチャー誌に発表された別の研究では、南米アマゾン(Amazon)の先住民の一部は、現代で仲間とさ
れるアメリカ先住民より、オーストラリア、ニューギニア島(New Guinea)、インド洋
アンダマン諸島(Andaman Islands)などの先住民に近い近縁関係にある祖先の系統を引いていることが分かったとされた。
アメリカ先住民がユーラシア(Eurasia)大陸からやってきたとすると、初期米先住民の骨格の一部が、現在のオーストラレーシア(オーストラリア、
ニュージーランド、周辺の島々の総称)の人々と
共通の特徴を持っている理由についても説明できることになる。だが、この祖先がいつ、どのようにして米大陸にやってきたかは依然として「未解決
の問題」だと論文は指摘している。(c)AFP/Mariette LE ROUX
生物多様性の保全や持続可能な生物資源の利用に関する施策を推進することを目的として2008年に「生物多様性基本法」が制定され、その成立を
受けて2010年に「生物多様性国家戦略
2010」が閣議決定されました。この施策を推進するための基盤となる技術の1つが生物多様性のモニタリングです。ところが、海や川や湖沼で魚
の多様性をモニタリングしようとすると、水中に潜って
観察したり網などの漁具を使って捕るなど、大きな労力と費用に加えて長期間にわたる調査が必要でした。さらに、日本に生息が確認されている魚だ
けでも4,000種以上いるため、目視や標本の観察により魚の種類を決めるためには、高度に専門的な知識と経験が必要でした

110日曜8時の名無しさん2017/02/01(水) 03:31:41.70ID:ZWwMMDq1
アメリカ先住民の祖先は、最大2万3000年前に1回の集団移動でシベリア(Siberia)から米大陸に渡ったとする、DNA分析に基づく研究結果が21
日、発表された。現在の
さまざまなグループに分化したのは後の時代になってからだという。地球の最終氷期に、現在のロシアと米アラスカ(Alaska)州を結ぶベーリング海
峡(Bering Strait)の陸地と氷を横断してやってきた祖先が米大陸に定住したとする説については、大半の
科学者から支持されており、また、米大陸には1万5000年前にすでに人類が存在していたことも考古学的な発見によって判明している。
だが、未解決の問題も数多くある。集団移動の時期とその回数、そして、アジア大陸と米大陸の間に当時隆起していた陸地部分のベーリング地峡
(Beringia)で、これら初期の開拓者らがどのくらいの期間を過ごしたのか、など。今回発表された2件の研究結果は、現代と古代の米先住民および
シベリア先住民のDNAを分析することで、これらの問題の空欄の一部を埋めることを目指したもので、21日の米科学誌
「サイエンス(Science)」と英科学誌ネイチャー(Nature)にそれぞれ発表された。サイエンス誌に掲載されたのは、デンマーク・コペンハーゲン大
学(University of Copenhagen)地理遺伝学センター(Centre for GeoGenetics)が主導したもので、米大陸への集団移動が
2万3000年前以降に最初の1回だけ行われたことが分かったとしている。論文によると、コペンハーゲン大の研究チームは、この祖先の集団が、約1
万3000年前に2つの主要系統に分岐したことを発見した。これは、氷河が融解して北米大陸の内陸部への経路が
開かれた時期と一致するという。
研究は、これらの2系統が、人類学でアメリンディアンとアサバスカンと呼ばれる先住民グループになったとしている。これまでの研究では、アメリ
ンディアンの祖先とアサバスカンの祖先がそれぞれ個別にベーリング海峡を横断したことが示唆されていた。論文主執筆者の一人、マーナサ・ラガバ
ン(Maanasa Raghavan)氏は「今回の研究は、米大陸の遺伝的先史時代に関する、これまでで最も包括的な全体像を提示するものだ」と語る。ラガ
バン氏は、「アメリンディアンとアサバスカンの主要サブグループを含む全ての米先住民は、米大陸に渡った同一の移住者集団の子孫であることを、今
回の研究は示している」と述べ、
北米北極圏のパレオ・エスキモー(Paleo-Eskimo)やイヌイット(Inuit)などの民族を発生させることとなった後の時代の移住者集団とは明確に異な
ると続けた。研究チームは、また、米大陸での人類の存在を示す最古の証拠が1万5000年前のものであることを考えると、最初期の祖先が最終的に米
大陸に流入するまでのベーリング地峡にとどまっていた
期間は、最大で8000年続いた可能性があると指摘している。一部の従来の研究では、このベーリング地峡で孤立していた期間を数万年とする説も提唱
されているが、この8000年はそれよりはるかに短い。今日存在が知られているさまざまな民族集団への多様化は、祖先が米大陸に足を踏み入れる前で
はなく、到達した後に初めて起きたとされる。ネイチャー誌に発表された別の研究では、南米アマゾン(Amazon)の先住民の一部は、現代で仲間とさ
れるアメリカ先住民より、オーストラリア、ニューギニア島(New Guinea)、インド洋
アンダマン諸島(Andaman Islands)などの先住民に近い近縁関係にある祖先の系統を引いていることが分かったとされた。
アメリカ先住民がユーラシア(Eurasia)大陸からやってきたとすると、初期米先住民の骨格の一部が、現在のオーストラレーシア(オーストラリア、
ニュージーランド、周辺の島々の総称)の人々と
共通の特徴を持っている理由についても説明できることになる。だが、この祖先がいつ、どのようにして米大陸にやってきたかは依然として「未解決
の問題」だと論文は指摘している。(c)AFP/Mariette LE ROUX
生物多様性の保全や持続可能な生物資源の利用に関する施策を推進することを目的として2008年に「生物多様性基本法」が制定され、その成立を
受けて2010年に「生物多様性国家戦略
2010」が閣議決定されました。この施策を推進するための基盤となる技術の1つが生物多様性のモニタリングです。ところが、海や川や湖沼で魚
の多様性をモニタリングしようとすると、水中に潜って
観察したり網などの漁具を使って捕るなど、大きな労力と費用に加えて長期間にわたる調査が必要でした。さらに、日本に生息が確認されている魚だ
けでも4,000種以上いるため、目視や標本の観察により魚の種類を決めるためには、高度に専門的な知識と経験が必要でした

111日曜8時の名無しさん2017/02/01(水) 03:31:58.16ID:ZWwMMDq1
アメリカ先住民の祖先は、最大2万3000年前に1回の集団移動でシベリア(Siberia)から米大陸に渡ったとする、DNA分析に基づく研究結果が21
日、発表された。現在の
さまざまなグループに分化したのは後の時代になってからだという。地球の最終氷期に、現在のロシアと米アラスカ(Alaska)州を結ぶベーリング海
峡(Bering Strait)の陸地と氷を横断してやってきた祖先が米大陸に定住したとする説については、大半の
科学者から支持されており、また、米大陸には1万5000年前にすでに人類が存在していたことも考古学的な発見によって判明している。
だが、未解決の問題も数多くある。集団移動の時期とその回数、そして、アジア大陸と米大陸の間に当時隆起していた陸地部分のベーリング地峡
(Beringia)で、これら初期の開拓者らがどのくらいの期間を過ごしたのか、など。今回発表された2件の研究結果は、現代と古代の米先住民および
シベリア先住民のDNAを分析することで、これらの問題の空欄の一部を埋めることを目指したもので、21日の米科学誌
「サイエンス(Science)」と英科学誌ネイチャー(Nature)にそれぞれ発表された。サイエンス誌に掲載されたのは、デンマーク・コペンハーゲン大
学(University of Copenhagen)地理遺伝学センター(Centre for GeoGenetics)が主導したもので、米大陸への集団移動が
2万3000年前以降に最初の1回だけ行われたことが分かったとしている。論文によると、コペンハーゲン大の研究チームは、この祖先の集団が、約1
万3000年前に2つの主要系統に分岐したことを発見した。これは、氷河が融解して北米大陸の内陸部への経路が
開かれた時期と一致するという。
研究は、これらの2系統が、人類学でアメリンディアンとアサバスカンと呼ばれる先住民グループになったとしている。これまでの研究では、アメリ
ンディアンの祖先とアサバスカンの祖先がそれぞれ個別にベーリング海峡を横断したことが示唆されていた。論文主執筆者の一人、マーナサ・ラガバ
ン(Maanasa Raghavan)氏は「今回の研究は、米大陸の遺伝的先史時代に関する、これまでで最も包括的な全体像を提示するものだ」と語る。ラガ
バン氏は、「アメリンディアンとアサバスカンの主要サブグループを含む全ての米先住民は、米大陸に渡った同一の移住者集団の子孫であることを、今
回の研究は示している」と述べ、
北米北極圏のパレオ・エスキモー(Paleo-Eskimo)やイヌイット(Inuit)などの民族を発生させることとなった後の時代の移住者集団とは明確に異な
ると続けた。研究チームは、また、米大陸での人類の存在を示す最古の証拠が1万5000年前のものであることを考えると、最初期の祖先が最終的に米
大陸に流入するまでのベーリング地峡にとどまっていた
期間は、最大で8000年続いた可能性があると指摘している。一部の従来の研究では、このベーリング地峡で孤立していた期間を数万年とする説も提唱
されているが、この8000年はそれよりはるかに短い。今日存在が知られているさまざまな民族集団への多様化は、祖先が米大陸に足を踏み入れる前で
はなく、到達した後に初めて起きたとされる。ネイチャー誌に発表された別の研究では、南米アマゾン(Amazon)の先住民の一部は、現代で仲間とさ
れるアメリカ先住民より、オーストラリア、ニューギニア島(New Guinea)、インド洋
アンダマン諸島(Andaman Islands)などの先住民に近い近縁関係にある祖先の系統を引いていることが分かったとされた。
アメリカ先住民がユーラシア(Eurasia)大陸からやってきたとすると、初期米先住民の骨格の一部が、現在のオーストラレーシア(オーストラリア、
ニュージーランド、周辺の島々の総称)の人々と
共通の特徴を持っている理由についても説明できることになる。だが、この祖先がいつ、どのようにして米大陸にやってきたかは依然として「未解決
の問題」だと論文は指摘している。(c)AFP/Mariette LE ROUX
生物多様性の保全や持続可能な生物資源の利用に関する施策を推進することを目的として2008年に「生物多様性基本法」が制定され、その成立を
受けて2010年に「生物多様性国家戦略
2010」が閣議決定されました。この施策を推進するための基盤となる技術の1つが生物多様性のモニタリングです。ところが、海や川や湖沼で魚
の多様性をモニタリングしようとすると、水中に潜って
観察したり網などの漁具を使って捕るなど、大きな労力と費用に加えて長期間にわたる調査が必要でした。さらに、日本に生息が確認されている魚だ
けでも4,000種以上いるため、目視や標本の観察により魚の種類を決めるためには、高度に専門的な知識と経験が必要でした

112日曜8時の名無しさん2017/02/01(水) 03:32:12.78ID:ZWwMMDq1
アメリカ先住民の祖先は、最大2万3000年前に1回の集団移動でシベリア(Siberia)から米大陸に渡ったとする、DNA分析に基づく研究結果が21
日、発表された。現在の
さまざまなグループに分化したのは後の時代になってからだという。地球の最終氷期に、現在のロシアと米アラスカ(Alaska)州を結ぶベーリング海
峡(Bering Strait)の陸地と氷を横断してやってきた祖先が米大陸に定住したとする説については、大半の
科学者から支持されており、また、米大陸には1万5000年前にすでに人類が存在していたことも考古学的な発見によって判明している。
だが、未解決の問題も数多くある。集団移動の時期とその回数、そして、アジア大陸と米大陸の間に当時隆起していた陸地部分のベーリング地峡
(Beringia)で、これら初期の開拓者らがどのくらいの期間を過ごしたのか、など。今回発表された2件の研究結果は、現代と古代の米先住民および
シベリア先住民のDNAを分析することで、これらの問題の空欄の一部を埋めることを目指したもので、21日の米科学誌
「サイエンス(Science)」と英科学誌ネイチャー(Nature)にそれぞれ発表された。サイエンス誌に掲載されたのは、デンマーク・コペンハーゲン大
学(University of Copenhagen)地理遺伝学センター(Centre for GeoGenetics)が主導したもので、米大陸への集団移動が
2万3000年前以降に最初の1回だけ行われたことが分かったとしている。論文によると、コペンハーゲン大の研究チームは、この祖先の集団が、約1
万3000年前に2つの主要系統に分岐したことを発見した。これは、氷河が融解して北米大陸の内陸部への経路が
開かれた時期と一致するという。
研究は、これらの2系統が、人類学でアメリンディアンとアサバスカンと呼ばれる先住民グループになったとしている。これまでの研究では、アメリ
ンディアンの祖先とアサバスカンの祖先がそれぞれ個別にベーリング海峡を横断したことが示唆されていた。論文主執筆者の一人、マーナサ・ラガバ
ン(Maanasa Raghavan)氏は「今回の研究は、米大陸の遺伝的先史時代に関する、これまでで最も包括的な全体像を提示するものだ」と語る。ラガ
バン氏は、「アメリンディアンとアサバスカンの主要サブグループを含む全ての米先住民は、米大陸に渡った同一の移住者集団の子孫であることを、今
回の研究は示している」と述べ、
北米北極圏のパレオ・エスキモー(Paleo-Eskimo)やイヌイット(Inuit)などの民族を発生させることとなった後の時代の移住者集団とは明確に異な
ると続けた。研究チームは、また、米大陸での人類の存在を示す最古の証拠が1万5000年前のものであることを考えると、最初期の祖先が最終的に米
大陸に流入するまでのベーリング地峡にとどまっていた
期間は、最大で8000年続いた可能性があると指摘している。一部の従来の研究では、このベーリング地峡で孤立していた期間を数万年とする説も提唱
されているが、この8000年はそれよりはるかに短い。今日存在が知られているさまざまな民族集団への多様化は、祖先が米大陸に足を踏み入れる前で
はなく、到達した後に初めて起きたとされる。ネイチャー誌に発表された別の研究では、南米アマゾン(Amazon)の先住民の一部は、現代で仲間とさ
れるアメリカ先住民より、オーストラリア、ニューギニア島(New Guinea)、インド洋
アンダマン諸島(Andaman Islands)などの先住民に近い近縁関係にある祖先の系統を引いていることが分かったとされた。
アメリカ先住民がユーラシア(Eurasia)大陸からやってきたとすると、初期米先住民の骨格の一部が、現在のオーストラレーシア(オーストラリア、
ニュージーランド、周辺の島々の総称)の人々と
共通の特徴を持っている理由についても説明できることになる。だが、この祖先がいつ、どのようにして米大陸にやってきたかは依然として「未解決
の問題」だと論文は指摘している。(c)AFP/Mariette LE ROUX
生物多様性の保全や持続可能な生物資源の利用に関する施策を推進することを目的として2008年に「生物多様性基本法」が制定され、その成立を
受けて2010年に「生物多様性国家戦略
2010」が閣議決定されました。この施策を推進するための基盤となる技術の1つが生物多様性のモニタリングです。ところが、海や川や湖沼で魚
の多様性をモニタリングしようとすると、水中に潜って
観察したり網などの漁具を使って捕るなど、大きな労力と費用に加えて長期間にわたる調査が必要でした。さらに、日本に生息が確認されている魚だ
けでも4,000種以上いるため、目視や標本の観察により魚の種類を決めるためには、高度に専門的な知識と経験が必要でした

113日曜8時の名無しさん2017/02/01(水) 03:32:28.28ID:ZWwMMDq1
アメリカ先住民の祖先は、最大2万3000年前に1回の集団移動でシベリア(Siberia)から米大陸に渡ったとする、DNA分析に基づく研究結果が21
日、発表された。現在の
さまざまなグループに分化したのは後の時代になってからだという。地球の最終氷期に、現在のロシアと米アラスカ(Alaska)州を結ぶベーリング海
峡(Bering Strait)の陸地と氷を横断してやってきた祖先が米大陸に定住したとする説については、大半の
科学者から支持されており、また、米大陸には1万5000年前にすでに人類が存在していたことも考古学的な発見によって判明している。
だが、未解決の問題も数多くある。集団移動の時期とその回数、そして、アジア大陸と米大陸の間に当時隆起していた陸地部分のベーリング地峡
(Beringia)で、これら初期の開拓者らがどのくらいの期間を過ごしたのか、など。今回発表された2件の研究結果は、現代と古代の米先住民および
シベリア先住民のDNAを分析することで、これらの問題の空欄の一部を埋めることを目指したもので、21日の米科学誌
「サイエンス(Science)」と英科学誌ネイチャー(Nature)にそれぞれ発表された。サイエンス誌に掲載されたのは、デンマーク・コペンハーゲン大
学(University of Copenhagen)地理遺伝学センター(Centre for GeoGenetics)が主導したもので、米大陸への集団移動が
2万3000年前以降に最初の1回だけ行われたことが分かったとしている。論文によると、コペンハーゲン大の研究チームは、この祖先の集団が、約1
万3000年前に2つの主要系統に分岐したことを発見した。これは、氷河が融解して北米大陸の内陸部への経路が
開かれた時期と一致するという。
研究は、これらの2系統が、人類学でアメリンディアンとアサバスカンと呼ばれる先住民グループになったとしている。これまでの研究では、アメリ
ンディアンの祖先とアサバスカンの祖先がそれぞれ個別にベーリング海峡を横断したことが示唆されていた。論文主執筆者の一人、マーナサ・ラガバ
ン(Maanasa Raghavan)氏は「今回の研究は、米大陸の遺伝的先史時代に関する、これまでで最も包括的な全体像を提示するものだ」と語る。ラガ
バン氏は、「アメリンディアンとアサバスカンの主要サブグループを含む全ての米先住民は、米大陸に渡った同一の移住者集団の子孫であることを、今
回の研究は示している」と述べ、
北米北極圏のパレオ・エスキモー(Paleo-Eskimo)やイヌイット(Inuit)などの民族を発生させることとなった後の時代の移住者集団とは明確に異な
ると続けた。研究チームは、また、米大陸での人類の存在を示す最古の証拠が1万5000年前のものであることを考えると、最初期の祖先が最終的に米
大陸に流入するまでのベーリング地峡にとどまっていた
期間は、最大で8000年続いた可能性があると指摘している。一部の従来の研究では、このベーリング地峡で孤立していた期間を数万年とする説も提唱
されているが、この8000年はそれよりはるかに短い。今日存在が知られているさまざまな民族集団への多様化は、祖先が米大陸に足を踏み入れる前で
はなく、到達した後に初めて起きたとされる。ネイチャー誌に発表された別の研究では、南米アマゾン(Amazon)の先住民の一部は、現代で仲間とさ
れるアメリカ先住民より、オーストラリア、ニューギニア島(New Guinea)、インド洋
アンダマン諸島(Andaman Islands)などの先住民に近い近縁関係にある祖先の系統を引いていることが分かったとされた。
アメリカ先住民がユーラシア(Eurasia)大陸からやってきたとすると、初期米先住民の骨格の一部が、現在のオーストラレーシア(オーストラリア、
ニュージーランド、周辺の島々の総称)の人々と
共通の特徴を持っている理由についても説明できることになる。だが、この祖先がいつ、どのようにして米大陸にやってきたかは依然として「未解決
の問題」だと論文は指摘している。(c)AFP/Mariette LE ROUX
生物多様性の保全や持続可能な生物資源の利用に関する施策を推進することを目的として2008年に「生物多様性基本法」が制定され、その成立を
受けて2010年に「生物多様性国家戦略
2010」が閣議決定されました。この施策を推進するための基盤となる技術の1つが生物多様性のモニタリングです。ところが、海や川や湖沼で魚
の多様性をモニタリングしようとすると、水中に潜って
観察したり網などの漁具を使って捕るなど、大きな労力と費用に加えて長期間にわたる調査が必要でした。さらに、日本に生息が確認されている魚だ
けでも4,000種以上いるため、目視や標本の観察により魚の種類を決めるためには、高度に専門的な知識と経験が必要でした

114日曜8時の名無しさん2017/02/01(水) 03:33:38.46ID:ZWwMMDq1
アメリカ先住民の祖先は、最大2万3000年前に1回の集団移動でシベリア(Siberia)から米大陸に渡ったとする、DNA分析に基づく研究結果が21
日、発表された。現在の
さまざまなグループに分化したのは後の時代になってからだという。地球の最終氷期に、現在のロシアと米アラスカ(Alaska)州を結ぶベーリング海
峡(Bering Strait)の陸地と氷を横断してやってきた祖先が米大陸に定住したとする説については、大半の
科学者から支持されており、また、米大陸には1万5000年前にすでに人類が存在していたことも考古学的な発見によって判明している。
だが、未解決の問題も数多くある。集団移動の時期とその回数、そして、アジア大陸と米大陸の間に当時隆起していた陸地部分のベーリング地峡
(Beringia)で、これら初期の開拓者らがどのくらいの期間を過ごしたのか、など。今回発表された2件の研究結果は、現代と古代の米先住民および
シベリア先住民のDNAを分析することで、これらの問題の空欄の一部を埋めることを目指したもので、21日の米科学誌
「サイエンス(Science)」と英科学誌ネイチャー(Nature)にそれぞれ発表された。サイエンス誌に掲載されたのは、デンマーク・コペンハーゲン大
学(University of Copenhagen)地理遺伝学センター(Centre for GeoGenetics)が主導したもので、米大陸への集団移動が
2万3000年前以降に最初の1回だけ行われたことが分かったとしている。論文によると、コペンハーゲン大の研究チームは、この祖先の集団が、約1
万3000年前に2つの主要系統に分岐したことを発見した。これは、氷河が融解して北米大陸の内陸部への経路が
開かれた時期と一致するという。
研究は、これらの2系統が、人類学でアメリンディアンとアサバスカンと呼ばれる先住民グループになったとしている。これまでの研究では、アメリ
ンディアンの祖先とアサバスカンの祖先がそれぞれ個別にベーリング海峡を横断したことが示唆されていた。論文主執筆者の一人、マーナサ・ラガバ
ン(Maanasa Raghavan)氏は「今回の研究は、米大陸の遺伝的先史時代に関する、これまでで最も包括的な全体像を提示するものだ」と語る。ラガ
バン氏は、「アメリンディアンとアサバスカンの主要サブグループを含む全ての米先住民は、米大陸に渡った同一の移住者集団の子孫であることを、今
回の研究は示している」と述べ、
北米北極圏のパレオ・エスキモー(Paleo-Eskimo)やイヌイット(Inuit)などの民族を発生させることとなった後の時代の移住者集団とは明確に異な
ると続けた。研究チームは、また、米大陸での人類の存在を示す最古の証拠が1万5000年前のものであることを考えると、最初期の祖先が最終的に米
大陸に流入するまでのベーリング地峡にとどまっていた
期間は、最大で8000年続いた可能性があると指摘している。一部の従来の研究では、このベーリング地峡で孤立していた期間を数万年とする説も提唱
されているが、この8000年はそれよりはるかに短い。今日存在が知られているさまざまな民族集団への多様化は、祖先が米大陸に足を踏み入れる前で
はなく、到達した後に初めて起きたとされる。ネイチャー誌に発表された別の研究では、南米アマゾン(Amazon)の先住民の一部は、現代で仲間とさ
れるアメリカ先住民より、オーストラリア、ニューギニア島(New Guinea)、インド洋
アンダマン諸島(Andaman Islands)などの先住民に近い近縁関係にある祖先の系統を引いていることが分かったとされた。
アメリカ先住民がユーラシア(Eurasia)大陸からやってきたとすると、初期米先住民の骨格の一部が、現在のオーストラレーシア(オーストラリア、
ニュージーランド、周辺の島々の総称)の人々と
共通の特徴を持っている理由についても説明できることになる。だが、この祖先がいつ、どのようにして米大陸にやってきたかは依然として「未解決
の問題」だと論文は指摘している。(c)AFP/Mariette LE ROUX
生物多様性の保全や持続可能な生物資源の利用に関する施策を推進することを目的として2008年に「生物多様性基本法」が制定され、その成立を
受けて2010年に「生物多様性国家戦略
2010」が閣議決定されました。この施策を推進するための基盤となる技術の1つが生物多様性のモニタリングです。ところが、海や川や湖沼で魚
の多様性をモニタリングしようとすると、水中に潜って
観察したり網などの漁具を使って捕るなど、大きな労力と費用に加えて長期間にわたる調査が必要でした。さらに、日本に生息が確認されている魚だ
けでも4,000種以上いるため、目視や標本の観察により魚の種類を決めるためには、高度に専門的な知識と経験が必要でした

115日曜8時の名無しさん2017/02/01(水) 03:34:08.33ID:ZWwMMDq1
アメリカ先住民の祖先は、最大2万3000年前に1回の集団移動でシベリア(Siberia)から米大陸に渡ったとする、DNA分析に基づく研究結果が21
日、発表された。現在の
さまざまなグループに分化したのは後の時代になってからだという。地球の最終氷期に、現在のロシアと米アラスカ(Alaska)州を結ぶベーリング海
峡(Bering Strait)の陸地と氷を横断してやってきた祖先が米大陸に定住したとする説については、大半の
科学者から支持されており、また、米大陸には1万5000年前にすでに人類が存在していたことも考古学的な発見によって判明している。
だが、未解決の問題も数多くある。集団移動の時期とその回数、そして、アジア大陸と米大陸の間に当時隆起していた陸地部分のベーリング地峡
(Beringia)で、これら初期の開拓者らがどのくらいの期間を過ごしたのか、など。今回発表された2件の研究結果は、現代と古代の米先住民および
シベリア先住民のDNAを分析することで、これらの問題の空欄の一部を埋めることを目指したもので、21日の米科学誌
「サイエンス(Science)」と英科学誌ネイチャー(Nature)にそれぞれ発表された。サイエンス誌に掲載されたのは、デンマーク・コペンハーゲン大
学(University of Copenhagen)地理遺伝学センター(Centre for GeoGenetics)が主導したもので、米大陸への集団移動が
2万3000年前以降に最初の1回だけ行われたことが分かったとしている。論文によると、コペンハーゲン大の研究チームは、この祖先の集団が、約1
万3000年前に2つの主要系統に分岐したことを発見した。これは、氷河が融解して北米大陸の内陸部への経路が
開かれた時期と一致するという。
研究は、これらの2系統が、人類学でアメリンディアンとアサバスカンと呼ばれる先住民グループになったとしている。これまでの研究では、アメリ
ンディアンの祖先とアサバスカンの祖先がそれぞれ個別にベーリング海峡を横断したことが示唆されていた。論文主執筆者の一人、マーナサ・ラガバ
ン(Maanasa Raghavan)氏は「今回の研究は、米大陸の遺伝的先史時代に関する、これまでで最も包括的な全体像を提示するものだ」と語る。ラガ
バン氏は、「アメリンディアンとアサバスカンの主要サブグループを含む全ての米先住民は、米大陸に渡った同一の移住者集団の子孫であることを、今
回の研究は示している」と述べ、
北米北極圏のパレオ・エスキモー(Paleo-Eskimo)やイヌイット(Inuit)などの民族を発生させることとなった後の時代の移住者集団とは明確に異な
ると続けた。研究チームは、また、米大陸での人類の存在を示す最古の証拠が1万5000年前のものであることを考えると、最初期の祖先が最終的に米
大陸に流入するまでのベーリング地峡にとどまっていた
期間は、最大で8000年続いた可能性があると指摘している。一部の従来の研究では、このベーリング地峡で孤立していた期間を数万年とする説も提唱
されているが、この8000年はそれよりはるかに短い。今日存在が知られているさまざまな民族集団への多様化は、祖先が米大陸に足を踏み入れる前で
はなく、到達した後に初めて起きたとされる。ネイチャー誌に発表された別の研究では、南米アマゾン(Amazon)の先住民の一部は、現代で仲間とさ
れるアメリカ先住民より、オーストラリア、ニューギニア島(New Guinea)、インド洋
アンダマン諸島(Andaman Islands)などの先住民に近い近縁関係にある祖先の系統を引いていることが分かったとされた。
アメリカ先住民がユーラシア(Eurasia)大陸からやってきたとすると、初期米先住民の骨格の一部が、現在のオーストラレーシア(オーストラリア、
ニュージーランド、周辺の島々の総称)の人々と
共通の特徴を持っている理由についても説明できることになる。だが、この祖先がいつ、どのようにして米大陸にやってきたかは依然として「未解決
の問題」だと論文は指摘している。(c)AFP/Mariette LE ROUX
生物多様性の保全や持続可能な生物資源の利用に関する施策を推進することを目的として2008年に「生物多様性基本法」が制定され、その成立を
受けて2010年に「生物多様性国家戦略
2010」が閣議決定されました。この施策を推進するための基盤となる技術の1つが生物多様性のモニタリングです。ところが、海や川や湖沼で魚
の多様性をモニタリングしようとすると、水中に潜って
観察したり網などの漁具を使って捕るなど、大きな労力と費用に加えて長期間にわたる調査が必要でした。さらに、日本に生息が確認されている魚だ
けでも4,000種以上いるため、目視や標本の観察により魚の種類を決めるためには、高度に専門的な知識と経験が必要でした

116日曜8時の名無しさん2017/02/01(水) 03:34:22.66ID:ZWwMMDq1
アメリカ先住民の祖先は、最大2万3000年前に1回の集団移動でシベリア(Siberia)から米大陸に渡ったとする、DNA分析に基づく研究結果が21
日、発表された。現在の
さまざまなグループに分化したのは後の時代になってからだという。地球の最終氷期に、現在のロシアと米アラスカ(Alaska)州を結ぶベーリング海
峡(Bering Strait)の陸地と氷を横断してやってきた祖先が米大陸に定住したとする説については、大半の
科学者から支持されており、また、米大陸には1万5000年前にすでに人類が存在していたことも考古学的な発見によって判明している。
だが、未解決の問題も数多くある。集団移動の時期とその回数、そして、アジア大陸と米大陸の間に当時隆起していた陸地部分のベーリング地峡
(Beringia)で、これら初期の開拓者らがどのくらいの期間を過ごしたのか、など。今回発表された2件の研究結果は、現代と古代の米先住民および
シベリア先住民のDNAを分析することで、これらの問題の空欄の一部を埋めることを目指したもので、21日の米科学誌
「サイエンス(Science)」と英科学誌ネイチャー(Nature)にそれぞれ発表された。サイエンス誌に掲載されたのは、デンマーク・コペンハーゲン大
学(University of Copenhagen)地理遺伝学センター(Centre for GeoGenetics)が主導したもので、米大陸への集団移動が
2万3000年前以降に最初の1回だけ行われたことが分かったとしている。論文によると、コペンハーゲン大の研究チームは、この祖先の集団が、約1
万3000年前に2つの主要系統に分岐したことを発見した。これは、氷河が融解して北米大陸の内陸部への経路が
開かれた時期と一致するという。
研究は、これらの2系統が、人類学でアメリンディアンとアサバスカンと呼ばれる先住民グループになったとしている。これまでの研究では、アメリ
ンディアンの祖先とアサバスカンの祖先がそれぞれ個別にベーリング海峡を横断したことが示唆されていた。論文主執筆者の一人、マーナサ・ラガバ
ン(Maanasa Raghavan)氏は「今回の研究は、米大陸の遺伝的先史時代に関する、これまでで最も包括的な全体像を提示するものだ」と語る。ラガ
バン氏は、「アメリンディアンとアサバスカンの主要サブグループを含む全ての米先住民は、米大陸に渡った同一の移住者集団の子孫であることを、今
回の研究は示している」と述べ、
北米北極圏のパレオ・エスキモー(Paleo-Eskimo)やイヌイット(Inuit)などの民族を発生させることとなった後の時代の移住者集団とは明確に異な
ると続けた。研究チームは、また、米大陸での人類の存在を示す最古の証拠が1万5000年前のものであることを考えると、最初期の祖先が最終的に米
大陸に流入するまでのベーリング地峡にとどまっていた
期間は、最大で8000年続いた可能性があると指摘している。一部の従来の研究では、このベーリング地峡で孤立していた期間を数万年とする説も提唱
されているが、この8000年はそれよりはるかに短い。今日存在が知られているさまざまな民族集団への多様化は、祖先が米大陸に足を踏み入れる前で
はなく、到達した後に初めて起きたとされる。ネイチャー誌に発表された別の研究では、南米アマゾン(Amazon)の先住民の一部は、現代で仲間とさ
れるアメリカ先住民より、オーストラリア、ニューギニア島(New Guinea)、インド洋
アンダマン諸島(Andaman Islands)などの先住民に近い近縁関係にある祖先の系統を引いていることが分かったとされた。
アメリカ先住民がユーラシア(Eurasia)大陸からやってきたとすると、初期米先住民の骨格の一部が、現在のオーストラレーシア(オーストラリア、
ニュージーランド、周辺の島々の総称)の人々と
共通の特徴を持っている理由についても説明できることになる。だが、この祖先がいつ、どのようにして米大陸にやってきたかは依然として「未解決
の問題」だと論文は指摘している。(c)AFP/Mariette LE ROUX
生物多様性の保全や持続可能な生物資源の利用に関する施策を推進することを目的として2008年に「生物多様性基本法」が制定され、その成立を
受けて2010年に「生物多様性国家戦略
2010」が閣議決定されました。この施策を推進するための基盤となる技術の1つが生物多様性のモニタリングです。ところが、海や川や湖沼で魚
の多様性をモニタリングしようとすると、水中に潜って
観察したり網などの漁具を使って捕るなど、大きな労力と費用に加えて長期間にわたる調査が必要でした。さらに、日本に生息が確認されている魚だ
けでも4,000種以上いるため、目視や標本の観察により魚の種類を決めるためには、高度に専門的な知識と経験が必要でした

117日曜8時の名無しさん2017/02/01(水) 03:34:37.80ID:ZWwMMDq1
アメリカ先住民の祖先は、最大2万3000年前に1回の集団移動でシベリア(Siberia)から米大陸に渡ったとする、DNA分析に基づく研究結果が21
日、発表された。現在の
さまざまなグループに分化したのは後の時代になってからだという。地球の最終氷期に、現在のロシアと米アラスカ(Alaska)州を結ぶベーリング海
峡(Bering Strait)の陸地と氷を横断してやってきた祖先が米大陸に定住したとする説については、大半の
科学者から支持されており、また、米大陸には1万5000年前にすでに人類が存在していたことも考古学的な発見によって判明している。
だが、未解決の問題も数多くある。集団移動の時期とその回数、そして、アジア大陸と米大陸の間に当時隆起していた陸地部分のベーリング地峡
(Beringia)で、これら初期の開拓者らがどのくらいの期間を過ごしたのか、など。今回発表された2件の研究結果は、現代と古代の米先住民および
シベリア先住民のDNAを分析することで、これらの問題の空欄の一部を埋めることを目指したもので、21日の米科学誌
「サイエンス(Science)」と英科学誌ネイチャー(Nature)にそれぞれ発表された。サイエンス誌に掲載されたのは、デンマーク・コペンハーゲン大
学(University of Copenhagen)地理遺伝学センター(Centre for GeoGenetics)が主導したもので、米大陸への集団移動が
2万3000年前以降に最初の1回だけ行われたことが分かったとしている。論文によると、コペンハーゲン大の研究チームは、この祖先の集団が、約1
万3000年前に2つの主要系統に分岐したことを発見した。これは、氷河が融解して北米大陸の内陸部への経路が
開かれた時期と一致するという。
研究は、これらの2系統が、人類学でアメリンディアンとアサバスカンと呼ばれる先住民グループになったとしている。これまでの研究では、アメリ
ンディアンの祖先とアサバスカンの祖先がそれぞれ個別にベーリング海峡を横断したことが示唆されていた。論文主執筆者の一人、マーナサ・ラガバ
ン(Maanasa Raghavan)氏は「今回の研究は、米大陸の遺伝的先史時代に関する、これまでで最も包括的な全体像を提示するものだ」と語る。ラガ
バン氏は、「アメリンディアンとアサバスカンの主要サブグループを含む全ての米先住民は、米大陸に渡った同一の移住者集団の子孫であることを、今
回の研究は示している」と述べ、
北米北極圏のパレオ・エスキモー(Paleo-Eskimo)やイヌイット(Inuit)などの民族を発生させることとなった後の時代の移住者集団とは明確に異な
ると続けた。研究チームは、また、米大陸での人類の存在を示す最古の証拠が1万5000年前のものであることを考えると、最初期の祖先が最終的に米
大陸に流入するまでのベーリング地峡にとどまっていた
期間は、最大で8000年続いた可能性があると指摘している。一部の従来の研究では、このベーリング地峡で孤立していた期間を数万年とする説も提唱
されているが、この8000年はそれよりはるかに短い。今日存在が知られているさまざまな民族集団への多様化は、祖先が米大陸に足を踏み入れる前で
はなく、到達した後に初めて起きたとされる。ネイチャー誌に発表された別の研究では、南米アマゾン(Amazon)の先住民の一部は、現代で仲間とさ
れるアメリカ先住民より、オーストラリア、ニューギニア島(New Guinea)、インド洋
アンダマン諸島(Andaman Islands)などの先住民に近い近縁関係にある祖先の系統を引いていることが分かったとされた。
アメリカ先住民がユーラシア(Eurasia)大陸からやってきたとすると、初期米先住民の骨格の一部が、現在のオーストラレーシア(オーストラリア、
ニュージーランド、周辺の島々の総称)の人々と
共通の特徴を持っている理由についても説明できることになる。だが、この祖先がいつ、どのようにして米大陸にやってきたかは依然として「未解決
の問題」だと論文は指摘している。(c)AFP/Mariette LE ROUX
生物多様性の保全や持続可能な生物資源の利用に関する施策を推進することを目的として2008年に「生物多様性基本法」が制定され、その成立を
受けて2010年に「生物多様性国家戦略
2010」が閣議決定されました。この施策を推進するための基盤となる技術の1つが生物多様性のモニタリングです。ところが、海や川や湖沼で魚
の多様性をモニタリングしようとすると、水中に潜って
観察したり網などの漁具を使って捕るなど、大きな労力と費用に加えて長期間にわたる調査が必要でした。さらに、日本に生息が確認されている魚だ
けでも4,000種以上いるため、目視や標本の観察により魚の種類を決めるためには、高度に専門的な知識と経験が必要でした

118日曜8時の名無しさん2017/02/01(水) 03:34:52.59ID:ZWwMMDq1
アメリカ先住民の祖先は、最大2万3000年前に1回の集団移動でシベリア(Siberia)から米大陸に渡ったとする、DNA分析に基づく研究結果が21
日、発表された。現在の
さまざまなグループに分化したのは後の時代になってからだという。地球の最終氷期に、現在のロシアと米アラスカ(Alaska)州を結ぶベーリング海
峡(Bering Strait)の陸地と氷を横断してやってきた祖先が米大陸に定住したとする説については、大半の
科学者から支持されており、また、米大陸には1万5000年前にすでに人類が存在していたことも考古学的な発見によって判明している。
だが、未解決の問題も数多くある。集団移動の時期とその回数、そして、アジア大陸と米大陸の間に当時隆起していた陸地部分のベーリング地峡
(Beringia)で、これら初期の開拓者らがどのくらいの期間を過ごしたのか、など。今回発表された2件の研究結果は、現代と古代の米先住民および
シベリア先住民のDNAを分析することで、これらの問題の空欄の一部を埋めることを目指したもので、21日の米科学誌
「サイエンス(Science)」と英科学誌ネイチャー(Nature)にそれぞれ発表された。サイエンス誌に掲載されたのは、デンマーク・コペンハーゲン大
学(University of Copenhagen)地理遺伝学センター(Centre for GeoGenetics)が主導したもので、米大陸への集団移動が
2万3000年前以降に最初の1回だけ行われたことが分かったとしている。論文によると、コペンハーゲン大の研究チームは、この祖先の集団が、約1
万3000年前に2つの主要系統に分岐したことを発見した。これは、氷河が融解して北米大陸の内陸部への経路が
開かれた時期と一致するという。
研究は、これらの2系統が、人類学でアメリンディアンとアサバスカンと呼ばれる先住民グループになったとしている。これまでの研究では、アメリ
ンディアンの祖先とアサバスカンの祖先がそれぞれ個別にベーリング海峡を横断したことが示唆されていた。論文主執筆者の一人、マーナサ・ラガバ
ン(Maanasa Raghavan)氏は「今回の研究は、米大陸の遺伝的先史時代に関する、これまでで最も包括的な全体像を提示するものだ」と語る。ラガ
バン氏は、「アメリンディアンとアサバスカンの主要サブグループを含む全ての米先住民は、米大陸に渡った同一の移住者集団の子孫であることを、今
回の研究は示している」と述べ、
北米北極圏のパレオ・エスキモー(Paleo-Eskimo)やイヌイット(Inuit)などの民族を発生させることとなった後の時代の移住者集団とは明確に異な
ると続けた。研究チームは、また、米大陸での人類の存在を示す最古の証拠が1万5000年前のものであることを考えると、最初期の祖先が最終的に米
大陸に流入するまでのベーリング地峡にとどまっていた
期間は、最大で8000年続いた可能性があると指摘している。一部の従来の研究では、このベーリング地峡で孤立していた期間を数万年とする説も提唱
されているが、この8000年はそれよりはるかに短い。今日存在が知られているさまざまな民族集団への多様化は、祖先が米大陸に足を踏み入れる前で
はなく、到達した後に初めて起きたとされる。ネイチャー誌に発表された別の研究では、南米アマゾン(Amazon)の先住民の一部は、現代で仲間とさ
れるアメリカ先住民より、オーストラリア、ニューギニア島(New Guinea)、インド洋
アンダマン諸島(Andaman Islands)などの先住民に近い近縁関係にある祖先の系統を引いていることが分かったとされた。
アメリカ先住民がユーラシア(Eurasia)大陸からやってきたとすると、初期米先住民の骨格の一部が、現在のオーストラレーシア(オーストラリア、
ニュージーランド、周辺の島々の総称)の人々と
共通の特徴を持っている理由についても説明できることになる。だが、この祖先がいつ、どのようにして米大陸にやってきたかは依然として「未解決
の問題」だと論文は指摘している。(c)AFP/Mariette LE ROUX
生物多様性の保全や持続可能な生物資源の利用に関する施策を推進することを目的として2008年に「生物多様性基本法」が制定され、その成立を
受けて2010年に「生物多様性国家戦略
2010」が閣議決定されました。この施策を推進するための基盤となる技術の1つが生物多様性のモニタリングです。ところが、海や川や湖沼で魚
の多様性をモニタリングしようとすると、水中に潜って
観察したり網などの漁具を使って捕るなど、大きな労力と費用に加えて長期間にわたる調査が必要でした。さらに、日本に生息が確認されている魚だ
けでも4,000種以上いるため、目視や標本の観察により魚の種類を決めるためには、高度に専門的な知識と経験が必要でした

119日曜8時の名無しさん2017/02/01(水) 03:35:08.07ID:ZWwMMDq1
アメリカ先住民の祖先は、最大2万3000年前に1回の集団移動でシベリア(Siberia)から米大陸に渡ったとする、DNA分析に基づく研究結果が21
日、発表された。現在の
さまざまなグループに分化したのは後の時代になってからだという。地球の最終氷期に、現在のロシアと米アラスカ(Alaska)州を結ぶベーリング海
峡(Bering Strait)の陸地と氷を横断してやってきた祖先が米大陸に定住したとする説については、大半の
科学者から支持されており、また、米大陸には1万5000年前にすでに人類が存在していたことも考古学的な発見によって判明している。
だが、未解決の問題も数多くある。集団移動の時期とその回数、そして、アジア大陸と米大陸の間に当時隆起していた陸地部分のベーリング地峡
(Beringia)で、これら初期の開拓者らがどのくらいの期間を過ごしたのか、など。今回発表された2件の研究結果は、現代と古代の米先住民および
シベリア先住民のDNAを分析することで、これらの問題の空欄の一部を埋めることを目指したもので、21日の米科学誌
「サイエンス(Science)」と英科学誌ネイチャー(Nature)にそれぞれ発表された。サイエンス誌に掲載されたのは、デンマーク・コペンハーゲン大
学(University of Copenhagen)地理遺伝学センター(Centre for GeoGenetics)が主導したもので、米大陸への集団移動が
2万3000年前以降に最初の1回だけ行われたことが分かったとしている。論文によると、コペンハーゲン大の研究チームは、この祖先の集団が、約1
万3000年前に2つの主要系統に分岐したことを発見した。これは、氷河が融解して北米大陸の内陸部への経路が
開かれた時期と一致するという。
研究は、これらの2系統が、人類学でアメリンディアンとアサバスカンと呼ばれる先住民グループになったとしている。これまでの研究では、アメリ
ンディアンの祖先とアサバスカンの祖先がそれぞれ個別にベーリング海峡を横断したことが示唆されていた。論文主執筆者の一人、マーナサ・ラガバ
ン(Maanasa Raghavan)氏は「今回の研究は、米大陸の遺伝的先史時代に関する、これまでで最も包括的な全体像を提示するものだ」と語る。ラガ
バン氏は、「アメリンディアンとアサバスカンの主要サブグループを含む全ての米先住民は、米大陸に渡った同一の移住者集団の子孫であることを、今
回の研究は示している」と述べ、
北米北極圏のパレオ・エスキモー(Paleo-Eskimo)やイヌイット(Inuit)などの民族を発生させることとなった後の時代の移住者集団とは明確に異な
ると続けた。研究チームは、また、米大陸での人類の存在を示す最古の証拠が1万5000年前のものであることを考えると、最初期の祖先が最終的に米
大陸に流入するまでのベーリング地峡にとどまっていた
期間は、最大で8000年続いた可能性があると指摘している。一部の従来の研究では、このベーリング地峡で孤立していた期間を数万年とする説も提唱
されているが、この8000年はそれよりはるかに短い。今日存在が知られているさまざまな民族集団への多様化は、祖先が米大陸に足を踏み入れる前で
はなく、到達した後に初めて起きたとされる。ネイチャー誌に発表された別の研究では、南米アマゾン(Amazon)の先住民の一部は、現代で仲間とさ
れるアメリカ先住民より、オーストラリア、ニューギニア島(New Guinea)、インド洋
アンダマン諸島(Andaman Islands)などの先住民に近い近縁関係にある祖先の系統を引いていることが分かったとされた。
アメリカ先住民がユーラシア(Eurasia)大陸からやってきたとすると、初期米先住民の骨格の一部が、現在のオーストラレーシア(オーストラリア、
ニュージーランド、周辺の島々の総称)の人々と
共通の特徴を持っている理由についても説明できることになる。だが、この祖先がいつ、どのようにして米大陸にやってきたかは依然として「未解決
の問題」だと論文は指摘している。(c)AFP/Mariette LE ROUX
生物多様性の保全や持続可能な生物資源の利用に関する施策を推進することを目的として2008年に「生物多様性基本法」が制定され、その成立を
受けて2010年に「生物多様性国家戦略
2010」が閣議決定されました。この施策を推進するための基盤となる技術の1つが生物多様性のモニタリングです。ところが、海や川や湖沼で魚
の多様性をモニタリングしようとすると、水中に潜って
観察したり網などの漁具を使って捕るなど、大きな労力と費用に加えて長期間にわたる調査が必要でした。さらに、日本に生息が確認されている魚だ
けでも4,000種以上いるため、目視や標本の観察により魚の種類を決めるためには、高度に専門的な知識と経験が必要でした

120日曜8時の名無しさん2017/02/01(水) 03:35:27.65ID:ZWwMMDq1
アメリカ先住民の祖先は、最大2万3000年前に1回の集団移動でシベリア(Siberia)から米大陸に渡ったとする、DNA分析に基づく研究結果が21
日、発表された。現在の
さまざまなグループに分化したのは後の時代になってからだという。地球の最終氷期に、現在のロシアと米アラスカ(Alaska)州を結ぶベーリング海
峡(Bering Strait)の陸地と氷を横断してやってきた祖先が米大陸に定住したとする説については、大半の
科学者から支持されており、また、米大陸には1万5000年前にすでに人類が存在していたことも考古学的な発見によって判明している。
だが、未解決の問題も数多くある。集団移動の時期とその回数、そして、アジア大陸と米大陸の間に当時隆起していた陸地部分のベーリング地峡
(Beringia)で、これら初期の開拓者らがどのくらいの期間を過ごしたのか、など。今回発表された2件の研究結果は、現代と古代の米先住民および
シベリア先住民のDNAを分析することで、これらの問題の空欄の一部を埋めることを目指したもので、21日の米科学誌
「サイエンス(Science)」と英科学誌ネイチャー(Nature)にそれぞれ発表された。サイエンス誌に掲載されたのは、デンマーク・コペンハーゲン大
学(University of Copenhagen)地理遺伝学センター(Centre for GeoGenetics)が主導したもので、米大陸への集団移動が
2万3000年前以降に最初の1回だけ行われたことが分かったとしている。論文によると、コペンハーゲン大の研究チームは、この祖先の集団が、約1
万3000年前に2つの主要系統に分岐したことを発見した。これは、氷河が融解して北米大陸の内陸部への経路が
開かれた時期と一致するという。
研究は、これらの2系統が、人類学でアメリンディアンとアサバスカンと呼ばれる先住民グループになったとしている。これまでの研究では、アメリ
ンディアンの祖先とアサバスカンの祖先がそれぞれ個別にベーリング海峡を横断したことが示唆されていた。論文主執筆者の一人、マーナサ・ラガバ
ン(Maanasa Raghavan)氏は「今回の研究は、米大陸の遺伝的先史時代に関する、これまでで最も包括的な全体像を提示するものだ」と語る。ラガ
バン氏は、「アメリンディアンとアサバスカンの主要サブグループを含む全ての米先住民は、米大陸に渡った同一の移住者集団の子孫であることを、今
回の研究は示している」と述べ、
北米北極圏のパレオ・エスキモー(Paleo-Eskimo)やイヌイット(Inuit)などの民族を発生させることとなった後の時代の移住者集団とは明確に異な
ると続けた。研究チームは、また、米大陸での人類の存在を示す最古の証拠が1万5000年前のものであることを考えると、最初期の祖先が最終的に米
大陸に流入するまでのベーリング地峡にとどまっていた
期間は、最大で8000年続いた可能性があると指摘している。一部の従来の研究では、このベーリング地峡で孤立していた期間を数万年とする説も提唱
されているが、この8000年はそれよりはるかに短い。今日存在が知られているさまざまな民族集団への多様化は、祖先が米大陸に足を踏み入れる前で
はなく、到達した後に初めて起きたとされる。ネイチャー誌に発表された別の研究では、南米アマゾン(Amazon)の先住民の一部は、現代で仲間とさ
れるアメリカ先住民より、オーストラリア、ニューギニア島(New Guinea)、インド洋
アンダマン諸島(Andaman Islands)などの先住民に近い近縁関係にある祖先の系統を引いていることが分かったとされた。
アメリカ先住民がユーラシア(Eurasia)大陸からやってきたとすると、初期米先住民の骨格の一部が、現在のオーストラレーシア(オーストラリア、
ニュージーランド、周辺の島々の総称)の人々と
共通の特徴を持っている理由についても説明できることになる。だが、この祖先がいつ、どのようにして米大陸にやってきたかは依然として「未解決
の問題」だと論文は指摘している。(c)AFP/Mariette LE ROUX
生物多様性の保全や持続可能な生物資源の利用に関する施策を推進することを目的として2008年に「生物多様性基本法」が制定され、その成立を
受けて2010年に「生物多様性国家戦略
2010」が閣議決定されました。この施策を推進するための基盤となる技術の1つが生物多様性のモニタリングです。ところが、海や川や湖沼で魚
の多様性をモニタリングしようとすると、水中に潜って
観察したり網などの漁具を使って捕るなど、大きな労力と費用に加えて長期間にわたる調査が必要でした。さらに、日本に生息が確認されている魚だ
けでも4,000種以上いるため、目視や標本の観察により魚の種類を決めるためには、高度に専門的な知識と経験が必要でした

121日曜8時の名無しさん2017/02/01(水) 03:39:08.91ID:YYrsbIW8
「全て事実。後悔している」=デカセギ二人組殺人事件=被告一人が供述、犯行認める=代理処罰申請6件目に進展
【既報関連】東京都葛飾区で2001年6月4日未明、日系人の男二人が暴力団員に雇われ、無職の川上芳考さん(よしたか、当時33)を、
自宅に押し入り拳銃で射殺し、妻に重傷を負わせたとされる事件の被告人尋問が5月25日午後2時半頃、
聖市のバーラ・フンダ刑事裁判所で行われた。被告二人はデカセギで訪日していた日系三世で、犯行の約2週間後に同じ便で帰伯していた。
日本政府は10年に代理処罰申請(国外犯処罰規定による訴追)をし、マルセーロ・フクダ(35)被告は翌年に当地で逮捕され、
聖市ベレンの刑務所に拘禁されている。今回は彼のみが出頭、約一時間にわたって供述を行い、インドの熱波、死者1500人近くに 病院に長蛇の列

「後悔している。冷酷で残虐な行為だった」とのべ、公訴事実を全面的に認めた。
 「やったことは全て間違っていた。後悔している。事件後は、全然人生がうまくいかなかった」―。被告人尋問は報道陣にも公開する形で行われ、
手錠で繋がれた状態で警官に同行され、同被告が出廷した。「罪を犯したことを後悔しているか」との検察官の問いに早口でこう答え、反省の意思を見せた。
 最初に裁判官が黙秘権について説明した後、公訴事実を述べた上で事実かどうかを尋ねると、「全て本当です」と答え、判事、
検察官の質問に、よどみのない口調で答え始めた。
 供述によれば、フクダ被告は事件当日未明、顔見知りだったデニス(=証人の一人デニス・ユウジ・ヒロタ)という男に誘われ、
行きつけだった成田のディスコに、もう一人の犯人クリスチアーノ・イトウとともに出かけたという。ディスコで二人は、
大柄の男をデニスから紹介された。「その男に、幾許かの金と引き換えに仕事をやらないかと提案された」。提案された報酬は、一人100万円ずつだった。
 被告二人はその夜、男から現金50万円と共に白い車と銃を受け取り、デニスの運転する車で被害者宅に向かい、近くのレストランで、
男から指示があるまで待機した。
 その後川上さんの家に行き、イトウが家の外から最初の一発を撃って侵入したが、その時に銃の挿弾子
(複数個の弾薬を装填する際に用いる器具)が外れた。後から家に侵入したフクダ被告が、落ちていた弾を見つけて引き金にセットし
、二発目を被害者に向けて撃った。
 イトウは川上さんの妻に暴力を振るい、その後二人は現場から逃げた。残りの50万円は、犯行二日後に現金で受け取った。フクダは事件翌日、
仕事を無断欠勤し、クビになったという。
 被告二人は日本で、勤務していたソニーの工場で知り合い、一年ほど一緒に住んでいた。
 暴力団との関係について問われると、「依頼人がヤクザだったかどうかは(そう言われてはいるが)、よくわからない。自分も、
知っている限りではクリスチアーノも、一度も暴力団に所属したことはない。(イトウの)刺青も、ヤクザのものではない」と断言した。
帰国するための航空券は、用意されたのではなく、自分で購入したという。
 日本には犯行までに一年半ほど滞在していたが、フクダ被告はほとんど日本語を話せなかった。犯行に及んだ動機は
「残念ながら金だった」と答えた。被害者のことは知らなかったという。
 フクダ被告には二人子供がおり、帰国後、カンピーナスで清掃員などとして働いていた。同被告の証言によると2004年、
薬物の取引に携わった疑いで逮捕され、有罪判決が出ている。
サンローランの雑誌広告、痩せすぎモデルで掲載禁止に
【AFPBB News】 2015/06/04 15:30
【6月4日AFP】英国の広告監視当局は3日、仏高級ファッションブランド「サンローラン(Saint Laurent)」の
雑誌広告について、痩せすぎのモデルを起用していることを理由に掲載禁止の判断を下した。
この広告では、短いスカートとタイツ、プラットフォームヒール(厚底のヒール)を履いたモデルが地面に
仰向けに横たわっているモノクロ写真が使われている。英国広告基準局(Advertising Standards Authority、
ASA)は、広告を「無責任」と断じた。問題の写真についてASAは、モデルのポーズと照明によって胸部の肋骨
が際立って見えるとし、また脚部も「太ももとひざが同じ太さで細く見える」とコメントしている。
ブランド側は、モデルが痩せすぎに見えるということに同意できないとしたが、今回の決定により、この広告を
現行のまま再掲することはできなくなった。同ブランドは、以前は「イヴ・サンローラン(Yves Saint Laurent)」として
知られていた。(c)AFP

122日曜8時の名無しさん2017/02/01(水) 03:39:44.26ID:YYrsbIW8
「全て事実。後悔している」=デカセギ二人組殺人事件=被告一人が供述、犯行認める=代理処罰申請6件目に進展
【既報関連】東京都葛飾区で2001年6月4日未明、日系人の男二人が暴力団員に雇われ、無職の川上芳考さん(よしたか、当時33)を、
自宅に押し入り拳銃で射殺し、妻に重傷を負わせたとされる事件の被告人尋問が5月25日午後2時半頃、
聖市のバーラ・フンダ刑事裁判所で行われた。被告二人はデカセギで訪日していた日系三世で、犯行の約2週間後に同じ便で帰伯していた。
日本政府は10年に代理処罰申請(国外犯処罰規定による訴追)をし、マルセーロ・フクダ(35)被告は翌年に当地で逮捕され、
聖市ベレンの刑務所に拘禁されている。今回は彼のみが出頭、約一時間にわたって供述を行い、インドの熱波、死者1500人近くに 病院に長蛇の列

「後悔している。冷酷で残虐な行為だった」とのべ、公訴事実を全面的に認めた。
 「やったことは全て間違っていた。後悔している。事件後は、全然人生がうまくいかなかった」―。被告人尋問は報道陣にも公開する形で行われ、
手錠で繋がれた状態で警官に同行され、同被告が出廷した。「罪を犯したことを後悔しているか」との検察官の問いに早口でこう答え、反省の意思を見せた。
 最初に裁判官が黙秘権について説明した後、公訴事実を述べた上で事実かどうかを尋ねると、「全て本当です」と答え、判事、
検察官の質問に、よどみのない口調で答え始めた。
 供述によれば、フクダ被告は事件当日未明、顔見知りだったデニス(=証人の一人デニス・ユウジ・ヒロタ)という男に誘われ、
行きつけだった成田のディスコに、もう一人の犯人クリスチアーノ・イトウとともに出かけたという。ディスコで二人は、
大柄の男をデニスから紹介された。「その男に、幾許かの金と引き換えに仕事をやらないかと提案された」。提案された報酬は、一人100万円ずつだった。
 被告二人はその夜、男から現金50万円と共に白い車と銃を受け取り、デニスの運転する車で被害者宅に向かい、近くのレストランで、
男から指示があるまで待機した。
 その後川上さんの家に行き、イトウが家の外から最初の一発を撃って侵入したが、その時に銃の挿弾子
(複数個の弾薬を装填する際に用いる器具)が外れた。後から家に侵入したフクダ被告が、落ちていた弾を見つけて引き金にセットし
、二発目を被害者に向けて撃った。
 イトウは川上さんの妻に暴力を振るい、その後二人は現場から逃げた。残りの50万円は、犯行二日後に現金で受け取った。フクダは事件翌日、
仕事を無断欠勤し、クビになったという。
 被告二人は日本で、勤務していたソニーの工場で知り合い、一年ほど一緒に住んでいた。
 暴力団との関係について問われると、「依頼人がヤクザだったかどうかは(そう言われてはいるが)、よくわからない。自分も、
知っている限りではクリスチアーノも、一度も暴力団に所属したことはない。(イトウの)刺青も、ヤクザのものではない」と断言した。
帰国するための航空券は、用意されたのではなく、自分で購入したという。
 日本には犯行までに一年半ほど滞在していたが、フクダ被告はほとんど日本語を話せなかった。犯行に及んだ動機は
「残念ながら金だった」と答えた。被害者のことは知らなかったという。
 フクダ被告には二人子供がおり、帰国後、カンピーナスで清掃員などとして働いていた。同被告の証言によると2004年、
薬物の取引に携わった疑いで逮捕され、有罪判決が出ている。
サンローランの雑誌広告、痩せすぎモデルで掲載禁止に
【AFPBB News】 2015/06/04 15:30
【6月4日AFP】英国の広告監視当局は3日、仏高級ファッションブランド「サンローラン(Saint Laurent)」の
雑誌広告について、痩せすぎのモデルを起用していることを理由に掲載禁止の判断を下した。
この広告では、短いスカートとタイツ、プラットフォームヒール(厚底のヒール)を履いたモデルが地面に
仰向けに横たわっているモノクロ写真が使われている。英国広告基準局(Advertising Standards Authority、
ASA)は、広告を「無責任」と断じた。問題の写真についてASAは、モデルのポーズと照明によって胸部の肋骨
が際立って見えるとし、また脚部も「太ももとひざが同じ太さで細く見える」とコメントしている。
ブランド側は、モデルが痩せすぎに見えるということに同意できないとしたが、今回の決定により、この広告を
現行のまま再掲することはできなくなった。同ブランドは、以前は「イヴ・サンローラン(Yves Saint Laurent)」として
知られていた。(c)AFP

123日曜8時の名無しさん2017/02/01(水) 03:39:58.39ID:YYrsbIW8
「全て事実。後悔している」=デカセギ二人組殺人事件=被告一人が供述、犯行認める=代理処罰申請6件目に進展
【既報関連】東京都葛飾区で2001年6月4日未明、日系人の男二人が暴力団員に雇われ、無職の川上芳考さん(よしたか、当時33)を、
自宅に押し入り拳銃で射殺し、妻に重傷を負わせたとされる事件の被告人尋問が5月25日午後2時半頃、
聖市のバーラ・フンダ刑事裁判所で行われた。被告二人はデカセギで訪日していた日系三世で、犯行の約2週間後に同じ便で帰伯していた。
日本政府は10年に代理処罰申請(国外犯処罰規定による訴追)をし、マルセーロ・フクダ(35)被告は翌年に当地で逮捕され、
聖市ベレンの刑務所に拘禁されている。今回は彼のみが出頭、約一時間にわたって供述を行い、インドの熱波、死者1500人近くに 病院に長蛇の列

「後悔している。冷酷で残虐な行為だった」とのべ、公訴事実を全面的に認めた。
 「やったことは全て間違っていた。後悔している。事件後は、全然人生がうまくいかなかった」―。被告人尋問は報道陣にも公開する形で行われ、
手錠で繋がれた状態で警官に同行され、同被告が出廷した。「罪を犯したことを後悔しているか」との検察官の問いに早口でこう答え、反省の意思を見せた。
 最初に裁判官が黙秘権について説明した後、公訴事実を述べた上で事実かどうかを尋ねると、「全て本当です」と答え、判事、
検察官の質問に、よどみのない口調で答え始めた。
 供述によれば、フクダ被告は事件当日未明、顔見知りだったデニス(=証人の一人デニス・ユウジ・ヒロタ)という男に誘われ、
行きつけだった成田のディスコに、もう一人の犯人クリスチアーノ・イトウとともに出かけたという。ディスコで二人は、
大柄の男をデニスから紹介された。「その男に、幾許かの金と引き換えに仕事をやらないかと提案された」。提案された報酬は、一人100万円ずつだった。
 被告二人はその夜、男から現金50万円と共に白い車と銃を受け取り、デニスの運転する車で被害者宅に向かい、近くのレストランで、
男から指示があるまで待機した。
 その後川上さんの家に行き、イトウが家の外から最初の一発を撃って侵入したが、その時に銃の挿弾子
(複数個の弾薬を装填する際に用いる器具)が外れた。後から家に侵入したフクダ被告が、落ちていた弾を見つけて引き金にセットし
、二発目を被害者に向けて撃った。
 イトウは川上さんの妻に暴力を振るい、その後二人は現場から逃げた。残りの50万円は、犯行二日後に現金で受け取った。フクダは事件翌日、
仕事を無断欠勤し、クビになったという。
 被告二人は日本で、勤務していたソニーの工場で知り合い、一年ほど一緒に住んでいた。
 暴力団との関係について問われると、「依頼人がヤクザだったかどうかは(そう言われてはいるが)、よくわからない。自分も、
知っている限りではクリスチアーノも、一度も暴力団に所属したことはない。(イトウの)刺青も、ヤクザのものではない」と断言した。
帰国するための航空券は、用意されたのではなく、自分で購入したという。
 日本には犯行までに一年半ほど滞在していたが、フクダ被告はほとんど日本語を話せなかった。犯行に及んだ動機は
「残念ながら金だった」と答えた。被害者のことは知らなかったという。
 フクダ被告には二人子供がおり、帰国後、カンピーナスで清掃員などとして働いていた。同被告の証言によると2004年、
薬物の取引に携わった疑いで逮捕され、有罪判決が出ている。
サンローランの雑誌広告、痩せすぎモデルで掲載禁止に
【AFPBB News】 2015/06/04 15:30
【6月4日AFP】英国の広告監視当局は3日、仏高級ファッションブランド「サンローラン(Saint Laurent)」の
雑誌広告について、痩せすぎのモデルを起用していることを理由に掲載禁止の判断を下した。
この広告では、短いスカートとタイツ、プラットフォームヒール(厚底のヒール)を履いたモデルが地面に
仰向けに横たわっているモノクロ写真が使われている。英国広告基準局(Advertising Standards Authority、
ASA)は、広告を「無責任」と断じた。問題の写真についてASAは、モデルのポーズと照明によって胸部の肋骨
が際立って見えるとし、また脚部も「太ももとひざが同じ太さで細く見える」とコメントしている。
ブランド側は、モデルが痩せすぎに見えるということに同意できないとしたが、今回の決定により、この広告を
現行のまま再掲することはできなくなった。同ブランドは、以前は「イヴ・サンローラン(Yves Saint Laurent)」として
知られていた。(c)AFP

124日曜8時の名無しさん2017/02/01(水) 03:40:15.36ID:YYrsbIW8
「全て事実。後悔している」=デカセギ二人組殺人事件=被告一人が供述、犯行認める=代理処罰申請6件目に進展
【既報関連】東京都葛飾区で2001年6月4日未明、日系人の男二人が暴力団員に雇われ、無職の川上芳考さん(よしたか、当時33)を、
自宅に押し入り拳銃で射殺し、妻に重傷を負わせたとされる事件の被告人尋問が5月25日午後2時半頃、
聖市のバーラ・フンダ刑事裁判所で行われた。被告二人はデカセギで訪日していた日系三世で、犯行の約2週間後に同じ便で帰伯していた。
日本政府は10年に代理処罰申請(国外犯処罰規定による訴追)をし、マルセーロ・フクダ(35)被告は翌年に当地で逮捕され、
聖市ベレンの刑務所に拘禁されている。今回は彼のみが出頭、約一時間にわたって供述を行い、インドの熱波、死者1500人近くに 病院に長蛇の列

「後悔している。冷酷で残虐な行為だった」とのべ、公訴事実を全面的に認めた。
 「やったことは全て間違っていた。後悔している。事件後は、全然人生がうまくいかなかった」―。被告人尋問は報道陣にも公開する形で行われ、
手錠で繋がれた状態で警官に同行され、同被告が出廷した。「罪を犯したことを後悔しているか」との検察官の問いに早口でこう答え、反省の意思を見せた。
 最初に裁判官が黙秘権について説明した後、公訴事実を述べた上で事実かどうかを尋ねると、「全て本当です」と答え、判事、
検察官の質問に、よどみのない口調で答え始めた。
 供述によれば、フクダ被告は事件当日未明、顔見知りだったデニス(=証人の一人デニス・ユウジ・ヒロタ)という男に誘われ、
行きつけだった成田のディスコに、もう一人の犯人クリスチアーノ・イトウとともに出かけたという。ディスコで二人は、
大柄の男をデニスから紹介された。「その男に、幾許かの金と引き換えに仕事をやらないかと提案された」。提案された報酬は、一人100万円ずつだった。
 被告二人はその夜、男から現金50万円と共に白い車と銃を受け取り、デニスの運転する車で被害者宅に向かい、近くのレストランで、
男から指示があるまで待機した。
 その後川上さんの家に行き、イトウが家の外から最初の一発を撃って侵入したが、その時に銃の挿弾子
(複数個の弾薬を装填する際に用いる器具)が外れた。後から家に侵入したフクダ被告が、落ちていた弾を見つけて引き金にセットし
、二発目を被害者に向けて撃った。
 イトウは川上さんの妻に暴力を振るい、その後二人は現場から逃げた。残りの50万円は、犯行二日後に現金で受け取った。フクダは事件翌日、
仕事を無断欠勤し、クビになったという。
 被告二人は日本で、勤務していたソニーの工場で知り合い、一年ほど一緒に住んでいた。
 暴力団との関係について問われると、「依頼人がヤクザだったかどうかは(そう言われてはいるが)、よくわからない。自分も、
知っている限りではクリスチアーノも、一度も暴力団に所属したことはない。(イトウの)刺青も、ヤクザのものではない」と断言した。
帰国するための航空券は、用意されたのではなく、自分で購入したという。
 日本には犯行までに一年半ほど滞在していたが、フクダ被告はほとんど日本語を話せなかった。犯行に及んだ動機は
「残念ながら金だった」と答えた。被害者のことは知らなかったという。
 フクダ被告には二人子供がおり、帰国後、カンピーナスで清掃員などとして働いていた。同被告の証言によると2004年、
薬物の取引に携わった疑いで逮捕され、有罪判決が出ている。
サンローランの雑誌広告、痩せすぎモデルで掲載禁止に
【AFPBB News】 2015/06/04 15:30
【6月4日AFP】英国の広告監視当局は3日、仏高級ファッションブランド「サンローラン(Saint Laurent)」の
雑誌広告について、痩せすぎのモデルを起用していることを理由に掲載禁止の判断を下した。
この広告では、短いスカートとタイツ、プラットフォームヒール(厚底のヒール)を履いたモデルが地面に
仰向けに横たわっているモノクロ写真が使われている。英国広告基準局(Advertising Standards Authority、
ASA)は、広告を「無責任」と断じた。問題の写真についてASAは、モデルのポーズと照明によって胸部の肋骨
が際立って見えるとし、また脚部も「太ももとひざが同じ太さで細く見える」とコメントしている。
ブランド側は、モデルが痩せすぎに見えるということに同意できないとしたが、今回の決定により、この広告を
現行のまま再掲することはできなくなった。同ブランドは、以前は「イヴ・サンローラン(Yves Saint Laurent)」として
知られていた。(c)AFP

125日曜8時の名無しさん2017/02/01(水) 03:40:30.61ID:YYrsbIW8
「全て事実。後悔している」=デカセギ二人組殺人事件=被告一人が供述、犯行認める=代理処罰申請6件目に進展
【既報関連】東京都葛飾区で2001年6月4日未明、日系人の男二人が暴力団員に雇われ、無職の川上芳考さん(よしたか、当時33)を、
自宅に押し入り拳銃で射殺し、妻に重傷を負わせたとされる事件の被告人尋問が5月25日午後2時半頃、
聖市のバーラ・フンダ刑事裁判所で行われた。被告二人はデカセギで訪日していた日系三世で、犯行の約2週間後に同じ便で帰伯していた。
日本政府は10年に代理処罰申請(国外犯処罰規定による訴追)をし、マルセーロ・フクダ(35)被告は翌年に当地で逮捕され、
聖市ベレンの刑務所に拘禁されている。今回は彼のみが出頭、約一時間にわたって供述を行い、インドの熱波、死者1500人近くに 病院に長蛇の列

「後悔している。冷酷で残虐な行為だった」とのべ、公訴事実を全面的に認めた。
 「やったことは全て間違っていた。後悔している。事件後は、全然人生がうまくいかなかった」―。被告人尋問は報道陣にも公開する形で行われ、
手錠で繋がれた状態で警官に同行され、同被告が出廷した。「罪を犯したことを後悔しているか」との検察官の問いに早口でこう答え、反省の意思を見せた。
 最初に裁判官が黙秘権について説明した後、公訴事実を述べた上で事実かどうかを尋ねると、「全て本当です」と答え、判事、
検察官の質問に、よどみのない口調で答え始めた。
 供述によれば、フクダ被告は事件当日未明、顔見知りだったデニス(=証人の一人デニス・ユウジ・ヒロタ)という男に誘われ、
行きつけだった成田のディスコに、もう一人の犯人クリスチアーノ・イトウとともに出かけたという。ディスコで二人は、
大柄の男をデニスから紹介された。「その男に、幾許かの金と引き換えに仕事をやらないかと提案された」。提案された報酬は、一人100万円ずつだった。
 被告二人はその夜、男から現金50万円と共に白い車と銃を受け取り、デニスの運転する車で被害者宅に向かい、近くのレストランで、
男から指示があるまで待機した。
 その後川上さんの家に行き、イトウが家の外から最初の一発を撃って侵入したが、その時に銃の挿弾子
(複数個の弾薬を装填する際に用いる器具)が外れた。後から家に侵入したフクダ被告が、落ちていた弾を見つけて引き金にセットし
、二発目を被害者に向けて撃った。
 イトウは川上さんの妻に暴力を振るい、その後二人は現場から逃げた。残りの50万円は、犯行二日後に現金で受け取った。フクダは事件翌日、
仕事を無断欠勤し、クビになったという。
 被告二人は日本で、勤務していたソニーの工場で知り合い、一年ほど一緒に住んでいた。
 暴力団との関係について問われると、「依頼人がヤクザだったかどうかは(そう言われてはいるが)、よくわからない。自分も、
知っている限りではクリスチアーノも、一度も暴力団に所属したことはない。(イトウの)刺青も、ヤクザのものではない」と断言した。
帰国するための航空券は、用意されたのではなく、自分で購入したという。
 日本には犯行までに一年半ほど滞在していたが、フクダ被告はほとんど日本語を話せなかった。犯行に及んだ動機は
「残念ながら金だった」と答えた。被害者のことは知らなかったという。
 フクダ被告には二人子供がおり、帰国後、カンピーナスで清掃員などとして働いていた。同被告の証言によると2004年、
薬物の取引に携わった疑いで逮捕され、有罪判決が出ている。
サンローランの雑誌広告、痩せすぎモデルで掲載禁止に
【AFPBB News】 2015/06/04 15:30
【6月4日AFP】英国の広告監視当局は3日、仏高級ファッションブランド「サンローラン(Saint Laurent)」の
雑誌広告について、痩せすぎのモデルを起用していることを理由に掲載禁止の判断を下した。
この広告では、短いスカートとタイツ、プラットフォームヒール(厚底のヒール)を履いたモデルが地面に
仰向けに横たわっているモノクロ写真が使われている。英国広告基準局(Advertising Standards Authority、
ASA)は、広告を「無責任」と断じた。問題の写真についてASAは、モデルのポーズと照明によって胸部の肋骨
が際立って見えるとし、また脚部も「太ももとひざが同じ太さで細く見える」とコメントしている。
ブランド側は、モデルが痩せすぎに見えるということに同意できないとしたが、今回の決定により、この広告を
現行のまま再掲することはできなくなった。同ブランドは、以前は「イヴ・サンローラン(Yves Saint Laurent)」として
知られていた。(c)AFP

126日曜8時の名無しさん2017/02/01(水) 03:40:50.60ID:YYrsbIW8
「全て事実。後悔している」=デカセギ二人組殺人事件=被告一人が供述、犯行認める=代理処罰申請6件目に進展
【既報関連】東京都葛飾区で2001年6月4日未明、日系人の男二人が暴力団員に雇われ、無職の川上芳考さん(よしたか、当時33)を、
自宅に押し入り拳銃で射殺し、妻に重傷を負わせたとされる事件の被告人尋問が5月25日午後2時半頃、
聖市のバーラ・フンダ刑事裁判所で行われた。被告二人はデカセギで訪日していた日系三世で、犯行の約2週間後に同じ便で帰伯していた。
日本政府は10年に代理処罰申請(国外犯処罰規定による訴追)をし、マルセーロ・フクダ(35)被告は翌年に当地で逮捕され、
聖市ベレンの刑務所に拘禁されている。今回は彼のみが出頭、約一時間にわたって供述を行い、インドの熱波、死者1500人近くに 病院に長蛇の列

「後悔している。冷酷で残虐な行為だった」とのべ、公訴事実を全面的に認めた。
 「やったことは全て間違っていた。後悔している。事件後は、全然人生がうまくいかなかった」―。被告人尋問は報道陣にも公開する形で行われ、
手錠で繋がれた状態で警官に同行され、同被告が出廷した。「罪を犯したことを後悔しているか」との検察官の問いに早口でこう答え、反省の意思を見せた。
 最初に裁判官が黙秘権について説明した後、公訴事実を述べた上で事実かどうかを尋ねると、「全て本当です」と答え、判事、
検察官の質問に、よどみのない口調で答え始めた。
 供述によれば、フクダ被告は事件当日未明、顔見知りだったデニス(=証人の一人デニス・ユウジ・ヒロタ)という男に誘われ、
行きつけだった成田のディスコに、もう一人の犯人クリスチアーノ・イトウとともに出かけたという。ディスコで二人は、
大柄の男をデニスから紹介された。「その男に、幾許かの金と引き換えに仕事をやらないかと提案された」。提案された報酬は、一人100万円ずつだった。
 被告二人はその夜、男から現金50万円と共に白い車と銃を受け取り、デニスの運転する車で被害者宅に向かい、近くのレストランで、
男から指示があるまで待機した。
 その後川上さんの家に行き、イトウが家の外から最初の一発を撃って侵入したが、その時に銃の挿弾子
(複数個の弾薬を装填する際に用いる器具)が外れた。後から家に侵入したフクダ被告が、落ちていた弾を見つけて引き金にセットし
、二発目を被害者に向けて撃った。
 イトウは川上さんの妻に暴力を振るい、その後二人は現場から逃げた。残りの50万円は、犯行二日後に現金で受け取った。フクダは事件翌日、
仕事を無断欠勤し、クビになったという。
 被告二人は日本で、勤務していたソニーの工場で知り合い、一年ほど一緒に住んでいた。
 暴力団との関係について問われると、「依頼人がヤクザだったかどうかは(そう言われてはいるが)、よくわからない。自分も、
知っている限りではクリスチアーノも、一度も暴力団に所属したことはない。(イトウの)刺青も、ヤクザのものではない」と断言した。
帰国するための航空券は、用意されたのではなく、自分で購入したという。
 日本には犯行までに一年半ほど滞在していたが、フクダ被告はほとんど日本語を話せなかった。犯行に及んだ動機は
「残念ながら金だった」と答えた。被害者のことは知らなかったという。
 フクダ被告には二人子供がおり、帰国後、カンピーナスで清掃員などとして働いていた。同被告の証言によると2004年、
薬物の取引に携わった疑いで逮捕され、有罪判決が出ている。
サンローランの雑誌広告、痩せすぎモデルで掲載禁止に
【AFPBB News】 2015/06/04 15:30
【6月4日AFP】英国の広告監視当局は3日、仏高級ファッションブランド「サンローラン(Saint Laurent)」の
雑誌広告について、痩せすぎのモデルを起用していることを理由に掲載禁止の判断を下した。
この広告では、短いスカートとタイツ、プラットフォームヒール(厚底のヒール)を履いたモデルが地面に
仰向けに横たわっているモノクロ写真が使われている。英国広告基準局(Advertising Standards Authority、
ASA)は、広告を「無責任」と断じた。問題の写真についてASAは、モデルのポーズと照明によって胸部の肋骨
が際立って見えるとし、また脚部も「太ももとひざが同じ太さで細く見える」とコメントしている。
ブランド側は、モデルが痩せすぎに見えるということに同意できないとしたが、今回の決定により、この広告を
現行のまま再掲することはできなくなった。同ブランドは、以前は「イヴ・サンローラン(Yves Saint Laurent)」として
知られていた。(c)AFP

127日曜8時の名無しさん2017/02/01(水) 03:41:14.12ID:YYrsbIW8
「全て事実。後悔している」=デカセギ二人組殺人事件=被告一人が供述、犯行認める=代理処罰申請6件目に進展
【既報関連】東京都葛飾区で2001年6月4日未明、日系人の男二人が暴力団員に雇われ、無職の川上芳考さん(よしたか、当時33)を、
自宅に押し入り拳銃で射殺し、妻に重傷を負わせたとされる事件の被告人尋問が5月25日午後2時半頃、
聖市のバーラ・フンダ刑事裁判所で行われた。被告二人はデカセギで訪日していた日系三世で、犯行の約2週間後に同じ便で帰伯していた。
日本政府は10年に代理処罰申請(国外犯処罰規定による訴追)をし、マルセーロ・フクダ(35)被告は翌年に当地で逮捕され、
聖市ベレンの刑務所に拘禁されている。今回は彼のみが出頭、約一時間にわたって供述を行い、インドの熱波、死者1500人近くに 病院に長蛇の列

「後悔している。冷酷で残虐な行為だった」とのべ、公訴事実を全面的に認めた。
 「やったことは全て間違っていた。後悔している。事件後は、全然人生がうまくいかなかった」―。被告人尋問は報道陣にも公開する形で行われ、
手錠で繋がれた状態で警官に同行され、同被告が出廷した。「罪を犯したことを後悔しているか」との検察官の問いに早口でこう答え、反省の意思を見せた。
 最初に裁判官が黙秘権について説明した後、公訴事実を述べた上で事実かどうかを尋ねると、「全て本当です」と答え、判事、
検察官の質問に、よどみのない口調で答え始めた。
 供述によれば、フクダ被告は事件当日未明、顔見知りだったデニス(=証人の一人デニス・ユウジ・ヒロタ)という男に誘われ、
行きつけだった成田のディスコに、もう一人の犯人クリスチアーノ・イトウとともに出かけたという。ディスコで二人は、
大柄の男をデニスから紹介された。「その男に、幾許かの金と引き換えに仕事をやらないかと提案された」。提案された報酬は、一人100万円ずつだった。
 被告二人はその夜、男から現金50万円と共に白い車と銃を受け取り、デニスの運転する車で被害者宅に向かい、近くのレストランで、
男から指示があるまで待機した。
 その後川上さんの家に行き、イトウが家の外から最初の一発を撃って侵入したが、その時に銃の挿弾子
(複数個の弾薬を装填する際に用いる器具)が外れた。後から家に侵入したフクダ被告が、落ちていた弾を見つけて引き金にセットし
、二発目を被害者に向けて撃った。
 イトウは川上さんの妻に暴力を振るい、その後二人は現場から逃げた。残りの50万円は、犯行二日後に現金で受け取った。フクダは事件翌日、
仕事を無断欠勤し、クビになったという。
 被告二人は日本で、勤務していたソニーの工場で知り合い、一年ほど一緒に住んでいた。
 暴力団との関係について問われると、「依頼人がヤクザだったかどうかは(そう言われてはいるが)、よくわからない。自分も、
知っている限りではクリスチアーノも、一度も暴力団に所属したことはない。(イトウの)刺青も、ヤクザのものではない」と断言した。
帰国するための航空券は、用意されたのではなく、自分で購入したという。
 日本には犯行までに一年半ほど滞在していたが、フクダ被告はほとんど日本語を話せなかった。犯行に及んだ動機は
「残念ながら金だった」と答えた。被害者のことは知らなかったという。
 フクダ被告には二人子供がおり、帰国後、カンピーナスで清掃員などとして働いていた。同被告の証言によると2004年、
薬物の取引に携わった疑いで逮捕され、有罪判決が出ている。
サンローランの雑誌広告、痩せすぎモデルで掲載禁止に
【AFPBB News】 2015/06/04 15:30
【6月4日AFP】英国の広告監視当局は3日、仏高級ファッションブランド「サンローラン(Saint Laurent)」の
雑誌広告について、痩せすぎのモデルを起用していることを理由に掲載禁止の判断を下した。
この広告では、短いスカートとタイツ、プラットフォームヒール(厚底のヒール)を履いたモデルが地面に
仰向けに横たわっているモノクロ写真が使われている。英国広告基準局(Advertising Standards Authority、
ASA)は、広告を「無責任」と断じた。問題の写真についてASAは、モデルのポーズと照明によって胸部の肋骨
が際立って見えるとし、また脚部も「太ももとひざが同じ太さで細く見える」とコメントしている。
ブランド側は、モデルが痩せすぎに見えるということに同意できないとしたが、今回の決定により、この広告を
現行のまま再掲することはできなくなった。同ブランドは、以前は「イヴ・サンローラン(Yves Saint Laurent)」として
知られていた。(c)AFP

128日曜8時の名無しさん2017/02/01(水) 03:42:10.96ID:YYrsbIW8
「全て事実。後悔している」=デカセギ二人組殺人事件=被告一人が供述、犯行認める=代理処罰申請6件目に進展
【既報関連】東京都葛飾区で2001年6月4日未明、日系人の男二人が暴力団員に雇われ、無職の川上芳考さん(よしたか、当時33)を、
自宅に押し入り拳銃で射殺し、妻に重傷を負わせたとされる事件の被告人尋問が5月25日午後2時半頃、
聖市のバーラ・フンダ刑事裁判所で行われた。被告二人はデカセギで訪日していた日系三世で、犯行の約2週間後に同じ便で帰伯していた。
日本政府は10年に代理処罰申請(国外犯処罰規定による訴追)をし、マルセーロ・フクダ(35)被告は翌年に当地で逮捕され、
聖市ベレンの刑務所に拘禁されている。今回は彼のみが出頭、約一時間にわたって供述を行い、インドの熱波、死者1500人近くに 病院に長蛇の列

「後悔している。冷酷で残虐な行為だった」とのべ、公訴事実を全面的に認めた。
 「やったことは全て間違っていた。後悔している。事件後は、全然人生がうまくいかなかった」―。被告人尋問は報道陣にも公開する形で行われ、
手錠で繋がれた状態で警官に同行され、同被告が出廷した。「罪を犯したことを後悔しているか」との検察官の問いに早口でこう答え、反省の意思を見せた。
 最初に裁判官が黙秘権について説明した後、公訴事実を述べた上で事実かどうかを尋ねると、「全て本当です」と答え、判事、
検察官の質問に、よどみのない口調で答え始めた。
 供述によれば、フクダ被告は事件当日未明、顔見知りだったデニス(=証人の一人デニス・ユウジ・ヒロタ)という男に誘われ、
行きつけだった成田のディスコに、もう一人の犯人クリスチアーノ・イトウとともに出かけたという。ディスコで二人は、
大柄の男をデニスから紹介された。「その男に、幾許かの金と引き換えに仕事をやらないかと提案された」。提案された報酬は、一人100万円ずつだった。
 被告二人はその夜、男から現金50万円と共に白い車と銃を受け取り、デニスの運転する車で被害者宅に向かい、近くのレストランで、
男から指示があるまで待機した。
 その後川上さんの家に行き、イトウが家の外から最初の一発を撃って侵入したが、その時に銃の挿弾子
(複数個の弾薬を装填する際に用いる器具)が外れた。後から家に侵入したフクダ被告が、落ちていた弾を見つけて引き金にセットし
、二発目を被害者に向けて撃った。
 イトウは川上さんの妻に暴力を振るい、その後二人は現場から逃げた。残りの50万円は、犯行二日後に現金で受け取った。フクダは事件翌日、
仕事を無断欠勤し、クビになったという。
 被告二人は日本で、勤務していたソニーの工場で知り合い、一年ほど一緒に住んでいた。
 暴力団との関係について問われると、「依頼人がヤクザだったかどうかは(そう言われてはいるが)、よくわからない。自分も、
知っている限りではクリスチアーノも、一度も暴力団に所属したことはない。(イトウの)刺青も、ヤクザのものではない」と断言した。
帰国するための航空券は、用意されたのではなく、自分で購入したという。
 日本には犯行までに一年半ほど滞在していたが、フクダ被告はほとんど日本語を話せなかった。犯行に及んだ動機は
「残念ながら金だった」と答えた。被害者のことは知らなかったという。
 フクダ被告には二人子供がおり、帰国後、カンピーナスで清掃員などとして働いていた。同被告の証言によると2004年、
薬物の取引に携わった疑いで逮捕され、有罪判決が出ている。
サンローランの雑誌広告、痩せすぎモデルで掲載禁止に
【AFPBB News】 2015/06/04 15:30
【6月4日AFP】英国の広告監視当局は3日、仏高級ファッションブランド「サンローラン(Saint Laurent)」の
雑誌広告について、痩せすぎのモデルを起用していることを理由に掲載禁止の判断を下した。
この広告では、短いスカートとタイツ、プラットフォームヒール(厚底のヒール)を履いたモデルが地面に
仰向けに横たわっているモノクロ写真が使われている。英国広告基準局(Advertising Standards Authority、
ASA)は、広告を「無責任」と断じた。問題の写真についてASAは、モデルのポーズと照明によって胸部の肋骨
が際立って見えるとし、また脚部も「太ももとひざが同じ太さで細く見える」とコメントしている。
ブランド側は、モデルが痩せすぎに見えるということに同意できないとしたが、今回の決定により、この広告を
現行のまま再掲することはできなくなった。同ブランドは、以前は「イヴ・サンローラン(Yves Saint Laurent)」として
知られていた。(c)AFP

129日曜8時の名無しさん2017/02/01(水) 03:42:26.26ID:YYrsbIW8
「全て事実。後悔している」=デカセギ二人組殺人事件=被告一人が供述、犯行認める=代理処罰申請6件目に進展
【既報関連】東京都葛飾区で2001年6月4日未明、日系人の男二人が暴力団員に雇われ、無職の川上芳考さん(よしたか、当時33)を、
自宅に押し入り拳銃で射殺し、妻に重傷を負わせたとされる事件の被告人尋問が5月25日午後2時半頃、
聖市のバーラ・フンダ刑事裁判所で行われた。被告二人はデカセギで訪日していた日系三世で、犯行の約2週間後に同じ便で帰伯していた。
日本政府は10年に代理処罰申請(国外犯処罰規定による訴追)をし、マルセーロ・フクダ(35)被告は翌年に当地で逮捕され、
聖市ベレンの刑務所に拘禁されている。今回は彼のみが出頭、約一時間にわたって供述を行い、インドの熱波、死者1500人近くに 病院に長蛇の列

「後悔している。冷酷で残虐な行為だった」とのべ、公訴事実を全面的に認めた。
 「やったことは全て間違っていた。後悔している。事件後は、全然人生がうまくいかなかった」―。被告人尋問は報道陣にも公開する形で行われ、
手錠で繋がれた状態で警官に同行され、同被告が出廷した。「罪を犯したことを後悔しているか」との検察官の問いに早口でこう答え、反省の意思を見せた。
 最初に裁判官が黙秘権について説明した後、公訴事実を述べた上で事実かどうかを尋ねると、「全て本当です」と答え、判事、
検察官の質問に、よどみのない口調で答え始めた。
 供述によれば、フクダ被告は事件当日未明、顔見知りだったデニス(=証人の一人デニス・ユウジ・ヒロタ)という男に誘われ、
行きつけだった成田のディスコに、もう一人の犯人クリスチアーノ・イトウとともに出かけたという。ディスコで二人は、
大柄の男をデニスから紹介された。「その男に、幾許かの金と引き換えに仕事をやらないかと提案された」。提案された報酬は、一人100万円ずつだった。
 被告二人はその夜、男から現金50万円と共に白い車と銃を受け取り、デニスの運転する車で被害者宅に向かい、近くのレストランで、
男から指示があるまで待機した。
 その後川上さんの家に行き、イトウが家の外から最初の一発を撃って侵入したが、その時に銃の挿弾子
(複数個の弾薬を装填する際に用いる器具)が外れた。後から家に侵入したフクダ被告が、落ちていた弾を見つけて引き金にセットし
、二発目を被害者に向けて撃った。
 イトウは川上さんの妻に暴力を振るい、その後二人は現場から逃げた。残りの50万円は、犯行二日後に現金で受け取った。フクダは事件翌日、
仕事を無断欠勤し、クビになったという。
 被告二人は日本で、勤務していたソニーの工場で知り合い、一年ほど一緒に住んでいた。
 暴力団との関係について問われると、「依頼人がヤクザだったかどうかは(そう言われてはいるが)、よくわからない。自分も、
知っている限りではクリスチアーノも、一度も暴力団に所属したことはない。(イトウの)刺青も、ヤクザのものではない」と断言した。
帰国するための航空券は、用意されたのではなく、自分で購入したという。
 日本には犯行までに一年半ほど滞在していたが、フクダ被告はほとんど日本語を話せなかった。犯行に及んだ動機は
「残念ながら金だった」と答えた。被害者のことは知らなかったという。
 フクダ被告には二人子供がおり、帰国後、カンピーナスで清掃員などとして働いていた。同被告の証言によると2004年、
薬物の取引に携わった疑いで逮捕され、有罪判決が出ている。
サンローランの雑誌広告、痩せすぎモデルで掲載禁止に
【AFPBB News】 2015/06/04 15:30
【6月4日AFP】英国の広告監視当局は3日、仏高級ファッションブランド「サンローラン(Saint Laurent)」の
雑誌広告について、痩せすぎのモデルを起用していることを理由に掲載禁止の判断を下した。
この広告では、短いスカートとタイツ、プラットフォームヒール(厚底のヒール)を履いたモデルが地面に
仰向けに横たわっているモノクロ写真が使われている。英国広告基準局(Advertising Standards Authority、
ASA)は、広告を「無責任」と断じた。問題の写真についてASAは、モデルのポーズと照明によって胸部の肋骨
が際立って見えるとし、また脚部も「太ももとひざが同じ太さで細く見える」とコメントしている。
ブランド側は、モデルが痩せすぎに見えるということに同意できないとしたが、今回の決定により、この広告を
現行のまま再掲することはできなくなった。同ブランドは、以前は「イヴ・サンローラン(Yves Saint Laurent)」として
知られていた。(c)AFP

130日曜8時の名無しさん2017/02/01(水) 03:42:42.23ID:YYrsbIW8
「全て事実。後悔している」=デカセギ二人組殺人事件=被告一人が供述、犯行認める=代理処罰申請6件目に進展
【既報関連】東京都葛飾区で2001年6月4日未明、日系人の男二人が暴力団員に雇われ、無職の川上芳考さん(よしたか、当時33)を、
自宅に押し入り拳銃で射殺し、妻に重傷を負わせたとされる事件の被告人尋問が5月25日午後2時半頃、
聖市のバーラ・フンダ刑事裁判所で行われた。被告二人はデカセギで訪日していた日系三世で、犯行の約2週間後に同じ便で帰伯していた。
日本政府は10年に代理処罰申請(国外犯処罰規定による訴追)をし、マルセーロ・フクダ(35)被告は翌年に当地で逮捕され、
聖市ベレンの刑務所に拘禁されている。今回は彼のみが出頭、約一時間にわたって供述を行い、インドの熱波、死者1500人近くに 病院に長蛇の列

「後悔している。冷酷で残虐な行為だった」とのべ、公訴事実を全面的に認めた。
 「やったことは全て間違っていた。後悔している。事件後は、全然人生がうまくいかなかった」―。被告人尋問は報道陣にも公開する形で行われ、
手錠で繋がれた状態で警官に同行され、同被告が出廷した。「罪を犯したことを後悔しているか」との検察官の問いに早口でこう答え、反省の意思を見せた。
 最初に裁判官が黙秘権について説明した後、公訴事実を述べた上で事実かどうかを尋ねると、「全て本当です」と答え、判事、
検察官の質問に、よどみのない口調で答え始めた。
 供述によれば、フクダ被告は事件当日未明、顔見知りだったデニス(=証人の一人デニス・ユウジ・ヒロタ)という男に誘われ、
行きつけだった成田のディスコに、もう一人の犯人クリスチアーノ・イトウとともに出かけたという。ディスコで二人は、
大柄の男をデニスから紹介された。「その男に、幾許かの金と引き換えに仕事をやらないかと提案された」。提案された報酬は、一人100万円ずつだった。
 被告二人はその夜、男から現金50万円と共に白い車と銃を受け取り、デニスの運転する車で被害者宅に向かい、近くのレストランで、
男から指示があるまで待機した。
 その後川上さんの家に行き、イトウが家の外から最初の一発を撃って侵入したが、その時に銃の挿弾子
(複数個の弾薬を装填する際に用いる器具)が外れた。後から家に侵入したフクダ被告が、落ちていた弾を見つけて引き金にセットし
、二発目を被害者に向けて撃った。
 イトウは川上さんの妻に暴力を振るい、その後二人は現場から逃げた。残りの50万円は、犯行二日後に現金で受け取った。フクダは事件翌日、
仕事を無断欠勤し、クビになったという。
 被告二人は日本で、勤務していたソニーの工場で知り合い、一年ほど一緒に住んでいた。
 暴力団との関係について問われると、「依頼人がヤクザだったかどうかは(そう言われてはいるが)、よくわからない。自分も、
知っている限りではクリスチアーノも、一度も暴力団に所属したことはない。(イトウの)刺青も、ヤクザのものではない」と断言した。
帰国するための航空券は、用意されたのではなく、自分で購入したという。
 日本には犯行までに一年半ほど滞在していたが、フクダ被告はほとんど日本語を話せなかった。犯行に及んだ動機は
「残念ながら金だった」と答えた。被害者のことは知らなかったという。
 フクダ被告には二人子供がおり、帰国後、カンピーナスで清掃員などとして働いていた。同被告の証言によると2004年、
薬物の取引に携わった疑いで逮捕され、有罪判決が出ている。
サンローランの雑誌広告、痩せすぎモデルで掲載禁止に
【AFPBB News】 2015/06/04 15:30
【6月4日AFP】英国の広告監視当局は3日、仏高級ファッションブランド「サンローラン(Saint Laurent)」の
雑誌広告について、痩せすぎのモデルを起用していることを理由に掲載禁止の判断を下した。
この広告では、短いスカートとタイツ、プラットフォームヒール(厚底のヒール)を履いたモデルが地面に
仰向けに横たわっているモノクロ写真が使われている。英国広告基準局(Advertising Standards Authority、
ASA)は、広告を「無責任」と断じた。問題の写真についてASAは、モデルのポーズと照明によって胸部の肋骨
が際立って見えるとし、また脚部も「太ももとひざが同じ太さで細く見える」とコメントしている。
ブランド側は、モデルが痩せすぎに見えるということに同意できないとしたが、今回の決定により、この広告を
現行のまま再掲することはできなくなった。同ブランドは、以前は「イヴ・サンローラン(Yves Saint Laurent)」として
知られていた。(c)AFP

131日曜8時の名無しさん2017/02/01(水) 03:42:57.66ID:YYrsbIW8
「全て事実。後悔している」=デカセギ二人組殺人事件=被告一人が供述、犯行認める=代理処罰申請6件目に進展
【既報関連】東京都葛飾区で2001年6月4日未明、日系人の男二人が暴力団員に雇われ、無職の川上芳考さん(よしたか、当時33)を、
自宅に押し入り拳銃で射殺し、妻に重傷を負わせたとされる事件の被告人尋問が5月25日午後2時半頃、
聖市のバーラ・フンダ刑事裁判所で行われた。被告二人はデカセギで訪日していた日系三世で、犯行の約2週間後に同じ便で帰伯していた。
日本政府は10年に代理処罰申請(国外犯処罰規定による訴追)をし、マルセーロ・フクダ(35)被告は翌年に当地で逮捕され、
聖市ベレンの刑務所に拘禁されている。今回は彼のみが出頭、約一時間にわたって供述を行い、インドの熱波、死者1500人近くに 病院に長蛇の列

「後悔している。冷酷で残虐な行為だった」とのべ、公訴事実を全面的に認めた。
 「やったことは全て間違っていた。後悔している。事件後は、全然人生がうまくいかなかった」―。被告人尋問は報道陣にも公開する形で行われ、
手錠で繋がれた状態で警官に同行され、同被告が出廷した。「罪を犯したことを後悔しているか」との検察官の問いに早口でこう答え、反省の意思を見せた。
 最初に裁判官が黙秘権について説明した後、公訴事実を述べた上で事実かどうかを尋ねると、「全て本当です」と答え、判事、
検察官の質問に、よどみのない口調で答え始めた。
 供述によれば、フクダ被告は事件当日未明、顔見知りだったデニス(=証人の一人デニス・ユウジ・ヒロタ)という男に誘われ、
行きつけだった成田のディスコに、もう一人の犯人クリスチアーノ・イトウとともに出かけたという。ディスコで二人は、
大柄の男をデニスから紹介された。「その男に、幾許かの金と引き換えに仕事をやらないかと提案された」。提案された報酬は、一人100万円ずつだった。
 被告二人はその夜、男から現金50万円と共に白い車と銃を受け取り、デニスの運転する車で被害者宅に向かい、近くのレストランで、
男から指示があるまで待機した。
 その後川上さんの家に行き、イトウが家の外から最初の一発を撃って侵入したが、その時に銃の挿弾子
(複数個の弾薬を装填する際に用いる器具)が外れた。後から家に侵入したフクダ被告が、落ちていた弾を見つけて引き金にセットし
、二発目を被害者に向けて撃った。
 イトウは川上さんの妻に暴力を振るい、その後二人は現場から逃げた。残りの50万円は、犯行二日後に現金で受け取った。フクダは事件翌日、
仕事を無断欠勤し、クビになったという。
 被告二人は日本で、勤務していたソニーの工場で知り合い、一年ほど一緒に住んでいた。
 暴力団との関係について問われると、「依頼人がヤクザだったかどうかは(そう言われてはいるが)、よくわからない。自分も、
知っている限りではクリスチアーノも、一度も暴力団に所属したことはない。(イトウの)刺青も、ヤクザのものではない」と断言した。
帰国するための航空券は、用意されたのではなく、自分で購入したという。
 日本には犯行までに一年半ほど滞在していたが、フクダ被告はほとんど日本語を話せなかった。犯行に及んだ動機は
「残念ながら金だった」と答えた。被害者のことは知らなかったという。
 フクダ被告には二人子供がおり、帰国後、カンピーナスで清掃員などとして働いていた。同被告の証言によると2004年、
薬物の取引に携わった疑いで逮捕され、有罪判決が出ている。
サンローランの雑誌広告、痩せすぎモデルで掲載禁止に
【AFPBB News】 2015/06/04 15:30
【6月4日AFP】英国の広告監視当局は3日、仏高級ファッションブランド「サンローラン(Saint Laurent)」の
雑誌広告について、痩せすぎのモデルを起用していることを理由に掲載禁止の判断を下した。
この広告では、短いスカートとタイツ、プラットフォームヒール(厚底のヒール)を履いたモデルが地面に
仰向けに横たわっているモノクロ写真が使われている。英国広告基準局(Advertising Standards Authority、
ASA)は、広告を「無責任」と断じた。問題の写真についてASAは、モデルのポーズと照明によって胸部の肋骨
が際立って見えるとし、また脚部も「太ももとひざが同じ太さで細く見える」とコメントしている。
ブランド側は、モデルが痩せすぎに見えるということに同意できないとしたが、今回の決定により、この広告を
現行のまま再掲することはできなくなった。同ブランドは、以前は「イヴ・サンローラン(Yves Saint Laurent)」として
知られていた。(c)AFP

132日曜8時の名無しさん2017/02/01(水) 03:43:21.03ID:YYrsbIW8
「全て事実。後悔している」=デカセギ二人組殺人事件=被告一人が供述、犯行認める=代理処罰申請6件目に進展
【既報関連】東京都葛飾区で2001年6月4日未明、日系人の男二人が暴力団員に雇われ、無職の川上芳考さん(よしたか、当時33)を、
自宅に押し入り拳銃で射殺し、妻に重傷を負わせたとされる事件の被告人尋問が5月25日午後2時半頃、
聖市のバーラ・フンダ刑事裁判所で行われた。被告二人はデカセギで訪日していた日系三世で、犯行の約2週間後に同じ便で帰伯していた。
日本政府は10年に代理処罰申請(国外犯処罰規定による訴追)をし、マルセーロ・フクダ(35)被告は翌年に当地で逮捕され、
聖市ベレンの刑務所に拘禁されている。今回は彼のみが出頭、約一時間にわたって供述を行い、インドの熱波、死者1500人近くに 病院に長蛇の列

「後悔している。冷酷で残虐な行為だった」とのべ、公訴事実を全面的に認めた。
 「やったことは全て間違っていた。後悔している。事件後は、全然人生がうまくいかなかった」―。被告人尋問は報道陣にも公開する形で行われ、
手錠で繋がれた状態で警官に同行され、同被告が出廷した。「罪を犯したことを後悔しているか」との検察官の問いに早口でこう答え、反省の意思を見せた。
 最初に裁判官が黙秘権について説明した後、公訴事実を述べた上で事実かどうかを尋ねると、「全て本当です」と答え、判事、
検察官の質問に、よどみのない口調で答え始めた。
 供述によれば、フクダ被告は事件当日未明、顔見知りだったデニス(=証人の一人デニス・ユウジ・ヒロタ)という男に誘われ、
行きつけだった成田のディスコに、もう一人の犯人クリスチアーノ・イトウとともに出かけたという。ディスコで二人は、
大柄の男をデニスから紹介された。「その男に、幾許かの金と引き換えに仕事をやらないかと提案された」。提案された報酬は、一人100万円ずつだった。
 被告二人はその夜、男から現金50万円と共に白い車と銃を受け取り、デニスの運転する車で被害者宅に向かい、近くのレストランで、
男から指示があるまで待機した。
 その後川上さんの家に行き、イトウが家の外から最初の一発を撃って侵入したが、その時に銃の挿弾子
(複数個の弾薬を装填する際に用いる器具)が外れた。後から家に侵入したフクダ被告が、落ちていた弾を見つけて引き金にセットし
、二発目を被害者に向けて撃った。
 イトウは川上さんの妻に暴力を振るい、その後二人は現場から逃げた。残りの50万円は、犯行二日後に現金で受け取った。フクダは事件翌日、
仕事を無断欠勤し、クビになったという。
 被告二人は日本で、勤務していたソニーの工場で知り合い、一年ほど一緒に住んでいた。
 暴力団との関係について問われると、「依頼人がヤクザだったかどうかは(そう言われてはいるが)、よくわからない。自分も、
知っている限りではクリスチアーノも、一度も暴力団に所属したことはない。(イトウの)刺青も、ヤクザのものではない」と断言した。
帰国するための航空券は、用意されたのではなく、自分で購入したという。
 日本には犯行までに一年半ほど滞在していたが、フクダ被告はほとんど日本語を話せなかった。犯行に及んだ動機は
「残念ながら金だった」と答えた。被害者のことは知らなかったという。
 フクダ被告には二人子供がおり、帰国後、カンピーナスで清掃員などとして働いていた。同被告の証言によると2004年、
薬物の取引に携わった疑いで逮捕され、有罪判決が出ている。
サンローランの雑誌広告、痩せすぎモデルで掲載禁止に
【AFPBB News】 2015/06/04 15:30
【6月4日AFP】英国の広告監視当局は3日、仏高級ファッションブランド「サンローラン(Saint Laurent)」の
雑誌広告について、痩せすぎのモデルを起用していることを理由に掲載禁止の判断を下した。
この広告では、短いスカートとタイツ、プラットフォームヒール(厚底のヒール)を履いたモデルが地面に
仰向けに横たわっているモノクロ写真が使われている。英国広告基準局(Advertising Standards Authority、
ASA)は、広告を「無責任」と断じた。問題の写真についてASAは、モデルのポーズと照明によって胸部の肋骨
が際立って見えるとし、また脚部も「太ももとひざが同じ太さで細く見える」とコメントしている。
ブランド側は、モデルが痩せすぎに見えるということに同意できないとしたが、今回の決定により、この広告を
現行のまま再掲することはできなくなった。同ブランドは、以前は「イヴ・サンローラン(Yves Saint Laurent)」として
知られていた。(c)AFP

133日曜8時の名無しさん2017/02/01(水) 03:43:36.41ID:YYrsbIW8
「全て事実。後悔している」=デカセギ二人組殺人事件=被告一人が供述、犯行認める=代理処罰申請6件目に進展
【既報関連】東京都葛飾区で2001年6月4日未明、日系人の男二人が暴力団員に雇われ、無職の川上芳考さん(よしたか、当時33)を、
自宅に押し入り拳銃で射殺し、妻に重傷を負わせたとされる事件の被告人尋問が5月25日午後2時半頃、
聖市のバーラ・フンダ刑事裁判所で行われた。被告二人はデカセギで訪日していた日系三世で、犯行の約2週間後に同じ便で帰伯していた。
日本政府は10年に代理処罰申請(国外犯処罰規定による訴追)をし、マルセーロ・フクダ(35)被告は翌年に当地で逮捕され、
聖市ベレンの刑務所に拘禁されている。今回は彼のみが出頭、約一時間にわたって供述を行い、インドの熱波、死者1500人近くに 病院に長蛇の列

「後悔している。冷酷で残虐な行為だった」とのべ、公訴事実を全面的に認めた。
 「やったことは全て間違っていた。後悔している。事件後は、全然人生がうまくいかなかった」―。被告人尋問は報道陣にも公開する形で行われ、
手錠で繋がれた状態で警官に同行され、同被告が出廷した。「罪を犯したことを後悔しているか」との検察官の問いに早口でこう答え、反省の意思を見せた。
 最初に裁判官が黙秘権について説明した後、公訴事実を述べた上で事実かどうかを尋ねると、「全て本当です」と答え、判事、
検察官の質問に、よどみのない口調で答え始めた。
 供述によれば、フクダ被告は事件当日未明、顔見知りだったデニス(=証人の一人デニス・ユウジ・ヒロタ)という男に誘われ、
行きつけだった成田のディスコに、もう一人の犯人クリスチアーノ・イトウとともに出かけたという。ディスコで二人は、
大柄の男をデニスから紹介された。「その男に、幾許かの金と引き換えに仕事をやらないかと提案された」。提案された報酬は、一人100万円ずつだった。
 被告二人はその夜、男から現金50万円と共に白い車と銃を受け取り、デニスの運転する車で被害者宅に向かい、近くのレストランで、
男から指示があるまで待機した。
 その後川上さんの家に行き、イトウが家の外から最初の一発を撃って侵入したが、その時に銃の挿弾子
(複数個の弾薬を装填する際に用いる器具)が外れた。後から家に侵入したフクダ被告が、落ちていた弾を見つけて引き金にセットし
、二発目を被害者に向けて撃った。
 イトウは川上さんの妻に暴力を振るい、その後二人は現場から逃げた。残りの50万円は、犯行二日後に現金で受け取った。フクダは事件翌日、
仕事を無断欠勤し、クビになったという。
 被告二人は日本で、勤務していたソニーの工場で知り合い、一年ほど一緒に住んでいた。
 暴力団との関係について問われると、「依頼人がヤクザだったかどうかは(そう言われてはいるが)、よくわからない。自分も、
知っている限りではクリスチアーノも、一度も暴力団に所属したことはない。(イトウの)刺青も、ヤクザのものではない」と断言した。
帰国するための航空券は、用意されたのではなく、自分で購入したという。
 日本には犯行までに一年半ほど滞在していたが、フクダ被告はほとんど日本語を話せなかった。犯行に及んだ動機は
「残念ながら金だった」と答えた。被害者のことは知らなかったという。
 フクダ被告には二人子供がおり、帰国後、カンピーナスで清掃員などとして働いていた。同被告の証言によると2004年、
薬物の取引に携わった疑いで逮捕され、有罪判決が出ている。
サンローランの雑誌広告、痩せすぎモデルで掲載禁止に
【AFPBB News】 2015/06/04 15:30
【6月4日AFP】英国の広告監視当局は3日、仏高級ファッションブランド「サンローラン(Saint Laurent)」の
雑誌広告について、痩せすぎのモデルを起用していることを理由に掲載禁止の判断を下した。
この広告では、短いスカートとタイツ、プラットフォームヒール(厚底のヒール)を履いたモデルが地面に
仰向けに横たわっているモノクロ写真が使われている。英国広告基準局(Advertising Standards Authority、
ASA)は、広告を「無責任」と断じた。問題の写真についてASAは、モデルのポーズと照明によって胸部の肋骨
が際立って見えるとし、また脚部も「太ももとひざが同じ太さで細く見える」とコメントしている。
ブランド側は、モデルが痩せすぎに見えるということに同意できないとしたが、今回の決定により、この広告を
現行のまま再掲することはできなくなった。同ブランドは、以前は「イヴ・サンローラン(Yves Saint Laurent)」として
知られていた。(c)AFP

134日曜8時の名無しさん2017/02/01(水) 03:43:56.05ID:YYrsbIW8
「全て事実。後悔している」=デカセギ二人組殺人事件=被告一人が供述、犯行認める=代理処罰申請6件目に進展
【既報関連】東京都葛飾区で2001年6月4日未明、日系人の男二人が暴力団員に雇われ、無職の川上芳考さん(よしたか、当時33)を、
自宅に押し入り拳銃で射殺し、妻に重傷を負わせたとされる事件の被告人尋問が5月25日午後2時半頃、
聖市のバーラ・フンダ刑事裁判所で行われた。被告二人はデカセギで訪日していた日系三世で、犯行の約2週間後に同じ便で帰伯していた。
日本政府は10年に代理処罰申請(国外犯処罰規定による訴追)をし、マルセーロ・フクダ(35)被告は翌年に当地で逮捕され、
聖市ベレンの刑務所に拘禁されている。今回は彼のみが出頭、約一時間にわたって供述を行い、インドの熱波、死者1500人近くに 病院に長蛇の列

「後悔している。冷酷で残虐な行為だった」とのべ、公訴事実を全面的に認めた。
 「やったことは全て間違っていた。後悔している。事件後は、全然人生がうまくいかなかった」―。被告人尋問は報道陣にも公開する形で行われ、
手錠で繋がれた状態で警官に同行され、同被告が出廷した。「罪を犯したことを後悔しているか」との検察官の問いに早口でこう答え、反省の意思を見せた。
 最初に裁判官が黙秘権について説明した後、公訴事実を述べた上で事実かどうかを尋ねると、「全て本当です」と答え、判事、
検察官の質問に、よどみのない口調で答え始めた。
 供述によれば、フクダ被告は事件当日未明、顔見知りだったデニス(=証人の一人デニス・ユウジ・ヒロタ)という男に誘われ、
行きつけだった成田のディスコに、もう一人の犯人クリスチアーノ・イトウとともに出かけたという。ディスコで二人は、
大柄の男をデニスから紹介された。「その男に、幾許かの金と引き換えに仕事をやらないかと提案された」。提案された報酬は、一人100万円ずつだった。
 被告二人はその夜、男から現金50万円と共に白い車と銃を受け取り、デニスの運転する車で被害者宅に向かい、近くのレストランで、
男から指示があるまで待機した。
 その後川上さんの家に行き、イトウが家の外から最初の一発を撃って侵入したが、その時に銃の挿弾子
(複数個の弾薬を装填する際に用いる器具)が外れた。後から家に侵入したフクダ被告が、落ちていた弾を見つけて引き金にセットし
、二発目を被害者に向けて撃った。
 イトウは川上さんの妻に暴力を振るい、その後二人は現場から逃げた。残りの50万円は、犯行二日後に現金で受け取った。フクダは事件翌日、
仕事を無断欠勤し、クビになったという。
 被告二人は日本で、勤務していたソニーの工場で知り合い、一年ほど一緒に住んでいた。
 暴力団との関係について問われると、「依頼人がヤクザだったかどうかは(そう言われてはいるが)、よくわからない。自分も、
知っている限りではクリスチアーノも、一度も暴力団に所属したことはない。(イトウの)刺青も、ヤクザのものではない」と断言した。
帰国するための航空券は、用意されたのではなく、自分で購入したという。
 日本には犯行までに一年半ほど滞在していたが、フクダ被告はほとんど日本語を話せなかった。犯行に及んだ動機は
「残念ながら金だった」と答えた。被害者のことは知らなかったという。
 フクダ被告には二人子供がおり、帰国後、カンピーナスで清掃員などとして働いていた。同被告の証言によると2004年、
薬物の取引に携わった疑いで逮捕され、有罪判決が出ている。
サンローランの雑誌広告、痩せすぎモデルで掲載禁止に
【AFPBB News】 2015/06/04 15:30
【6月4日AFP】英国の広告監視当局は3日、仏高級ファッションブランド「サンローラン(Saint Laurent)」の
雑誌広告について、痩せすぎのモデルを起用していることを理由に掲載禁止の判断を下した。
この広告では、短いスカートとタイツ、プラットフォームヒール(厚底のヒール)を履いたモデルが地面に
仰向けに横たわっているモノクロ写真が使われている。英国広告基準局(Advertising Standards Authority、
ASA)は、広告を「無責任」と断じた。問題の写真についてASAは、モデルのポーズと照明によって胸部の肋骨
が際立って見えるとし、また脚部も「太ももとひざが同じ太さで細く見える」とコメントしている。
ブランド側は、モデルが痩せすぎに見えるということに同意できないとしたが、今回の決定により、この広告を
現行のまま再掲することはできなくなった。同ブランドは、以前は「イヴ・サンローラン(Yves Saint Laurent)」として
知られていた。(c)AFP

135日曜8時の名無しさん2017/02/01(水) 03:44:16.68ID:YYrsbIW8
「全て事実。後悔している」=デカセギ二人組殺人事件=被告一人が供述、犯行認める=代理処罰申請6件目に進展
【既報関連】東京都葛飾区で2001年6月4日未明、日系人の男二人が暴力団員に雇われ、無職の川上芳考さん(よしたか、当時33)を、
自宅に押し入り拳銃で射殺し、妻に重傷を負わせたとされる事件の被告人尋問が5月25日午後2時半頃、
聖市のバーラ・フンダ刑事裁判所で行われた。被告二人はデカセギで訪日していた日系三世で、犯行の約2週間後に同じ便で帰伯していた。
日本政府は10年に代理処罰申請(国外犯処罰規定による訴追)をし、マルセーロ・フクダ(35)被告は翌年に当地で逮捕され、
聖市ベレンの刑務所に拘禁されている。今回は彼のみが出頭、約一時間にわたって供述を行い、インドの熱波、死者1500人近くに 病院に長蛇の列

「後悔している。冷酷で残虐な行為だった」とのべ、公訴事実を全面的に認めた。
 「やったことは全て間違っていた。後悔している。事件後は、全然人生がうまくいかなかった」―。被告人尋問は報道陣にも公開する形で行われ、
手錠で繋がれた状態で警官に同行され、同被告が出廷した。「罪を犯したことを後悔しているか」との検察官の問いに早口でこう答え、反省の意思を見せた。
 最初に裁判官が黙秘権について説明した後、公訴事実を述べた上で事実かどうかを尋ねると、「全て本当です」と答え、判事、
検察官の質問に、よどみのない口調で答え始めた。
 供述によれば、フクダ被告は事件当日未明、顔見知りだったデニス(=証人の一人デニス・ユウジ・ヒロタ)という男に誘われ、
行きつけだった成田のディスコに、もう一人の犯人クリスチアーノ・イトウとともに出かけたという。ディスコで二人は、
大柄の男をデニスから紹介された。「その男に、幾許かの金と引き換えに仕事をやらないかと提案された」。提案された報酬は、一人100万円ずつだった。
 被告二人はその夜、男から現金50万円と共に白い車と銃を受け取り、デニスの運転する車で被害者宅に向かい、近くのレストランで、
男から指示があるまで待機した。
 その後川上さんの家に行き、イトウが家の外から最初の一発を撃って侵入したが、その時に銃の挿弾子
(複数個の弾薬を装填する際に用いる器具)が外れた。後から家に侵入したフクダ被告が、落ちていた弾を見つけて引き金にセットし
、二発目を被害者に向けて撃った。
 イトウは川上さんの妻に暴力を振るい、その後二人は現場から逃げた。残りの50万円は、犯行二日後に現金で受け取った。フクダは事件翌日、
仕事を無断欠勤し、クビになったという。
 被告二人は日本で、勤務していたソニーの工場で知り合い、一年ほど一緒に住んでいた。
 暴力団との関係について問われると、「依頼人がヤクザだったかどうかは(そう言われてはいるが)、よくわからない。自分も、
知っている限りではクリスチアーノも、一度も暴力団に所属したことはない。(イトウの)刺青も、ヤクザのものではない」と断言した。
帰国するための航空券は、用意されたのではなく、自分で購入したという。
 日本には犯行までに一年半ほど滞在していたが、フクダ被告はほとんど日本語を話せなかった。犯行に及んだ動機は
「残念ながら金だった」と答えた。被害者のことは知らなかったという。
 フクダ被告には二人子供がおり、帰国後、カンピーナスで清掃員などとして働いていた。同被告の証言によると2004年、
薬物の取引に携わった疑いで逮捕され、有罪判決が出ている。
サンローランの雑誌広告、痩せすぎモデルで掲載禁止に
【AFPBB News】 2015/06/04 15:30
【6月4日AFP】英国の広告監視当局は3日、仏高級ファッションブランド「サンローラン(Saint Laurent)」の
雑誌広告について、痩せすぎのモデルを起用していることを理由に掲載禁止の判断を下した。
この広告では、短いスカートとタイツ、プラットフォームヒール(厚底のヒール)を履いたモデルが地面に
仰向けに横たわっているモノクロ写真が使われている。英国広告基準局(Advertising Standards Authority、
ASA)は、広告を「無責任」と断じた。問題の写真についてASAは、モデルのポーズと照明によって胸部の肋骨
が際立って見えるとし、また脚部も「太ももとひざが同じ太さで細く見える」とコメントしている。
ブランド側は、モデルが痩せすぎに見えるということに同意できないとしたが、今回の決定により、この広告を
現行のまま再掲することはできなくなった。同ブランドは、以前は「イヴ・サンローラン(Yves Saint Laurent)」として
知られていた。(c)AFP

136日曜8時の名無しさん2017/02/01(水) 03:44:36.14ID:YYrsbIW8
「全て事実。後悔している」=デカセギ二人組殺人事件=被告一人が供述、犯行認める=代理処罰申請6件目に進展
【既報関連】東京都葛飾区で2001年6月4日未明、日系人の男二人が暴力団員に雇われ、無職の川上芳考さん(よしたか、当時33)を、
自宅に押し入り拳銃で射殺し、妻に重傷を負わせたとされる事件の被告人尋問が5月25日午後2時半頃、
聖市のバーラ・フンダ刑事裁判所で行われた。被告二人はデカセギで訪日していた日系三世で、犯行の約2週間後に同じ便で帰伯していた。
日本政府は10年に代理処罰申請(国外犯処罰規定による訴追)をし、マルセーロ・フクダ(35)被告は翌年に当地で逮捕され、
聖市ベレンの刑務所に拘禁されている。今回は彼のみが出頭、約一時間にわたって供述を行い、インドの熱波、死者1500人近くに 病院に長蛇の列

「後悔している。冷酷で残虐な行為だった」とのべ、公訴事実を全面的に認めた。
 「やったことは全て間違っていた。後悔している。事件後は、全然人生がうまくいかなかった」―。被告人尋問は報道陣にも公開する形で行われ、
手錠で繋がれた状態で警官に同行され、同被告が出廷した。「罪を犯したことを後悔しているか」との検察官の問いに早口でこう答え、反省の意思を見せた。
 最初に裁判官が黙秘権について説明した後、公訴事実を述べた上で事実かどうかを尋ねると、「全て本当です」と答え、判事、
検察官の質問に、よどみのない口調で答え始めた。
 供述によれば、フクダ被告は事件当日未明、顔見知りだったデニス(=証人の一人デニス・ユウジ・ヒロタ)という男に誘われ、
行きつけだった成田のディスコに、もう一人の犯人クリスチアーノ・イトウとともに出かけたという。ディスコで二人は、
大柄の男をデニスから紹介された。「その男に、幾許かの金と引き換えに仕事をやらないかと提案された」。提案された報酬は、一人100万円ずつだった。
 被告二人はその夜、男から現金50万円と共に白い車と銃を受け取り、デニスの運転する車で被害者宅に向かい、近くのレストランで、
男から指示があるまで待機した。
 その後川上さんの家に行き、イトウが家の外から最初の一発を撃って侵入したが、その時に銃の挿弾子
(複数個の弾薬を装填する際に用いる器具)が外れた。後から家に侵入したフクダ被告が、落ちていた弾を見つけて引き金にセットし
、二発目を被害者に向けて撃った。
 イトウは川上さんの妻に暴力を振るい、その後二人は現場から逃げた。残りの50万円は、犯行二日後に現金で受け取った。フクダは事件翌日、
仕事を無断欠勤し、クビになったという。
 被告二人は日本で、勤務していたソニーの工場で知り合い、一年ほど一緒に住んでいた。
 暴力団との関係について問われると、「依頼人がヤクザだったかどうかは(そう言われてはいるが)、よくわからない。自分も、
知っている限りではクリスチアーノも、一度も暴力団に所属したことはない。(イトウの)刺青も、ヤクザのものではない」と断言した。
帰国するための航空券は、用意されたのではなく、自分で購入したという。
 日本には犯行までに一年半ほど滞在していたが、フクダ被告はほとんど日本語を話せなかった。犯行に及んだ動機は
「残念ながら金だった」と答えた。被害者のことは知らなかったという。
 フクダ被告には二人子供がおり、帰国後、カンピーナスで清掃員などとして働いていた。同被告の証言によると2004年、
薬物の取引に携わった疑いで逮捕され、有罪判決が出ている。
サンローランの雑誌広告、痩せすぎモデルで掲載禁止に
【AFPBB News】 2015/06/04 15:30
【6月4日AFP】英国の広告監視当局は3日、仏高級ファッションブランド「サンローラン(Saint Laurent)」の
雑誌広告について、痩せすぎのモデルを起用していることを理由に掲載禁止の判断を下した。
この広告では、短いスカートとタイツ、プラットフォームヒール(厚底のヒール)を履いたモデルが地面に
仰向けに横たわっているモノクロ写真が使われている。英国広告基準局(Advertising Standards Authority、
ASA)は、広告を「無責任」と断じた。問題の写真についてASAは、モデルのポーズと照明によって胸部の肋骨
が際立って見えるとし、また脚部も「太ももとひざが同じ太さで細く見える」とコメントしている。
ブランド側は、モデルが痩せすぎに見えるということに同意できないとしたが、今回の決定により、この広告を
現行のまま再掲することはできなくなった。同ブランドは、以前は「イヴ・サンローラン(Yves Saint Laurent)」として
知られていた。(c)AFP

137日曜8時の名無しさん2017/02/01(水) 03:44:56.73ID:YYrsbIW8
「全て事実。後悔している」=デカセギ二人組殺人事件=被告一人が供述、犯行認める=代理処罰申請6件目に進展
【既報関連】東京都葛飾区で2001年6月4日未明、日系人の男二人が暴力団員に雇われ、無職の川上芳考さん(よしたか、当時33)を、
自宅に押し入り拳銃で射殺し、妻に重傷を負わせたとされる事件の被告人尋問が5月25日午後2時半頃、
聖市のバーラ・フンダ刑事裁判所で行われた。被告二人はデカセギで訪日していた日系三世で、犯行の約2週間後に同じ便で帰伯していた。
日本政府は10年に代理処罰申請(国外犯処罰規定による訴追)をし、マルセーロ・フクダ(35)被告は翌年に当地で逮捕され、
聖市ベレンの刑務所に拘禁されている。今回は彼のみが出頭、約一時間にわたって供述を行い、インドの熱波、死者1500人近くに 病院に長蛇の列

「後悔している。冷酷で残虐な行為だった」とのべ、公訴事実を全面的に認めた。
 「やったことは全て間違っていた。後悔している。事件後は、全然人生がうまくいかなかった」―。被告人尋問は報道陣にも公開する形で行われ、
手錠で繋がれた状態で警官に同行され、同被告が出廷した。「罪を犯したことを後悔しているか」との検察官の問いに早口でこう答え、反省の意思を見せた。
 最初に裁判官が黙秘権について説明した後、公訴事実を述べた上で事実かどうかを尋ねると、「全て本当です」と答え、判事、
検察官の質問に、よどみのない口調で答え始めた。
 供述によれば、フクダ被告は事件当日未明、顔見知りだったデニス(=証人の一人デニス・ユウジ・ヒロタ)という男に誘われ、
行きつけだった成田のディスコに、もう一人の犯人クリスチアーノ・イトウとともに出かけたという。ディスコで二人は、
大柄の男をデニスから紹介された。「その男に、幾許かの金と引き換えに仕事をやらないかと提案された」。提案された報酬は、一人100万円ずつだった。
 被告二人はその夜、男から現金50万円と共に白い車と銃を受け取り、デニスの運転する車で被害者宅に向かい、近くのレストランで、
男から指示があるまで待機した。
 その後川上さんの家に行き、イトウが家の外から最初の一発を撃って侵入したが、その時に銃の挿弾子
(複数個の弾薬を装填する際に用いる器具)が外れた。後から家に侵入したフクダ被告が、落ちていた弾を見つけて引き金にセットし
、二発目を被害者に向けて撃った。
 イトウは川上さんの妻に暴力を振るい、その後二人は現場から逃げた。残りの50万円は、犯行二日後に現金で受け取った。フクダは事件翌日、
仕事を無断欠勤し、クビになったという。
 被告二人は日本で、勤務していたソニーの工場で知り合い、一年ほど一緒に住んでいた。
 暴力団との関係について問われると、「依頼人がヤクザだったかどうかは(そう言われてはいるが)、よくわからない。自分も、
知っている限りではクリスチアーノも、一度も暴力団に所属したことはない。(イトウの)刺青も、ヤクザのものではない」と断言した。
帰国するための航空券は、用意されたのではなく、自分で購入したという。
 日本には犯行までに一年半ほど滞在していたが、フクダ被告はほとんど日本語を話せなかった。犯行に及んだ動機は
「残念ながら金だった」と答えた。被害者のことは知らなかったという。
 フクダ被告には二人子供がおり、帰国後、カンピーナスで清掃員などとして働いていた。同被告の証言によると2004年、
薬物の取引に携わった疑いで逮捕され、有罪判決が出ている。
サンローランの雑誌広告、痩せすぎモデルで掲載禁止に
【AFPBB News】 2015/06/04 15:30
【6月4日AFP】英国の広告監視当局は3日、仏高級ファッションブランド「サンローラン(Saint Laurent)」の
雑誌広告について、痩せすぎのモデルを起用していることを理由に掲載禁止の判断を下した。
この広告では、短いスカートとタイツ、プラットフォームヒール(厚底のヒール)を履いたモデルが地面に
仰向けに横たわっているモノクロ写真が使われている。英国広告基準局(Advertising Standards Authority、
ASA)は、広告を「無責任」と断じた。問題の写真についてASAは、モデルのポーズと照明によって胸部の肋骨
が際立って見えるとし、また脚部も「太ももとひざが同じ太さで細く見える」とコメントしている。
ブランド側は、モデルが痩せすぎに見えるということに同意できないとしたが、今回の決定により、この広告を
現行のまま再掲することはできなくなった。同ブランドは、以前は「イヴ・サンローラン(Yves Saint Laurent)」として
知られていた。(c)AFP

138日曜8時の名無しさん2017/02/01(水) 03:45:17.20ID:YYrsbIW8
「全て事実。後悔している」=デカセギ二人組殺人事件=被告一人が供述、犯行認める=代理処罰申請6件目に進展
【既報関連】東京都葛飾区で2001年6月4日未明、日系人の男二人が暴力団員に雇われ、無職の川上芳考さん(よしたか、当時33)を、
自宅に押し入り拳銃で射殺し、妻に重傷を負わせたとされる事件の被告人尋問が5月25日午後2時半頃、
聖市のバーラ・フンダ刑事裁判所で行われた。被告二人はデカセギで訪日していた日系三世で、犯行の約2週間後に同じ便で帰伯していた。
日本政府は10年に代理処罰申請(国外犯処罰規定による訴追)をし、マルセーロ・フクダ(35)被告は翌年に当地で逮捕され、
聖市ベレンの刑務所に拘禁されている。今回は彼のみが出頭、約一時間にわたって供述を行い、インドの熱波、死者1500人近くに 病院に長蛇の列

「後悔している。冷酷で残虐な行為だった」とのべ、公訴事実を全面的に認めた。
 「やったことは全て間違っていた。後悔している。事件後は、全然人生がうまくいかなかった」―。被告人尋問は報道陣にも公開する形で行われ、
手錠で繋がれた状態で警官に同行され、同被告が出廷した。「罪を犯したことを後悔しているか」との検察官の問いに早口でこう答え、反省の意思を見せた。
 最初に裁判官が黙秘権について説明した後、公訴事実を述べた上で事実かどうかを尋ねると、「全て本当です」と答え、判事、
検察官の質問に、よどみのない口調で答え始めた。
 供述によれば、フクダ被告は事件当日未明、顔見知りだったデニス(=証人の一人デニス・ユウジ・ヒロタ)という男に誘われ、
行きつけだった成田のディスコに、もう一人の犯人クリスチアーノ・イトウとともに出かけたという。ディスコで二人は、
大柄の男をデニスから紹介された。「その男に、幾許かの金と引き換えに仕事をやらないかと提案された」。提案された報酬は、一人100万円ずつだった。
 被告二人はその夜、男から現金50万円と共に白い車と銃を受け取り、デニスの運転する車で被害者宅に向かい、近くのレストランで、
男から指示があるまで待機した。
 その後川上さんの家に行き、イトウが家の外から最初の一発を撃って侵入したが、その時に銃の挿弾子
(複数個の弾薬を装填する際に用いる器具)が外れた。後から家に侵入したフクダ被告が、落ちていた弾を見つけて引き金にセットし
、二発目を被害者に向けて撃った。
 イトウは川上さんの妻に暴力を振るい、その後二人は現場から逃げた。残りの50万円は、犯行二日後に現金で受け取った。フクダは事件翌日、
仕事を無断欠勤し、クビになったという。
 被告二人は日本で、勤務していたソニーの工場で知り合い、一年ほど一緒に住んでいた。
 暴力団との関係について問われると、「依頼人がヤクザだったかどうかは(そう言われてはいるが)、よくわからない。自分も、
知っている限りではクリスチアーノも、一度も暴力団に所属したことはない。(イトウの)刺青も、ヤクザのものではない」と断言した。
帰国するための航空券は、用意されたのではなく、自分で購入したという。
 日本には犯行までに一年半ほど滞在していたが、フクダ被告はほとんど日本語を話せなかった。犯行に及んだ動機は
「残念ながら金だった」と答えた。被害者のことは知らなかったという。
 フクダ被告には二人子供がおり、帰国後、カンピーナスで清掃員などとして働いていた。同被告の証言によると2004年、
薬物の取引に携わった疑いで逮捕され、有罪判決が出ている。
サンローランの雑誌広告、痩せすぎモデルで掲載禁止に
【AFPBB News】 2015/06/04 15:30
【6月4日AFP】英国の広告監視当局は3日、仏高級ファッションブランド「サンローラン(Saint Laurent)」の
雑誌広告について、痩せすぎのモデルを起用していることを理由に掲載禁止の判断を下した。
この広告では、短いスカートとタイツ、プラットフォームヒール(厚底のヒール)を履いたモデルが地面に
仰向けに横たわっているモノクロ写真が使われている。英国広告基準局(Advertising Standards Authority、
ASA)は、広告を「無責任」と断じた。問題の写真についてASAは、モデルのポーズと照明によって胸部の肋骨
が際立って見えるとし、また脚部も「太ももとひざが同じ太さで細く見える」とコメントしている。
ブランド側は、モデルが痩せすぎに見えるということに同意できないとしたが、今回の決定により、この広告を
現行のまま再掲することはできなくなった。同ブランドは、以前は「イヴ・サンローラン(Yves Saint Laurent)」として
知られていた。(c)AFP

139日曜8時の名無しさん2017/02/01(水) 03:45:42.67ID:YYrsbIW8
「全て事実。後悔している」=デカセギ二人組殺人事件=被告一人が供述、犯行認める=代理処罰申請6件目に進展
【既報関連】東京都葛飾区で2001年6月4日未明、日系人の男二人が暴力団員に雇われ、無職の川上芳考さん(よしたか、当時33)を、
自宅に押し入り拳銃で射殺し、妻に重傷を負わせたとされる事件の被告人尋問が5月25日午後2時半頃、
聖市のバーラ・フンダ刑事裁判所で行われた。被告二人はデカセギで訪日していた日系三世で、犯行の約2週間後に同じ便で帰伯していた。
日本政府は10年に代理処罰申請(国外犯処罰規定による訴追)をし、マルセーロ・フクダ(35)被告は翌年に当地で逮捕され、
聖市ベレンの刑務所に拘禁されている。今回は彼のみが出頭、約一時間にわたって供述を行い、インドの熱波、死者1500人近くに 病院に長蛇の列

「後悔している。冷酷で残虐な行為だった」とのべ、公訴事実を全面的に認めた。
 「やったことは全て間違っていた。後悔している。事件後は、全然人生がうまくいかなかった」―。被告人尋問は報道陣にも公開する形で行われ、
手錠で繋がれた状態で警官に同行され、同被告が出廷した。「罪を犯したことを後悔しているか」との検察官の問いに早口でこう答え、反省の意思を見せた。
 最初に裁判官が黙秘権について説明した後、公訴事実を述べた上で事実かどうかを尋ねると、「全て本当です」と答え、判事、
検察官の質問に、よどみのない口調で答え始めた。
 供述によれば、フクダ被告は事件当日未明、顔見知りだったデニス(=証人の一人デニス・ユウジ・ヒロタ)という男に誘われ、
行きつけだった成田のディスコに、もう一人の犯人クリスチアーノ・イトウとともに出かけたという。ディスコで二人は、
大柄の男をデニスから紹介された。「その男に、幾許かの金と引き換えに仕事をやらないかと提案された」。提案された報酬は、一人100万円ずつだった。
 被告二人はその夜、男から現金50万円と共に白い車と銃を受け取り、デニスの運転する車で被害者宅に向かい、近くのレストランで、
男から指示があるまで待機した。
 その後川上さんの家に行き、イトウが家の外から最初の一発を撃って侵入したが、その時に銃の挿弾子
(複数個の弾薬を装填する際に用いる器具)が外れた。後から家に侵入したフクダ被告が、落ちていた弾を見つけて引き金にセットし
、二発目を被害者に向けて撃った。
 イトウは川上さんの妻に暴力を振るい、その後二人は現場から逃げた。残りの50万円は、犯行二日後に現金で受け取った。フクダは事件翌日、
仕事を無断欠勤し、クビになったという。
 被告二人は日本で、勤務していたソニーの工場で知り合い、一年ほど一緒に住んでいた。
 暴力団との関係について問われると、「依頼人がヤクザだったかどうかは(そう言われてはいるが)、よくわからない。自分も、
知っている限りではクリスチアーノも、一度も暴力団に所属したことはない。(イトウの)刺青も、ヤクザのものではない」と断言した。
帰国するための航空券は、用意されたのではなく、自分で購入したという。
 日本には犯行までに一年半ほど滞在していたが、フクダ被告はほとんど日本語を話せなかった。犯行に及んだ動機は
「残念ながら金だった」と答えた。被害者のことは知らなかったという。
 フクダ被告には二人子供がおり、帰国後、カンピーナスで清掃員などとして働いていた。同被告の証言によると2004年、
薬物の取引に携わった疑いで逮捕され、有罪判決が出ている。
サンローランの雑誌広告、痩せすぎモデルで掲載禁止に
【AFPBB News】 2015/06/04 15:30
【6月4日AFP】英国の広告監視当局は3日、仏高級ファッションブランド「サンローラン(Saint Laurent)」の
雑誌広告について、痩せすぎのモデルを起用していることを理由に掲載禁止の判断を下した。
この広告では、短いスカートとタイツ、プラットフォームヒール(厚底のヒール)を履いたモデルが地面に
仰向けに横たわっているモノクロ写真が使われている。英国広告基準局(Advertising Standards Authority、
ASA)は、広告を「無責任」と断じた。問題の写真についてASAは、モデルのポーズと照明によって胸部の肋骨
が際立って見えるとし、また脚部も「太ももとひざが同じ太さで細く見える」とコメントしている。
ブランド側は、モデルが痩せすぎに見えるということに同意できないとしたが、今回の決定により、この広告を
現行のまま再掲することはできなくなった。同ブランドは、以前は「イヴ・サンローラン(Yves Saint Laurent)」として
知られていた。(c)AFP

140日曜8時の名無しさん2017/02/01(水) 03:45:58.42ID:YYrsbIW8
「全て事実。後悔している」=デカセギ二人組殺人事件=被告一人が供述、犯行認める=代理処罰申請6件目に進展
【既報関連】東京都葛飾区で2001年6月4日未明、日系人の男二人が暴力団員に雇われ、無職の川上芳考さん(よしたか、当時33)を、
自宅に押し入り拳銃で射殺し、妻に重傷を負わせたとされる事件の被告人尋問が5月25日午後2時半頃、
聖市のバーラ・フンダ刑事裁判所で行われた。被告二人はデカセギで訪日していた日系三世で、犯行の約2週間後に同じ便で帰伯していた。
日本政府は10年に代理処罰申請(国外犯処罰規定による訴追)をし、マルセーロ・フクダ(35)被告は翌年に当地で逮捕され、
聖市ベレンの刑務所に拘禁されている。今回は彼のみが出頭、約一時間にわたって供述を行い、インドの熱波、死者1500人近くに 病院に長蛇の列

「後悔している。冷酷で残虐な行為だった」とのべ、公訴事実を全面的に認めた。
 「やったことは全て間違っていた。後悔している。事件後は、全然人生がうまくいかなかった」―。被告人尋問は報道陣にも公開する形で行われ、
手錠で繋がれた状態で警官に同行され、同被告が出廷した。「罪を犯したことを後悔しているか」との検察官の問いに早口でこう答え、反省の意思を見せた。
 最初に裁判官が黙秘権について説明した後、公訴事実を述べた上で事実かどうかを尋ねると、「全て本当です」と答え、判事、
検察官の質問に、よどみのない口調で答え始めた。
 供述によれば、フクダ被告は事件当日未明、顔見知りだったデニス(=証人の一人デニス・ユウジ・ヒロタ)という男に誘われ、
行きつけだった成田のディスコに、もう一人の犯人クリスチアーノ・イトウとともに出かけたという。ディスコで二人は、
大柄の男をデニスから紹介された。「その男に、幾許かの金と引き換えに仕事をやらないかと提案された」。提案された報酬は、一人100万円ずつだった。
 被告二人はその夜、男から現金50万円と共に白い車と銃を受け取り、デニスの運転する車で被害者宅に向かい、近くのレストランで、
男から指示があるまで待機した。
 その後川上さんの家に行き、イトウが家の外から最初の一発を撃って侵入したが、その時に銃の挿弾子
(複数個の弾薬を装填する際に用いる器具)が外れた。後から家に侵入したフクダ被告が、落ちていた弾を見つけて引き金にセットし
、二発目を被害者に向けて撃った。
 イトウは川上さんの妻に暴力を振るい、その後二人は現場から逃げた。残りの50万円は、犯行二日後に現金で受け取った。フクダは事件翌日、
仕事を無断欠勤し、クビになったという。
 被告二人は日本で、勤務していたソニーの工場で知り合い、一年ほど一緒に住んでいた。
 暴力団との関係について問われると、「依頼人がヤクザだったかどうかは(そう言われてはいるが)、よくわからない。自分も、
知っている限りではクリスチアーノも、一度も暴力団に所属したことはない。(イトウの)刺青も、ヤクザのものではない」と断言した。
帰国するための航空券は、用意されたのではなく、自分で購入したという。
 日本には犯行までに一年半ほど滞在していたが、フクダ被告はほとんど日本語を話せなかった。犯行に及んだ動機は
「残念ながら金だった」と答えた。被害者のことは知らなかったという。
 フクダ被告には二人子供がおり、帰国後、カンピーナスで清掃員などとして働いていた。同被告の証言によると2004年、
薬物の取引に携わった疑いで逮捕され、有罪判決が出ている。
サンローランの雑誌広告、痩せすぎモデルで掲載禁止に
【AFPBB News】 2015/06/04 15:30
【6月4日AFP】英国の広告監視当局は3日、仏高級ファッションブランド「サンローラン(Saint Laurent)」の
雑誌広告について、痩せすぎのモデルを起用していることを理由に掲載禁止の判断を下した。
この広告では、短いスカートとタイツ、プラットフォームヒール(厚底のヒール)を履いたモデルが地面に
仰向けに横たわっているモノクロ写真が使われている。英国広告基準局(Advertising Standards Authority、
ASA)は、広告を「無責任」と断じた。問題の写真についてASAは、モデルのポーズと照明によって胸部の肋骨
が際立って見えるとし、また脚部も「太ももとひざが同じ太さで細く見える」とコメントしている。
ブランド側は、モデルが痩せすぎに見えるということに同意できないとしたが、今回の決定により、この広告を
現行のまま再掲することはできなくなった。同ブランドは、以前は「イヴ・サンローラン(Yves Saint Laurent)」として
知られていた。(c)AFP

141日曜8時の名無しさん2017/02/01(水) 03:46:13.21ID:YYrsbIW8
「全て事実。後悔している」=デカセギ二人組殺人事件=被告一人が供述、犯行認める=代理処罰申請6件目に進展
【既報関連】東京都葛飾区で2001年6月4日未明、日系人の男二人が暴力団員に雇われ、無職の川上芳考さん(よしたか、当時33)を、
自宅に押し入り拳銃で射殺し、妻に重傷を負わせたとされる事件の被告人尋問が5月25日午後2時半頃、
聖市のバーラ・フンダ刑事裁判所で行われた。被告二人はデカセギで訪日していた日系三世で、犯行の約2週間後に同じ便で帰伯していた。
日本政府は10年に代理処罰申請(国外犯処罰規定による訴追)をし、マルセーロ・フクダ(35)被告は翌年に当地で逮捕され、
聖市ベレンの刑務所に拘禁されている。今回は彼のみが出頭、約一時間にわたって供述を行い、インドの熱波、死者1500人近くに 病院に長蛇の列

「後悔している。冷酷で残虐な行為だった」とのべ、公訴事実を全面的に認めた。
 「やったことは全て間違っていた。後悔している。事件後は、全然人生がうまくいかなかった」―。被告人尋問は報道陣にも公開する形で行われ、
手錠で繋がれた状態で警官に同行され、同被告が出廷した。「罪を犯したことを後悔しているか」との検察官の問いに早口でこう答え、反省の意思を見せた。
 最初に裁判官が黙秘権について説明した後、公訴事実を述べた上で事実かどうかを尋ねると、「全て本当です」と答え、判事、
検察官の質問に、よどみのない口調で答え始めた。
 供述によれば、フクダ被告は事件当日未明、顔見知りだったデニス(=証人の一人デニス・ユウジ・ヒロタ)という男に誘われ、
行きつけだった成田のディスコに、もう一人の犯人クリスチアーノ・イトウとともに出かけたという。ディスコで二人は、
大柄の男をデニスから紹介された。「その男に、幾許かの金と引き換えに仕事をやらないかと提案された」。提案された報酬は、一人100万円ずつだった。
 被告二人はその夜、男から現金50万円と共に白い車と銃を受け取り、デニスの運転する車で被害者宅に向かい、近くのレストランで、
男から指示があるまで待機した。
 その後川上さんの家に行き、イトウが家の外から最初の一発を撃って侵入したが、その時に銃の挿弾子
(複数個の弾薬を装填する際に用いる器具)が外れた。後から家に侵入したフクダ被告が、落ちていた弾を見つけて引き金にセットし
、二発目を被害者に向けて撃った。
 イトウは川上さんの妻に暴力を振るい、その後二人は現場から逃げた。残りの50万円は、犯行二日後に現金で受け取った。フクダは事件翌日、
仕事を無断欠勤し、クビになったという。
 被告二人は日本で、勤務していたソニーの工場で知り合い、一年ほど一緒に住んでいた。
 暴力団との関係について問われると、「依頼人がヤクザだったかどうかは(そう言われてはいるが)、よくわからない。自分も、
知っている限りではクリスチアーノも、一度も暴力団に所属したことはない。(イトウの)刺青も、ヤクザのものではない」と断言した。
帰国するための航空券は、用意されたのではなく、自分で購入したという。
 日本には犯行までに一年半ほど滞在していたが、フクダ被告はほとんど日本語を話せなかった。犯行に及んだ動機は
「残念ながら金だった」と答えた。被害者のことは知らなかったという。
 フクダ被告には二人子供がおり、帰国後、カンピーナスで清掃員などとして働いていた。同被告の証言によると2004年、
薬物の取引に携わった疑いで逮捕され、有罪判決が出ている。
サンローランの雑誌広告、痩せすぎモデルで掲載禁止に
【AFPBB News】 2015/06/04 15:30
【6月4日AFP】英国の広告監視当局は3日、仏高級ファッションブランド「サンローラン(Saint Laurent)」の
雑誌広告について、痩せすぎのモデルを起用していることを理由に掲載禁止の判断を下した。
この広告では、短いスカートとタイツ、プラットフォームヒール(厚底のヒール)を履いたモデルが地面に
仰向けに横たわっているモノクロ写真が使われている。英国広告基準局(Advertising Standards Authority、
ASA)は、広告を「無責任」と断じた。問題の写真についてASAは、モデルのポーズと照明によって胸部の肋骨
が際立って見えるとし、また脚部も「太ももとひざが同じ太さで細く見える」とコメントしている。
ブランド側は、モデルが痩せすぎに見えるということに同意できないとしたが、今回の決定により、この広告を
現行のまま再掲することはできなくなった。同ブランドは、以前は「イヴ・サンローラン(Yves Saint Laurent)」として
知られていた。(c)AFP

142日曜8時の名無しさん2017/02/01(水) 03:46:33.46ID:YYrsbIW8
「全て事実。後悔している」=デカセギ二人組殺人事件=被告一人が供述、犯行認める=代理処罰申請6件目に進展
【既報関連】東京都葛飾区で2001年6月4日未明、日系人の男二人が暴力団員に雇われ、無職の川上芳考さん(よしたか、当時33)を、
自宅に押し入り拳銃で射殺し、妻に重傷を負わせたとされる事件の被告人尋問が5月25日午後2時半頃、
聖市のバーラ・フンダ刑事裁判所で行われた。被告二人はデカセギで訪日していた日系三世で、犯行の約2週間後に同じ便で帰伯していた。
日本政府は10年に代理処罰申請(国外犯処罰規定による訴追)をし、マルセーロ・フクダ(35)被告は翌年に当地で逮捕され、
聖市ベレンの刑務所に拘禁されている。今回は彼のみが出頭、約一時間にわたって供述を行い、インドの熱波、死者1500人近くに 病院に長蛇の列

「後悔している。冷酷で残虐な行為だった」とのべ、公訴事実を全面的に認めた。
 「やったことは全て間違っていた。後悔している。事件後は、全然人生がうまくいかなかった」―。被告人尋問は報道陣にも公開する形で行われ、
手錠で繋がれた状態で警官に同行され、同被告が出廷した。「罪を犯したことを後悔しているか」との検察官の問いに早口でこう答え、反省の意思を見せた。
 最初に裁判官が黙秘権について説明した後、公訴事実を述べた上で事実かどうかを尋ねると、「全て本当です」と答え、判事、
検察官の質問に、よどみのない口調で答え始めた。
 供述によれば、フクダ被告は事件当日未明、顔見知りだったデニス(=証人の一人デニス・ユウジ・ヒロタ)という男に誘われ、
行きつけだった成田のディスコに、もう一人の犯人クリスチアーノ・イトウとともに出かけたという。ディスコで二人は、
大柄の男をデニスから紹介された。「その男に、幾許かの金と引き換えに仕事をやらないかと提案された」。提案された報酬は、一人100万円ずつだった。
 被告二人はその夜、男から現金50万円と共に白い車と銃を受け取り、デニスの運転する車で被害者宅に向かい、近くのレストランで、
男から指示があるまで待機した。
 その後川上さんの家に行き、イトウが家の外から最初の一発を撃って侵入したが、その時に銃の挿弾子
(複数個の弾薬を装填する際に用いる器具)が外れた。後から家に侵入したフクダ被告が、落ちていた弾を見つけて引き金にセットし
、二発目を被害者に向けて撃った。
 イトウは川上さんの妻に暴力を振るい、その後二人は現場から逃げた。残りの50万円は、犯行二日後に現金で受け取った。フクダは事件翌日、
仕事を無断欠勤し、クビになったという。
 被告二人は日本で、勤務していたソニーの工場で知り合い、一年ほど一緒に住んでいた。
 暴力団との関係について問われると、「依頼人がヤクザだったかどうかは(そう言われてはいるが)、よくわからない。自分も、
知っている限りではクリスチアーノも、一度も暴力団に所属したことはない。(イトウの)刺青も、ヤクザのものではない」と断言した。
帰国するための航空券は、用意されたのではなく、自分で購入したという。
 日本には犯行までに一年半ほど滞在していたが、フクダ被告はほとんど日本語を話せなかった。犯行に及んだ動機は
「残念ながら金だった」と答えた。被害者のことは知らなかったという。
 フクダ被告には二人子供がおり、帰国後、カンピーナスで清掃員などとして働いていた。同被告の証言によると2004年、
薬物の取引に携わった疑いで逮捕され、有罪判決が出ている。
サンローランの雑誌広告、痩せすぎモデルで掲載禁止に
【AFPBB News】 2015/06/04 15:30
【6月4日AFP】英国の広告監視当局は3日、仏高級ファッションブランド「サンローラン(Saint Laurent)」の
雑誌広告について、痩せすぎのモデルを起用していることを理由に掲載禁止の判断を下した。
この広告では、短いスカートとタイツ、プラットフォームヒール(厚底のヒール)を履いたモデルが地面に
仰向けに横たわっているモノクロ写真が使われている。英国広告基準局(Advertising Standards Authority、
ASA)は、広告を「無責任」と断じた。問題の写真についてASAは、モデルのポーズと照明によって胸部の肋骨
が際立って見えるとし、また脚部も「太ももとひざが同じ太さで細く見える」とコメントしている。
ブランド側は、モデルが痩せすぎに見えるということに同意できないとしたが、今回の決定により、この広告を
現行のまま再掲することはできなくなった。同ブランドは、以前は「イヴ・サンローラン(Yves Saint Laurent)」として
知られていた。(c)AFP

143日曜8時の名無しさん2017/02/01(水) 03:46:52.48ID:YYrsbIW8
「全て事実。後悔している」=デカセギ二人組殺人事件=被告一人が供述、犯行認める=代理処罰申請6件目に進展
【既報関連】東京都葛飾区で2001年6月4日未明、日系人の男二人が暴力団員に雇われ、無職の川上芳考さん(よしたか、当時33)を、
自宅に押し入り拳銃で射殺し、妻に重傷を負わせたとされる事件の被告人尋問が5月25日午後2時半頃、
聖市のバーラ・フンダ刑事裁判所で行われた。被告二人はデカセギで訪日していた日系三世で、犯行の約2週間後に同じ便で帰伯していた。
日本政府は10年に代理処罰申請(国外犯処罰規定による訴追)をし、マルセーロ・フクダ(35)被告は翌年に当地で逮捕され、
聖市ベレンの刑務所に拘禁されている。今回は彼のみが出頭、約一時間にわたって供述を行い、インドの熱波、死者1500人近くに 病院に長蛇の列

「後悔している。冷酷で残虐な行為だった」とのべ、公訴事実を全面的に認めた。
 「やったことは全て間違っていた。後悔している。事件後は、全然人生がうまくいかなかった」―。被告人尋問は報道陣にも公開する形で行われ、
手錠で繋がれた状態で警官に同行され、同被告が出廷した。「罪を犯したことを後悔しているか」との検察官の問いに早口でこう答え、反省の意思を見せた。
 最初に裁判官が黙秘権について説明した後、公訴事実を述べた上で事実かどうかを尋ねると、「全て本当です」と答え、判事、
検察官の質問に、よどみのない口調で答え始めた。
 供述によれば、フクダ被告は事件当日未明、顔見知りだったデニス(=証人の一人デニス・ユウジ・ヒロタ)という男に誘われ、
行きつけだった成田のディスコに、もう一人の犯人クリスチアーノ・イトウとともに出かけたという。ディスコで二人は、
大柄の男をデニスから紹介された。「その男に、幾許かの金と引き換えに仕事をやらないかと提案された」。提案された報酬は、一人100万円ずつだった。
 被告二人はその夜、男から現金50万円と共に白い車と銃を受け取り、デニスの運転する車で被害者宅に向かい、近くのレストランで、
男から指示があるまで待機した。
 その後川上さんの家に行き、イトウが家の外から最初の一発を撃って侵入したが、その時に銃の挿弾子
(複数個の弾薬を装填する際に用いる器具)が外れた。後から家に侵入したフクダ被告が、落ちていた弾を見つけて引き金にセットし
、二発目を被害者に向けて撃った。
 イトウは川上さんの妻に暴力を振るい、その後二人は現場から逃げた。残りの50万円は、犯行二日後に現金で受け取った。フクダは事件翌日、
仕事を無断欠勤し、クビになったという。
 被告二人は日本で、勤務していたソニーの工場で知り合い、一年ほど一緒に住んでいた。
 暴力団との関係について問われると、「依頼人がヤクザだったかどうかは(そう言われてはいるが)、よくわからない。自分も、
知っている限りではクリスチアーノも、一度も暴力団に所属したことはない。(イトウの)刺青も、ヤクザのものではない」と断言した。
帰国するための航空券は、用意されたのではなく、自分で購入したという。
 日本には犯行までに一年半ほど滞在していたが、フクダ被告はほとんど日本語を話せなかった。犯行に及んだ動機は
「残念ながら金だった」と答えた。被害者のことは知らなかったという。
 フクダ被告には二人子供がおり、帰国後、カンピーナスで清掃員などとして働いていた。同被告の証言によると2004年、
薬物の取引に携わった疑いで逮捕され、有罪判決が出ている。
サンローランの雑誌広告、痩せすぎモデルで掲載禁止に
【AFPBB News】 2015/06/04 15:30
【6月4日AFP】英国の広告監視当局は3日、仏高級ファッションブランド「サンローラン(Saint Laurent)」の
雑誌広告について、痩せすぎのモデルを起用していることを理由に掲載禁止の判断を下した。
この広告では、短いスカートとタイツ、プラットフォームヒール(厚底のヒール)を履いたモデルが地面に
仰向けに横たわっているモノクロ写真が使われている。英国広告基準局(Advertising Standards Authority、
ASA)は、広告を「無責任」と断じた。問題の写真についてASAは、モデルのポーズと照明によって胸部の肋骨
が際立って見えるとし、また脚部も「太ももとひざが同じ太さで細く見える」とコメントしている。
ブランド側は、モデルが痩せすぎに見えるということに同意できないとしたが、今回の決定により、この広告を
現行のまま再掲することはできなくなった。同ブランドは、以前は「イヴ・サンローラン(Yves Saint Laurent)」として
知られていた。(c)AFP

144日曜8時の名無しさん2017/02/01(水) 03:47:11.96ID:YYrsbIW8
「全て事実。後悔している」=デカセギ二人組殺人事件=被告一人が供述、犯行認める=代理処罰申請6件目に進展
【既報関連】東京都葛飾区で2001年6月4日未明、日系人の男二人が暴力団員に雇われ、無職の川上芳考さん(よしたか、当時33)を、
自宅に押し入り拳銃で射殺し、妻に重傷を負わせたとされる事件の被告人尋問が5月25日午後2時半頃、
聖市のバーラ・フンダ刑事裁判所で行われた。被告二人はデカセギで訪日していた日系三世で、犯行の約2週間後に同じ便で帰伯していた。
日本政府は10年に代理処罰申請(国外犯処罰規定による訴追)をし、マルセーロ・フクダ(35)被告は翌年に当地で逮捕され、
聖市ベレンの刑務所に拘禁されている。今回は彼のみが出頭、約一時間にわたって供述を行い、インドの熱波、死者1500人近くに 病院に長蛇の列

「後悔している。冷酷で残虐な行為だった」とのべ、公訴事実を全面的に認めた。
 「やったことは全て間違っていた。後悔している。事件後は、全然人生がうまくいかなかった」―。被告人尋問は報道陣にも公開する形で行われ、
手錠で繋がれた状態で警官に同行され、同被告が出廷した。「罪を犯したことを後悔しているか」との検察官の問いに早口でこう答え、反省の意思を見せた。
 最初に裁判官が黙秘権について説明した後、公訴事実を述べた上で事実かどうかを尋ねると、「全て本当です」と答え、判事、
検察官の質問に、よどみのない口調で答え始めた。
 供述によれば、フクダ被告は事件当日未明、顔見知りだったデニス(=証人の一人デニス・ユウジ・ヒロタ)という男に誘われ、
行きつけだった成田のディスコに、もう一人の犯人クリスチアーノ・イトウとともに出かけたという。ディスコで二人は、
大柄の男をデニスから紹介された。「その男に、幾許かの金と引き換えに仕事をやらないかと提案された」。提案された報酬は、一人100万円ずつだった。
 被告二人はその夜、男から現金50万円と共に白い車と銃を受け取り、デニスの運転する車で被害者宅に向かい、近くのレストランで、
男から指示があるまで待機した。
 その後川上さんの家に行き、イトウが家の外から最初の一発を撃って侵入したが、その時に銃の挿弾子
(複数個の弾薬を装填する際に用いる器具)が外れた。後から家に侵入したフクダ被告が、落ちていた弾を見つけて引き金にセットし
、二発目を被害者に向けて撃った。
 イトウは川上さんの妻に暴力を振るい、その後二人は現場から逃げた。残りの50万円は、犯行二日後に現金で受け取った。フクダは事件翌日、
仕事を無断欠勤し、クビになったという。
 被告二人は日本で、勤務していたソニーの工場で知り合い、一年ほど一緒に住んでいた。
 暴力団との関係について問われると、「依頼人がヤクザだったかどうかは(そう言われてはいるが)、よくわからない。自分も、
知っている限りではクリスチアーノも、一度も暴力団に所属したことはない。(イトウの)刺青も、ヤクザのものではない」と断言した。
帰国するための航空券は、用意されたのではなく、自分で購入したという。
 日本には犯行までに一年半ほど滞在していたが、フクダ被告はほとんど日本語を話せなかった。犯行に及んだ動機は
「残念ながら金だった」と答えた。被害者のことは知らなかったという。
 フクダ被告には二人子供がおり、帰国後、カンピーナスで清掃員などとして働いていた。同被告の証言によると2004年、
薬物の取引に携わった疑いで逮捕され、有罪判決が出ている。
サンローランの雑誌広告、痩せすぎモデルで掲載禁止に
【AFPBB News】 2015/06/04 15:30
【6月4日AFP】英国の広告監視当局は3日、仏高級ファッションブランド「サンローラン(Saint Laurent)」の
雑誌広告について、痩せすぎのモデルを起用していることを理由に掲載禁止の判断を下した。
この広告では、短いスカートとタイツ、プラットフォームヒール(厚底のヒール)を履いたモデルが地面に
仰向けに横たわっているモノクロ写真が使われている。英国広告基準局(Advertising Standards Authority、
ASA)は、広告を「無責任」と断じた。問題の写真についてASAは、モデルのポーズと照明によって胸部の肋骨
が際立って見えるとし、また脚部も「太ももとひざが同じ太さで細く見える」とコメントしている。
ブランド側は、モデルが痩せすぎに見えるということに同意できないとしたが、今回の決定により、この広告を
現行のまま再掲することはできなくなった。同ブランドは、以前は「イヴ・サンローラン(Yves Saint Laurent)」として
知られていた。(c)AFP

145日曜8時の名無しさん2017/02/01(水) 03:47:30.13ID:YYrsbIW8
「全て事実。後悔している」=デカセギ二人組殺人事件=被告一人が供述、犯行認める=代理処罰申請6件目に進展
【既報関連】東京都葛飾区で2001年6月4日未明、日系人の男二人が暴力団員に雇われ、無職の川上芳考さん(よしたか、当時33)を、
自宅に押し入り拳銃で射殺し、妻に重傷を負わせたとされる事件の被告人尋問が5月25日午後2時半頃、
聖市のバーラ・フンダ刑事裁判所で行われた。被告二人はデカセギで訪日していた日系三世で、犯行の約2週間後に同じ便で帰伯していた。
日本政府は10年に代理処罰申請(国外犯処罰規定による訴追)をし、マルセーロ・フクダ(35)被告は翌年に当地で逮捕され、
聖市ベレンの刑務所に拘禁されている。今回は彼のみが出頭、約一時間にわたって供述を行い、インドの熱波、死者1500人近くに 病院に長蛇の列

「後悔している。冷酷で残虐な行為だった」とのべ、公訴事実を全面的に認めた。
 「やったことは全て間違っていた。後悔している。事件後は、全然人生がうまくいかなかった」―。被告人尋問は報道陣にも公開する形で行われ、
手錠で繋がれた状態で警官に同行され、同被告が出廷した。「罪を犯したことを後悔しているか」との検察官の問いに早口でこう答え、反省の意思を見せた。
 最初に裁判官が黙秘権について説明した後、公訴事実を述べた上で事実かどうかを尋ねると、「全て本当です」と答え、判事、
検察官の質問に、よどみのない口調で答え始めた。
 供述によれば、フクダ被告は事件当日未明、顔見知りだったデニス(=証人の一人デニス・ユウジ・ヒロタ)という男に誘われ、
行きつけだった成田のディスコに、もう一人の犯人クリスチアーノ・イトウとともに出かけたという。ディスコで二人は、
大柄の男をデニスから紹介された。「その男に、幾許かの金と引き換えに仕事をやらないかと提案された」。提案された報酬は、一人100万円ずつだった。
 被告二人はその夜、男から現金50万円と共に白い車と銃を受け取り、デニスの運転する車で被害者宅に向かい、近くのレストランで、
男から指示があるまで待機した。
 その後川上さんの家に行き、イトウが家の外から最初の一発を撃って侵入したが、その時に銃の挿弾子
(複数個の弾薬を装填する際に用いる器具)が外れた。後から家に侵入したフクダ被告が、落ちていた弾を見つけて引き金にセットし
、二発目を被害者に向けて撃った。
 イトウは川上さんの妻に暴力を振るい、その後二人は現場から逃げた。残りの50万円は、犯行二日後に現金で受け取った。フクダは事件翌日、
仕事を無断欠勤し、クビになったという。
 被告二人は日本で、勤務していたソニーの工場で知り合い、一年ほど一緒に住んでいた。
 暴力団との関係について問われると、「依頼人がヤクザだったかどうかは(そう言われてはいるが)、よくわからない。自分も、
知っている限りではクリスチアーノも、一度も暴力団に所属したことはない。(イトウの)刺青も、ヤクザのものではない」と断言した。
帰国するための航空券は、用意されたのではなく、自分で購入したという。
 日本には犯行までに一年半ほど滞在していたが、フクダ被告はほとんど日本語を話せなかった。犯行に及んだ動機は
「残念ながら金だった」と答えた。被害者のことは知らなかったという。
 フクダ被告には二人子供がおり、帰国後、カンピーナスで清掃員などとして働いていた。同被告の証言によると2004年、
薬物の取引に携わった疑いで逮捕され、有罪判決が出ている。
サンローランの雑誌広告、痩せすぎモデルで掲載禁止に
【AFPBB News】 2015/06/04 15:30
【6月4日AFP】英国の広告監視当局は3日、仏高級ファッションブランド「サンローラン(Saint Laurent)」の
雑誌広告について、痩せすぎのモデルを起用していることを理由に掲載禁止の判断を下した。
この広告では、短いスカートとタイツ、プラットフォームヒール(厚底のヒール)を履いたモデルが地面に
仰向けに横たわっているモノクロ写真が使われている。英国広告基準局(Advertising Standards Authority、
ASA)は、広告を「無責任」と断じた。問題の写真についてASAは、モデルのポーズと照明によって胸部の肋骨
が際立って見えるとし、また脚部も「太ももとひざが同じ太さで細く見える」とコメントしている。
ブランド側は、モデルが痩せすぎに見えるということに同意できないとしたが、今回の決定により、この広告を
現行のまま再掲することはできなくなった。同ブランドは、以前は「イヴ・サンローラン(Yves Saint Laurent)」として
知られていた。(c)AFP

146日曜8時の名無しさん2017/02/01(水) 03:47:49.02ID:YYrsbIW8
「全て事実。後悔している」=デカセギ二人組殺人事件=被告一人が供述、犯行認める=代理処罰申請6件目に進展
【既報関連】東京都葛飾区で2001年6月4日未明、日系人の男二人が暴力団員に雇われ、無職の川上芳考さん(よしたか、当時33)を、
自宅に押し入り拳銃で射殺し、妻に重傷を負わせたとされる事件の被告人尋問が5月25日午後2時半頃、
聖市のバーラ・フンダ刑事裁判所で行われた。被告二人はデカセギで訪日していた日系三世で、犯行の約2週間後に同じ便で帰伯していた。
日本政府は10年に代理処罰申請(国外犯処罰規定による訴追)をし、マルセーロ・フクダ(35)被告は翌年に当地で逮捕され、
聖市ベレンの刑務所に拘禁されている。今回は彼のみが出頭、約一時間にわたって供述を行い、インドの熱波、死者1500人近くに 病院に長蛇の列

「後悔している。冷酷で残虐な行為だった」とのべ、公訴事実を全面的に認めた。
 「やったことは全て間違っていた。後悔している。事件後は、全然人生がうまくいかなかった」―。被告人尋問は報道陣にも公開する形で行われ、
手錠で繋がれた状態で警官に同行され、同被告が出廷した。「罪を犯したことを後悔しているか」との検察官の問いに早口でこう答え、反省の意思を見せた。
 最初に裁判官が黙秘権について説明した後、公訴事実を述べた上で事実かどうかを尋ねると、「全て本当です」と答え、判事、
検察官の質問に、よどみのない口調で答え始めた。
 供述によれば、フクダ被告は事件当日未明、顔見知りだったデニス(=証人の一人デニス・ユウジ・ヒロタ)という男に誘われ、
行きつけだった成田のディスコに、もう一人の犯人クリスチアーノ・イトウとともに出かけたという。ディスコで二人は、
大柄の男をデニスから紹介された。「その男に、幾許かの金と引き換えに仕事をやらないかと提案された」。提案された報酬は、一人100万円ずつだった。
 被告二人はその夜、男から現金50万円と共に白い車と銃を受け取り、デニスの運転する車で被害者宅に向かい、近くのレストランで、
男から指示があるまで待機した。
 その後川上さんの家に行き、イトウが家の外から最初の一発を撃って侵入したが、その時に銃の挿弾子
(複数個の弾薬を装填する際に用いる器具)が外れた。後から家に侵入したフクダ被告が、落ちていた弾を見つけて引き金にセットし
、二発目を被害者に向けて撃った。
 イトウは川上さんの妻に暴力を振るい、その後二人は現場から逃げた。残りの50万円は、犯行二日後に現金で受け取った。フクダは事件翌日、
仕事を無断欠勤し、クビになったという。
 被告二人は日本で、勤務していたソニーの工場で知り合い、一年ほど一緒に住んでいた。
 暴力団との関係について問われると、「依頼人がヤクザだったかどうかは(そう言われてはいるが)、よくわからない。自分も、
知っている限りではクリスチアーノも、一度も暴力団に所属したことはない。(イトウの)刺青も、ヤクザのものではない」と断言した。
帰国するための航空券は、用意されたのではなく、自分で購入したという。
 日本には犯行までに一年半ほど滞在していたが、フクダ被告はほとんど日本語を話せなかった。犯行に及んだ動機は
「残念ながら金だった」と答えた。被害者のことは知らなかったという。
 フクダ被告には二人子供がおり、帰国後、カンピーナスで清掃員などとして働いていた。同被告の証言によると2004年、
薬物の取引に携わった疑いで逮捕され、有罪判決が出ている。
サンローランの雑誌広告、痩せすぎモデルで掲載禁止に
【AFPBB News】 2015/06/04 15:30
【6月4日AFP】英国の広告監視当局は3日、仏高級ファッションブランド「サンローラン(Saint Laurent)」の
雑誌広告について、痩せすぎのモデルを起用していることを理由に掲載禁止の判断を下した。
この広告では、短いスカートとタイツ、プラットフォームヒール(厚底のヒール)を履いたモデルが地面に
仰向けに横たわっているモノクロ写真が使われている。英国広告基準局(Advertising Standards Authority、
ASA)は、広告を「無責任」と断じた。問題の写真についてASAは、モデルのポーズと照明によって胸部の肋骨
が際立って見えるとし、また脚部も「太ももとひざが同じ太さで細く見える」とコメントしている。
ブランド側は、モデルが痩せすぎに見えるということに同意できないとしたが、今回の決定により、この広告を
現行のまま再掲することはできなくなった。同ブランドは、以前は「イヴ・サンローラン(Yves Saint Laurent)」として
知られていた。(c)AFP

147日曜8時の名無しさん2017/02/01(水) 03:48:04.05ID:YYrsbIW8
「全て事実。後悔している」=デカセギ二人組殺人事件=被告一人が供述、犯行認める=代理処罰申請6件目に進展
【既報関連】東京都葛飾区で2001年6月4日未明、日系人の男二人が暴力団員に雇われ、無職の川上芳考さん(よしたか、当時33)を、
自宅に押し入り拳銃で射殺し、妻に重傷を負わせたとされる事件の被告人尋問が5月25日午後2時半頃、
聖市のバーラ・フンダ刑事裁判所で行われた。被告二人はデカセギで訪日していた日系三世で、犯行の約2週間後に同じ便で帰伯していた。
日本政府は10年に代理処罰申請(国外犯処罰規定による訴追)をし、マルセーロ・フクダ(35)被告は翌年に当地で逮捕され、
聖市ベレンの刑務所に拘禁されている。今回は彼のみが出頭、約一時間にわたって供述を行い、インドの熱波、死者1500人近くに 病院に長蛇の列

「後悔している。冷酷で残虐な行為だった」とのべ、公訴事実を全面的に認めた。
 「やったことは全て間違っていた。後悔している。事件後は、全然人生がうまくいかなかった」―。被告人尋問は報道陣にも公開する形で行われ、
手錠で繋がれた状態で警官に同行され、同被告が出廷した。「罪を犯したことを後悔しているか」との検察官の問いに早口でこう答え、反省の意思を見せた。
 最初に裁判官が黙秘権について説明した後、公訴事実を述べた上で事実かどうかを尋ねると、「全て本当です」と答え、判事、
検察官の質問に、よどみのない口調で答え始めた。
 供述によれば、フクダ被告は事件当日未明、顔見知りだったデニス(=証人の一人デニス・ユウジ・ヒロタ)という男に誘われ、
行きつけだった成田のディスコに、もう一人の犯人クリスチアーノ・イトウとともに出かけたという。ディスコで二人は、
大柄の男をデニスから紹介された。「その男に、幾許かの金と引き換えに仕事をやらないかと提案された」。提案された報酬は、一人100万円ずつだった。
 被告二人はその夜、男から現金50万円と共に白い車と銃を受け取り、デニスの運転する車で被害者宅に向かい、近くのレストランで、
男から指示があるまで待機した。
 その後川上さんの家に行き、イトウが家の外から最初の一発を撃って侵入したが、その時に銃の挿弾子
(複数個の弾薬を装填する際に用いる器具)が外れた。後から家に侵入したフクダ被告が、落ちていた弾を見つけて引き金にセットし
、二発目を被害者に向けて撃った。
 イトウは川上さんの妻に暴力を振るい、その後二人は現場から逃げた。残りの50万円は、犯行二日後に現金で受け取った。フクダは事件翌日、
仕事を無断欠勤し、クビになったという。
 被告二人は日本で、勤務していたソニーの工場で知り合い、一年ほど一緒に住んでいた。
 暴力団との関係について問われると、「依頼人がヤクザだったかどうかは(そう言われてはいるが)、よくわからない。自分も、
知っている限りではクリスチアーノも、一度も暴力団に所属したことはない。(イトウの)刺青も、ヤクザのものではない」と断言した。
帰国するための航空券は、用意されたのではなく、自分で購入したという。
 日本には犯行までに一年半ほど滞在していたが、フクダ被告はほとんど日本語を話せなかった。犯行に及んだ動機は
「残念ながら金だった」と答えた。被害者のことは知らなかったという。
 フクダ被告には二人子供がおり、帰国後、カンピーナスで清掃員などとして働いていた。同被告の証言によると2004年、
薬物の取引に携わった疑いで逮捕され、有罪判決が出ている。
サンローランの雑誌広告、痩せすぎモデルで掲載禁止に
【AFPBB News】 2015/06/04 15:30
【6月4日AFP】英国の広告監視当局は3日、仏高級ファッションブランド「サンローラン(Saint Laurent)」の
雑誌広告について、痩せすぎのモデルを起用していることを理由に掲載禁止の判断を下した。
この広告では、短いスカートとタイツ、プラットフォームヒール(厚底のヒール)を履いたモデルが地面に
仰向けに横たわっているモノクロ写真が使われている。英国広告基準局(Advertising Standards Authority、
ASA)は、広告を「無責任」と断じた。問題の写真についてASAは、モデルのポーズと照明によって胸部の肋骨
が際立って見えるとし、また脚部も「太ももとひざが同じ太さで細く見える」とコメントしている。
ブランド側は、モデルが痩せすぎに見えるということに同意できないとしたが、今回の決定により、この広告を
現行のまま再掲することはできなくなった。同ブランドは、以前は「イヴ・サンローラン(Yves Saint Laurent)」として
知られていた。(c)AFP

148日曜8時の名無しさん2017/02/01(水) 03:48:21.68ID:YYrsbIW8
「全て事実。後悔している」=デカセギ二人組殺人事件=被告一人が供述、犯行認める=代理処罰申請6件目に進展
【既報関連】東京都葛飾区で2001年6月4日未明、日系人の男二人が暴力団員に雇われ、無職の川上芳考さん(よしたか、当時33)を、
自宅に押し入り拳銃で射殺し、妻に重傷を負わせたとされる事件の被告人尋問が5月25日午後2時半頃、
聖市のバーラ・フンダ刑事裁判所で行われた。被告二人はデカセギで訪日していた日系三世で、犯行の約2週間後に同じ便で帰伯していた。
日本政府は10年に代理処罰申請(国外犯処罰規定による訴追)をし、マルセーロ・フクダ(35)被告は翌年に当地で逮捕され、
聖市ベレンの刑務所に拘禁されている。今回は彼のみが出頭、約一時間にわたって供述を行い、インドの熱波、死者1500人近くに 病院に長蛇の列

「後悔している。冷酷で残虐な行為だった」とのべ、公訴事実を全面的に認めた。
 「やったことは全て間違っていた。後悔している。事件後は、全然人生がうまくいかなかった」―。被告人尋問は報道陣にも公開する形で行われ、
手錠で繋がれた状態で警官に同行され、同被告が出廷した。「罪を犯したことを後悔しているか」との検察官の問いに早口でこう答え、反省の意思を見せた。
 最初に裁判官が黙秘権について説明した後、公訴事実を述べた上で事実かどうかを尋ねると、「全て本当です」と答え、判事、
検察官の質問に、よどみのない口調で答え始めた。
 供述によれば、フクダ被告は事件当日未明、顔見知りだったデニス(=証人の一人デニス・ユウジ・ヒロタ)という男に誘われ、
行きつけだった成田のディスコに、もう一人の犯人クリスチアーノ・イトウとともに出かけたという。ディスコで二人は、
大柄の男をデニスから紹介された。「その男に、幾許かの金と引き換えに仕事をやらないかと提案された」。提案された報酬は、一人100万円ずつだった。
 被告二人はその夜、男から現金50万円と共に白い車と銃を受け取り、デニスの運転する車で被害者宅に向かい、近くのレストランで、
男から指示があるまで待機した。
 その後川上さんの家に行き、イトウが家の外から最初の一発を撃って侵入したが、その時に銃の挿弾子
(複数個の弾薬を装填する際に用いる器具)が外れた。後から家に侵入したフクダ被告が、落ちていた弾を見つけて引き金にセットし
、二発目を被害者に向けて撃った。
 イトウは川上さんの妻に暴力を振るい、その後二人は現場から逃げた。残りの50万円は、犯行二日後に現金で受け取った。フクダは事件翌日、
仕事を無断欠勤し、クビになったという。
 被告二人は日本で、勤務していたソニーの工場で知り合い、一年ほど一緒に住んでいた。
 暴力団との関係について問われると、「依頼人がヤクザだったかどうかは(そう言われてはいるが)、よくわからない。自分も、
知っている限りではクリスチアーノも、一度も暴力団に所属したことはない。(イトウの)刺青も、ヤクザのものではない」と断言した。
帰国するための航空券は、用意されたのではなく、自分で購入したという。
 日本には犯行までに一年半ほど滞在していたが、フクダ被告はほとんど日本語を話せなかった。犯行に及んだ動機は
「残念ながら金だった」と答えた。被害者のことは知らなかったという。
 フクダ被告には二人子供がおり、帰国後、カンピーナスで清掃員などとして働いていた。同被告の証言によると2004年、
薬物の取引に携わった疑いで逮捕され、有罪判決が出ている。
サンローランの雑誌広告、痩せすぎモデルで掲載禁止に
【AFPBB News】 2015/06/04 15:30
【6月4日AFP】英国の広告監視当局は3日、仏高級ファッションブランド「サンローラン(Saint Laurent)」の
雑誌広告について、痩せすぎのモデルを起用していることを理由に掲載禁止の判断を下した。
この広告では、短いスカートとタイツ、プラットフォームヒール(厚底のヒール)を履いたモデルが地面に
仰向けに横たわっているモノクロ写真が使われている。英国広告基準局(Advertising Standards Authority、
ASA)は、広告を「無責任」と断じた。問題の写真についてASAは、モデルのポーズと照明によって胸部の肋骨
が際立って見えるとし、また脚部も「太ももとひざが同じ太さで細く見える」とコメントしている。
ブランド側は、モデルが痩せすぎに見えるということに同意できないとしたが、今回の決定により、この広告を
現行のまま再掲することはできなくなった。同ブランドは、以前は「イヴ・サンローラン(Yves Saint Laurent)」として
知られていた。(c)AFP

149日曜8時の名無しさん2017/02/01(水) 03:48:38.26ID:YYrsbIW8
「全て事実。後悔している」=デカセギ二人組殺人事件=被告一人が供述、犯行認める=代理処罰申請6件目に進展
【既報関連】東京都葛飾区で2001年6月4日未明、日系人の男二人が暴力団員に雇われ、無職の川上芳考さん(よしたか、当時33)を、
自宅に押し入り拳銃で射殺し、妻に重傷を負わせたとされる事件の被告人尋問が5月25日午後2時半頃、
聖市のバーラ・フンダ刑事裁判所で行われた。被告二人はデカセギで訪日していた日系三世で、犯行の約2週間後に同じ便で帰伯していた。
日本政府は10年に代理処罰申請(国外犯処罰規定による訴追)をし、マルセーロ・フクダ(35)被告は翌年に当地で逮捕され、
聖市ベレンの刑務所に拘禁されている。今回は彼のみが出頭、約一時間にわたって供述を行い、インドの熱波、死者1500人近くに 病院に長蛇の列

「後悔している。冷酷で残虐な行為だった」とのべ、公訴事実を全面的に認めた。
 「やったことは全て間違っていた。後悔している。事件後は、全然人生がうまくいかなかった」―。被告人尋問は報道陣にも公開する形で行われ、
手錠で繋がれた状態で警官に同行され、同被告が出廷した。「罪を犯したことを後悔しているか」との検察官の問いに早口でこう答え、反省の意思を見せた。
 最初に裁判官が黙秘権について説明した後、公訴事実を述べた上で事実かどうかを尋ねると、「全て本当です」と答え、判事、
検察官の質問に、よどみのない口調で答え始めた。
 供述によれば、フクダ被告は事件当日未明、顔見知りだったデニス(=証人の一人デニス・ユウジ・ヒロタ)という男に誘われ、
行きつけだった成田のディスコに、もう一人の犯人クリスチアーノ・イトウとともに出かけたという。ディスコで二人は、
大柄の男をデニスから紹介された。「その男に、幾許かの金と引き換えに仕事をやらないかと提案された」。提案された報酬は、一人100万円ずつだった。
 被告二人はその夜、男から現金50万円と共に白い車と銃を受け取り、デニスの運転する車で被害者宅に向かい、近くのレストランで、
男から指示があるまで待機した。
 その後川上さんの家に行き、イトウが家の外から最初の一発を撃って侵入したが、その時に銃の挿弾子
(複数個の弾薬を装填する際に用いる器具)が外れた。後から家に侵入したフクダ被告が、落ちていた弾を見つけて引き金にセットし
、二発目を被害者に向けて撃った。
 イトウは川上さんの妻に暴力を振るい、その後二人は現場から逃げた。残りの50万円は、犯行二日後に現金で受け取った。フクダは事件翌日、
仕事を無断欠勤し、クビになったという。
 被告二人は日本で、勤務していたソニーの工場で知り合い、一年ほど一緒に住んでいた。
 暴力団との関係について問われると、「依頼人がヤクザだったかどうかは(そう言われてはいるが)、よくわからない。自分も、
知っている限りではクリスチアーノも、一度も暴力団に所属したことはない。(イトウの)刺青も、ヤクザのものではない」と断言した。
帰国するための航空券は、用意されたのではなく、自分で購入したという。
 日本には犯行までに一年半ほど滞在していたが、フクダ被告はほとんど日本語を話せなかった。犯行に及んだ動機は
「残念ながら金だった」と答えた。被害者のことは知らなかったという。
 フクダ被告には二人子供がおり、帰国後、カンピーナスで清掃員などとして働いていた。同被告の証言によると2004年、
薬物の取引に携わった疑いで逮捕され、有罪判決が出ている。
サンローランの雑誌広告、痩せすぎモデルで掲載禁止に
【AFPBB News】 2015/06/04 15:30
【6月4日AFP】英国の広告監視当局は3日、仏高級ファッションブランド「サンローラン(Saint Laurent)」の
雑誌広告について、痩せすぎのモデルを起用していることを理由に掲載禁止の判断を下した。
この広告では、短いスカートとタイツ、プラットフォームヒール(厚底のヒール)を履いたモデルが地面に
仰向けに横たわっているモノクロ写真が使われている。英国広告基準局(Advertising Standards Authority、
ASA)は、広告を「無責任」と断じた。問題の写真についてASAは、モデルのポーズと照明によって胸部の肋骨
が際立って見えるとし、また脚部も「太ももとひざが同じ太さで細く見える」とコメントしている。
ブランド側は、モデルが痩せすぎに見えるということに同意できないとしたが、今回の決定により、この広告を
現行のまま再掲することはできなくなった。同ブランドは、以前は「イヴ・サンローラン(Yves Saint Laurent)」として
知られていた。(c)AFP

150日曜8時の名無しさん2017/02/01(水) 03:48:53.60ID:YYrsbIW8
「全て事実。後悔している」=デカセギ二人組殺人事件=被告一人が供述、犯行認める=代理処罰申請6件目に進展
【既報関連】東京都葛飾区で2001年6月4日未明、日系人の男二人が暴力団員に雇われ、無職の川上芳考さん(よしたか、当時33)を、
自宅に押し入り拳銃で射殺し、妻に重傷を負わせたとされる事件の被告人尋問が5月25日午後2時半頃、
聖市のバーラ・フンダ刑事裁判所で行われた。被告二人はデカセギで訪日していた日系三世で、犯行の約2週間後に同じ便で帰伯していた。
日本政府は10年に代理処罰申請(国外犯処罰規定による訴追)をし、マルセーロ・フクダ(35)被告は翌年に当地で逮捕され、
聖市ベレンの刑務所に拘禁されている。今回は彼のみが出頭、約一時間にわたって供述を行い、インドの熱波、死者1500人近くに 病院に長蛇の列

「後悔している。冷酷で残虐な行為だった」とのべ、公訴事実を全面的に認めた。
 「やったことは全て間違っていた。後悔している。事件後は、全然人生がうまくいかなかった」―。被告人尋問は報道陣にも公開する形で行われ、
手錠で繋がれた状態で警官に同行され、同被告が出廷した。「罪を犯したことを後悔しているか」との検察官の問いに早口でこう答え、反省の意思を見せた。
 最初に裁判官が黙秘権について説明した後、公訴事実を述べた上で事実かどうかを尋ねると、「全て本当です」と答え、判事、
検察官の質問に、よどみのない口調で答え始めた。
 供述によれば、フクダ被告は事件当日未明、顔見知りだったデニス(=証人の一人デニス・ユウジ・ヒロタ)という男に誘われ、
行きつけだった成田のディスコに、もう一人の犯人クリスチアーノ・イトウとともに出かけたという。ディスコで二人は、
大柄の男をデニスから紹介された。「その男に、幾許かの金と引き換えに仕事をやらないかと提案された」。提案された報酬は、一人100万円ずつだった。
 被告二人はその夜、男から現金50万円と共に白い車と銃を受け取り、デニスの運転する車で被害者宅に向かい、近くのレストランで、
男から指示があるまで待機した。
 その後川上さんの家に行き、イトウが家の外から最初の一発を撃って侵入したが、その時に銃の挿弾子
(複数個の弾薬を装填する際に用いる器具)が外れた。後から家に侵入したフクダ被告が、落ちていた弾を見つけて引き金にセットし
、二発目を被害者に向けて撃った。
 イトウは川上さんの妻に暴力を振るい、その後二人は現場から逃げた。残りの50万円は、犯行二日後に現金で受け取った。フクダは事件翌日、
仕事を無断欠勤し、クビになったという。
 被告二人は日本で、勤務していたソニーの工場で知り合い、一年ほど一緒に住んでいた。
 暴力団との関係について問われると、「依頼人がヤクザだったかどうかは(そう言われてはいるが)、よくわからない。自分も、
知っている限りではクリスチアーノも、一度も暴力団に所属したことはない。(イトウの)刺青も、ヤクザのものではない」と断言した。
帰国するための航空券は、用意されたのではなく、自分で購入したという。
 日本には犯行までに一年半ほど滞在していたが、フクダ被告はほとんど日本語を話せなかった。犯行に及んだ動機は
「残念ながら金だった」と答えた。被害者のことは知らなかったという。
 フクダ被告には二人子供がおり、帰国後、カンピーナスで清掃員などとして働いていた。同被告の証言によると2004年、
薬物の取引に携わった疑いで逮捕され、有罪判決が出ている。
サンローランの雑誌広告、痩せすぎモデルで掲載禁止に
【AFPBB News】 2015/06/04 15:30
【6月4日AFP】英国の広告監視当局は3日、仏高級ファッションブランド「サンローラン(Saint Laurent)」の
雑誌広告について、痩せすぎのモデルを起用していることを理由に掲載禁止の判断を下した。
この広告では、短いスカートとタイツ、プラットフォームヒール(厚底のヒール)を履いたモデルが地面に
仰向けに横たわっているモノクロ写真が使われている。英国広告基準局(Advertising Standards Authority、
ASA)は、広告を「無責任」と断じた。問題の写真についてASAは、モデルのポーズと照明によって胸部の肋骨
が際立って見えるとし、また脚部も「太ももとひざが同じ太さで細く見える」とコメントしている。
ブランド側は、モデルが痩せすぎに見えるということに同意できないとしたが、今回の決定により、この広告を
現行のまま再掲することはできなくなった。同ブランドは、以前は「イヴ・サンローラン(Yves Saint Laurent)」として
知られていた。(c)AFP

151日曜8時の名無しさん2017/02/01(水) 03:49:14.61ID:YYrsbIW8
「全て事実。後悔している」=デカセギ二人組殺人事件=被告一人が供述、犯行認める=代理処罰申請6件目に進展
【既報関連】東京都葛飾区で2001年6月4日未明、日系人の男二人が暴力団員に雇われ、無職の川上芳考さん(よしたか、当時33)を、
自宅に押し入り拳銃で射殺し、妻に重傷を負わせたとされる事件の被告人尋問が5月25日午後2時半頃、
聖市のバーラ・フンダ刑事裁判所で行われた。被告二人はデカセギで訪日していた日系三世で、犯行の約2週間後に同じ便で帰伯していた。
日本政府は10年に代理処罰申請(国外犯処罰規定による訴追)をし、マルセーロ・フクダ(35)被告は翌年に当地で逮捕され、
聖市ベレンの刑務所に拘禁されている。今回は彼のみが出頭、約一時間にわたって供述を行い、インドの熱波、死者1500人近くに 病院に長蛇の列

「後悔している。冷酷で残虐な行為だった」とのべ、公訴事実を全面的に認めた。
 「やったことは全て間違っていた。後悔している。事件後は、全然人生がうまくいかなかった」―。被告人尋問は報道陣にも公開する形で行われ、
手錠で繋がれた状態で警官に同行され、同被告が出廷した。「罪を犯したことを後悔しているか」との検察官の問いに早口でこう答え、反省の意思を見せた。
 最初に裁判官が黙秘権について説明した後、公訴事実を述べた上で事実かどうかを尋ねると、「全て本当です」と答え、判事、
検察官の質問に、よどみのない口調で答え始めた。
 供述によれば、フクダ被告は事件当日未明、顔見知りだったデニス(=証人の一人デニス・ユウジ・ヒロタ)という男に誘われ、
行きつけだった成田のディスコに、もう一人の犯人クリスチアーノ・イトウとともに出かけたという。ディスコで二人は、
大柄の男をデニスから紹介された。「その男に、幾許かの金と引き換えに仕事をやらないかと提案された」。提案された報酬は、一人100万円ずつだった。
 被告二人はその夜、男から現金50万円と共に白い車と銃を受け取り、デニスの運転する車で被害者宅に向かい、近くのレストランで、
男から指示があるまで待機した。
 その後川上さんの家に行き、イトウが家の外から最初の一発を撃って侵入したが、その時に銃の挿弾子
(複数個の弾薬を装填する際に用いる器具)が外れた。後から家に侵入したフクダ被告が、落ちていた弾を見つけて引き金にセットし
、二発目を被害者に向けて撃った。
 イトウは川上さんの妻に暴力を振るい、その後二人は現場から逃げた。残りの50万円は、犯行二日後に現金で受け取った。フクダは事件翌日、
仕事を無断欠勤し、クビになったという。
 被告二人は日本で、勤務していたソニーの工場で知り合い、一年ほど一緒に住んでいた。
 暴力団との関係について問われると、「依頼人がヤクザだったかどうかは(そう言われてはいるが)、よくわからない。自分も、
知っている限りではクリスチアーノも、一度も暴力団に所属したことはない。(イトウの)刺青も、ヤクザのものではない」と断言した。
帰国するための航空券は、用意されたのではなく、自分で購入したという。
 日本には犯行までに一年半ほど滞在していたが、フクダ被告はほとんど日本語を話せなかった。犯行に及んだ動機は
「残念ながら金だった」と答えた。被害者のことは知らなかったという。
 フクダ被告には二人子供がおり、帰国後、カンピーナスで清掃員などとして働いていた。同被告の証言によると2004年、
薬物の取引に携わった疑いで逮捕され、有罪判決が出ている。
サンローランの雑誌広告、痩せすぎモデルで掲載禁止に
【AFPBB News】 2015/06/04 15:30
【6月4日AFP】英国の広告監視当局は3日、仏高級ファッションブランド「サンローラン(Saint Laurent)」の
雑誌広告について、痩せすぎのモデルを起用していることを理由に掲載禁止の判断を下した。
この広告では、短いスカートとタイツ、プラットフォームヒール(厚底のヒール)を履いたモデルが地面に
仰向けに横たわっているモノクロ写真が使われている。英国広告基準局(Advertising Standards Authority、
ASA)は、広告を「無責任」と断じた。問題の写真についてASAは、モデルのポーズと照明によって胸部の肋骨
が際立って見えるとし、また脚部も「太ももとひざが同じ太さで細く見える」とコメントしている。
ブランド側は、モデルが痩せすぎに見えるということに同意できないとしたが、今回の決定により、この広告を
現行のまま再掲することはできなくなった。同ブランドは、以前は「イヴ・サンローラン(Yves Saint Laurent)」として
知られていた。(c)AFP

152日曜8時の名無しさん2017/02/01(水) 03:49:36.23ID:YYrsbIW8
「全て事実。後悔している」=デカセギ二人組殺人事件=被告一人が供述、犯行認める=代理処罰申請6件目に進展
【既報関連】東京都葛飾区で2001年6月4日未明、日系人の男二人が暴力団員に雇われ、無職の川上芳考さん(よしたか、当時33)を、
自宅に押し入り拳銃で射殺し、妻に重傷を負わせたとされる事件の被告人尋問が5月25日午後2時半頃、
聖市のバーラ・フンダ刑事裁判所で行われた。被告二人はデカセギで訪日していた日系三世で、犯行の約2週間後に同じ便で帰伯していた。
日本政府は10年に代理処罰申請(国外犯処罰規定による訴追)をし、マルセーロ・フクダ(35)被告は翌年に当地で逮捕され、
聖市ベレンの刑務所に拘禁されている。今回は彼のみが出頭、約一時間にわたって供述を行い、インドの熱波、死者1500人近くに 病院に長蛇の列

「後悔している。冷酷で残虐な行為だった」とのべ、公訴事実を全面的に認めた。
 「やったことは全て間違っていた。後悔している。事件後は、全然人生がうまくいかなかった」―。被告人尋問は報道陣にも公開する形で行われ、
手錠で繋がれた状態で警官に同行され、同被告が出廷した。「罪を犯したことを後悔しているか」との検察官の問いに早口でこう答え、反省の意思を見せた。
 最初に裁判官が黙秘権について説明した後、公訴事実を述べた上で事実かどうかを尋ねると、「全て本当です」と答え、判事、
検察官の質問に、よどみのない口調で答え始めた。
 供述によれば、フクダ被告は事件当日未明、顔見知りだったデニス(=証人の一人デニス・ユウジ・ヒロタ)という男に誘われ、
行きつけだった成田のディスコに、もう一人の犯人クリスチアーノ・イトウとともに出かけたという。ディスコで二人は、
大柄の男をデニスから紹介された。「その男に、幾許かの金と引き換えに仕事をやらないかと提案された」。提案された報酬は、一人100万円ずつだった。
 被告二人はその夜、男から現金50万円と共に白い車と銃を受け取り、デニスの運転する車で被害者宅に向かい、近くのレストランで、
男から指示があるまで待機した。
 その後川上さんの家に行き、イトウが家の外から最初の一発を撃って侵入したが、その時に銃の挿弾子
(複数個の弾薬を装填する際に用いる器具)が外れた。後から家に侵入したフクダ被告が、落ちていた弾を見つけて引き金にセットし
、二発目を被害者に向けて撃った。
 イトウは川上さんの妻に暴力を振るい、その後二人は現場から逃げた。残りの50万円は、犯行二日後に現金で受け取った。フクダは事件翌日、
仕事を無断欠勤し、クビになったという。
 被告二人は日本で、勤務していたソニーの工場で知り合い、一年ほど一緒に住んでいた。
 暴力団との関係について問われると、「依頼人がヤクザだったかどうかは(そう言われてはいるが)、よくわからない。自分も、
知っている限りではクリスチアーノも、一度も暴力団に所属したことはない。(イトウの)刺青も、ヤクザのものではない」と断言した。
帰国するための航空券は、用意されたのではなく、自分で購入したという。
 日本には犯行までに一年半ほど滞在していたが、フクダ被告はほとんど日本語を話せなかった。犯行に及んだ動機は
「残念ながら金だった」と答えた。被害者のことは知らなかったという。
 フクダ被告には二人子供がおり、帰国後、カンピーナスで清掃員などとして働いていた。同被告の証言によると2004年、
薬物の取引に携わった疑いで逮捕され、有罪判決が出ている。
サンローランの雑誌広告、痩せすぎモデルで掲載禁止に
【AFPBB News】 2015/06/04 15:30
【6月4日AFP】英国の広告監視当局は3日、仏高級ファッションブランド「サンローラン(Saint Laurent)」の
雑誌広告について、痩せすぎのモデルを起用していることを理由に掲載禁止の判断を下した。
この広告では、短いスカートとタイツ、プラットフォームヒール(厚底のヒール)を履いたモデルが地面に
仰向けに横たわっているモノクロ写真が使われている。英国広告基準局(Advertising Standards Authority、
ASA)は、広告を「無責任」と断じた。問題の写真についてASAは、モデルのポーズと照明によって胸部の肋骨
が際立って見えるとし、また脚部も「太ももとひざが同じ太さで細く見える」とコメントしている。
ブランド側は、モデルが痩せすぎに見えるということに同意できないとしたが、今回の決定により、この広告を
現行のまま再掲することはできなくなった。同ブランドは、以前は「イヴ・サンローラン(Yves Saint Laurent)」として
知られていた。(c)AFP

153日曜8時の名無しさん2017/02/01(水) 03:49:55.08ID:YYrsbIW8
「全て事実。後悔している」=デカセギ二人組殺人事件=被告一人が供述、犯行認める=代理処罰申請6件目に進展
【既報関連】東京都葛飾区で2001年6月4日未明、日系人の男二人が暴力団員に雇われ、無職の川上芳考さん(よしたか、当時33)を、
自宅に押し入り拳銃で射殺し、妻に重傷を負わせたとされる事件の被告人尋問が5月25日午後2時半頃、
聖市のバーラ・フンダ刑事裁判所で行われた。被告二人はデカセギで訪日していた日系三世で、犯行の約2週間後に同じ便で帰伯していた。
日本政府は10年に代理処罰申請(国外犯処罰規定による訴追)をし、マルセーロ・フクダ(35)被告は翌年に当地で逮捕され、
聖市ベレンの刑務所に拘禁されている。今回は彼のみが出頭、約一時間にわたって供述を行い、インドの熱波、死者1500人近くに 病院に長蛇の列

「後悔している。冷酷で残虐な行為だった」とのべ、公訴事実を全面的に認めた。
 「やったことは全て間違っていた。後悔している。事件後は、全然人生がうまくいかなかった」―。被告人尋問は報道陣にも公開する形で行われ、
手錠で繋がれた状態で警官に同行され、同被告が出廷した。「罪を犯したことを後悔しているか」との検察官の問いに早口でこう答え、反省の意思を見せた。
 最初に裁判官が黙秘権について説明した後、公訴事実を述べた上で事実かどうかを尋ねると、「全て本当です」と答え、判事、
検察官の質問に、よどみのない口調で答え始めた。
 供述によれば、フクダ被告は事件当日未明、顔見知りだったデニス(=証人の一人デニス・ユウジ・ヒロタ)という男に誘われ、
行きつけだった成田のディスコに、もう一人の犯人クリスチアーノ・イトウとともに出かけたという。ディスコで二人は、
大柄の男をデニスから紹介された。「その男に、幾許かの金と引き換えに仕事をやらないかと提案された」。提案された報酬は、一人100万円ずつだった。
 被告二人はその夜、男から現金50万円と共に白い車と銃を受け取り、デニスの運転する車で被害者宅に向かい、近くのレストランで、
男から指示があるまで待機した。
 その後川上さんの家に行き、イトウが家の外から最初の一発を撃って侵入したが、その時に銃の挿弾子
(複数個の弾薬を装填する際に用いる器具)が外れた。後から家に侵入したフクダ被告が、落ちていた弾を見つけて引き金にセットし
、二発目を被害者に向けて撃った。
 イトウは川上さんの妻に暴力を振るい、その後二人は現場から逃げた。残りの50万円は、犯行二日後に現金で受け取った。フクダは事件翌日、
仕事を無断欠勤し、クビになったという。
 被告二人は日本で、勤務していたソニーの工場で知り合い、一年ほど一緒に住んでいた。
 暴力団との関係について問われると、「依頼人がヤクザだったかどうかは(そう言われてはいるが)、よくわからない。自分も、
知っている限りではクリスチアーノも、一度も暴力団に所属したことはない。(イトウの)刺青も、ヤクザのものではない」と断言した。
帰国するための航空券は、用意されたのではなく、自分で購入したという。
 日本には犯行までに一年半ほど滞在していたが、フクダ被告はほとんど日本語を話せなかった。犯行に及んだ動機は
「残念ながら金だった」と答えた。被害者のことは知らなかったという。
 フクダ被告には二人子供がおり、帰国後、カンピーナスで清掃員などとして働いていた。同被告の証言によると2004年、
薬物の取引に携わった疑いで逮捕され、有罪判決が出ている。
サンローランの雑誌広告、痩せすぎモデルで掲載禁止に
【AFPBB News】 2015/06/04 15:30
【6月4日AFP】英国の広告監視当局は3日、仏高級ファッションブランド「サンローラン(Saint Laurent)」の
雑誌広告について、痩せすぎのモデルを起用していることを理由に掲載禁止の判断を下した。
この広告では、短いスカートとタイツ、プラットフォームヒール(厚底のヒール)を履いたモデルが地面に
仰向けに横たわっているモノクロ写真が使われている。英国広告基準局(Advertising Standards Authority、
ASA)は、広告を「無責任」と断じた。問題の写真についてASAは、モデルのポーズと照明によって胸部の肋骨
が際立って見えるとし、また脚部も「太ももとひざが同じ太さで細く見える」とコメントしている。
ブランド側は、モデルが痩せすぎに見えるということに同意できないとしたが、今回の決定により、この広告を
現行のまま再掲することはできなくなった。同ブランドは、以前は「イヴ・サンローラン(Yves Saint Laurent)」として
知られていた。(c)AFP

154日曜8時の名無しさん2017/02/01(水) 03:50:12.54ID:YYrsbIW8
「全て事実。後悔している」=デカセギ二人組殺人事件=被告一人が供述、犯行認める=代理処罰申請6件目に進展
【既報関連】東京都葛飾区で2001年6月4日未明、日系人の男二人が暴力団員に雇われ、無職の川上芳考さん(よしたか、当時33)を、
自宅に押し入り拳銃で射殺し、妻に重傷を負わせたとされる事件の被告人尋問が5月25日午後2時半頃、
聖市のバーラ・フンダ刑事裁判所で行われた。被告二人はデカセギで訪日していた日系三世で、犯行の約2週間後に同じ便で帰伯していた。
日本政府は10年に代理処罰申請(国外犯処罰規定による訴追)をし、マルセーロ・フクダ(35)被告は翌年に当地で逮捕され、
聖市ベレンの刑務所に拘禁されている。今回は彼のみが出頭、約一時間にわたって供述を行い、インドの熱波、死者1500人近くに 病院に長蛇の列

「後悔している。冷酷で残虐な行為だった」とのべ、公訴事実を全面的に認めた。
 「やったことは全て間違っていた。後悔している。事件後は、全然人生がうまくいかなかった」―。被告人尋問は報道陣にも公開する形で行われ、
手錠で繋がれた状態で警官に同行され、同被告が出廷した。「罪を犯したことを後悔しているか」との検察官の問いに早口でこう答え、反省の意思を見せた。
 最初に裁判官が黙秘権について説明した後、公訴事実を述べた上で事実かどうかを尋ねると、「全て本当です」と答え、判事、
検察官の質問に、よどみのない口調で答え始めた。
 供述によれば、フクダ被告は事件当日未明、顔見知りだったデニス(=証人の一人デニス・ユウジ・ヒロタ)という男に誘われ、
行きつけだった成田のディスコに、もう一人の犯人クリスチアーノ・イトウとともに出かけたという。ディスコで二人は、
大柄の男をデニスから紹介された。「その男に、幾許かの金と引き換えに仕事をやらないかと提案された」。提案された報酬は、一人100万円ずつだった。
 被告二人はその夜、男から現金50万円と共に白い車と銃を受け取り、デニスの運転する車で被害者宅に向かい、近くのレストランで、
男から指示があるまで待機した。
 その後川上さんの家に行き、イトウが家の外から最初の一発を撃って侵入したが、その時に銃の挿弾子
(複数個の弾薬を装填する際に用いる器具)が外れた。後から家に侵入したフクダ被告が、落ちていた弾を見つけて引き金にセットし
、二発目を被害者に向けて撃った。
 イトウは川上さんの妻に暴力を振るい、その後二人は現場から逃げた。残りの50万円は、犯行二日後に現金で受け取った。フクダは事件翌日、
仕事を無断欠勤し、クビになったという。
 被告二人は日本で、勤務していたソニーの工場で知り合い、一年ほど一緒に住んでいた。
 暴力団との関係について問われると、「依頼人がヤクザだったかどうかは(そう言われてはいるが)、よくわからない。自分も、
知っている限りではクリスチアーノも、一度も暴力団に所属したことはない。(イトウの)刺青も、ヤクザのものではない」と断言した。
帰国するための航空券は、用意されたのではなく、自分で購入したという。
 日本には犯行までに一年半ほど滞在していたが、フクダ被告はほとんど日本語を話せなかった。犯行に及んだ動機は
「残念ながら金だった」と答えた。被害者のことは知らなかったという。
 フクダ被告には二人子供がおり、帰国後、カンピーナスで清掃員などとして働いていた。同被告の証言によると2004年、
薬物の取引に携わった疑いで逮捕され、有罪判決が出ている。
サンローランの雑誌広告、痩せすぎモデルで掲載禁止に
【AFPBB News】 2015/06/04 15:30
【6月4日AFP】英国の広告監視当局は3日、仏高級ファッションブランド「サンローラン(Saint Laurent)」の
雑誌広告について、痩せすぎのモデルを起用していることを理由に掲載禁止の判断を下した。
この広告では、短いスカートとタイツ、プラットフォームヒール(厚底のヒール)を履いたモデルが地面に
仰向けに横たわっているモノクロ写真が使われている。英国広告基準局(Advertising Standards Authority、
ASA)は、広告を「無責任」と断じた。問題の写真についてASAは、モデルのポーズと照明によって胸部の肋骨
が際立って見えるとし、また脚部も「太ももとひざが同じ太さで細く見える」とコメントしている。
ブランド側は、モデルが痩せすぎに見えるということに同意できないとしたが、今回の決定により、この広告を
現行のまま再掲することはできなくなった。同ブランドは、以前は「イヴ・サンローラン(Yves Saint Laurent)」として
知られていた。(c)AFP

155日曜8時の名無しさん2017/02/01(水) 03:50:31.69ID:YYrsbIW8
「全て事実。後悔している」=デカセギ二人組殺人事件=被告一人が供述、犯行認める=代理処罰申請6件目に進展
【既報関連】東京都葛飾区で2001年6月4日未明、日系人の男二人が暴力団員に雇われ、無職の川上芳考さん(よしたか、当時33)を、
自宅に押し入り拳銃で射殺し、妻に重傷を負わせたとされる事件の被告人尋問が5月25日午後2時半頃、
聖市のバーラ・フンダ刑事裁判所で行われた。被告二人はデカセギで訪日していた日系三世で、犯行の約2週間後に同じ便で帰伯していた。
日本政府は10年に代理処罰申請(国外犯処罰規定による訴追)をし、マルセーロ・フクダ(35)被告は翌年に当地で逮捕され、
聖市ベレンの刑務所に拘禁されている。今回は彼のみが出頭、約一時間にわたって供述を行い、インドの熱波、死者1500人近くに 病院に長蛇の列

「後悔している。冷酷で残虐な行為だった」とのべ、公訴事実を全面的に認めた。
 「やったことは全て間違っていた。後悔している。事件後は、全然人生がうまくいかなかった」―。被告人尋問は報道陣にも公開する形で行われ、
手錠で繋がれた状態で警官に同行され、同被告が出廷した。「罪を犯したことを後悔しているか」との検察官の問いに早口でこう答え、反省の意思を見せた。
 最初に裁判官が黙秘権について説明した後、公訴事実を述べた上で事実かどうかを尋ねると、「全て本当です」と答え、判事、
検察官の質問に、よどみのない口調で答え始めた。
 供述によれば、フクダ被告は事件当日未明、顔見知りだったデニス(=証人の一人デニス・ユウジ・ヒロタ)という男に誘われ、
行きつけだった成田のディスコに、もう一人の犯人クリスチアーノ・イトウとともに出かけたという。ディスコで二人は、
大柄の男をデニスから紹介された。「その男に、幾許かの金と引き換えに仕事をやらないかと提案された」。提案された報酬は、一人100万円ずつだった。
 被告二人はその夜、男から現金50万円と共に白い車と銃を受け取り、デニスの運転する車で被害者宅に向かい、近くのレストランで、
男から指示があるまで待機した。
 その後川上さんの家に行き、イトウが家の外から最初の一発を撃って侵入したが、その時に銃の挿弾子
(複数個の弾薬を装填する際に用いる器具)が外れた。後から家に侵入したフクダ被告が、落ちていた弾を見つけて引き金にセットし
、二発目を被害者に向けて撃った。
 イトウは川上さんの妻に暴力を振るい、その後二人は現場から逃げた。残りの50万円は、犯行二日後に現金で受け取った。フクダは事件翌日、
仕事を無断欠勤し、クビになったという。
 被告二人は日本で、勤務していたソニーの工場で知り合い、一年ほど一緒に住んでいた。
 暴力団との関係について問われると、「依頼人がヤクザだったかどうかは(そう言われてはいるが)、よくわからない。自分も、
知っている限りではクリスチアーノも、一度も暴力団に所属したことはない。(イトウの)刺青も、ヤクザのものではない」と断言した。
帰国するための航空券は、用意されたのではなく、自分で購入したという。
 日本には犯行までに一年半ほど滞在していたが、フクダ被告はほとんど日本語を話せなかった。犯行に及んだ動機は
「残念ながら金だった」と答えた。被害者のことは知らなかったという。
 フクダ被告には二人子供がおり、帰国後、カンピーナスで清掃員などとして働いていた。同被告の証言によると2004年、
薬物の取引に携わった疑いで逮捕され、有罪判決が出ている。
サンローランの雑誌広告、痩せすぎモデルで掲載禁止に
【AFPBB News】 2015/06/04 15:30
【6月4日AFP】英国の広告監視当局は3日、仏高級ファッションブランド「サンローラン(Saint Laurent)」の
雑誌広告について、痩せすぎのモデルを起用していることを理由に掲載禁止の判断を下した。
この広告では、短いスカートとタイツ、プラットフォームヒール(厚底のヒール)を履いたモデルが地面に
仰向けに横たわっているモノクロ写真が使われている。英国広告基準局(Advertising Standards Authority、
ASA)は、広告を「無責任」と断じた。問題の写真についてASAは、モデルのポーズと照明によって胸部の肋骨
が際立って見えるとし、また脚部も「太ももとひざが同じ太さで細く見える」とコメントしている。
ブランド側は、モデルが痩せすぎに見えるということに同意できないとしたが、今回の決定により、この広告を
現行のまま再掲することはできなくなった。同ブランドは、以前は「イヴ・サンローラン(Yves Saint Laurent)」として
知られていた。(c)AFP

156日曜8時の名無しさん2017/02/01(水) 03:50:47.84ID:YYrsbIW8
「全て事実。後悔している」=デカセギ二人組殺人事件=被告一人が供述、犯行認める=代理処罰申請6件目に進展
【既報関連】東京都葛飾区で2001年6月4日未明、日系人の男二人が暴力団員に雇われ、無職の川上芳考さん(よしたか、当時33)を、
自宅に押し入り拳銃で射殺し、妻に重傷を負わせたとされる事件の被告人尋問が5月25日午後2時半頃、
聖市のバーラ・フンダ刑事裁判所で行われた。被告二人はデカセギで訪日していた日系三世で、犯行の約2週間後に同じ便で帰伯していた。
日本政府は10年に代理処罰申請(国外犯処罰規定による訴追)をし、マルセーロ・フクダ(35)被告は翌年に当地で逮捕され、
聖市ベレンの刑務所に拘禁されている。今回は彼のみが出頭、約一時間にわたって供述を行い、インドの熱波、死者1500人近くに 病院に長蛇の列

「後悔している。冷酷で残虐な行為だった」とのべ、公訴事実を全面的に認めた。
 「やったことは全て間違っていた。後悔している。事件後は、全然人生がうまくいかなかった」―。被告人尋問は報道陣にも公開する形で行われ、
手錠で繋がれた状態で警官に同行され、同被告が出廷した。「罪を犯したことを後悔しているか」との検察官の問いに早口でこう答え、反省の意思を見せた。
 最初に裁判官が黙秘権について説明した後、公訴事実を述べた上で事実かどうかを尋ねると、「全て本当です」と答え、判事、
検察官の質問に、よどみのない口調で答え始めた。
 供述によれば、フクダ被告は事件当日未明、顔見知りだったデニス(=証人の一人デニス・ユウジ・ヒロタ)という男に誘われ、
行きつけだった成田のディスコに、もう一人の犯人クリスチアーノ・イトウとともに出かけたという。ディスコで二人は、
大柄の男をデニスから紹介された。「その男に、幾許かの金と引き換えに仕事をやらないかと提案された」。提案された報酬は、一人100万円ずつだった。
 被告二人はその夜、男から現金50万円と共に白い車と銃を受け取り、デニスの運転する車で被害者宅に向かい、近くのレストランで、
男から指示があるまで待機した。
 その後川上さんの家に行き、イトウが家の外から最初の一発を撃って侵入したが、その時に銃の挿弾子
(複数個の弾薬を装填する際に用いる器具)が外れた。後から家に侵入したフクダ被告が、落ちていた弾を見つけて引き金にセットし
、二発目を被害者に向けて撃った。
 イトウは川上さんの妻に暴力を振るい、その後二人は現場から逃げた。残りの50万円は、犯行二日後に現金で受け取った。フクダは事件翌日、
仕事を無断欠勤し、クビになったという。
 被告二人は日本で、勤務していたソニーの工場で知り合い、一年ほど一緒に住んでいた。
 暴力団との関係について問われると、「依頼人がヤクザだったかどうかは(そう言われてはいるが)、よくわからない。自分も、
知っている限りではクリスチアーノも、一度も暴力団に所属したことはない。(イトウの)刺青も、ヤクザのものではない」と断言した。
帰国するための航空券は、用意されたのではなく、自分で購入したという。
 日本には犯行までに一年半ほど滞在していたが、フクダ被告はほとんど日本語を話せなかった。犯行に及んだ動機は
「残念ながら金だった」と答えた。被害者のことは知らなかったという。
 フクダ被告には二人子供がおり、帰国後、カンピーナスで清掃員などとして働いていた。同被告の証言によると2004年、
薬物の取引に携わった疑いで逮捕され、有罪判決が出ている。
サンローランの雑誌広告、痩せすぎモデルで掲載禁止に
【AFPBB News】 2015/06/04 15:30
【6月4日AFP】英国の広告監視当局は3日、仏高級ファッションブランド「サンローラン(Saint Laurent)」の
雑誌広告について、痩せすぎのモデルを起用していることを理由に掲載禁止の判断を下した。
この広告では、短いスカートとタイツ、プラットフォームヒール(厚底のヒール)を履いたモデルが地面に
仰向けに横たわっているモノクロ写真が使われている。英国広告基準局(Advertising Standards Authority、
ASA)は、広告を「無責任」と断じた。問題の写真についてASAは、モデルのポーズと照明によって胸部の肋骨
が際立って見えるとし、また脚部も「太ももとひざが同じ太さで細く見える」とコメントしている。
ブランド側は、モデルが痩せすぎに見えるということに同意できないとしたが、今回の決定により、この広告を
現行のまま再掲することはできなくなった。同ブランドは、以前は「イヴ・サンローラン(Yves Saint Laurent)」として
知られていた。(c)AFP

157日曜8時の名無しさん2017/02/01(水) 03:51:06.15ID:YYrsbIW8
「全て事実。後悔している」=デカセギ二人組殺人事件=被告一人が供述、犯行認める=代理処罰申請6件目に進展
【既報関連】東京都葛飾区で2001年6月4日未明、日系人の男二人が暴力団員に雇われ、無職の川上芳考さん(よしたか、当時33)を、
自宅に押し入り拳銃で射殺し、妻に重傷を負わせたとされる事件の被告人尋問が5月25日午後2時半頃、
聖市のバーラ・フンダ刑事裁判所で行われた。被告二人はデカセギで訪日していた日系三世で、犯行の約2週間後に同じ便で帰伯していた。
日本政府は10年に代理処罰申請(国外犯処罰規定による訴追)をし、マルセーロ・フクダ(35)被告は翌年に当地で逮捕され、
聖市ベレンの刑務所に拘禁されている。今回は彼のみが出頭、約一時間にわたって供述を行い、インドの熱波、死者1500人近くに 病院に長蛇の列

「後悔している。冷酷で残虐な行為だった」とのべ、公訴事実を全面的に認めた。
 「やったことは全て間違っていた。後悔している。事件後は、全然人生がうまくいかなかった」―。被告人尋問は報道陣にも公開する形で行われ、
手錠で繋がれた状態で警官に同行され、同被告が出廷した。「罪を犯したことを後悔しているか」との検察官の問いに早口でこう答え、反省の意思を見せた。
 最初に裁判官が黙秘権について説明した後、公訴事実を述べた上で事実かどうかを尋ねると、「全て本当です」と答え、判事、
検察官の質問に、よどみのない口調で答え始めた。
 供述によれば、フクダ被告は事件当日未明、顔見知りだったデニス(=証人の一人デニス・ユウジ・ヒロタ)という男に誘われ、
行きつけだった成田のディスコに、もう一人の犯人クリスチアーノ・イトウとともに出かけたという。ディスコで二人は、
大柄の男をデニスから紹介された。「その男に、幾許かの金と引き換えに仕事をやらないかと提案された」。提案された報酬は、一人100万円ずつだった。
 被告二人はその夜、男から現金50万円と共に白い車と銃を受け取り、デニスの運転する車で被害者宅に向かい、近くのレストランで、
男から指示があるまで待機した。
 その後川上さんの家に行き、イトウが家の外から最初の一発を撃って侵入したが、その時に銃の挿弾子
(複数個の弾薬を装填する際に用いる器具)が外れた。後から家に侵入したフクダ被告が、落ちていた弾を見つけて引き金にセットし
、二発目を被害者に向けて撃った。
 イトウは川上さんの妻に暴力を振るい、その後二人は現場から逃げた。残りの50万円は、犯行二日後に現金で受け取った。フクダは事件翌日、
仕事を無断欠勤し、クビになったという。
 被告二人は日本で、勤務していたソニーの工場で知り合い、一年ほど一緒に住んでいた。
 暴力団との関係について問われると、「依頼人がヤクザだったかどうかは(そう言われてはいるが)、よくわからない。自分も、
知っている限りではクリスチアーノも、一度も暴力団に所属したことはない。(イトウの)刺青も、ヤクザのものではない」と断言した。
帰国するための航空券は、用意されたのではなく、自分で購入したという。
 日本には犯行までに一年半ほど滞在していたが、フクダ被告はほとんど日本語を話せなかった。犯行に及んだ動機は
「残念ながら金だった」と答えた。被害者のことは知らなかったという。
 フクダ被告には二人子供がおり、帰国後、カンピーナスで清掃員などとして働いていた。同被告の証言によると2004年、
薬物の取引に携わった疑いで逮捕され、有罪判決が出ている。
サンローランの雑誌広告、痩せすぎモデルで掲載禁止に
【AFPBB News】 2015/06/04 15:30
【6月4日AFP】英国の広告監視当局は3日、仏高級ファッションブランド「サンローラン(Saint Laurent)」の
雑誌広告について、痩せすぎのモデルを起用していることを理由に掲載禁止の判断を下した。
この広告では、短いスカートとタイツ、プラットフォームヒール(厚底のヒール)を履いたモデルが地面に
仰向けに横たわっているモノクロ写真が使われている。英国広告基準局(Advertising Standards Authority、
ASA)は、広告を「無責任」と断じた。問題の写真についてASAは、モデルのポーズと照明によって胸部の肋骨
が際立って見えるとし、また脚部も「太ももとひざが同じ太さで細く見える」とコメントしている。
ブランド側は、モデルが痩せすぎに見えるということに同意できないとしたが、今回の決定により、この広告を
現行のまま再掲することはできなくなった。同ブランドは、以前は「イヴ・サンローラン(Yves Saint Laurent)」として
知られていた。(c)AFP

158日曜8時の名無しさん2017/02/01(水) 03:51:22.81ID:YYrsbIW8
「全て事実。後悔している」=デカセギ二人組殺人事件=被告一人が供述、犯行認める=代理処罰申請6件目に進展
【既報関連】東京都葛飾区で2001年6月4日未明、日系人の男二人が暴力団員に雇われ、無職の川上芳考さん(よしたか、当時33)を、
自宅に押し入り拳銃で射殺し、妻に重傷を負わせたとされる事件の被告人尋問が5月25日午後2時半頃、
聖市のバーラ・フンダ刑事裁判所で行われた。被告二人はデカセギで訪日していた日系三世で、犯行の約2週間後に同じ便で帰伯していた。
日本政府は10年に代理処罰申請(国外犯処罰規定による訴追)をし、マルセーロ・フクダ(35)被告は翌年に当地で逮捕され、
聖市ベレンの刑務所に拘禁されている。今回は彼のみが出頭、約一時間にわたって供述を行い、インドの熱波、死者1500人近くに 病院に長蛇の列

「後悔している。冷酷で残虐な行為だった」とのべ、公訴事実を全面的に認めた。
 「やったことは全て間違っていた。後悔している。事件後は、全然人生がうまくいかなかった」―。被告人尋問は報道陣にも公開する形で行われ、
手錠で繋がれた状態で警官に同行され、同被告が出廷した。「罪を犯したことを後悔しているか」との検察官の問いに早口でこう答え、反省の意思を見せた。
 最初に裁判官が黙秘権について説明した後、公訴事実を述べた上で事実かどうかを尋ねると、「全て本当です」と答え、判事、
検察官の質問に、よどみのない口調で答え始めた。
 供述によれば、フクダ被告は事件当日未明、顔見知りだったデニス(=証人の一人デニス・ユウジ・ヒロタ)という男に誘われ、
行きつけだった成田のディスコに、もう一人の犯人クリスチアーノ・イトウとともに出かけたという。ディスコで二人は、
大柄の男をデニスから紹介された。「その男に、幾許かの金と引き換えに仕事をやらないかと提案された」。提案された報酬は、一人100万円ずつだった。
 被告二人はその夜、男から現金50万円と共に白い車と銃を受け取り、デニスの運転する車で被害者宅に向かい、近くのレストランで、
男から指示があるまで待機した。
 その後川上さんの家に行き、イトウが家の外から最初の一発を撃って侵入したが、その時に銃の挿弾子
(複数個の弾薬を装填する際に用いる器具)が外れた。後から家に侵入したフクダ被告が、落ちていた弾を見つけて引き金にセットし
、二発目を被害者に向けて撃った。
 イトウは川上さんの妻に暴力を振るい、その後二人は現場から逃げた。残りの50万円は、犯行二日後に現金で受け取った。フクダは事件翌日、
仕事を無断欠勤し、クビになったという。
 被告二人は日本で、勤務していたソニーの工場で知り合い、一年ほど一緒に住んでいた。
 暴力団との関係について問われると、「依頼人がヤクザだったかどうかは(そう言われてはいるが)、よくわからない。自分も、
知っている限りではクリスチアーノも、一度も暴力団に所属したことはない。(イトウの)刺青も、ヤクザのものではない」と断言した。
帰国するための航空券は、用意されたのではなく、自分で購入したという。
 日本には犯行までに一年半ほど滞在していたが、フクダ被告はほとんど日本語を話せなかった。犯行に及んだ動機は
「残念ながら金だった」と答えた。被害者のことは知らなかったという。
 フクダ被告には二人子供がおり、帰国後、カンピーナスで清掃員などとして働いていた。同被告の証言によると2004年、
薬物の取引に携わった疑いで逮捕され、有罪判決が出ている。
サンローランの雑誌広告、痩せすぎモデルで掲載禁止に
【AFPBB News】 2015/06/04 15:30
【6月4日AFP】英国の広告監視当局は3日、仏高級ファッションブランド「サンローラン(Saint Laurent)」の
雑誌広告について、痩せすぎのモデルを起用していることを理由に掲載禁止の判断を下した。
この広告では、短いスカートとタイツ、プラットフォームヒール(厚底のヒール)を履いたモデルが地面に
仰向けに横たわっているモノクロ写真が使われている。英国広告基準局(Advertising Standards Authority、
ASA)は、広告を「無責任」と断じた。問題の写真についてASAは、モデルのポーズと照明によって胸部の肋骨
が際立って見えるとし、また脚部も「太ももとひざが同じ太さで細く見える」とコメントしている。
ブランド側は、モデルが痩せすぎに見えるということに同意できないとしたが、今回の決定により、この広告を
現行のまま再掲することはできなくなった。同ブランドは、以前は「イヴ・サンローラン(Yves Saint Laurent)」として
知られていた。(c)AFP

159日曜8時の名無しさん2017/02/01(水) 03:51:38.69ID:YYrsbIW8
「全て事実。後悔している」=デカセギ二人組殺人事件=被告一人が供述、犯行認める=代理処罰申請6件目に進展
【既報関連】東京都葛飾区で2001年6月4日未明、日系人の男二人が暴力団員に雇われ、無職の川上芳考さん(よしたか、当時33)を、
自宅に押し入り拳銃で射殺し、妻に重傷を負わせたとされる事件の被告人尋問が5月25日午後2時半頃、
聖市のバーラ・フンダ刑事裁判所で行われた。被告二人はデカセギで訪日していた日系三世で、犯行の約2週間後に同じ便で帰伯していた。
日本政府は10年に代理処罰申請(国外犯処罰規定による訴追)をし、マルセーロ・フクダ(35)被告は翌年に当地で逮捕され、
聖市ベレンの刑務所に拘禁されている。今回は彼のみが出頭、約一時間にわたって供述を行い、インドの熱波、死者1500人近くに 病院に長蛇の列

「後悔している。冷酷で残虐な行為だった」とのべ、公訴事実を全面的に認めた。
 「やったことは全て間違っていた。後悔している。事件後は、全然人生がうまくいかなかった」―。被告人尋問は報道陣にも公開する形で行われ、
手錠で繋がれた状態で警官に同行され、同被告が出廷した。「罪を犯したことを後悔しているか」との検察官の問いに早口でこう答え、反省の意思を見せた。
 最初に裁判官が黙秘権について説明した後、公訴事実を述べた上で事実かどうかを尋ねると、「全て本当です」と答え、判事、
検察官の質問に、よどみのない口調で答え始めた。
 供述によれば、フクダ被告は事件当日未明、顔見知りだったデニス(=証人の一人デニス・ユウジ・ヒロタ)という男に誘われ、
行きつけだった成田のディスコに、もう一人の犯人クリスチアーノ・イトウとともに出かけたという。ディスコで二人は、
大柄の男をデニスから紹介された。「その男に、幾許かの金と引き換えに仕事をやらないかと提案された」。提案された報酬は、一人100万円ずつだった。
 被告二人はその夜、男から現金50万円と共に白い車と銃を受け取り、デニスの運転する車で被害者宅に向かい、近くのレストランで、
男から指示があるまで待機した。
 その後川上さんの家に行き、イトウが家の外から最初の一発を撃って侵入したが、その時に銃の挿弾子
(複数個の弾薬を装填する際に用いる器具)が外れた。後から家に侵入したフクダ被告が、落ちていた弾を見つけて引き金にセットし
、二発目を被害者に向けて撃った。
 イトウは川上さんの妻に暴力を振るい、その後二人は現場から逃げた。残りの50万円は、犯行二日後に現金で受け取った。フクダは事件翌日、
仕事を無断欠勤し、クビになったという。
 被告二人は日本で、勤務していたソニーの工場で知り合い、一年ほど一緒に住んでいた。
 暴力団との関係について問われると、「依頼人がヤクザだったかどうかは(そう言われてはいるが)、よくわからない。自分も、
知っている限りではクリスチアーノも、一度も暴力団に所属したことはない。(イトウの)刺青も、ヤクザのものではない」と断言した。
帰国するための航空券は、用意されたのではなく、自分で購入したという。
 日本には犯行までに一年半ほど滞在していたが、フクダ被告はほとんど日本語を話せなかった。犯行に及んだ動機は
「残念ながら金だった」と答えた。被害者のことは知らなかったという。
 フクダ被告には二人子供がおり、帰国後、カンピーナスで清掃員などとして働いていた。同被告の証言によると2004年、
薬物の取引に携わった疑いで逮捕され、有罪判決が出ている。
サンローランの雑誌広告、痩せすぎモデルで掲載禁止に
【AFPBB News】 2015/06/04 15:30
【6月4日AFP】英国の広告監視当局は3日、仏高級ファッションブランド「サンローラン(Saint Laurent)」の
雑誌広告について、痩せすぎのモデルを起用していることを理由に掲載禁止の判断を下した。
この広告では、短いスカートとタイツ、プラットフォームヒール(厚底のヒール)を履いたモデルが地面に
仰向けに横たわっているモノクロ写真が使われている。英国広告基準局(Advertising Standards Authority、
ASA)は、広告を「無責任」と断じた。問題の写真についてASAは、モデルのポーズと照明によって胸部の肋骨
が際立って見えるとし、また脚部も「太ももとひざが同じ太さで細く見える」とコメントしている。
ブランド側は、モデルが痩せすぎに見えるということに同意できないとしたが、今回の決定により、この広告を
現行のまま再掲することはできなくなった。同ブランドは、以前は「イヴ・サンローラン(Yves Saint Laurent)」として
知られていた。(c)AFP

160日曜8時の名無しさん2017/02/01(水) 03:51:54.87ID:YYrsbIW8
「全て事実。後悔している」=デカセギ二人組殺人事件=被告一人が供述、犯行認める=代理処罰申請6件目に進展
【既報関連】東京都葛飾区で2001年6月4日未明、日系人の男二人が暴力団員に雇われ、無職の川上芳考さん(よしたか、当時33)を、
自宅に押し入り拳銃で射殺し、妻に重傷を負わせたとされる事件の被告人尋問が5月25日午後2時半頃、
聖市のバーラ・フンダ刑事裁判所で行われた。被告二人はデカセギで訪日していた日系三世で、犯行の約2週間後に同じ便で帰伯していた。
日本政府は10年に代理処罰申請(国外犯処罰規定による訴追)をし、マルセーロ・フクダ(35)被告は翌年に当地で逮捕され、
聖市ベレンの刑務所に拘禁されている。今回は彼のみが出頭、約一時間にわたって供述を行い、インドの熱波、死者1500人近くに 病院に長蛇の列

「後悔している。冷酷で残虐な行為だった」とのべ、公訴事実を全面的に認めた。
 「やったことは全て間違っていた。後悔している。事件後は、全然人生がうまくいかなかった」―。被告人尋問は報道陣にも公開する形で行われ、
手錠で繋がれた状態で警官に同行され、同被告が出廷した。「罪を犯したことを後悔しているか」との検察官の問いに早口でこう答え、反省の意思を見せた。
 最初に裁判官が黙秘権について説明した後、公訴事実を述べた上で事実かどうかを尋ねると、「全て本当です」と答え、判事、
検察官の質問に、よどみのない口調で答え始めた。
 供述によれば、フクダ被告は事件当日未明、顔見知りだったデニス(=証人の一人デニス・ユウジ・ヒロタ)という男に誘われ、
行きつけだった成田のディスコに、もう一人の犯人クリスチアーノ・イトウとともに出かけたという。ディスコで二人は、
大柄の男をデニスから紹介された。「その男に、幾許かの金と引き換えに仕事をやらないかと提案された」。提案された報酬は、一人100万円ずつだった。
 被告二人はその夜、男から現金50万円と共に白い車と銃を受け取り、デニスの運転する車で被害者宅に向かい、近くのレストランで、
男から指示があるまで待機した。
 その後川上さんの家に行き、イトウが家の外から最初の一発を撃って侵入したが、その時に銃の挿弾子
(複数個の弾薬を装填する際に用いる器具)が外れた。後から家に侵入したフクダ被告が、落ちていた弾を見つけて引き金にセットし
、二発目を被害者に向けて撃った。
 イトウは川上さんの妻に暴力を振るい、その後二人は現場から逃げた。残りの50万円は、犯行二日後に現金で受け取った。フクダは事件翌日、
仕事を無断欠勤し、クビになったという。
 被告二人は日本で、勤務していたソニーの工場で知り合い、一年ほど一緒に住んでいた。
 暴力団との関係について問われると、「依頼人がヤクザだったかどうかは(そう言われてはいるが)、よくわからない。自分も、
知っている限りではクリスチアーノも、一度も暴力団に所属したことはない。(イトウの)刺青も、ヤクザのものではない」と断言した。
帰国するための航空券は、用意されたのではなく、自分で購入したという。
 日本には犯行までに一年半ほど滞在していたが、フクダ被告はほとんど日本語を話せなかった。犯行に及んだ動機は
「残念ながら金だった」と答えた。被害者のことは知らなかったという。
 フクダ被告には二人子供がおり、帰国後、カンピーナスで清掃員などとして働いていた。同被告の証言によると2004年、
薬物の取引に携わった疑いで逮捕され、有罪判決が出ている。
サンローランの雑誌広告、痩せすぎモデルで掲載禁止に
【AFPBB News】 2015/06/04 15:30
【6月4日AFP】英国の広告監視当局は3日、仏高級ファッションブランド「サンローラン(Saint Laurent)」の
雑誌広告について、痩せすぎのモデルを起用していることを理由に掲載禁止の判断を下した。
この広告では、短いスカートとタイツ、プラットフォームヒール(厚底のヒール)を履いたモデルが地面に
仰向けに横たわっているモノクロ写真が使われている。英国広告基準局(Advertising Standards Authority、
ASA)は、広告を「無責任」と断じた。問題の写真についてASAは、モデルのポーズと照明によって胸部の肋骨
が際立って見えるとし、また脚部も「太ももとひざが同じ太さで細く見える」とコメントしている。
ブランド側は、モデルが痩せすぎに見えるということに同意できないとしたが、今回の決定により、この広告を
現行のまま再掲することはできなくなった。同ブランドは、以前は「イヴ・サンローラン(Yves Saint Laurent)」として
知られていた。(c)AFP

161日曜8時の名無しさん2017/02/01(水) 03:52:16.38ID:YYrsbIW8
「全て事実。後悔している」=デカセギ二人組殺人事件=被告一人が供述、犯行認める=代理処罰申請6件目に進展
【既報関連】東京都葛飾区で2001年6月4日未明、日系人の男二人が暴力団員に雇われ、無職の川上芳考さん(よしたか、当時33)を、
自宅に押し入り拳銃で射殺し、妻に重傷を負わせたとされる事件の被告人尋問が5月25日午後2時半頃、
聖市のバーラ・フンダ刑事裁判所で行われた。被告二人はデカセギで訪日していた日系三世で、犯行の約2週間後に同じ便で帰伯していた。
日本政府は10年に代理処罰申請(国外犯処罰規定による訴追)をし、マルセーロ・フクダ(35)被告は翌年に当地で逮捕され、
聖市ベレンの刑務所に拘禁されている。今回は彼のみが出頭、約一時間にわたって供述を行い、インドの熱波、死者1500人近くに 病院に長蛇の列

「後悔している。冷酷で残虐な行為だった」とのべ、公訴事実を全面的に認めた。
 「やったことは全て間違っていた。後悔している。事件後は、全然人生がうまくいかなかった」―。被告人尋問は報道陣にも公開する形で行われ、
手錠で繋がれた状態で警官に同行され、同被告が出廷した。「罪を犯したことを後悔しているか」との検察官の問いに早口でこう答え、反省の意思を見せた。
 最初に裁判官が黙秘権について説明した後、公訴事実を述べた上で事実かどうかを尋ねると、「全て本当です」と答え、判事、
検察官の質問に、よどみのない口調で答え始めた。
 供述によれば、フクダ被告は事件当日未明、顔見知りだったデニス(=証人の一人デニス・ユウジ・ヒロタ)という男に誘われ、
行きつけだった成田のディスコに、もう一人の犯人クリスチアーノ・イトウとともに出かけたという。ディスコで二人は、
大柄の男をデニスから紹介された。「その男に、幾許かの金と引き換えに仕事をやらないかと提案された」。提案された報酬は、一人100万円ずつだった。
 被告二人はその夜、男から現金50万円と共に白い車と銃を受け取り、デニスの運転する車で被害者宅に向かい、近くのレストランで、
男から指示があるまで待機した。
 その後川上さんの家に行き、イトウが家の外から最初の一発を撃って侵入したが、その時に銃の挿弾子
(複数個の弾薬を装填する際に用いる器具)が外れた。後から家に侵入したフクダ被告が、落ちていた弾を見つけて引き金にセットし
、二発目を被害者に向けて撃った。
 イトウは川上さんの妻に暴力を振るい、その後二人は現場から逃げた。残りの50万円は、犯行二日後に現金で受け取った。フクダは事件翌日、
仕事を無断欠勤し、クビになったという。
 被告二人は日本で、勤務していたソニーの工場で知り合い、一年ほど一緒に住んでいた。
 暴力団との関係について問われると、「依頼人がヤクザだったかどうかは(そう言われてはいるが)、よくわからない。自分も、
知っている限りではクリスチアーノも、一度も暴力団に所属したことはない。(イトウの)刺青も、ヤクザのものではない」と断言した。
帰国するための航空券は、用意されたのではなく、自分で購入したという。
 日本には犯行までに一年半ほど滞在していたが、フクダ被告はほとんど日本語を話せなかった。犯行に及んだ動機は
「残念ながら金だった」と答えた。被害者のことは知らなかったという。
 フクダ被告には二人子供がおり、帰国後、カンピーナスで清掃員などとして働いていた。同被告の証言によると2004年、
薬物の取引に携わった疑いで逮捕され、有罪判決が出ている。
サンローランの雑誌広告、痩せすぎモデルで掲載禁止に
【AFPBB News】 2015/06/04 15:30
【6月4日AFP】英国の広告監視当局は3日、仏高級ファッションブランド「サンローラン(Saint Laurent)」の
雑誌広告について、痩せすぎのモデルを起用していることを理由に掲載禁止の判断を下した。
この広告では、短いスカートとタイツ、プラットフォームヒール(厚底のヒール)を履いたモデルが地面に
仰向けに横たわっているモノクロ写真が使われている。英国広告基準局(Advertising Standards Authority、
ASA)は、広告を「無責任」と断じた。問題の写真についてASAは、モデルのポーズと照明によって胸部の肋骨
が際立って見えるとし、また脚部も「太ももとひざが同じ太さで細く見える」とコメントしている。
ブランド側は、モデルが痩せすぎに見えるということに同意できないとしたが、今回の決定により、この広告を
現行のまま再掲することはできなくなった。同ブランドは、以前は「イヴ・サンローラン(Yves Saint Laurent)」として
知られていた。(c)AFP

162日曜8時の名無しさん2017/02/01(水) 03:52:35.53ID:YYrsbIW8
「全て事実。後悔している」=デカセギ二人組殺人事件=被告一人が供述、犯行認める=代理処罰申請6件目に進展
【既報関連】東京都葛飾区で2001年6月4日未明、日系人の男二人が暴力団員に雇われ、無職の川上芳考さん(よしたか、当時33)を、
自宅に押し入り拳銃で射殺し、妻に重傷を負わせたとされる事件の被告人尋問が5月25日午後2時半頃、
聖市のバーラ・フンダ刑事裁判所で行われた。被告二人はデカセギで訪日していた日系三世で、犯行の約2週間後に同じ便で帰伯していた。
日本政府は10年に代理処罰申請(国外犯処罰規定による訴追)をし、マルセーロ・フクダ(35)被告は翌年に当地で逮捕され、
聖市ベレンの刑務所に拘禁されている。今回は彼のみが出頭、約一時間にわたって供述を行い、インドの熱波、死者1500人近くに 病院に長蛇の列

「後悔している。冷酷で残虐な行為だった」とのべ、公訴事実を全面的に認めた。
 「やったことは全て間違っていた。後悔している。事件後は、全然人生がうまくいかなかった」―。被告人尋問は報道陣にも公開する形で行われ、
手錠で繋がれた状態で警官に同行され、同被告が出廷した。「罪を犯したことを後悔しているか」との検察官の問いに早口でこう答え、反省の意思を見せた。
 最初に裁判官が黙秘権について説明した後、公訴事実を述べた上で事実かどうかを尋ねると、「全て本当です」と答え、判事、
検察官の質問に、よどみのない口調で答え始めた。
 供述によれば、フクダ被告は事件当日未明、顔見知りだったデニス(=証人の一人デニス・ユウジ・ヒロタ)という男に誘われ、
行きつけだった成田のディスコに、もう一人の犯人クリスチアーノ・イトウとともに出かけたという。ディスコで二人は、
大柄の男をデニスから紹介された。「その男に、幾許かの金と引き換えに仕事をやらないかと提案された」。提案された報酬は、一人100万円ずつだった。
 被告二人はその夜、男から現金50万円と共に白い車と銃を受け取り、デニスの運転する車で被害者宅に向かい、近くのレストランで、
男から指示があるまで待機した。
 その後川上さんの家に行き、イトウが家の外から最初の一発を撃って侵入したが、その時に銃の挿弾子
(複数個の弾薬を装填する際に用いる器具)が外れた。後から家に侵入したフクダ被告が、落ちていた弾を見つけて引き金にセットし
、二発目を被害者に向けて撃った。
 イトウは川上さんの妻に暴力を振るい、その後二人は現場から逃げた。残りの50万円は、犯行二日後に現金で受け取った。フクダは事件翌日、
仕事を無断欠勤し、クビになったという。
 被告二人は日本で、勤務していたソニーの工場で知り合い、一年ほど一緒に住んでいた。
 暴力団との関係について問われると、「依頼人がヤクザだったかどうかは(そう言われてはいるが)、よくわからない。自分も、
知っている限りではクリスチアーノも、一度も暴力団に所属したことはない。(イトウの)刺青も、ヤクザのものではない」と断言した。
帰国するための航空券は、用意されたのではなく、自分で購入したという。
 日本には犯行までに一年半ほど滞在していたが、フクダ被告はほとんど日本語を話せなかった。犯行に及んだ動機は
「残念ながら金だった」と答えた。被害者のことは知らなかったという。
 フクダ被告には二人子供がおり、帰国後、カンピーナスで清掃員などとして働いていた。同被告の証言によると2004年、
薬物の取引に携わった疑いで逮捕され、有罪判決が出ている。
サンローランの雑誌広告、痩せすぎモデルで掲載禁止に
【AFPBB News】 2015/06/04 15:30
【6月4日AFP】英国の広告監視当局は3日、仏高級ファッションブランド「サンローラン(Saint Laurent)」の
雑誌広告について、痩せすぎのモデルを起用していることを理由に掲載禁止の判断を下した。
この広告では、短いスカートとタイツ、プラットフォームヒール(厚底のヒール)を履いたモデルが地面に
仰向けに横たわっているモノクロ写真が使われている。英国広告基準局(Advertising Standards Authority、
ASA)は、広告を「無責任」と断じた。問題の写真についてASAは、モデルのポーズと照明によって胸部の肋骨
が際立って見えるとし、また脚部も「太ももとひざが同じ太さで細く見える」とコメントしている。
ブランド側は、モデルが痩せすぎに見えるということに同意できないとしたが、今回の決定により、この広告を
現行のまま再掲することはできなくなった。同ブランドは、以前は「イヴ・サンローラン(Yves Saint Laurent)」として
知られていた。(c)AFP

163日曜8時の名無しさん2017/02/01(水) 03:52:55.52ID:YYrsbIW8
「全て事実。後悔している」=デカセギ二人組殺人事件=被告一人が供述、犯行認める=代理処罰申請6件目に進展
【既報関連】東京都葛飾区で2001年6月4日未明、日系人の男二人が暴力団員に雇われ、無職の川上芳考さん(よしたか、当時33)を、
自宅に押し入り拳銃で射殺し、妻に重傷を負わせたとされる事件の被告人尋問が5月25日午後2時半頃、
聖市のバーラ・フンダ刑事裁判所で行われた。被告二人はデカセギで訪日していた日系三世で、犯行の約2週間後に同じ便で帰伯していた。
日本政府は10年に代理処罰申請(国外犯処罰規定による訴追)をし、マルセーロ・フクダ(35)被告は翌年に当地で逮捕され、
聖市ベレンの刑務所に拘禁されている。今回は彼のみが出頭、約一時間にわたって供述を行い、インドの熱波、死者1500人近くに 病院に長蛇の列

「後悔している。冷酷で残虐な行為だった」とのべ、公訴事実を全面的に認めた。
 「やったことは全て間違っていた。後悔している。事件後は、全然人生がうまくいかなかった」―。被告人尋問は報道陣にも公開する形で行われ、
手錠で繋がれた状態で警官に同行され、同被告が出廷した。「罪を犯したことを後悔しているか」との検察官の問いに早口でこう答え、反省の意思を見せた。
 最初に裁判官が黙秘権について説明した後、公訴事実を述べた上で事実かどうかを尋ねると、「全て本当です」と答え、判事、
検察官の質問に、よどみのない口調で答え始めた。
 供述によれば、フクダ被告は事件当日未明、顔見知りだったデニス(=証人の一人デニス・ユウジ・ヒロタ)という男に誘われ、
行きつけだった成田のディスコに、もう一人の犯人クリスチアーノ・イトウとともに出かけたという。ディスコで二人は、
大柄の男をデニスから紹介された。「その男に、幾許かの金と引き換えに仕事をやらないかと提案された」。提案された報酬は、一人100万円ずつだった。
 被告二人はその夜、男から現金50万円と共に白い車と銃を受け取り、デニスの運転する車で被害者宅に向かい、近くのレストランで、
男から指示があるまで待機した。
 その後川上さんの家に行き、イトウが家の外から最初の一発を撃って侵入したが、その時に銃の挿弾子
(複数個の弾薬を装填する際に用いる器具)が外れた。後から家に侵入したフクダ被告が、落ちていた弾を見つけて引き金にセットし
、二発目を被害者に向けて撃った。
 イトウは川上さんの妻に暴力を振るい、その後二人は現場から逃げた。残りの50万円は、犯行二日後に現金で受け取った。フクダは事件翌日、
仕事を無断欠勤し、クビになったという。
 被告二人は日本で、勤務していたソニーの工場で知り合い、一年ほど一緒に住んでいた。
 暴力団との関係について問われると、「依頼人がヤクザだったかどうかは(そう言われてはいるが)、よくわからない。自分も、
知っている限りではクリスチアーノも、一度も暴力団に所属したことはない。(イトウの)刺青も、ヤクザのものではない」と断言した。
帰国するための航空券は、用意されたのではなく、自分で購入したという。
 日本には犯行までに一年半ほど滞在していたが、フクダ被告はほとんど日本語を話せなかった。犯行に及んだ動機は
「残念ながら金だった」と答えた。被害者のことは知らなかったという。
 フクダ被告には二人子供がおり、帰国後、カンピーナスで清掃員などとして働いていた。同被告の証言によると2004年、
薬物の取引に携わった疑いで逮捕され、有罪判決が出ている。
サンローランの雑誌広告、痩せすぎモデルで掲載禁止に
【AFPBB News】 2015/06/04 15:30
【6月4日AFP】英国の広告監視当局は3日、仏高級ファッションブランド「サンローラン(Saint Laurent)」の
雑誌広告について、痩せすぎのモデルを起用していることを理由に掲載禁止の判断を下した。
この広告では、短いスカートとタイツ、プラットフォームヒール(厚底のヒール)を履いたモデルが地面に
仰向けに横たわっているモノクロ写真が使われている。英国広告基準局(Advertising Standards Authority、
ASA)は、広告を「無責任」と断じた。問題の写真についてASAは、モデルのポーズと照明によって胸部の肋骨
が際立って見えるとし、また脚部も「太ももとひざが同じ太さで細く見える」とコメントしている。
ブランド側は、モデルが痩せすぎに見えるということに同意できないとしたが、今回の決定により、この広告を
現行のまま再掲することはできなくなった。同ブランドは、以前は「イヴ・サンローラン(Yves Saint Laurent)」として
知られていた。(c)AFP

164日曜8時の名無しさん2017/02/01(水) 03:53:11.12ID:YYrsbIW8
「全て事実。後悔している」=デカセギ二人組殺人事件=被告一人が供述、犯行認める=代理処罰申請6件目に進展
【既報関連】東京都葛飾区で2001年6月4日未明、日系人の男二人が暴力団員に雇われ、無職の川上芳考さん(よしたか、当時33)を、
自宅に押し入り拳銃で射殺し、妻に重傷を負わせたとされる事件の被告人尋問が5月25日午後2時半頃、
聖市のバーラ・フンダ刑事裁判所で行われた。被告二人はデカセギで訪日していた日系三世で、犯行の約2週間後に同じ便で帰伯していた。
日本政府は10年に代理処罰申請(国外犯処罰規定による訴追)をし、マルセーロ・フクダ(35)被告は翌年に当地で逮捕され、
聖市ベレンの刑務所に拘禁されている。今回は彼のみが出頭、約一時間にわたって供述を行い、インドの熱波、死者1500人近くに 病院に長蛇の列

「後悔している。冷酷で残虐な行為だった」とのべ、公訴事実を全面的に認めた。
 「やったことは全て間違っていた。後悔している。事件後は、全然人生がうまくいかなかった」―。被告人尋問は報道陣にも公開する形で行われ、
手錠で繋がれた状態で警官に同行され、同被告が出廷した。「罪を犯したことを後悔しているか」との検察官の問いに早口でこう答え、反省の意思を見せた。
 最初に裁判官が黙秘権について説明した後、公訴事実を述べた上で事実かどうかを尋ねると、「全て本当です」と答え、判事、
検察官の質問に、よどみのない口調で答え始めた。
 供述によれば、フクダ被告は事件当日未明、顔見知りだったデニス(=証人の一人デニス・ユウジ・ヒロタ)という男に誘われ、
行きつけだった成田のディスコに、もう一人の犯人クリスチアーノ・イトウとともに出かけたという。ディスコで二人は、
大柄の男をデニスから紹介された。「その男に、幾許かの金と引き換えに仕事をやらないかと提案された」。提案された報酬は、一人100万円ずつだった。
 被告二人はその夜、男から現金50万円と共に白い車と銃を受け取り、デニスの運転する車で被害者宅に向かい、近くのレストランで、
男から指示があるまで待機した。
 その後川上さんの家に行き、イトウが家の外から最初の一発を撃って侵入したが、その時に銃の挿弾子
(複数個の弾薬を装填する際に用いる器具)が外れた。後から家に侵入したフクダ被告が、落ちていた弾を見つけて引き金にセットし
、二発目を被害者に向けて撃った。
 イトウは川上さんの妻に暴力を振るい、その後二人は現場から逃げた。残りの50万円は、犯行二日後に現金で受け取った。フクダは事件翌日、
仕事を無断欠勤し、クビになったという。
 被告二人は日本で、勤務していたソニーの工場で知り合い、一年ほど一緒に住んでいた。
 暴力団との関係について問われると、「依頼人がヤクザだったかどうかは(そう言われてはいるが)、よくわからない。自分も、
知っている限りではクリスチアーノも、一度も暴力団に所属したことはない。(イトウの)刺青も、ヤクザのものではない」と断言した。
帰国するための航空券は、用意されたのではなく、自分で購入したという。
 日本には犯行までに一年半ほど滞在していたが、フクダ被告はほとんど日本語を話せなかった。犯行に及んだ動機は
「残念ながら金だった」と答えた。被害者のことは知らなかったという。
 フクダ被告には二人子供がおり、帰国後、カンピーナスで清掃員などとして働いていた。同被告の証言によると2004年、
薬物の取引に携わった疑いで逮捕され、有罪判決が出ている。
サンローランの雑誌広告、痩せすぎモデルで掲載禁止に
【AFPBB News】 2015/06/04 15:30
【6月4日AFP】英国の広告監視当局は3日、仏高級ファッションブランド「サンローラン(Saint Laurent)」の
雑誌広告について、痩せすぎのモデルを起用していることを理由に掲載禁止の判断を下した。
この広告では、短いスカートとタイツ、プラットフォームヒール(厚底のヒール)を履いたモデルが地面に
仰向けに横たわっているモノクロ写真が使われている。英国広告基準局(Advertising Standards Authority、
ASA)は、広告を「無責任」と断じた。問題の写真についてASAは、モデルのポーズと照明によって胸部の肋骨
が際立って見えるとし、また脚部も「太ももとひざが同じ太さで細く見える」とコメントしている。
ブランド側は、モデルが痩せすぎに見えるということに同意できないとしたが、今回の決定により、この広告を
現行のまま再掲することはできなくなった。同ブランドは、以前は「イヴ・サンローラン(Yves Saint Laurent)」として
知られていた。(c)AFP

165日曜8時の名無しさん2017/02/01(水) 03:53:28.33ID:YYrsbIW8
「全て事実。後悔している」=デカセギ二人組殺人事件=被告一人が供述、犯行認める=代理処罰申請6件目に進展
【既報関連】東京都葛飾区で2001年6月4日未明、日系人の男二人が暴力団員に雇われ、無職の川上芳考さん(よしたか、当時33)を、
自宅に押し入り拳銃で射殺し、妻に重傷を負わせたとされる事件の被告人尋問が5月25日午後2時半頃、
聖市のバーラ・フンダ刑事裁判所で行われた。被告二人はデカセギで訪日していた日系三世で、犯行の約2週間後に同じ便で帰伯していた。
日本政府は10年に代理処罰申請(国外犯処罰規定による訴追)をし、マルセーロ・フクダ(35)被告は翌年に当地で逮捕され、
聖市ベレンの刑務所に拘禁されている。今回は彼のみが出頭、約一時間にわたって供述を行い、インドの熱波、死者1500人近くに 病院に長蛇の列

「後悔している。冷酷で残虐な行為だった」とのべ、公訴事実を全面的に認めた。
 「やったことは全て間違っていた。後悔している。事件後は、全然人生がうまくいかなかった」―。被告人尋問は報道陣にも公開する形で行われ、
手錠で繋がれた状態で警官に同行され、同被告が出廷した。「罪を犯したことを後悔しているか」との検察官の問いに早口でこう答え、反省の意思を見せた。
 最初に裁判官が黙秘権について説明した後、公訴事実を述べた上で事実かどうかを尋ねると、「全て本当です」と答え、判事、
検察官の質問に、よどみのない口調で答え始めた。
 供述によれば、フクダ被告は事件当日未明、顔見知りだったデニス(=証人の一人デニス・ユウジ・ヒロタ)という男に誘われ、
行きつけだった成田のディスコに、もう一人の犯人クリスチアーノ・イトウとともに出かけたという。ディスコで二人は、
大柄の男をデニスから紹介された。「その男に、幾許かの金と引き換えに仕事をやらないかと提案された」。提案された報酬は、一人100万円ずつだった。
 被告二人はその夜、男から現金50万円と共に白い車と銃を受け取り、デニスの運転する車で被害者宅に向かい、近くのレストランで、
男から指示があるまで待機した。
 その後川上さんの家に行き、イトウが家の外から最初の一発を撃って侵入したが、その時に銃の挿弾子
(複数個の弾薬を装填する際に用いる器具)が外れた。後から家に侵入したフクダ被告が、落ちていた弾を見つけて引き金にセットし
、二発目を被害者に向けて撃った。
 イトウは川上さんの妻に暴力を振るい、その後二人は現場から逃げた。残りの50万円は、犯行二日後に現金で受け取った。フクダは事件翌日、
仕事を無断欠勤し、クビになったという。
 被告二人は日本で、勤務していたソニーの工場で知り合い、一年ほど一緒に住んでいた。
 暴力団との関係について問われると、「依頼人がヤクザだったかどうかは(そう言われてはいるが)、よくわからない。自分も、
知っている限りではクリスチアーノも、一度も暴力団に所属したことはない。(イトウの)刺青も、ヤクザのものではない」と断言した。
帰国するための航空券は、用意されたのではなく、自分で購入したという。
 日本には犯行までに一年半ほど滞在していたが、フクダ被告はほとんど日本語を話せなかった。犯行に及んだ動機は
「残念ながら金だった」と答えた。被害者のことは知らなかったという。
 フクダ被告には二人子供がおり、帰国後、カンピーナスで清掃員などとして働いていた。同被告の証言によると2004年、
薬物の取引に携わった疑いで逮捕され、有罪判決が出ている。
サンローランの雑誌広告、痩せすぎモデルで掲載禁止に
【AFPBB News】 2015/06/04 15:30
【6月4日AFP】英国の広告監視当局は3日、仏高級ファッションブランド「サンローラン(Saint Laurent)」の
雑誌広告について、痩せすぎのモデルを起用していることを理由に掲載禁止の判断を下した。
この広告では、短いスカートとタイツ、プラットフォームヒール(厚底のヒール)を履いたモデルが地面に
仰向けに横たわっているモノクロ写真が使われている。英国広告基準局(Advertising Standards Authority、
ASA)は、広告を「無責任」と断じた。問題の写真についてASAは、モデルのポーズと照明によって胸部の肋骨
が際立って見えるとし、また脚部も「太ももとひざが同じ太さで細く見える」とコメントしている。
ブランド側は、モデルが痩せすぎに見えるということに同意できないとしたが、今回の決定により、この広告を
現行のまま再掲することはできなくなった。同ブランドは、以前は「イヴ・サンローラン(Yves Saint Laurent)」として
知られていた。(c)AFP

166日曜8時の名無しさん2017/02/01(水) 03:54:20.95ID:YYrsbIW8
「全て事実。後悔している」=デカセギ二人組殺人事件=被告一人が供述、犯行認める=代理処罰申請6件目に進展
【既報関連】東京都葛飾区で2001年6月4日未明、日系人の男二人が暴力団員に雇われ、無職の川上芳考さん(よしたか、当時33)を、
自宅に押し入り拳銃で射殺し、妻に重傷を負わせたとされる事件の被告人尋問が5月25日午後2時半頃、
聖市のバーラ・フンダ刑事裁判所で行われた。被告二人はデカセギで訪日していた日系三世で、犯行の約2週間後に同じ便で帰伯していた。
日本政府は10年に代理処罰申請(国外犯処罰規定による訴追)をし、マルセーロ・フクダ(35)被告は翌年に当地で逮捕され、
聖市ベレンの刑務所に拘禁されている。今回は彼のみが出頭、約一時間にわたって供述を行い、インドの熱波、死者1500人近くに 病院に長蛇の列

「後悔している。冷酷で残虐な行為だった」とのべ、公訴事実を全面的に認めた。
 「やったことは全て間違っていた。後悔している。事件後は、全然人生がうまくいかなかった」―。被告人尋問は報道陣にも公開する形で行われ、
手錠で繋がれた状態で警官に同行され、同被告が出廷した。「罪を犯したことを後悔しているか」との検察官の問いに早口でこう答え、反省の意思を見せた。
 最初に裁判官が黙秘権について説明した後、公訴事実を述べた上で事実かどうかを尋ねると、「全て本当です」と答え、判事、
検察官の質問に、よどみのない口調で答え始めた。
 供述によれば、フクダ被告は事件当日未明、顔見知りだったデニス(=証人の一人デニス・ユウジ・ヒロタ)という男に誘われ、
行きつけだった成田のディスコに、もう一人の犯人クリスチアーノ・イトウとともに出かけたという。ディスコで二人は、
大柄の男をデニスから紹介された。「その男に、幾許かの金と引き換えに仕事をやらないかと提案された」。提案された報酬は、一人100万円ずつだった。
 被告二人はその夜、男から現金50万円と共に白い車と銃を受け取り、デニスの運転する車で被害者宅に向かい、近くのレストランで、
男から指示があるまで待機した。
 その後川上さんの家に行き、イトウが家の外から最初の一発を撃って侵入したが、その時に銃の挿弾子
(複数個の弾薬を装填する際に用いる器具)が外れた。後から家に侵入したフクダ被告が、落ちていた弾を見つけて引き金にセットし
、二発目を被害者に向けて撃った。
 イトウは川上さんの妻に暴力を振るい、その後二人は現場から逃げた。残りの50万円は、犯行二日後に現金で受け取った。フクダは事件翌日、
仕事を無断欠勤し、クビになったという。
 被告二人は日本で、勤務していたソニーの工場で知り合い、一年ほど一緒に住んでいた。
 暴力団との関係について問われると、「依頼人がヤクザだったかどうかは(そう言われてはいるが)、よくわからない。自分も、
知っている限りではクリスチアーノも、一度も暴力団に所属したことはない。(イトウの)刺青も、ヤクザのものではない」と断言した。
帰国するための航空券は、用意されたのではなく、自分で購入したという。
 日本には犯行までに一年半ほど滞在していたが、フクダ被告はほとんど日本語を話せなかった。犯行に及んだ動機は
「残念ながら金だった」と答えた。被害者のことは知らなかったという。
 フクダ被告には二人子供がおり、帰国後、カンピーナスで清掃員などとして働いていた。同被告の証言によると2004年、
薬物の取引に携わった疑いで逮捕され、有罪判決が出ている。
サンローランの雑誌広告、痩せすぎモデルで掲載禁止に
【AFPBB News】 2015/06/04 15:30
【6月4日AFP】英国の広告監視当局は3日、仏高級ファッションブランド「サンローラン(Saint Laurent)」の
雑誌広告について、痩せすぎのモデルを起用していることを理由に掲載禁止の判断を下した。
この広告では、短いスカートとタイツ、プラットフォームヒール(厚底のヒール)を履いたモデルが地面に
仰向けに横たわっているモノクロ写真が使われている。英国広告基準局(Advertising Standards Authority、
ASA)は、広告を「無責任」と断じた。問題の写真についてASAは、モデルのポーズと照明によって胸部の肋骨
が際立って見えるとし、また脚部も「太ももとひざが同じ太さで細く見える」とコメントしている。
ブランド側は、モデルが痩せすぎに見えるということに同意できないとしたが、今回の決定により、この広告を
現行のまま再掲することはできなくなった。同ブランドは、以前は「イヴ・サンローラン(Yves Saint Laurent)」として
知られていた。(c)AFP

167日曜8時の名無しさん2017/02/01(水) 03:54:44.55ID:YYrsbIW8
「全て事実。後悔している」=デカセギ二人組殺人事件=被告一人が供述、犯行認める=代理処罰申請6件目に進展
【既報関連】東京都葛飾区で2001年6月4日未明、日系人の男二人が暴力団員に雇われ、無職の川上芳考さん(よしたか、当時33)を、
自宅に押し入り拳銃で射殺し、妻に重傷を負わせたとされる事件の被告人尋問が5月25日午後2時半頃、
聖市のバーラ・フンダ刑事裁判所で行われた。被告二人はデカセギで訪日していた日系三世で、犯行の約2週間後に同じ便で帰伯していた。
日本政府は10年に代理処罰申請(国外犯処罰規定による訴追)をし、マルセーロ・フクダ(35)被告は翌年に当地で逮捕され、
聖市ベレンの刑務所に拘禁されている。今回は彼のみが出頭、約一時間にわたって供述を行い、インドの熱波、死者1500人近くに 病院に長蛇の列

「後悔している。冷酷で残虐な行為だった」とのべ、公訴事実を全面的に認めた。
 「やったことは全て間違っていた。後悔している。事件後は、全然人生がうまくいかなかった」―。被告人尋問は報道陣にも公開する形で行われ、
手錠で繋がれた状態で警官に同行され、同被告が出廷した。「罪を犯したことを後悔しているか」との検察官の問いに早口でこう答え、反省の意思を見せた。
 最初に裁判官が黙秘権について説明した後、公訴事実を述べた上で事実かどうかを尋ねると、「全て本当です」と答え、判事、
検察官の質問に、よどみのない口調で答え始めた。
 供述によれば、フクダ被告は事件当日未明、顔見知りだったデニス(=証人の一人デニス・ユウジ・ヒロタ)という男に誘われ、
行きつけだった成田のディスコに、もう一人の犯人クリスチアーノ・イトウとともに出かけたという。ディスコで二人は、
大柄の男をデニスから紹介された。「その男に、幾許かの金と引き換えに仕事をやらないかと提案された」。提案された報酬は、一人100万円ずつだった。
 被告二人はその夜、男から現金50万円と共に白い車と銃を受け取り、デニスの運転する車で被害者宅に向かい、近くのレストランで、
男から指示があるまで待機した。
 その後川上さんの家に行き、イトウが家の外から最初の一発を撃って侵入したが、その時に銃の挿弾子
(複数個の弾薬を装填する際に用いる器具)が外れた。後から家に侵入したフクダ被告が、落ちていた弾を見つけて引き金にセットし
、二発目を被害者に向けて撃った。
 イトウは川上さんの妻に暴力を振るい、その後二人は現場から逃げた。残りの50万円は、犯行二日後に現金で受け取った。フクダは事件翌日、
仕事を無断欠勤し、クビになったという。
 被告二人は日本で、勤務していたソニーの工場で知り合い、一年ほど一緒に住んでいた。
 暴力団との関係について問われると、「依頼人がヤクザだったかどうかは(そう言われてはいるが)、よくわからない。自分も、
知っている限りではクリスチアーノも、一度も暴力団に所属したことはない。(イトウの)刺青も、ヤクザのものではない」と断言した。
帰国するための航空券は、用意されたのではなく、自分で購入したという。
 日本には犯行までに一年半ほど滞在していたが、フクダ被告はほとんど日本語を話せなかった。犯行に及んだ動機は
「残念ながら金だった」と答えた。被害者のことは知らなかったという。
 フクダ被告には二人子供がおり、帰国後、カンピーナスで清掃員などとして働いていた。同被告の証言によると2004年、
薬物の取引に携わった疑いで逮捕され、有罪判決が出ている。
サンローランの雑誌広告、痩せすぎモデルで掲載禁止に
【AFPBB News】 2015/06/04 15:30
【6月4日AFP】英国の広告監視当局は3日、仏高級ファッションブランド「サンローラン(Saint Laurent)」の
雑誌広告について、痩せすぎのモデルを起用していることを理由に掲載禁止の判断を下した。
この広告では、短いスカートとタイツ、プラットフォームヒール(厚底のヒール)を履いたモデルが地面に
仰向けに横たわっているモノクロ写真が使われている。英国広告基準局(Advertising Standards Authority、
ASA)は、広告を「無責任」と断じた。問題の写真についてASAは、モデルのポーズと照明によって胸部の肋骨
が際立って見えるとし、また脚部も「太ももとひざが同じ太さで細く見える」とコメントしている。
ブランド側は、モデルが痩せすぎに見えるということに同意できないとしたが、今回の決定により、この広告を
現行のまま再掲することはできなくなった。同ブランドは、以前は「イヴ・サンローラン(Yves Saint Laurent)」として
知られていた。(c)AFP

168日曜8時の名無しさん2017/02/01(水) 03:55:12.23ID:YYrsbIW8
「全て事実。後悔している」=デカセギ二人組殺人事件=被告一人が供述、犯行認める=代理処罰申請6件目に進展
【既報関連】東京都葛飾区で2001年6月4日未明、日系人の男二人が暴力団員に雇われ、無職の川上芳考さん(よしたか、当時33)を、
自宅に押し入り拳銃で射殺し、妻に重傷を負わせたとされる事件の被告人尋問が5月25日午後2時半頃、
聖市のバーラ・フンダ刑事裁判所で行われた。被告二人はデカセギで訪日していた日系三世で、犯行の約2週間後に同じ便で帰伯していた。
日本政府は10年に代理処罰申請(国外犯処罰規定による訴追)をし、マルセーロ・フクダ(35)被告は翌年に当地で逮捕され、
聖市ベレンの刑務所に拘禁されている。今回は彼のみが出頭、約一時間にわたって供述を行い、インドの熱波、死者1500人近くに 病院に長蛇の列

「後悔している。冷酷で残虐な行為だった」とのべ、公訴事実を全面的に認めた。
 「やったことは全て間違っていた。後悔している。事件後は、全然人生がうまくいかなかった」―。被告人尋問は報道陣にも公開する形で行われ、
手錠で繋がれた状態で警官に同行され、同被告が出廷した。「罪を犯したことを後悔しているか」との検察官の問いに早口でこう答え、反省の意思を見せた。
 最初に裁判官が黙秘権について説明した後、公訴事実を述べた上で事実かどうかを尋ねると、「全て本当です」と答え、判事、
検察官の質問に、よどみのない口調で答え始めた。
 供述によれば、フクダ被告は事件当日未明、顔見知りだったデニス(=証人の一人デニス・ユウジ・ヒロタ)という男に誘われ、
行きつけだった成田のディスコに、もう一人の犯人クリスチアーノ・イトウとともに出かけたという。ディスコで二人は、
大柄の男をデニスから紹介された。「その男に、幾許かの金と引き換えに仕事をやらないかと提案された」。提案された報酬は、一人100万円ずつだった。
 被告二人はその夜、男から現金50万円と共に白い車と銃を受け取り、デニスの運転する車で被害者宅に向かい、近くのレストランで、
男から指示があるまで待機した。
 その後川上さんの家に行き、イトウが家の外から最初の一発を撃って侵入したが、その時に銃の挿弾子
(複数個の弾薬を装填する際に用いる器具)が外れた。後から家に侵入したフクダ被告が、落ちていた弾を見つけて引き金にセットし
、二発目を被害者に向けて撃った。
 イトウは川上さんの妻に暴力を振るい、その後二人は現場から逃げた。残りの50万円は、犯行二日後に現金で受け取った。フクダは事件翌日、
仕事を無断欠勤し、クビになったという。
 被告二人は日本で、勤務していたソニーの工場で知り合い、一年ほど一緒に住んでいた。
 暴力団との関係について問われると、「依頼人がヤクザだったかどうかは(そう言われてはいるが)、よくわからない。自分も、
知っている限りではクリスチアーノも、一度も暴力団に所属したことはない。(イトウの)刺青も、ヤクザのものではない」と断言した。
帰国するための航空券は、用意されたのではなく、自分で購入したという。
 日本には犯行までに一年半ほど滞在していたが、フクダ被告はほとんど日本語を話せなかった。犯行に及んだ動機は
「残念ながら金だった」と答えた。被害者のことは知らなかったという。
 フクダ被告には二人子供がおり、帰国後、カンピーナスで清掃員などとして働いていた。同被告の証言によると2004年、
薬物の取引に携わった疑いで逮捕され、有罪判決が出ている。
サンローランの雑誌広告、痩せすぎモデルで掲載禁止に
【AFPBB News】 2015/06/04 15:30
【6月4日AFP】英国の広告監視当局は3日、仏高級ファッションブランド「サンローラン(Saint Laurent)」の
雑誌広告について、痩せすぎのモデルを起用していることを理由に掲載禁止の判断を下した。
この広告では、短いスカートとタイツ、プラットフォームヒール(厚底のヒール)を履いたモデルが地面に
仰向けに横たわっているモノクロ写真が使われている。英国広告基準局(Advertising Standards Authority、
ASA)は、広告を「無責任」と断じた。問題の写真についてASAは、モデルのポーズと照明によって胸部の肋骨
が際立って見えるとし、また脚部も「太ももとひざが同じ太さで細く見える」とコメントしている。
ブランド側は、モデルが痩せすぎに見えるということに同意できないとしたが、今回の決定により、この広告を
現行のまま再掲することはできなくなった。同ブランドは、以前は「イヴ・サンローラン(Yves Saint Laurent)」として
知られていた。(c)AFP

169日曜8時の名無しさん2017/02/01(水) 03:56:47.56ID:YYrsbIW8
「全て事実。後悔している」=デカセギ二人組殺人事件=被告一人が供述、犯行認める=代理処罰申請6件目に進展
【既報関連】東京都葛飾区で2001年6月4日未明、日系人の男二人が暴力団員に雇われ、無職の川上芳考さん(よしたか、当時33)を、
自宅に押し入り拳銃で射殺し、妻に重傷を負わせたとされる事件の被告人尋問が5月25日午後2時半頃、
聖市のバーラ・フンダ刑事裁判所で行われた。被告二人はデカセギで訪日していた日系三世で、犯行の約2週間後に同じ便で帰伯していた。
日本政府は10年に代理処罰申請(国外犯処罰規定による訴追)をし、マルセーロ・フクダ(35)被告は翌年に当地で逮捕され、
聖市ベレンの刑務所に拘禁されている。今回は彼のみが出頭、約一時間にわたって供述を行い、インドの熱波、死者1500人近くに 病院に長蛇の列

「後悔している。冷酷で残虐な行為だった」とのべ、公訴事実を全面的に認めた。
 「やったことは全て間違っていた。後悔している。事件後は、全然人生がうまくいかなかった」―。被告人尋問は報道陣にも公開する形で行われ、
手錠で繋がれた状態で警官に同行され、同被告が出廷した。「罪を犯したことを後悔しているか」との検察官の問いに早口でこう答え、反省の意思を見せた。
 最初に裁判官が黙秘権について説明した後、公訴事実を述べた上で事実かどうかを尋ねると、「全て本当です」と答え、判事、
検察官の質問に、よどみのない口調で答え始めた。
 供述によれば、フクダ被告は事件当日未明、顔見知りだったデニス(=証人の一人デニス・ユウジ・ヒロタ)という男に誘われ、
行きつけだった成田のディスコに、もう一人の犯人クリスチアーノ・イトウとともに出かけたという。ディスコで二人は、
大柄の男をデニスから紹介された。「その男に、幾許かの金と引き換えに仕事をやらないかと提案された」。提案された報酬は、一人100万円ずつだった。
 被告二人はその夜、男から現金50万円と共に白い車と銃を受け取り、デニスの運転する車で被害者宅に向かい、近くのレストランで、
男から指示があるまで待機した。
 その後川上さんの家に行き、イトウが家の外から最初の一発を撃って侵入したが、その時に銃の挿弾子
(複数個の弾薬を装填する際に用いる器具)が外れた。後から家に侵入したフクダ被告が、落ちていた弾を見つけて引き金にセットし
、二発目を被害者に向けて撃った。
 イトウは川上さんの妻に暴力を振るい、その後二人は現場から逃げた。残りの50万円は、犯行二日後に現金で受け取った。フクダは事件翌日、
仕事を無断欠勤し、クビになったという。
 被告二人は日本で、勤務していたソニーの工場で知り合い、一年ほど一緒に住んでいた。
 暴力団との関係について問われると、「依頼人がヤクザだったかどうかは(そう言われてはいるが)、よくわからない。自分も、
知っている限りではクリスチアーノも、一度も暴力団に所属したことはない。(イトウの)刺青も、ヤクザのものではない」と断言した。
帰国するための航空券は、用意されたのではなく、自分で購入したという。
 日本には犯行までに一年半ほど滞在していたが、フクダ被告はほとんど日本語を話せなかった。犯行に及んだ動機は
「残念ながら金だった」と答えた。被害者のことは知らなかったという。
 フクダ被告には二人子供がおり、帰国後、カンピーナスで清掃員などとして働いていた。同被告の証言によると2004年、
薬物の取引に携わった疑いで逮捕され、有罪判決が出ている。
サンローランの雑誌広告、痩せすぎモデルで掲載禁止に
【AFPBB News】 2015/06/04 15:30
【6月4日AFP】英国の広告監視当局は3日、仏高級ファッションブランド「サンローラン(Saint Laurent)」の
雑誌広告について、痩せすぎのモデルを起用していることを理由に掲載禁止の判断を下した。
この広告では、短いスカートとタイツ、プラットフォームヒール(厚底のヒール)を履いたモデルが地面に
仰向けに横たわっているモノクロ写真が使われている。英国広告基準局(Advertising Standards Authority、
ASA)は、広告を「無責任」と断じた。問題の写真についてASAは、モデルのポーズと照明によって胸部の肋骨
が際立って見えるとし、また脚部も「太ももとひざが同じ太さで細く見える」とコメントしている。
ブランド側は、モデルが痩せすぎに見えるということに同意できないとしたが、今回の決定により、この広告を
現行のまま再掲することはできなくなった。同ブランドは、以前は「イヴ・サンローラン(Yves Saint Laurent)」として
知られていた。(c)AFP

170日曜8時の名無しさん2017/02/01(水) 03:57:04.81ID:YYrsbIW8
「全て事実。後悔している」=デカセギ二人組殺人事件=被告一人が供述、犯行認める=代理処罰申請6件目に進展
【既報関連】東京都葛飾区で2001年6月4日未明、日系人の男二人が暴力団員に雇われ、無職の川上芳考さん(よしたか、当時33)を、
自宅に押し入り拳銃で射殺し、妻に重傷を負わせたとされる事件の被告人尋問が5月25日午後2時半頃、
聖市のバーラ・フンダ刑事裁判所で行われた。被告二人はデカセギで訪日していた日系三世で、犯行の約2週間後に同じ便で帰伯していた。
日本政府は10年に代理処罰申請(国外犯処罰規定による訴追)をし、マルセーロ・フクダ(35)被告は翌年に当地で逮捕され、
聖市ベレンの刑務所に拘禁されている。今回は彼のみが出頭、約一時間にわたって供述を行い、インドの熱波、死者1500人近くに 病院に長蛇の列

「後悔している。冷酷で残虐な行為だった」とのべ、公訴事実を全面的に認めた。
 「やったことは全て間違っていた。後悔している。事件後は、全然人生がうまくいかなかった」―。被告人尋問は報道陣にも公開する形で行われ、
手錠で繋がれた状態で警官に同行され、同被告が出廷した。「罪を犯したことを後悔しているか」との検察官の問いに早口でこう答え、反省の意思を見せた。
 最初に裁判官が黙秘権について説明した後、公訴事実を述べた上で事実かどうかを尋ねると、「全て本当です」と答え、判事、
検察官の質問に、よどみのない口調で答え始めた。
 供述によれば、フクダ被告は事件当日未明、顔見知りだったデニス(=証人の一人デニス・ユウジ・ヒロタ)という男に誘われ、
行きつけだった成田のディスコに、もう一人の犯人クリスチアーノ・イトウとともに出かけたという。ディスコで二人は、
大柄の男をデニスから紹介された。「その男に、幾許かの金と引き換えに仕事をやらないかと提案された」。提案された報酬は、一人100万円ずつだった。
 被告二人はその夜、男から現金50万円と共に白い車と銃を受け取り、デニスの運転する車で被害者宅に向かい、近くのレストランで、
男から指示があるまで待機した。
 その後川上さんの家に行き、イトウが家の外から最初の一発を撃って侵入したが、その時に銃の挿弾子
(複数個の弾薬を装填する際に用いる器具)が外れた。後から家に侵入したフクダ被告が、落ちていた弾を見つけて引き金にセットし
、二発目を被害者に向けて撃った。
 イトウは川上さんの妻に暴力を振るい、その後二人は現場から逃げた。残りの50万円は、犯行二日後に現金で受け取った。フクダは事件翌日、
仕事を無断欠勤し、クビになったという。
 被告二人は日本で、勤務していたソニーの工場で知り合い、一年ほど一緒に住んでいた。
 暴力団との関係について問われると、「依頼人がヤクザだったかどうかは(そう言われてはいるが)、よくわからない。自分も、
知っている限りではクリスチアーノも、一度も暴力団に所属したことはない。(イトウの)刺青も、ヤクザのものではない」と断言した。
帰国するための航空券は、用意されたのではなく、自分で購入したという。
 日本には犯行までに一年半ほど滞在していたが、フクダ被告はほとんど日本語を話せなかった。犯行に及んだ動機は
「残念ながら金だった」と答えた。被害者のことは知らなかったという。
 フクダ被告には二人子供がおり、帰国後、カンピーナスで清掃員などとして働いていた。同被告の証言によると2004年、
薬物の取引に携わった疑いで逮捕され、有罪判決が出ている。
サンローランの雑誌広告、痩せすぎモデルで掲載禁止に
【AFPBB News】 2015/06/04 15:30
【6月4日AFP】英国の広告監視当局は3日、仏高級ファッションブランド「サンローラン(Saint Laurent)」の
雑誌広告について、痩せすぎのモデルを起用していることを理由に掲載禁止の判断を下した。
この広告では、短いスカートとタイツ、プラットフォームヒール(厚底のヒール)を履いたモデルが地面に
仰向けに横たわっているモノクロ写真が使われている。英国広告基準局(Advertising Standards Authority、
ASA)は、広告を「無責任」と断じた。問題の写真についてASAは、モデルのポーズと照明によって胸部の肋骨
が際立って見えるとし、また脚部も「太ももとひざが同じ太さで細く見える」とコメントしている。
ブランド側は、モデルが痩せすぎに見えるということに同意できないとしたが、今回の決定により、この広告を
現行のまま再掲することはできなくなった。同ブランドは、以前は「イヴ・サンローラン(Yves Saint Laurent)」として
知られていた。(c)AFP

171日曜8時の名無しさん2017/02/01(水) 03:57:26.96ID:YYrsbIW8
「全て事実。後悔している」=デカセギ二人組殺人事件=被告一人が供述、犯行認める=代理処罰申請6件目に進展
【既報関連】東京都葛飾区で2001年6月4日未明、日系人の男二人が暴力団員に雇われ、無職の川上芳考さん(よしたか、当時33)を、
自宅に押し入り拳銃で射殺し、妻に重傷を負わせたとされる事件の被告人尋問が5月25日午後2時半頃、
聖市のバーラ・フンダ刑事裁判所で行われた。被告二人はデカセギで訪日していた日系三世で、犯行の約2週間後に同じ便で帰伯していた。
日本政府は10年に代理処罰申請(国外犯処罰規定による訴追)をし、マルセーロ・フクダ(35)被告は翌年に当地で逮捕され、
聖市ベレンの刑務所に拘禁されている。今回は彼のみが出頭、約一時間にわたって供述を行い、インドの熱波、死者1500人近くに 病院に長蛇の列

「後悔している。冷酷で残虐な行為だった」とのべ、公訴事実を全面的に認めた。
 「やったことは全て間違っていた。後悔している。事件後は、全然人生がうまくいかなかった」―。被告人尋問は報道陣にも公開する形で行われ、
手錠で繋がれた状態で警官に同行され、同被告が出廷した。「罪を犯したことを後悔しているか」との検察官の問いに早口でこう答え、反省の意思を見せた。
 最初に裁判官が黙秘権について説明した後、公訴事実を述べた上で事実かどうかを尋ねると、「全て本当です」と答え、判事、
検察官の質問に、よどみのない口調で答え始めた。
 供述によれば、フクダ被告は事件当日未明、顔見知りだったデニス(=証人の一人デニス・ユウジ・ヒロタ)という男に誘われ、
行きつけだった成田のディスコに、もう一人の犯人クリスチアーノ・イトウとともに出かけたという。ディスコで二人は、
大柄の男をデニスから紹介された。「その男に、幾許かの金と引き換えに仕事をやらないかと提案された」。提案された報酬は、一人100万円ずつだった。
 被告二人はその夜、男から現金50万円と共に白い車と銃を受け取り、デニスの運転する車で被害者宅に向かい、近くのレストランで、
男から指示があるまで待機した。
 その後川上さんの家に行き、イトウが家の外から最初の一発を撃って侵入したが、その時に銃の挿弾子
(複数個の弾薬を装填する際に用いる器具)が外れた。後から家に侵入したフクダ被告が、落ちていた弾を見つけて引き金にセットし
、二発目を被害者に向けて撃った。
 イトウは川上さんの妻に暴力を振るい、その後二人は現場から逃げた。残りの50万円は、犯行二日後に現金で受け取った。フクダは事件翌日、
仕事を無断欠勤し、クビになったという。
 被告二人は日本で、勤務していたソニーの工場で知り合い、一年ほど一緒に住んでいた。
 暴力団との関係について問われると、「依頼人がヤクザだったかどうかは(そう言われてはいるが)、よくわからない。自分も、
知っている限りではクリスチアーノも、一度も暴力団に所属したことはない。(イトウの)刺青も、ヤクザのものではない」と断言した。
帰国するための航空券は、用意されたのではなく、自分で購入したという。
 日本には犯行までに一年半ほど滞在していたが、フクダ被告はほとんど日本語を話せなかった。犯行に及んだ動機は
「残念ながら金だった」と答えた。被害者のことは知らなかったという。
 フクダ被告には二人子供がおり、帰国後、カンピーナスで清掃員などとして働いていた。同被告の証言によると2004年、
薬物の取引に携わった疑いで逮捕され、有罪判決が出ている。
サンローランの雑誌広告、痩せすぎモデルで掲載禁止に
【AFPBB News】 2015/06/04 15:30
【6月4日AFP】英国の広告監視当局は3日、仏高級ファッションブランド「サンローラン(Saint Laurent)」の
雑誌広告について、痩せすぎのモデルを起用していることを理由に掲載禁止の判断を下した。
この広告では、短いスカートとタイツ、プラットフォームヒール(厚底のヒール)を履いたモデルが地面に
仰向けに横たわっているモノクロ写真が使われている。英国広告基準局(Advertising Standards Authority、
ASA)は、広告を「無責任」と断じた。問題の写真についてASAは、モデルのポーズと照明によって胸部の肋骨
が際立って見えるとし、また脚部も「太ももとひざが同じ太さで細く見える」とコメントしている。
ブランド側は、モデルが痩せすぎに見えるということに同意できないとしたが、今回の決定により、この広告を
現行のまま再掲することはできなくなった。同ブランドは、以前は「イヴ・サンローラン(Yves Saint Laurent)」として
知られていた。(c)AFP

172日曜8時の名無しさん2017/02/01(水) 03:57:48.46ID:YYrsbIW8
「全て事実。後悔している」=デカセギ二人組殺人事件=被告一人が供述、犯行認める=代理処罰申請6件目に進展
【既報関連】東京都葛飾区で2001年6月4日未明、日系人の男二人が暴力団員に雇われ、無職の川上芳考さん(よしたか、当時33)を、
自宅に押し入り拳銃で射殺し、妻に重傷を負わせたとされる事件の被告人尋問が5月25日午後2時半頃、
聖市のバーラ・フンダ刑事裁判所で行われた。被告二人はデカセギで訪日していた日系三世で、犯行の約2週間後に同じ便で帰伯していた。
日本政府は10年に代理処罰申請(国外犯処罰規定による訴追)をし、マルセーロ・フクダ(35)被告は翌年に当地で逮捕され、
聖市ベレンの刑務所に拘禁されている。今回は彼のみが出頭、約一時間にわたって供述を行い、インドの熱波、死者1500人近くに 病院に長蛇の列

「後悔している。冷酷で残虐な行為だった」とのべ、公訴事実を全面的に認めた。
 「やったことは全て間違っていた。後悔している。事件後は、全然人生がうまくいかなかった」―。被告人尋問は報道陣にも公開する形で行われ、
手錠で繋がれた状態で警官に同行され、同被告が出廷した。「罪を犯したことを後悔しているか」との検察官の問いに早口でこう答え、反省の意思を見せた。
 最初に裁判官が黙秘権について説明した後、公訴事実を述べた上で事実かどうかを尋ねると、「全て本当です」と答え、判事、
検察官の質問に、よどみのない口調で答え始めた。
 供述によれば、フクダ被告は事件当日未明、顔見知りだったデニス(=証人の一人デニス・ユウジ・ヒロタ)という男に誘われ、
行きつけだった成田のディスコに、もう一人の犯人クリスチアーノ・イトウとともに出かけたという。ディスコで二人は、
大柄の男をデニスから紹介された。「その男に、幾許かの金と引き換えに仕事をやらないかと提案された」。提案された報酬は、一人100万円ずつだった。
 被告二人はその夜、男から現金50万円と共に白い車と銃を受け取り、デニスの運転する車で被害者宅に向かい、近くのレストランで、
男から指示があるまで待機した。
 その後川上さんの家に行き、イトウが家の外から最初の一発を撃って侵入したが、その時に銃の挿弾子
(複数個の弾薬を装填する際に用いる器具)が外れた。後から家に侵入したフクダ被告が、落ちていた弾を見つけて引き金にセットし
、二発目を被害者に向けて撃った。
 イトウは川上さんの妻に暴力を振るい、その後二人は現場から逃げた。残りの50万円は、犯行二日後に現金で受け取った。フクダは事件翌日、
仕事を無断欠勤し、クビになったという。
 被告二人は日本で、勤務していたソニーの工場で知り合い、一年ほど一緒に住んでいた。
 暴力団との関係について問われると、「依頼人がヤクザだったかどうかは(そう言われてはいるが)、よくわからない。自分も、
知っている限りではクリスチアーノも、一度も暴力団に所属したことはない。(イトウの)刺青も、ヤクザのものではない」と断言した。
帰国するための航空券は、用意されたのではなく、自分で購入したという。
 日本には犯行までに一年半ほど滞在していたが、フクダ被告はほとんど日本語を話せなかった。犯行に及んだ動機は
「残念ながら金だった」と答えた。被害者のことは知らなかったという。
 フクダ被告には二人子供がおり、帰国後、カンピーナスで清掃員などとして働いていた。同被告の証言によると2004年、
薬物の取引に携わった疑いで逮捕され、有罪判決が出ている。
サンローランの雑誌広告、痩せすぎモデルで掲載禁止に
【AFPBB News】 2015/06/04 15:30
【6月4日AFP】英国の広告監視当局は3日、仏高級ファッションブランド「サンローラン(Saint Laurent)」の
雑誌広告について、痩せすぎのモデルを起用していることを理由に掲載禁止の判断を下した。
この広告では、短いスカートとタイツ、プラットフォームヒール(厚底のヒール)を履いたモデルが地面に
仰向けに横たわっているモノクロ写真が使われている。英国広告基準局(Advertising Standards Authority、
ASA)は、広告を「無責任」と断じた。問題の写真についてASAは、モデルのポーズと照明によって胸部の肋骨
が際立って見えるとし、また脚部も「太ももとひざが同じ太さで細く見える」とコメントしている。
ブランド側は、モデルが痩せすぎに見えるということに同意できないとしたが、今回の決定により、この広告を
現行のまま再掲することはできなくなった。同ブランドは、以前は「イヴ・サンローラン(Yves Saint Laurent)」として
知られていた。(c)AFP

173日曜8時の名無しさん2017/02/01(水) 03:58:07.20ID:YYrsbIW8
「全て事実。後悔している」=デカセギ二人組殺人事件=被告一人が供述、犯行認める=代理処罰申請6件目に進展
【既報関連】東京都葛飾区で2001年6月4日未明、日系人の男二人が暴力団員に雇われ、無職の川上芳考さん(よしたか、当時33)を、
自宅に押し入り拳銃で射殺し、妻に重傷を負わせたとされる事件の被告人尋問が5月25日午後2時半頃、
聖市のバーラ・フンダ刑事裁判所で行われた。被告二人はデカセギで訪日していた日系三世で、犯行の約2週間後に同じ便で帰伯していた。
日本政府は10年に代理処罰申請(国外犯処罰規定による訴追)をし、マルセーロ・フクダ(35)被告は翌年に当地で逮捕され、
聖市ベレンの刑務所に拘禁されている。今回は彼のみが出頭、約一時間にわたって供述を行い、インドの熱波、死者1500人近くに 病院に長蛇の列

「後悔している。冷酷で残虐な行為だった」とのべ、公訴事実を全面的に認めた。
 「やったことは全て間違っていた。後悔している。事件後は、全然人生がうまくいかなかった」―。被告人尋問は報道陣にも公開する形で行われ、
手錠で繋がれた状態で警官に同行され、同被告が出廷した。「罪を犯したことを後悔しているか」との検察官の問いに早口でこう答え、反省の意思を見せた。
 最初に裁判官が黙秘権について説明した後、公訴事実を述べた上で事実かどうかを尋ねると、「全て本当です」と答え、判事、
検察官の質問に、よどみのない口調で答え始めた。
 供述によれば、フクダ被告は事件当日未明、顔見知りだったデニス(=証人の一人デニス・ユウジ・ヒロタ)という男に誘われ、
行きつけだった成田のディスコに、もう一人の犯人クリスチアーノ・イトウとともに出かけたという。ディスコで二人は、
大柄の男をデニスから紹介された。「その男に、幾許かの金と引き換えに仕事をやらないかと提案された」。提案された報酬は、一人100万円ずつだった。
 被告二人はその夜、男から現金50万円と共に白い車と銃を受け取り、デニスの運転する車で被害者宅に向かい、近くのレストランで、
男から指示があるまで待機した。
 その後川上さんの家に行き、イトウが家の外から最初の一発を撃って侵入したが、その時に銃の挿弾子
(複数個の弾薬を装填する際に用いる器具)が外れた。後から家に侵入したフクダ被告が、落ちていた弾を見つけて引き金にセットし
、二発目を被害者に向けて撃った。
 イトウは川上さんの妻に暴力を振るい、その後二人は現場から逃げた。残りの50万円は、犯行二日後に現金で受け取った。フクダは事件翌日、
仕事を無断欠勤し、クビになったという。
 被告二人は日本で、勤務していたソニーの工場で知り合い、一年ほど一緒に住んでいた。
 暴力団との関係について問われると、「依頼人がヤクザだったかどうかは(そう言われてはいるが)、よくわからない。自分も、
知っている限りではクリスチアーノも、一度も暴力団に所属したことはない。(イトウの)刺青も、ヤクザのものではない」と断言した。
帰国するための航空券は、用意されたのではなく、自分で購入したという。
 日本には犯行までに一年半ほど滞在していたが、フクダ被告はほとんど日本語を話せなかった。犯行に及んだ動機は
「残念ながら金だった」と答えた。被害者のことは知らなかったという。
 フクダ被告には二人子供がおり、帰国後、カンピーナスで清掃員などとして働いていた。同被告の証言によると2004年、
薬物の取引に携わった疑いで逮捕され、有罪判決が出ている。
サンローランの雑誌広告、痩せすぎモデルで掲載禁止に
【AFPBB News】 2015/06/04 15:30
【6月4日AFP】英国の広告監視当局は3日、仏高級ファッションブランド「サンローラン(Saint Laurent)」の
雑誌広告について、痩せすぎのモデルを起用していることを理由に掲載禁止の判断を下した。
この広告では、短いスカートとタイツ、プラットフォームヒール(厚底のヒール)を履いたモデルが地面に
仰向けに横たわっているモノクロ写真が使われている。英国広告基準局(Advertising Standards Authority、
ASA)は、広告を「無責任」と断じた。問題の写真についてASAは、モデルのポーズと照明によって胸部の肋骨
が際立って見えるとし、また脚部も「太ももとひざが同じ太さで細く見える」とコメントしている。
ブランド側は、モデルが痩せすぎに見えるということに同意できないとしたが、今回の決定により、この広告を
現行のまま再掲することはできなくなった。同ブランドは、以前は「イヴ・サンローラン(Yves Saint Laurent)」として
知られていた。(c)AFP

174日曜8時の名無しさん2017/02/01(水) 03:58:29.74ID:YYrsbIW8
「全て事実。後悔している」=デカセギ二人組殺人事件=被告一人が供述、犯行認める=代理処罰申請6件目に進展
【既報関連】東京都葛飾区で2001年6月4日未明、日系人の男二人が暴力団員に雇われ、無職の川上芳考さん(よしたか、当時33)を、
自宅に押し入り拳銃で射殺し、妻に重傷を負わせたとされる事件の被告人尋問が5月25日午後2時半頃、
聖市のバーラ・フンダ刑事裁判所で行われた。被告二人はデカセギで訪日していた日系三世で、犯行の約2週間後に同じ便で帰伯していた。
日本政府は10年に代理処罰申請(国外犯処罰規定による訴追)をし、マルセーロ・フクダ(35)被告は翌年に当地で逮捕され、
聖市ベレンの刑務所に拘禁されている。今回は彼のみが出頭、約一時間にわたって供述を行い、インドの熱波、死者1500人近くに 病院に長蛇の列

「後悔している。冷酷で残虐な行為だった」とのべ、公訴事実を全面的に認めた。
 「やったことは全て間違っていた。後悔している。事件後は、全然人生がうまくいかなかった」―。被告人尋問は報道陣にも公開する形で行われ、
手錠で繋がれた状態で警官に同行され、同被告が出廷した。「罪を犯したことを後悔しているか」との検察官の問いに早口でこう答え、反省の意思を見せた。
 最初に裁判官が黙秘権について説明した後、公訴事実を述べた上で事実かどうかを尋ねると、「全て本当です」と答え、判事、
検察官の質問に、よどみのない口調で答え始めた。
 供述によれば、フクダ被告は事件当日未明、顔見知りだったデニス(=証人の一人デニス・ユウジ・ヒロタ)という男に誘われ、
行きつけだった成田のディスコに、もう一人の犯人クリスチアーノ・イトウとともに出かけたという。ディスコで二人は、
大柄の男をデニスから紹介された。「その男に、幾許かの金と引き換えに仕事をやらないかと提案された」。提案された報酬は、一人100万円ずつだった。
 被告二人はその夜、男から現金50万円と共に白い車と銃を受け取り、デニスの運転する車で被害者宅に向かい、近くのレストランで、
男から指示があるまで待機した。
 その後川上さんの家に行き、イトウが家の外から最初の一発を撃って侵入したが、その時に銃の挿弾子
(複数個の弾薬を装填する際に用いる器具)が外れた。後から家に侵入したフクダ被告が、落ちていた弾を見つけて引き金にセットし
、二発目を被害者に向けて撃った。
 イトウは川上さんの妻に暴力を振るい、その後二人は現場から逃げた。残りの50万円は、犯行二日後に現金で受け取った。フクダは事件翌日、
仕事を無断欠勤し、クビになったという。
 被告二人は日本で、勤務していたソニーの工場で知り合い、一年ほど一緒に住んでいた。
 暴力団との関係について問われると、「依頼人がヤクザだったかどうかは(そう言われてはいるが)、よくわからない。自分も、
知っている限りではクリスチアーノも、一度も暴力団に所属したことはない。(イトウの)刺青も、ヤクザのものではない」と断言した。
帰国するための航空券は、用意されたのではなく、自分で購入したという。
 日本には犯行までに一年半ほど滞在していたが、フクダ被告はほとんど日本語を話せなかった。犯行に及んだ動機は
「残念ながら金だった」と答えた。被害者のことは知らなかったという。
 フクダ被告には二人子供がおり、帰国後、カンピーナスで清掃員などとして働いていた。同被告の証言によると2004年、
薬物の取引に携わった疑いで逮捕され、有罪判決が出ている。
サンローランの雑誌広告、痩せすぎモデルで掲載禁止に
【AFPBB News】 2015/06/04 15:30
【6月4日AFP】英国の広告監視当局は3日、仏高級ファッションブランド「サンローラン(Saint Laurent)」の
雑誌広告について、痩せすぎのモデルを起用していることを理由に掲載禁止の判断を下した。
この広告では、短いスカートとタイツ、プラットフォームヒール(厚底のヒール)を履いたモデルが地面に
仰向けに横たわっているモノクロ写真が使われている。英国広告基準局(Advertising Standards Authority、
ASA)は、広告を「無責任」と断じた。問題の写真についてASAは、モデルのポーズと照明によって胸部の肋骨
が際立って見えるとし、また脚部も「太ももとひざが同じ太さで細く見える」とコメントしている。
ブランド側は、モデルが痩せすぎに見えるということに同意できないとしたが、今回の決定により、この広告を
現行のまま再掲することはできなくなった。同ブランドは、以前は「イヴ・サンローラン(Yves Saint Laurent)」として
知られていた。(c)AFP

175日曜8時の名無しさん2017/02/01(水) 03:58:49.92ID:YYrsbIW8
「全て事実。後悔している」=デカセギ二人組殺人事件=被告一人が供述、犯行認める=代理処罰申請6件目に進展
【既報関連】東京都葛飾区で2001年6月4日未明、日系人の男二人が暴力団員に雇われ、無職の川上芳考さん(よしたか、当時33)を、
自宅に押し入り拳銃で射殺し、妻に重傷を負わせたとされる事件の被告人尋問が5月25日午後2時半頃、
聖市のバーラ・フンダ刑事裁判所で行われた。被告二人はデカセギで訪日していた日系三世で、犯行の約2週間後に同じ便で帰伯していた。
日本政府は10年に代理処罰申請(国外犯処罰規定による訴追)をし、マルセーロ・フクダ(35)被告は翌年に当地で逮捕され、
聖市ベレンの刑務所に拘禁されている。今回は彼のみが出頭、約一時間にわたって供述を行い、インドの熱波、死者1500人近くに 病院に長蛇の列

「後悔している。冷酷で残虐な行為だった」とのべ、公訴事実を全面的に認めた。
 「やったことは全て間違っていた。後悔している。事件後は、全然人生がうまくいかなかった」―。被告人尋問は報道陣にも公開する形で行われ、
手錠で繋がれた状態で警官に同行され、同被告が出廷した。「罪を犯したことを後悔しているか」との検察官の問いに早口でこう答え、反省の意思を見せた。
 最初に裁判官が黙秘権について説明した後、公訴事実を述べた上で事実かどうかを尋ねると、「全て本当です」と答え、判事、
検察官の質問に、よどみのない口調で答え始めた。
 供述によれば、フクダ被告は事件当日未明、顔見知りだったデニス(=証人の一人デニス・ユウジ・ヒロタ)という男に誘われ、
行きつけだった成田のディスコに、もう一人の犯人クリスチアーノ・イトウとともに出かけたという。ディスコで二人は、
大柄の男をデニスから紹介された。「その男に、幾許かの金と引き換えに仕事をやらないかと提案された」。提案された報酬は、一人100万円ずつだった。
 被告二人はその夜、男から現金50万円と共に白い車と銃を受け取り、デニスの運転する車で被害者宅に向かい、近くのレストランで、
男から指示があるまで待機した。
 その後川上さんの家に行き、イトウが家の外から最初の一発を撃って侵入したが、その時に銃の挿弾子
(複数個の弾薬を装填する際に用いる器具)が外れた。後から家に侵入したフクダ被告が、落ちていた弾を見つけて引き金にセットし
、二発目を被害者に向けて撃った。
 イトウは川上さんの妻に暴力を振るい、その後二人は現場から逃げた。残りの50万円は、犯行二日後に現金で受け取った。フクダは事件翌日、
仕事を無断欠勤し、クビになったという。
 被告二人は日本で、勤務していたソニーの工場で知り合い、一年ほど一緒に住んでいた。
 暴力団との関係について問われると、「依頼人がヤクザだったかどうかは(そう言われてはいるが)、よくわからない。自分も、
知っている限りではクリスチアーノも、一度も暴力団に所属したことはない。(イトウの)刺青も、ヤクザのものではない」と断言した。
帰国するための航空券は、用意されたのではなく、自分で購入したという。
 日本には犯行までに一年半ほど滞在していたが、フクダ被告はほとんど日本語を話せなかった。犯行に及んだ動機は
「残念ながら金だった」と答えた。被害者のことは知らなかったという。
 フクダ被告には二人子供がおり、帰国後、カンピーナスで清掃員などとして働いていた。同被告の証言によると2004年、
薬物の取引に携わった疑いで逮捕され、有罪判決が出ている。
サンローランの雑誌広告、痩せすぎモデルで掲載禁止に
【AFPBB News】 2015/06/04 15:30
【6月4日AFP】英国の広告監視当局は3日、仏高級ファッションブランド「サンローラン(Saint Laurent)」の
雑誌広告について、痩せすぎのモデルを起用していることを理由に掲載禁止の判断を下した。
この広告では、短いスカートとタイツ、プラットフォームヒール(厚底のヒール)を履いたモデルが地面に
仰向けに横たわっているモノクロ写真が使われている。英国広告基準局(Advertising Standards Authority、
ASA)は、広告を「無責任」と断じた。問題の写真についてASAは、モデルのポーズと照明によって胸部の肋骨
が際立って見えるとし、また脚部も「太ももとひざが同じ太さで細く見える」とコメントしている。
ブランド側は、モデルが痩せすぎに見えるということに同意できないとしたが、今回の決定により、この広告を
現行のまま再掲することはできなくなった。同ブランドは、以前は「イヴ・サンローラン(Yves Saint Laurent)」として
知られていた。(c)AFP

176日曜8時の名無しさん2017/02/01(水) 03:59:07.79ID:YYrsbIW8
「全て事実。後悔している」=デカセギ二人組殺人事件=被告一人が供述、犯行認める=代理処罰申請6件目に進展
【既報関連】東京都葛飾区で2001年6月4日未明、日系人の男二人が暴力団員に雇われ、無職の川上芳考さん(よしたか、当時33)を、
自宅に押し入り拳銃で射殺し、妻に重傷を負わせたとされる事件の被告人尋問が5月25日午後2時半頃、
聖市のバーラ・フンダ刑事裁判所で行われた。被告二人はデカセギで訪日していた日系三世で、犯行の約2週間後に同じ便で帰伯していた。
日本政府は10年に代理処罰申請(国外犯処罰規定による訴追)をし、マルセーロ・フクダ(35)被告は翌年に当地で逮捕され、
聖市ベレンの刑務所に拘禁されている。今回は彼のみが出頭、約一時間にわたって供述を行い、インドの熱波、死者1500人近くに 病院に長蛇の列

「後悔している。冷酷で残虐な行為だった」とのべ、公訴事実を全面的に認めた。
 「やったことは全て間違っていた。後悔している。事件後は、全然人生がうまくいかなかった」―。被告人尋問は報道陣にも公開する形で行われ、
手錠で繋がれた状態で警官に同行され、同被告が出廷した。「罪を犯したことを後悔しているか」との検察官の問いに早口でこう答え、反省の意思を見せた。
 最初に裁判官が黙秘権について説明した後、公訴事実を述べた上で事実かどうかを尋ねると、「全て本当です」と答え、判事、
検察官の質問に、よどみのない口調で答え始めた。
 供述によれば、フクダ被告は事件当日未明、顔見知りだったデニス(=証人の一人デニス・ユウジ・ヒロタ)という男に誘われ、
行きつけだった成田のディスコに、もう一人の犯人クリスチアーノ・イトウとともに出かけたという。ディスコで二人は、
大柄の男をデニスから紹介された。「その男に、幾許かの金と引き換えに仕事をやらないかと提案された」。提案された報酬は、一人100万円ずつだった。
 被告二人はその夜、男から現金50万円と共に白い車と銃を受け取り、デニスの運転する車で被害者宅に向かい、近くのレストランで、
男から指示があるまで待機した。
 その後川上さんの家に行き、イトウが家の外から最初の一発を撃って侵入したが、その時に銃の挿弾子
(複数個の弾薬を装填する際に用いる器具)が外れた。後から家に侵入したフクダ被告が、落ちていた弾を見つけて引き金にセットし
、二発目を被害者に向けて撃った。
 イトウは川上さんの妻に暴力を振るい、その後二人は現場から逃げた。残りの50万円は、犯行二日後に現金で受け取った。フクダは事件翌日、
仕事を無断欠勤し、クビになったという。
 被告二人は日本で、勤務していたソニーの工場で知り合い、一年ほど一緒に住んでいた。
 暴力団との関係について問われると、「依頼人がヤクザだったかどうかは(そう言われてはいるが)、よくわからない。自分も、
知っている限りではクリスチアーノも、一度も暴力団に所属したことはない。(イトウの)刺青も、ヤクザのものではない」と断言した。
帰国するための航空券は、用意されたのではなく、自分で購入したという。
 日本には犯行までに一年半ほど滞在していたが、フクダ被告はほとんど日本語を話せなかった。犯行に及んだ動機は
「残念ながら金だった」と答えた。被害者のことは知らなかったという。
 フクダ被告には二人子供がおり、帰国後、カンピーナスで清掃員などとして働いていた。同被告の証言によると2004年、
薬物の取引に携わった疑いで逮捕され、有罪判決が出ている。
サンローランの雑誌広告、痩せすぎモデルで掲載禁止に
【AFPBB News】 2015/06/04 15:30
【6月4日AFP】英国の広告監視当局は3日、仏高級ファッションブランド「サンローラン(Saint Laurent)」の
雑誌広告について、痩せすぎのモデルを起用していることを理由に掲載禁止の判断を下した。
この広告では、短いスカートとタイツ、プラットフォームヒール(厚底のヒール)を履いたモデルが地面に
仰向けに横たわっているモノクロ写真が使われている。英国広告基準局(Advertising Standards Authority、
ASA)は、広告を「無責任」と断じた。問題の写真についてASAは、モデルのポーズと照明によって胸部の肋骨
が際立って見えるとし、また脚部も「太ももとひざが同じ太さで細く見える」とコメントしている。
ブランド側は、モデルが痩せすぎに見えるということに同意できないとしたが、今回の決定により、この広告を
現行のまま再掲することはできなくなった。同ブランドは、以前は「イヴ・サンローラン(Yves Saint Laurent)」として
知られていた。(c)AFP

177日曜8時の名無しさん2017/02/01(水) 03:59:23.40ID:YYrsbIW8
「全て事実。後悔している」=デカセギ二人組殺人事件=被告一人が供述、犯行認める=代理処罰申請6件目に進展
【既報関連】東京都葛飾区で2001年6月4日未明、日系人の男二人が暴力団員に雇われ、無職の川上芳考さん(よしたか、当時33)を、
自宅に押し入り拳銃で射殺し、妻に重傷を負わせたとされる事件の被告人尋問が5月25日午後2時半頃、
聖市のバーラ・フンダ刑事裁判所で行われた。被告二人はデカセギで訪日していた日系三世で、犯行の約2週間後に同じ便で帰伯していた。
日本政府は10年に代理処罰申請(国外犯処罰規定による訴追)をし、マルセーロ・フクダ(35)被告は翌年に当地で逮捕され、
聖市ベレンの刑務所に拘禁されている。今回は彼のみが出頭、約一時間にわたって供述を行い、インドの熱波、死者1500人近くに 病院に長蛇の列

「後悔している。冷酷で残虐な行為だった」とのべ、公訴事実を全面的に認めた。
 「やったことは全て間違っていた。後悔している。事件後は、全然人生がうまくいかなかった」―。被告人尋問は報道陣にも公開する形で行われ、
手錠で繋がれた状態で警官に同行され、同被告が出廷した。「罪を犯したことを後悔しているか」との検察官の問いに早口でこう答え、反省の意思を見せた。
 最初に裁判官が黙秘権について説明した後、公訴事実を述べた上で事実かどうかを尋ねると、「全て本当です」と答え、判事、
検察官の質問に、よどみのない口調で答え始めた。
 供述によれば、フクダ被告は事件当日未明、顔見知りだったデニス(=証人の一人デニス・ユウジ・ヒロタ)という男に誘われ、
行きつけだった成田のディスコに、もう一人の犯人クリスチアーノ・イトウとともに出かけたという。ディスコで二人は、
大柄の男をデニスから紹介された。「その男に、幾許かの金と引き換えに仕事をやらないかと提案された」。提案された報酬は、一人100万円ずつだった。
 被告二人はその夜、男から現金50万円と共に白い車と銃を受け取り、デニスの運転する車で被害者宅に向かい、近くのレストランで、
男から指示があるまで待機した。
 その後川上さんの家に行き、イトウが家の外から最初の一発を撃って侵入したが、その時に銃の挿弾子
(複数個の弾薬を装填する際に用いる器具)が外れた。後から家に侵入したフクダ被告が、落ちていた弾を見つけて引き金にセットし
、二発目を被害者に向けて撃った。
 イトウは川上さんの妻に暴力を振るい、その後二人は現場から逃げた。残りの50万円は、犯行二日後に現金で受け取った。フクダは事件翌日、
仕事を無断欠勤し、クビになったという。
 被告二人は日本で、勤務していたソニーの工場で知り合い、一年ほど一緒に住んでいた。
 暴力団との関係について問われると、「依頼人がヤクザだったかどうかは(そう言われてはいるが)、よくわからない。自分も、
知っている限りではクリスチアーノも、一度も暴力団に所属したことはない。(イトウの)刺青も、ヤクザのものではない」と断言した。
帰国するための航空券は、用意されたのではなく、自分で購入したという。
 日本には犯行までに一年半ほど滞在していたが、フクダ被告はほとんど日本語を話せなかった。犯行に及んだ動機は
「残念ながら金だった」と答えた。被害者のことは知らなかったという。
 フクダ被告には二人子供がおり、帰国後、カンピーナスで清掃員などとして働いていた。同被告の証言によると2004年、
薬物の取引に携わった疑いで逮捕され、有罪判決が出ている。
サンローランの雑誌広告、痩せすぎモデルで掲載禁止に
【AFPBB News】 2015/06/04 15:30
【6月4日AFP】英国の広告監視当局は3日、仏高級ファッションブランド「サンローラン(Saint Laurent)」の
雑誌広告について、痩せすぎのモデルを起用していることを理由に掲載禁止の判断を下した。
この広告では、短いスカートとタイツ、プラットフォームヒール(厚底のヒール)を履いたモデルが地面に
仰向けに横たわっているモノクロ写真が使われている。英国広告基準局(Advertising Standards Authority、
ASA)は、広告を「無責任」と断じた。問題の写真についてASAは、モデルのポーズと照明によって胸部の肋骨
が際立って見えるとし、また脚部も「太ももとひざが同じ太さで細く見える」とコメントしている。
ブランド側は、モデルが痩せすぎに見えるということに同意できないとしたが、今回の決定により、この広告を
現行のまま再掲することはできなくなった。同ブランドは、以前は「イヴ・サンローラン(Yves Saint Laurent)」として
知られていた。(c)AFP

178日曜8時の名無しさん2017/02/01(水) 03:59:43.34ID:YYrsbIW8
「全て事実。後悔している」=デカセギ二人組殺人事件=被告一人が供述、犯行認める=代理処罰申請6件目に進展
【既報関連】東京都葛飾区で2001年6月4日未明、日系人の男二人が暴力団員に雇われ、無職の川上芳考さん(よしたか、当時33)を、
自宅に押し入り拳銃で射殺し、妻に重傷を負わせたとされる事件の被告人尋問が5月25日午後2時半頃、
聖市のバーラ・フンダ刑事裁判所で行われた。被告二人はデカセギで訪日していた日系三世で、犯行の約2週間後に同じ便で帰伯していた。
日本政府は10年に代理処罰申請(国外犯処罰規定による訴追)をし、マルセーロ・フクダ(35)被告は翌年に当地で逮捕され、
聖市ベレンの刑務所に拘禁されている。今回は彼のみが出頭、約一時間にわたって供述を行い、インドの熱波、死者1500人近くに 病院に長蛇の列

「後悔している。冷酷で残虐な行為だった」とのべ、公訴事実を全面的に認めた。
 「やったことは全て間違っていた。後悔している。事件後は、全然人生がうまくいかなかった」―。被告人尋問は報道陣にも公開する形で行われ、
手錠で繋がれた状態で警官に同行され、同被告が出廷した。「罪を犯したことを後悔しているか」との検察官の問いに早口でこう答え、反省の意思を見せた。
 最初に裁判官が黙秘権について説明した後、公訴事実を述べた上で事実かどうかを尋ねると、「全て本当です」と答え、判事、
検察官の質問に、よどみのない口調で答え始めた。
 供述によれば、フクダ被告は事件当日未明、顔見知りだったデニス(=証人の一人デニス・ユウジ・ヒロタ)という男に誘われ、
行きつけだった成田のディスコに、もう一人の犯人クリスチアーノ・イトウとともに出かけたという。ディスコで二人は、
大柄の男をデニスから紹介された。「その男に、幾許かの金と引き換えに仕事をやらないかと提案された」。提案された報酬は、一人100万円ずつだった。
 被告二人はその夜、男から現金50万円と共に白い車と銃を受け取り、デニスの運転する車で被害者宅に向かい、近くのレストランで、
男から指示があるまで待機した。
 その後川上さんの家に行き、イトウが家の外から最初の一発を撃って侵入したが、その時に銃の挿弾子
(複数個の弾薬を装填する際に用いる器具)が外れた。後から家に侵入したフクダ被告が、落ちていた弾を見つけて引き金にセットし
、二発目を被害者に向けて撃った。
 イトウは川上さんの妻に暴力を振るい、その後二人は現場から逃げた。残りの50万円は、犯行二日後に現金で受け取った。フクダは事件翌日、
仕事を無断欠勤し、クビになったという。
 被告二人は日本で、勤務していたソニーの工場で知り合い、一年ほど一緒に住んでいた。
 暴力団との関係について問われると、「依頼人がヤクザだったかどうかは(そう言われてはいるが)、よくわからない。自分も、
知っている限りではクリスチアーノも、一度も暴力団に所属したことはない。(イトウの)刺青も、ヤクザのものではない」と断言した。
帰国するための航空券は、用意されたのではなく、自分で購入したという。
 日本には犯行までに一年半ほど滞在していたが、フクダ被告はほとんど日本語を話せなかった。犯行に及んだ動機は
「残念ながら金だった」と答えた。被害者のことは知らなかったという。
 フクダ被告には二人子供がおり、帰国後、カンピーナスで清掃員などとして働いていた。同被告の証言によると2004年、
薬物の取引に携わった疑いで逮捕され、有罪判決が出ている。
サンローランの雑誌広告、痩せすぎモデルで掲載禁止に
【AFPBB News】 2015/06/04 15:30
【6月4日AFP】英国の広告監視当局は3日、仏高級ファッションブランド「サンローラン(Saint Laurent)」の
雑誌広告について、痩せすぎのモデルを起用していることを理由に掲載禁止の判断を下した。
この広告では、短いスカートとタイツ、プラットフォームヒール(厚底のヒール)を履いたモデルが地面に
仰向けに横たわっているモノクロ写真が使われている。英国広告基準局(Advertising Standards Authority、
ASA)は、広告を「無責任」と断じた。問題の写真についてASAは、モデルのポーズと照明によって胸部の肋骨
が際立って見えるとし、また脚部も「太ももとひざが同じ太さで細く見える」とコメントしている。
ブランド側は、モデルが痩せすぎに見えるということに同意できないとしたが、今回の決定により、この広告を
現行のまま再掲することはできなくなった。同ブランドは、以前は「イヴ・サンローラン(Yves Saint Laurent)」として
知られていた。(c)AFP

179日曜8時の名無しさん2017/02/01(水) 04:00:06.79ID:YYrsbIW8
「全て事実。後悔している」=デカセギ二人組殺人事件=被告一人が供述、犯行認める=代理処罰申請6件目に進展
【既報関連】東京都葛飾区で2001年6月4日未明、日系人の男二人が暴力団員に雇われ、無職の川上芳考さん(よしたか、当時33)を、
自宅に押し入り拳銃で射殺し、妻に重傷を負わせたとされる事件の被告人尋問が5月25日午後2時半頃、
聖市のバーラ・フンダ刑事裁判所で行われた。被告二人はデカセギで訪日していた日系三世で、犯行の約2週間後に同じ便で帰伯していた。
日本政府は10年に代理処罰申請(国外犯処罰規定による訴追)をし、マルセーロ・フクダ(35)被告は翌年に当地で逮捕され、
聖市ベレンの刑務所に拘禁されている。今回は彼のみが出頭、約一時間にわたって供述を行い、インドの熱波、死者1500人近くに 病院に長蛇の列

「後悔している。冷酷で残虐な行為だった」とのべ、公訴事実を全面的に認めた。
 「やったことは全て間違っていた。後悔している。事件後は、全然人生がうまくいかなかった」―。被告人尋問は報道陣にも公開する形で行われ、
手錠で繋がれた状態で警官に同行され、同被告が出廷した。「罪を犯したことを後悔しているか」との検察官の問いに早口でこう答え、反省の意思を見せた。
 最初に裁判官が黙秘権について説明した後、公訴事実を述べた上で事実かどうかを尋ねると、「全て本当です」と答え、判事、
検察官の質問に、よどみのない口調で答え始めた。
 供述によれば、フクダ被告は事件当日未明、顔見知りだったデニス(=証人の一人デニス・ユウジ・ヒロタ)という男に誘われ、
行きつけだった成田のディスコに、もう一人の犯人クリスチアーノ・イトウとともに出かけたという。ディスコで二人は、
大柄の男をデニスから紹介された。「その男に、幾許かの金と引き換えに仕事をやらないかと提案された」。提案された報酬は、一人100万円ずつだった。
 被告二人はその夜、男から現金50万円と共に白い車と銃を受け取り、デニスの運転する車で被害者宅に向かい、近くのレストランで、
男から指示があるまで待機した。
 その後川上さんの家に行き、イトウが家の外から最初の一発を撃って侵入したが、その時に銃の挿弾子
(複数個の弾薬を装填する際に用いる器具)が外れた。後から家に侵入したフクダ被告が、落ちていた弾を見つけて引き金にセットし
、二発目を被害者に向けて撃った。
 イトウは川上さんの妻に暴力を振るい、その後二人は現場から逃げた。残りの50万円は、犯行二日後に現金で受け取った。フクダは事件翌日、
仕事を無断欠勤し、クビになったという。
 被告二人は日本で、勤務していたソニーの工場で知り合い、一年ほど一緒に住んでいた。
 暴力団との関係について問われると、「依頼人がヤクザだったかどうかは(そう言われてはいるが)、よくわからない。自分も、
知っている限りではクリスチアーノも、一度も暴力団に所属したことはない。(イトウの)刺青も、ヤクザのものではない」と断言した。
帰国するための航空券は、用意されたのではなく、自分で購入したという。
 日本には犯行までに一年半ほど滞在していたが、フクダ被告はほとんど日本語を話せなかった。犯行に及んだ動機は
「残念ながら金だった」と答えた。被害者のことは知らなかったという。
 フクダ被告には二人子供がおり、帰国後、カンピーナスで清掃員などとして働いていた。同被告の証言によると2004年、
薬物の取引に携わった疑いで逮捕され、有罪判決が出ている。
サンローランの雑誌広告、痩せすぎモデルで掲載禁止に
【AFPBB News】 2015/06/04 15:30
【6月4日AFP】英国の広告監視当局は3日、仏高級ファッションブランド「サンローラン(Saint Laurent)」の
雑誌広告について、痩せすぎのモデルを起用していることを理由に掲載禁止の判断を下した。
この広告では、短いスカートとタイツ、プラットフォームヒール(厚底のヒール)を履いたモデルが地面に
仰向けに横たわっているモノクロ写真が使われている。英国広告基準局(Advertising Standards Authority、
ASA)は、広告を「無責任」と断じた。問題の写真についてASAは、モデルのポーズと照明によって胸部の肋骨
が際立って見えるとし、また脚部も「太ももとひざが同じ太さで細く見える」とコメントしている。
ブランド側は、モデルが痩せすぎに見えるということに同意できないとしたが、今回の決定により、この広告を
現行のまま再掲することはできなくなった。同ブランドは、以前は「イヴ・サンローラン(Yves Saint Laurent)」として
知られていた。(c)AFP

180日曜8時の名無しさん2017/02/01(水) 04:00:24.77ID:YYrsbIW8
「全て事実。後悔している」=デカセギ二人組殺人事件=被告一人が供述、犯行認める=代理処罰申請6件目に進展
【既報関連】東京都葛飾区で2001年6月4日未明、日系人の男二人が暴力団員に雇われ、無職の川上芳考さん(よしたか、当時33)を、
自宅に押し入り拳銃で射殺し、妻に重傷を負わせたとされる事件の被告人尋問が5月25日午後2時半頃、
聖市のバーラ・フンダ刑事裁判所で行われた。被告二人はデカセギで訪日していた日系三世で、犯行の約2週間後に同じ便で帰伯していた。
日本政府は10年に代理処罰申請(国外犯処罰規定による訴追)をし、マルセーロ・フクダ(35)被告は翌年に当地で逮捕され、
聖市ベレンの刑務所に拘禁されている。今回は彼のみが出頭、約一時間にわたって供述を行い、インドの熱波、死者1500人近くに 病院に長蛇の列

「後悔している。冷酷で残虐な行為だった」とのべ、公訴事実を全面的に認めた。
 「やったことは全て間違っていた。後悔している。事件後は、全然人生がうまくいかなかった」―。被告人尋問は報道陣にも公開する形で行われ、
手錠で繋がれた状態で警官に同行され、同被告が出廷した。「罪を犯したことを後悔しているか」との検察官の問いに早口でこう答え、反省の意思を見せた。
 最初に裁判官が黙秘権について説明した後、公訴事実を述べた上で事実かどうかを尋ねると、「全て本当です」と答え、判事、
検察官の質問に、よどみのない口調で答え始めた。
 供述によれば、フクダ被告は事件当日未明、顔見知りだったデニス(=証人の一人デニス・ユウジ・ヒロタ)という男に誘われ、
行きつけだった成田のディスコに、もう一人の犯人クリスチアーノ・イトウとともに出かけたという。ディスコで二人は、
大柄の男をデニスから紹介された。「その男に、幾許かの金と引き換えに仕事をやらないかと提案された」。提案された報酬は、一人100万円ずつだった。
 被告二人はその夜、男から現金50万円と共に白い車と銃を受け取り、デニスの運転する車で被害者宅に向かい、近くのレストランで、
男から指示があるまで待機した。
 その後川上さんの家に行き、イトウが家の外から最初の一発を撃って侵入したが、その時に銃の挿弾子
(複数個の弾薬を装填する際に用いる器具)が外れた。後から家に侵入したフクダ被告が、落ちていた弾を見つけて引き金にセットし
、二発目を被害者に向けて撃った。
 イトウは川上さんの妻に暴力を振るい、その後二人は現場から逃げた。残りの50万円は、犯行二日後に現金で受け取った。フクダは事件翌日、
仕事を無断欠勤し、クビになったという。
 被告二人は日本で、勤務していたソニーの工場で知り合い、一年ほど一緒に住んでいた。
 暴力団との関係について問われると、「依頼人がヤクザだったかどうかは(そう言われてはいるが)、よくわからない。自分も、
知っている限りではクリスチアーノも、一度も暴力団に所属したことはない。(イトウの)刺青も、ヤクザのものではない」と断言した。
帰国するための航空券は、用意されたのではなく、自分で購入したという。
 日本には犯行までに一年半ほど滞在していたが、フクダ被告はほとんど日本語を話せなかった。犯行に及んだ動機は
「残念ながら金だった」と答えた。被害者のことは知らなかったという。
 フクダ被告には二人子供がおり、帰国後、カンピーナスで清掃員などとして働いていた。同被告の証言によると2004年、
薬物の取引に携わった疑いで逮捕され、有罪判決が出ている。
サンローランの雑誌広告、痩せすぎモデルで掲載禁止に
【AFPBB News】 2015/06/04 15:30
【6月4日AFP】英国の広告監視当局は3日、仏高級ファッションブランド「サンローラン(Saint Laurent)」の
雑誌広告について、痩せすぎのモデルを起用していることを理由に掲載禁止の判断を下した。
この広告では、短いスカートとタイツ、プラットフォームヒール(厚底のヒール)を履いたモデルが地面に
仰向けに横たわっているモノクロ写真が使われている。英国広告基準局(Advertising Standards Authority、
ASA)は、広告を「無責任」と断じた。問題の写真についてASAは、モデルのポーズと照明によって胸部の肋骨
が際立って見えるとし、また脚部も「太ももとひざが同じ太さで細く見える」とコメントしている。
ブランド側は、モデルが痩せすぎに見えるということに同意できないとしたが、今回の決定により、この広告を
現行のまま再掲することはできなくなった。同ブランドは、以前は「イヴ・サンローラン(Yves Saint Laurent)」として
知られていた。(c)AFP

181日曜8時の名無しさん2017/02/01(水) 04:00:56.14ID:YYrsbIW8
「全て事実。後悔している」=デカセギ二人組殺人事件=被告一人が供述、犯行認める=代理処罰申請6件目に進展
【既報関連】東京都葛飾区で2001年6月4日未明、日系人の男二人が暴力団員に雇われ、無職の川上芳考さん(よしたか、当時33)を、
自宅に押し入り拳銃で射殺し、妻に重傷を負わせたとされる事件の被告人尋問が5月25日午後2時半頃、
聖市のバーラ・フンダ刑事裁判所で行われた。被告二人はデカセギで訪日していた日系三世で、犯行の約2週間後に同じ便で帰伯していた。
日本政府は10年に代理処罰申請(国外犯処罰規定による訴追)をし、マルセーロ・フクダ(35)被告は翌年に当地で逮捕され、
聖市ベレンの刑務所に拘禁されている。今回は彼のみが出頭、約一時間にわたって供述を行い、インドの熱波、死者1500人近くに 病院に長蛇の列

「後悔している。冷酷で残虐な行為だった」とのべ、公訴事実を全面的に認めた。
 「やったことは全て間違っていた。後悔している。事件後は、全然人生がうまくいかなかった」―。被告人尋問は報道陣にも公開する形で行われ、
手錠で繋がれた状態で警官に同行され、同被告が出廷した。「罪を犯したことを後悔しているか」との検察官の問いに早口でこう答え、反省の意思を見せた。
 最初に裁判官が黙秘権について説明した後、公訴事実を述べた上で事実かどうかを尋ねると、「全て本当です」と答え、判事、
検察官の質問に、よどみのない口調で答え始めた。
 供述によれば、フクダ被告は事件当日未明、顔見知りだったデニス(=証人の一人デニス・ユウジ・ヒロタ)という男に誘われ、
行きつけだった成田のディスコに、もう一人の犯人クリスチアーノ・イトウとともに出かけたという。ディスコで二人は、
大柄の男をデニスから紹介された。「その男に、幾許かの金と引き換えに仕事をやらないかと提案された」。提案された報酬は、一人100万円ずつだった。
 被告二人はその夜、男から現金50万円と共に白い車と銃を受け取り、デニスの運転する車で被害者宅に向かい、近くのレストランで、
男から指示があるまで待機した。
 その後川上さんの家に行き、イトウが家の外から最初の一発を撃って侵入したが、その時に銃の挿弾子
(複数個の弾薬を装填する際に用いる器具)が外れた。後から家に侵入したフクダ被告が、落ちていた弾を見つけて引き金にセットし
、二発目を被害者に向けて撃った。
 イトウは川上さんの妻に暴力を振るい、その後二人は現場から逃げた。残りの50万円は、犯行二日後に現金で受け取った。フクダは事件翌日、
仕事を無断欠勤し、クビになったという。
 被告二人は日本で、勤務していたソニーの工場で知り合い、一年ほど一緒に住んでいた。
 暴力団との関係について問われると、「依頼人がヤクザだったかどうかは(そう言われてはいるが)、よくわからない。自分も、
知っている限りではクリスチアーノも、一度も暴力団に所属したことはない。(イトウの)刺青も、ヤクザのものではない」と断言した。
帰国するための航空券は、用意されたのではなく、自分で購入したという。
 日本には犯行までに一年半ほど滞在していたが、フクダ被告はほとんど日本語を話せなかった。犯行に及んだ動機は
「残念ながら金だった」と答えた。被害者のことは知らなかったという。
 フクダ被告には二人子供がおり、帰国後、カンピーナスで清掃員などとして働いていた。同被告の証言によると2004年、
薬物の取引に携わった疑いで逮捕され、有罪判決が出ている。
サンローランの雑誌広告、痩せすぎモデルで掲載禁止に
【AFPBB News】 2015/06/04 15:30
【6月4日AFP】英国の広告監視当局は3日、仏高級ファッションブランド「サンローラン(Saint Laurent)」の
雑誌広告について、痩せすぎのモデルを起用していることを理由に掲載禁止の判断を下した。
この広告では、短いスカートとタイツ、プラットフォームヒール(厚底のヒール)を履いたモデルが地面に
仰向けに横たわっているモノクロ写真が使われている。英国広告基準局(Advertising Standards Authority、
ASA)は、広告を「無責任」と断じた。問題の写真についてASAは、モデルのポーズと照明によって胸部の肋骨
が際立って見えるとし、また脚部も「太ももとひざが同じ太さで細く見える」とコメントしている。
ブランド側は、モデルが痩せすぎに見えるということに同意できないとしたが、今回の決定により、この広告を
現行のまま再掲することはできなくなった。同ブランドは、以前は「イヴ・サンローラン(Yves Saint Laurent)」として
知られていた。(c)AFP

182日曜8時の名無しさん2017/02/01(水) 04:01:11.68ID:YYrsbIW8
「全て事実。後悔している」=デカセギ二人組殺人事件=被告一人が供述、犯行認める=代理処罰申請6件目に進展
【既報関連】東京都葛飾区で2001年6月4日未明、日系人の男二人が暴力団員に雇われ、無職の川上芳考さん(よしたか、当時33)を、
自宅に押し入り拳銃で射殺し、妻に重傷を負わせたとされる事件の被告人尋問が5月25日午後2時半頃、
聖市のバーラ・フンダ刑事裁判所で行われた。被告二人はデカセギで訪日していた日系三世で、犯行の約2週間後に同じ便で帰伯していた。
日本政府は10年に代理処罰申請(国外犯処罰規定による訴追)をし、マルセーロ・フクダ(35)被告は翌年に当地で逮捕され、
聖市ベレンの刑務所に拘禁されている。今回は彼のみが出頭、約一時間にわたって供述を行い、インドの熱波、死者1500人近くに 病院に長蛇の列

「後悔している。冷酷で残虐な行為だった」とのべ、公訴事実を全面的に認めた。
 「やったことは全て間違っていた。後悔している。事件後は、全然人生がうまくいかなかった」―。被告人尋問は報道陣にも公開する形で行われ、
手錠で繋がれた状態で警官に同行され、同被告が出廷した。「罪を犯したことを後悔しているか」との検察官の問いに早口でこう答え、反省の意思を見せた。
 最初に裁判官が黙秘権について説明した後、公訴事実を述べた上で事実かどうかを尋ねると、「全て本当です」と答え、判事、
検察官の質問に、よどみのない口調で答え始めた。
 供述によれば、フクダ被告は事件当日未明、顔見知りだったデニス(=証人の一人デニス・ユウジ・ヒロタ)という男に誘われ、
行きつけだった成田のディスコに、もう一人の犯人クリスチアーノ・イトウとともに出かけたという。ディスコで二人は、
大柄の男をデニスから紹介された。「その男に、幾許かの金と引き換えに仕事をやらないかと提案された」。提案された報酬は、一人100万円ずつだった。
 被告二人はその夜、男から現金50万円と共に白い車と銃を受け取り、デニスの運転する車で被害者宅に向かい、近くのレストランで、
男から指示があるまで待機した。
 その後川上さんの家に行き、イトウが家の外から最初の一発を撃って侵入したが、その時に銃の挿弾子
(複数個の弾薬を装填する際に用いる器具)が外れた。後から家に侵入したフクダ被告が、落ちていた弾を見つけて引き金にセットし
、二発目を被害者に向けて撃った。
 イトウは川上さんの妻に暴力を振るい、その後二人は現場から逃げた。残りの50万円は、犯行二日後に現金で受け取った。フクダは事件翌日、
仕事を無断欠勤し、クビになったという。
 被告二人は日本で、勤務していたソニーの工場で知り合い、一年ほど一緒に住んでいた。
 暴力団との関係について問われると、「依頼人がヤクザだったかどうかは(そう言われてはいるが)、よくわからない。自分も、
知っている限りではクリスチアーノも、一度も暴力団に所属したことはない。(イトウの)刺青も、ヤクザのものではない」と断言した。
帰国するための航空券は、用意されたのではなく、自分で購入したという。
 日本には犯行までに一年半ほど滞在していたが、フクダ被告はほとんど日本語を話せなかった。犯行に及んだ動機は
「残念ながら金だった」と答えた。被害者のことは知らなかったという。
 フクダ被告には二人子供がおり、帰国後、カンピーナスで清掃員などとして働いていた。同被告の証言によると2004年、
薬物の取引に携わった疑いで逮捕され、有罪判決が出ている。
サンローランの雑誌広告、痩せすぎモデルで掲載禁止に
【AFPBB News】 2015/06/04 15:30
【6月4日AFP】英国の広告監視当局は3日、仏高級ファッションブランド「サンローラン(Saint Laurent)」の
雑誌広告について、痩せすぎのモデルを起用していることを理由に掲載禁止の判断を下した。
この広告では、短いスカートとタイツ、プラットフォームヒール(厚底のヒール)を履いたモデルが地面に
仰向けに横たわっているモノクロ写真が使われている。英国広告基準局(Advertising Standards Authority、
ASA)は、広告を「無責任」と断じた。問題の写真についてASAは、モデルのポーズと照明によって胸部の肋骨
が際立って見えるとし、また脚部も「太ももとひざが同じ太さで細く見える」とコメントしている。
ブランド側は、モデルが痩せすぎに見えるということに同意できないとしたが、今回の決定により、この広告を
現行のまま再掲することはできなくなった。同ブランドは、以前は「イヴ・サンローラン(Yves Saint Laurent)」として
知られていた。(c)AFP

183日曜8時の名無しさん2017/02/01(水) 04:01:30.15ID:YYrsbIW8
「全て事実。後悔している」=デカセギ二人組殺人事件=被告一人が供述、犯行認める=代理処罰申請6件目に進展
【既報関連】東京都葛飾区で2001年6月4日未明、日系人の男二人が暴力団員に雇われ、無職の川上芳考さん(よしたか、当時33)を、
自宅に押し入り拳銃で射殺し、妻に重傷を負わせたとされる事件の被告人尋問が5月25日午後2時半頃、
聖市のバーラ・フンダ刑事裁判所で行われた。被告二人はデカセギで訪日していた日系三世で、犯行の約2週間後に同じ便で帰伯していた。
日本政府は10年に代理処罰申請(国外犯処罰規定による訴追)をし、マルセーロ・フクダ(35)被告は翌年に当地で逮捕され、
聖市ベレンの刑務所に拘禁されている。今回は彼のみが出頭、約一時間にわたって供述を行い、インドの熱波、死者1500人近くに 病院に長蛇の列

「後悔している。冷酷で残虐な行為だった」とのべ、公訴事実を全面的に認めた。
 「やったことは全て間違っていた。後悔している。事件後は、全然人生がうまくいかなかった」―。被告人尋問は報道陣にも公開する形で行われ、
手錠で繋がれた状態で警官に同行され、同被告が出廷した。「罪を犯したことを後悔しているか」との検察官の問いに早口でこう答え、反省の意思を見せた。
 最初に裁判官が黙秘権について説明した後、公訴事実を述べた上で事実かどうかを尋ねると、「全て本当です」と答え、判事、
検察官の質問に、よどみのない口調で答え始めた。
 供述によれば、フクダ被告は事件当日未明、顔見知りだったデニス(=証人の一人デニス・ユウジ・ヒロタ)という男に誘われ、
行きつけだった成田のディスコに、もう一人の犯人クリスチアーノ・イトウとともに出かけたという。ディスコで二人は、
大柄の男をデニスから紹介された。「その男に、幾許かの金と引き換えに仕事をやらないかと提案された」。提案された報酬は、一人100万円ずつだった。
 被告二人はその夜、男から現金50万円と共に白い車と銃を受け取り、デニスの運転する車で被害者宅に向かい、近くのレストランで、
男から指示があるまで待機した。
 その後川上さんの家に行き、イトウが家の外から最初の一発を撃って侵入したが、その時に銃の挿弾子
(複数個の弾薬を装填する際に用いる器具)が外れた。後から家に侵入したフクダ被告が、落ちていた弾を見つけて引き金にセットし
、二発目を被害者に向けて撃った。
 イトウは川上さんの妻に暴力を振るい、その後二人は現場から逃げた。残りの50万円は、犯行二日後に現金で受け取った。フクダは事件翌日、
仕事を無断欠勤し、クビになったという。
 被告二人は日本で、勤務していたソニーの工場で知り合い、一年ほど一緒に住んでいた。
 暴力団との関係について問われると、「依頼人がヤクザだったかどうかは(そう言われてはいるが)、よくわからない。自分も、
知っている限りではクリスチアーノも、一度も暴力団に所属したことはない。(イトウの)刺青も、ヤクザのものではない」と断言した。
帰国するための航空券は、用意されたのではなく、自分で購入したという。
 日本には犯行までに一年半ほど滞在していたが、フクダ被告はほとんど日本語を話せなかった。犯行に及んだ動機は
「残念ながら金だった」と答えた。被害者のことは知らなかったという。
 フクダ被告には二人子供がおり、帰国後、カンピーナスで清掃員などとして働いていた。同被告の証言によると2004年、
薬物の取引に携わった疑いで逮捕され、有罪判決が出ている。
サンローランの雑誌広告、痩せすぎモデルで掲載禁止に
【AFPBB News】 2015/06/04 15:30
【6月4日AFP】英国の広告監視当局は3日、仏高級ファッションブランド「サンローラン(Saint Laurent)」の
雑誌広告について、痩せすぎのモデルを起用していることを理由に掲載禁止の判断を下した。
この広告では、短いスカートとタイツ、プラットフォームヒール(厚底のヒール)を履いたモデルが地面に
仰向けに横たわっているモノクロ写真が使われている。英国広告基準局(Advertising Standards Authority、
ASA)は、広告を「無責任」と断じた。問題の写真についてASAは、モデルのポーズと照明によって胸部の肋骨
が際立って見えるとし、また脚部も「太ももとひざが同じ太さで細く見える」とコメントしている。
ブランド側は、モデルが痩せすぎに見えるということに同意できないとしたが、今回の決定により、この広告を
現行のまま再掲することはできなくなった。同ブランドは、以前は「イヴ・サンローラン(Yves Saint Laurent)」として
知られていた。(c)AFP

184日曜8時の名無しさん2017/02/01(水) 04:01:52.16ID:YYrsbIW8
「全て事実。後悔している」=デカセギ二人組殺人事件=被告一人が供述、犯行認める=代理処罰申請6件目に進展
【既報関連】東京都葛飾区で2001年6月4日未明、日系人の男二人が暴力団員に雇われ、無職の川上芳考さん(よしたか、当時33)を、
自宅に押し入り拳銃で射殺し、妻に重傷を負わせたとされる事件の被告人尋問が5月25日午後2時半頃、
聖市のバーラ・フンダ刑事裁判所で行われた。被告二人はデカセギで訪日していた日系三世で、犯行の約2週間後に同じ便で帰伯していた。
日本政府は10年に代理処罰申請(国外犯処罰規定による訴追)をし、マルセーロ・フクダ(35)被告は翌年に当地で逮捕され、
聖市ベレンの刑務所に拘禁されている。今回は彼のみが出頭、約一時間にわたって供述を行い、インドの熱波、死者1500人近くに 病院に長蛇の列

「後悔している。冷酷で残虐な行為だった」とのべ、公訴事実を全面的に認めた。
 「やったことは全て間違っていた。後悔している。事件後は、全然人生がうまくいかなかった」―。被告人尋問は報道陣にも公開する形で行われ、
手錠で繋がれた状態で警官に同行され、同被告が出廷した。「罪を犯したことを後悔しているか」との検察官の問いに早口でこう答え、反省の意思を見せた。
 最初に裁判官が黙秘権について説明した後、公訴事実を述べた上で事実かどうかを尋ねると、「全て本当です」と答え、判事、
検察官の質問に、よどみのない口調で答え始めた。
 供述によれば、フクダ被告は事件当日未明、顔見知りだったデニス(=証人の一人デニス・ユウジ・ヒロタ)という男に誘われ、
行きつけだった成田のディスコに、もう一人の犯人クリスチアーノ・イトウとともに出かけたという。ディスコで二人は、
大柄の男をデニスから紹介された。「その男に、幾許かの金と引き換えに仕事をやらないかと提案された」。提案された報酬は、一人100万円ずつだった。
 被告二人はその夜、男から現金50万円と共に白い車と銃を受け取り、デニスの運転する車で被害者宅に向かい、近くのレストランで、
男から指示があるまで待機した。
 その後川上さんの家に行き、イトウが家の外から最初の一発を撃って侵入したが、その時に銃の挿弾子
(複数個の弾薬を装填する際に用いる器具)が外れた。後から家に侵入したフクダ被告が、落ちていた弾を見つけて引き金にセットし
、二発目を被害者に向けて撃った。
 イトウは川上さんの妻に暴力を振るい、その後二人は現場から逃げた。残りの50万円は、犯行二日後に現金で受け取った。フクダは事件翌日、
仕事を無断欠勤し、クビになったという。
 被告二人は日本で、勤務していたソニーの工場で知り合い、一年ほど一緒に住んでいた。
 暴力団との関係について問われると、「依頼人がヤクザだったかどうかは(そう言われてはいるが)、よくわからない。自分も、
知っている限りではクリスチアーノも、一度も暴力団に所属したことはない。(イトウの)刺青も、ヤクザのものではない」と断言した。
帰国するための航空券は、用意されたのではなく、自分で購入したという。
 日本には犯行までに一年半ほど滞在していたが、フクダ被告はほとんど日本語を話せなかった。犯行に及んだ動機は
「残念ながら金だった」と答えた。被害者のことは知らなかったという。
 フクダ被告には二人子供がおり、帰国後、カンピーナスで清掃員などとして働いていた。同被告の証言によると2004年、
薬物の取引に携わった疑いで逮捕され、有罪判決が出ている。
サンローランの雑誌広告、痩せすぎモデルで掲載禁止に
【AFPBB News】 2015/06/04 15:30
【6月4日AFP】英国の広告監視当局は3日、仏高級ファッションブランド「サンローラン(Saint Laurent)」の
雑誌広告について、痩せすぎのモデルを起用していることを理由に掲載禁止の判断を下した。
この広告では、短いスカートとタイツ、プラットフォームヒール(厚底のヒール)を履いたモデルが地面に
仰向けに横たわっているモノクロ写真が使われている。英国広告基準局(Advertising Standards Authority、
ASA)は、広告を「無責任」と断じた。問題の写真についてASAは、モデルのポーズと照明によって胸部の肋骨
が際立って見えるとし、また脚部も「太ももとひざが同じ太さで細く見える」とコメントしている。
ブランド側は、モデルが痩せすぎに見えるということに同意できないとしたが、今回の決定により、この広告を
現行のまま再掲することはできなくなった。同ブランドは、以前は「イヴ・サンローラン(Yves Saint Laurent)」として
知られていた。(c)AFP

185日曜8時の名無しさん2017/02/01(水) 04:02:13.00ID:YYrsbIW8
「全て事実。後悔している」=デカセギ二人組殺人事件=被告一人が供述、犯行認める=代理処罰申請6件目に進展
【既報関連】東京都葛飾区で2001年6月4日未明、日系人の男二人が暴力団員に雇われ、無職の川上芳考さん(よしたか、当時33)を、
自宅に押し入り拳銃で射殺し、妻に重傷を負わせたとされる事件の被告人尋問が5月25日午後2時半頃、
聖市のバーラ・フンダ刑事裁判所で行われた。被告二人はデカセギで訪日していた日系三世で、犯行の約2週間後に同じ便で帰伯していた。
日本政府は10年に代理処罰申請(国外犯処罰規定による訴追)をし、マルセーロ・フクダ(35)被告は翌年に当地で逮捕され、
聖市ベレンの刑務所に拘禁されている。今回は彼のみが出頭、約一時間にわたって供述を行い、インドの熱波、死者1500人近くに 病院に長蛇の列

「後悔している。冷酷で残虐な行為だった」とのべ、公訴事実を全面的に認めた。
 「やったことは全て間違っていた。後悔している。事件後は、全然人生がうまくいかなかった」―。被告人尋問は報道陣にも公開する形で行われ、
手錠で繋がれた状態で警官に同行され、同被告が出廷した。「罪を犯したことを後悔しているか」との検察官の問いに早口でこう答え、反省の意思を見せた。
 最初に裁判官が黙秘権について説明した後、公訴事実を述べた上で事実かどうかを尋ねると、「全て本当です」と答え、判事、
検察官の質問に、よどみのない口調で答え始めた。
 供述によれば、フクダ被告は事件当日未明、顔見知りだったデニス(=証人の一人デニス・ユウジ・ヒロタ)という男に誘われ、
行きつけだった成田のディスコに、もう一人の犯人クリスチアーノ・イトウとともに出かけたという。ディスコで二人は、
大柄の男をデニスから紹介された。「その男に、幾許かの金と引き換えに仕事をやらないかと提案された」。提案された報酬は、一人100万円ずつだった。
 被告二人はその夜、男から現金50万円と共に白い車と銃を受け取り、デニスの運転する車で被害者宅に向かい、近くのレストランで、
男から指示があるまで待機した。
 その後川上さんの家に行き、イトウが家の外から最初の一発を撃って侵入したが、その時に銃の挿弾子
(複数個の弾薬を装填する際に用いる器具)が外れた。後から家に侵入したフクダ被告が、落ちていた弾を見つけて引き金にセットし
、二発目を被害者に向けて撃った。
 イトウは川上さんの妻に暴力を振るい、その後二人は現場から逃げた。残りの50万円は、犯行二日後に現金で受け取った。フクダは事件翌日、
仕事を無断欠勤し、クビになったという。
 被告二人は日本で、勤務していたソニーの工場で知り合い、一年ほど一緒に住んでいた。
 暴力団との関係について問われると、「依頼人がヤクザだったかどうかは(そう言われてはいるが)、よくわからない。自分も、
知っている限りではクリスチアーノも、一度も暴力団に所属したことはない。(イトウの)刺青も、ヤクザのものではない」と断言した。
帰国するための航空券は、用意されたのではなく、自分で購入したという。
 日本には犯行までに一年半ほど滞在していたが、フクダ被告はほとんど日本語を話せなかった。犯行に及んだ動機は
「残念ながら金だった」と答えた。被害者のことは知らなかったという。
 フクダ被告には二人子供がおり、帰国後、カンピーナスで清掃員などとして働いていた。同被告の証言によると2004年、
薬物の取引に携わった疑いで逮捕され、有罪判決が出ている。
サンローランの雑誌広告、痩せすぎモデルで掲載禁止に
【AFPBB News】 2015/06/04 15:30
【6月4日AFP】英国の広告監視当局は3日、仏高級ファッションブランド「サンローラン(Saint Laurent)」の
雑誌広告について、痩せすぎのモデルを起用していることを理由に掲載禁止の判断を下した。
この広告では、短いスカートとタイツ、プラットフォームヒール(厚底のヒール)を履いたモデルが地面に
仰向けに横たわっているモノクロ写真が使われている。英国広告基準局(Advertising Standards Authority、
ASA)は、広告を「無責任」と断じた。問題の写真についてASAは、モデルのポーズと照明によって胸部の肋骨
が際立って見えるとし、また脚部も「太ももとひざが同じ太さで細く見える」とコメントしている。
ブランド側は、モデルが痩せすぎに見えるということに同意できないとしたが、今回の決定により、この広告を
現行のまま再掲することはできなくなった。同ブランドは、以前は「イヴ・サンローラン(Yves Saint Laurent)」として
知られていた。(c)AFP

186日曜8時の名無しさん2017/02/01(水) 04:02:31.82ID:YYrsbIW8
「全て事実。後悔している」=デカセギ二人組殺人事件=被告一人が供述、犯行認める=代理処罰申請6件目に進展
【既報関連】東京都葛飾区で2001年6月4日未明、日系人の男二人が暴力団員に雇われ、無職の川上芳考さん(よしたか、当時33)を、
自宅に押し入り拳銃で射殺し、妻に重傷を負わせたとされる事件の被告人尋問が5月25日午後2時半頃、
聖市のバーラ・フンダ刑事裁判所で行われた。被告二人はデカセギで訪日していた日系三世で、犯行の約2週間後に同じ便で帰伯していた。
日本政府は10年に代理処罰申請(国外犯処罰規定による訴追)をし、マルセーロ・フクダ(35)被告は翌年に当地で逮捕され、
聖市ベレンの刑務所に拘禁されている。今回は彼のみが出頭、約一時間にわたって供述を行い、インドの熱波、死者1500人近くに 病院に長蛇の列

「後悔している。冷酷で残虐な行為だった」とのべ、公訴事実を全面的に認めた。
 「やったことは全て間違っていた。後悔している。事件後は、全然人生がうまくいかなかった」―。被告人尋問は報道陣にも公開する形で行われ、
手錠で繋がれた状態で警官に同行され、同被告が出廷した。「罪を犯したことを後悔しているか」との検察官の問いに早口でこう答え、反省の意思を見せた。
 最初に裁判官が黙秘権について説明した後、公訴事実を述べた上で事実かどうかを尋ねると、「全て本当です」と答え、判事、
検察官の質問に、よどみのない口調で答え始めた。
 供述によれば、フクダ被告は事件当日未明、顔見知りだったデニス(=証人の一人デニス・ユウジ・ヒロタ)という男に誘われ、
行きつけだった成田のディスコに、もう一人の犯人クリスチアーノ・イトウとともに出かけたという。ディスコで二人は、
大柄の男をデニスから紹介された。「その男に、幾許かの金と引き換えに仕事をやらないかと提案された」。提案された報酬は、一人100万円ずつだった。
 被告二人はその夜、男から現金50万円と共に白い車と銃を受け取り、デニスの運転する車で被害者宅に向かい、近くのレストランで、
男から指示があるまで待機した。
 その後川上さんの家に行き、イトウが家の外から最初の一発を撃って侵入したが、その時に銃の挿弾子
(複数個の弾薬を装填する際に用いる器具)が外れた。後から家に侵入したフクダ被告が、落ちていた弾を見つけて引き金にセットし
、二発目を被害者に向けて撃った。
 イトウは川上さんの妻に暴力を振るい、その後二人は現場から逃げた。残りの50万円は、犯行二日後に現金で受け取った。フクダは事件翌日、
仕事を無断欠勤し、クビになったという。
 被告二人は日本で、勤務していたソニーの工場で知り合い、一年ほど一緒に住んでいた。
 暴力団との関係について問われると、「依頼人がヤクザだったかどうかは(そう言われてはいるが)、よくわからない。自分も、
知っている限りではクリスチアーノも、一度も暴力団に所属したことはない。(イトウの)刺青も、ヤクザのものではない」と断言した。
帰国するための航空券は、用意されたのではなく、自分で購入したという。
 日本には犯行までに一年半ほど滞在していたが、フクダ被告はほとんど日本語を話せなかった。犯行に及んだ動機は
「残念ながら金だった」と答えた。被害者のことは知らなかったという。
 フクダ被告には二人子供がおり、帰国後、カンピーナスで清掃員などとして働いていた。同被告の証言によると2004年、
薬物の取引に携わった疑いで逮捕され、有罪判決が出ている。
サンローランの雑誌広告、痩せすぎモデルで掲載禁止に
【AFPBB News】 2015/06/04 15:30
【6月4日AFP】英国の広告監視当局は3日、仏高級ファッションブランド「サンローラン(Saint Laurent)」の
雑誌広告について、痩せすぎのモデルを起用していることを理由に掲載禁止の判断を下した。
この広告では、短いスカートとタイツ、プラットフォームヒール(厚底のヒール)を履いたモデルが地面に
仰向けに横たわっているモノクロ写真が使われている。英国広告基準局(Advertising Standards Authority、
ASA)は、広告を「無責任」と断じた。問題の写真についてASAは、モデルのポーズと照明によって胸部の肋骨
が際立って見えるとし、また脚部も「太ももとひざが同じ太さで細く見える」とコメントしている。
ブランド側は、モデルが痩せすぎに見えるということに同意できないとしたが、今回の決定により、この広告を
現行のまま再掲することはできなくなった。同ブランドは、以前は「イヴ・サンローラン(Yves Saint Laurent)」として
知られていた。(c)AFP

187日曜8時の名無しさん2017/02/01(水) 04:02:50.77ID:YYrsbIW8
「全て事実。後悔している」=デカセギ二人組殺人事件=被告一人が供述、犯行認める=代理処罰申請6件目に進展
【既報関連】東京都葛飾区で2001年6月4日未明、日系人の男二人が暴力団員に雇われ、無職の川上芳考さん(よしたか、当時33)を、
自宅に押し入り拳銃で射殺し、妻に重傷を負わせたとされる事件の被告人尋問が5月25日午後2時半頃、
聖市のバーラ・フンダ刑事裁判所で行われた。被告二人はデカセギで訪日していた日系三世で、犯行の約2週間後に同じ便で帰伯していた。
日本政府は10年に代理処罰申請(国外犯処罰規定による訴追)をし、マルセーロ・フクダ(35)被告は翌年に当地で逮捕され、
聖市ベレンの刑務所に拘禁されている。今回は彼のみが出頭、約一時間にわたって供述を行い、インドの熱波、死者1500人近くに 病院に長蛇の列

「後悔している。冷酷で残虐な行為だった」とのべ、公訴事実を全面的に認めた。
 「やったことは全て間違っていた。後悔している。事件後は、全然人生がうまくいかなかった」―。被告人尋問は報道陣にも公開する形で行われ、
手錠で繋がれた状態で警官に同行され、同被告が出廷した。「罪を犯したことを後悔しているか」との検察官の問いに早口でこう答え、反省の意思を見せた。
 最初に裁判官が黙秘権について説明した後、公訴事実を述べた上で事実かどうかを尋ねると、「全て本当です」と答え、判事、
検察官の質問に、よどみのない口調で答え始めた。
 供述によれば、フクダ被告は事件当日未明、顔見知りだったデニス(=証人の一人デニス・ユウジ・ヒロタ)という男に誘われ、
行きつけだった成田のディスコに、もう一人の犯人クリスチアーノ・イトウとともに出かけたという。ディスコで二人は、
大柄の男をデニスから紹介された。「その男に、幾許かの金と引き換えに仕事をやらないかと提案された」。提案された報酬は、一人100万円ずつだった。
 被告二人はその夜、男から現金50万円と共に白い車と銃を受け取り、デニスの運転する車で被害者宅に向かい、近くのレストランで、
男から指示があるまで待機した。
 その後川上さんの家に行き、イトウが家の外から最初の一発を撃って侵入したが、その時に銃の挿弾子
(複数個の弾薬を装填する際に用いる器具)が外れた。後から家に侵入したフクダ被告が、落ちていた弾を見つけて引き金にセットし
、二発目を被害者に向けて撃った。
 イトウは川上さんの妻に暴力を振るい、その後二人は現場から逃げた。残りの50万円は、犯行二日後に現金で受け取った。フクダは事件翌日、
仕事を無断欠勤し、クビになったという。
 被告二人は日本で、勤務していたソニーの工場で知り合い、一年ほど一緒に住んでいた。
 暴力団との関係について問われると、「依頼人がヤクザだったかどうかは(そう言われてはいるが)、よくわからない。自分も、
知っている限りではクリスチアーノも、一度も暴力団に所属したことはない。(イトウの)刺青も、ヤクザのものではない」と断言した。
帰国するための航空券は、用意されたのではなく、自分で購入したという。
 日本には犯行までに一年半ほど滞在していたが、フクダ被告はほとんど日本語を話せなかった。犯行に及んだ動機は
「残念ながら金だった」と答えた。被害者のことは知らなかったという。
 フクダ被告には二人子供がおり、帰国後、カンピーナスで清掃員などとして働いていた。同被告の証言によると2004年、
薬物の取引に携わった疑いで逮捕され、有罪判決が出ている。
サンローランの雑誌広告、痩せすぎモデルで掲載禁止に
【AFPBB News】 2015/06/04 15:30
【6月4日AFP】英国の広告監視当局は3日、仏高級ファッションブランド「サンローラン(Saint Laurent)」の
雑誌広告について、痩せすぎのモデルを起用していることを理由に掲載禁止の判断を下した。
この広告では、短いスカートとタイツ、プラットフォームヒール(厚底のヒール)を履いたモデルが地面に
仰向けに横たわっているモノクロ写真が使われている。英国広告基準局(Advertising Standards Authority、
ASA)は、広告を「無責任」と断じた。問題の写真についてASAは、モデルのポーズと照明によって胸部の肋骨
が際立って見えるとし、また脚部も「太ももとひざが同じ太さで細く見える」とコメントしている。
ブランド側は、モデルが痩せすぎに見えるということに同意できないとしたが、今回の決定により、この広告を
現行のまま再掲することはできなくなった。同ブランドは、以前は「イヴ・サンローラン(Yves Saint Laurent)」として
知られていた。(c)AFP

188日曜8時の名無しさん2017/02/01(水) 04:03:09.44ID:YYrsbIW8
「全て事実。後悔している」=デカセギ二人組殺人事件=被告一人が供述、犯行認める=代理処罰申請6件目に進展
【既報関連】東京都葛飾区で2001年6月4日未明、日系人の男二人が暴力団員に雇われ、無職の川上芳考さん(よしたか、当時33)を、
自宅に押し入り拳銃で射殺し、妻に重傷を負わせたとされる事件の被告人尋問が5月25日午後2時半頃、
聖市のバーラ・フンダ刑事裁判所で行われた。被告二人はデカセギで訪日していた日系三世で、犯行の約2週間後に同じ便で帰伯していた。
日本政府は10年に代理処罰申請(国外犯処罰規定による訴追)をし、マルセーロ・フクダ(35)被告は翌年に当地で逮捕され、
聖市ベレンの刑務所に拘禁されている。今回は彼のみが出頭、約一時間にわたって供述を行い、インドの熱波、死者1500人近くに 病院に長蛇の列

「後悔している。冷酷で残虐な行為だった」とのべ、公訴事実を全面的に認めた。
 「やったことは全て間違っていた。後悔している。事件後は、全然人生がうまくいかなかった」―。被告人尋問は報道陣にも公開する形で行われ、
手錠で繋がれた状態で警官に同行され、同被告が出廷した。「罪を犯したことを後悔しているか」との検察官の問いに早口でこう答え、反省の意思を見せた。
 最初に裁判官が黙秘権について説明した後、公訴事実を述べた上で事実かどうかを尋ねると、「全て本当です」と答え、判事、
検察官の質問に、よどみのない口調で答え始めた。
 供述によれば、フクダ被告は事件当日未明、顔見知りだったデニス(=証人の一人デニス・ユウジ・ヒロタ)という男に誘われ、
行きつけだった成田のディスコに、もう一人の犯人クリスチアーノ・イトウとともに出かけたという。ディスコで二人は、
大柄の男をデニスから紹介された。「その男に、幾許かの金と引き換えに仕事をやらないかと提案された」。提案された報酬は、一人100万円ずつだった。
 被告二人はその夜、男から現金50万円と共に白い車と銃を受け取り、デニスの運転する車で被害者宅に向かい、近くのレストランで、
男から指示があるまで待機した。
 その後川上さんの家に行き、イトウが家の外から最初の一発を撃って侵入したが、その時に銃の挿弾子
(複数個の弾薬を装填する際に用いる器具)が外れた。後から家に侵入したフクダ被告が、落ちていた弾を見つけて引き金にセットし
、二発目を被害者に向けて撃った。
 イトウは川上さんの妻に暴力を振るい、その後二人は現場から逃げた。残りの50万円は、犯行二日後に現金で受け取った。フクダは事件翌日、
仕事を無断欠勤し、クビになったという。
 被告二人は日本で、勤務していたソニーの工場で知り合い、一年ほど一緒に住んでいた。
 暴力団との関係について問われると、「依頼人がヤクザだったかどうかは(そう言われてはいるが)、よくわからない。自分も、
知っている限りではクリスチアーノも、一度も暴力団に所属したことはない。(イトウの)刺青も、ヤクザのものではない」と断言した。
帰国するための航空券は、用意されたのではなく、自分で購入したという。
 日本には犯行までに一年半ほど滞在していたが、フクダ被告はほとんど日本語を話せなかった。犯行に及んだ動機は
「残念ながら金だった」と答えた。被害者のことは知らなかったという。
 フクダ被告には二人子供がおり、帰国後、カンピーナスで清掃員などとして働いていた。同被告の証言によると2004年、
薬物の取引に携わった疑いで逮捕され、有罪判決が出ている。
サンローランの雑誌広告、痩せすぎモデルで掲載禁止に
【AFPBB News】 2015/06/04 15:30
【6月4日AFP】英国の広告監視当局は3日、仏高級ファッションブランド「サンローラン(Saint Laurent)」の
雑誌広告について、痩せすぎのモデルを起用していることを理由に掲載禁止の判断を下した。
この広告では、短いスカートとタイツ、プラットフォームヒール(厚底のヒール)を履いたモデルが地面に
仰向けに横たわっているモノクロ写真が使われている。英国広告基準局(Advertising Standards Authority、
ASA)は、広告を「無責任」と断じた。問題の写真についてASAは、モデルのポーズと照明によって胸部の肋骨
が際立って見えるとし、また脚部も「太ももとひざが同じ太さで細く見える」とコメントしている。
ブランド側は、モデルが痩せすぎに見えるということに同意できないとしたが、今回の決定により、この広告を
現行のまま再掲することはできなくなった。同ブランドは、以前は「イヴ・サンローラン(Yves Saint Laurent)」として
知られていた。(c)AFP

189日曜8時の名無しさん2017/02/01(水) 04:03:24.25ID:YYrsbIW8
「全て事実。後悔している」=デカセギ二人組殺人事件=被告一人が供述、犯行認める=代理処罰申請6件目に進展
【既報関連】東京都葛飾区で2001年6月4日未明、日系人の男二人が暴力団員に雇われ、無職の川上芳考さん(よしたか、当時33)を、
自宅に押し入り拳銃で射殺し、妻に重傷を負わせたとされる事件の被告人尋問が5月25日午後2時半頃、
聖市のバーラ・フンダ刑事裁判所で行われた。被告二人はデカセギで訪日していた日系三世で、犯行の約2週間後に同じ便で帰伯していた。
日本政府は10年に代理処罰申請(国外犯処罰規定による訴追)をし、マルセーロ・フクダ(35)被告は翌年に当地で逮捕され、
聖市ベレンの刑務所に拘禁されている。今回は彼のみが出頭、約一時間にわたって供述を行い、インドの熱波、死者1500人近くに 病院に長蛇の列

「後悔している。冷酷で残虐な行為だった」とのべ、公訴事実を全面的に認めた。
 「やったことは全て間違っていた。後悔している。事件後は、全然人生がうまくいかなかった」―。被告人尋問は報道陣にも公開する形で行われ、
手錠で繋がれた状態で警官に同行され、同被告が出廷した。「罪を犯したことを後悔しているか」との検察官の問いに早口でこう答え、反省の意思を見せた。
 最初に裁判官が黙秘権について説明した後、公訴事実を述べた上で事実かどうかを尋ねると、「全て本当です」と答え、判事、
検察官の質問に、よどみのない口調で答え始めた。
 供述によれば、フクダ被告は事件当日未明、顔見知りだったデニス(=証人の一人デニス・ユウジ・ヒロタ)という男に誘われ、
行きつけだった成田のディスコに、もう一人の犯人クリスチアーノ・イトウとともに出かけたという。ディスコで二人は、
大柄の男をデニスから紹介された。「その男に、幾許かの金と引き換えに仕事をやらないかと提案された」。提案された報酬は、一人100万円ずつだった。
 被告二人はその夜、男から現金50万円と共に白い車と銃を受け取り、デニスの運転する車で被害者宅に向かい、近くのレストランで、
男から指示があるまで待機した。
 その後川上さんの家に行き、イトウが家の外から最初の一発を撃って侵入したが、その時に銃の挿弾子
(複数個の弾薬を装填する際に用いる器具)が外れた。後から家に侵入したフクダ被告が、落ちていた弾を見つけて引き金にセットし
、二発目を被害者に向けて撃った。
 イトウは川上さんの妻に暴力を振るい、その後二人は現場から逃げた。残りの50万円は、犯行二日後に現金で受け取った。フクダは事件翌日、
仕事を無断欠勤し、クビになったという。
 被告二人は日本で、勤務していたソニーの工場で知り合い、一年ほど一緒に住んでいた。
 暴力団との関係について問われると、「依頼人がヤクザだったかどうかは(そう言われてはいるが)、よくわからない。自分も、
知っている限りではクリスチアーノも、一度も暴力団に所属したことはない。(イトウの)刺青も、ヤクザのものではない」と断言した。
帰国するための航空券は、用意されたのではなく、自分で購入したという。
 日本には犯行までに一年半ほど滞在していたが、フクダ被告はほとんど日本語を話せなかった。犯行に及んだ動機は
「残念ながら金だった」と答えた。被害者のことは知らなかったという。
 フクダ被告には二人子供がおり、帰国後、カンピーナスで清掃員などとして働いていた。同被告の証言によると2004年、
薬物の取引に携わった疑いで逮捕され、有罪判決が出ている。
サンローランの雑誌広告、痩せすぎモデルで掲載禁止に
【AFPBB News】 2015/06/04 15:30
【6月4日AFP】英国の広告監視当局は3日、仏高級ファッションブランド「サンローラン(Saint Laurent)」の
雑誌広告について、痩せすぎのモデルを起用していることを理由に掲載禁止の判断を下した。
この広告では、短いスカートとタイツ、プラットフォームヒール(厚底のヒール)を履いたモデルが地面に
仰向けに横たわっているモノクロ写真が使われている。英国広告基準局(Advertising Standards Authority、
ASA)は、広告を「無責任」と断じた。問題の写真についてASAは、モデルのポーズと照明によって胸部の肋骨
が際立って見えるとし、また脚部も「太ももとひざが同じ太さで細く見える」とコメントしている。
ブランド側は、モデルが痩せすぎに見えるということに同意できないとしたが、今回の決定により、この広告を
現行のまま再掲することはできなくなった。同ブランドは、以前は「イヴ・サンローラン(Yves Saint Laurent)」として
知られていた。(c)AFP

190日曜8時の名無しさん2017/02/01(水) 04:03:47.18ID:YYrsbIW8
「全て事実。後悔している」=デカセギ二人組殺人事件=被告一人が供述、犯行認める=代理処罰申請6件目に進展
【既報関連】東京都葛飾区で2001年6月4日未明、日系人の男二人が暴力団員に雇われ、無職の川上芳考さん(よしたか、当時33)を、
自宅に押し入り拳銃で射殺し、妻に重傷を負わせたとされる事件の被告人尋問が5月25日午後2時半頃、
聖市のバーラ・フンダ刑事裁判所で行われた。被告二人はデカセギで訪日していた日系三世で、犯行の約2週間後に同じ便で帰伯していた。
日本政府は10年に代理処罰申請(国外犯処罰規定による訴追)をし、マルセーロ・フクダ(35)被告は翌年に当地で逮捕され、
聖市ベレンの刑務所に拘禁されている。今回は彼のみが出頭、約一時間にわたって供述を行い、インドの熱波、死者1500人近くに 病院に長蛇の列

「後悔している。冷酷で残虐な行為だった」とのべ、公訴事実を全面的に認めた。
 「やったことは全て間違っていた。後悔している。事件後は、全然人生がうまくいかなかった」―。被告人尋問は報道陣にも公開する形で行われ、
手錠で繋がれた状態で警官に同行され、同被告が出廷した。「罪を犯したことを後悔しているか」との検察官の問いに早口でこう答え、反省の意思を見せた。
 最初に裁判官が黙秘権について説明した後、公訴事実を述べた上で事実かどうかを尋ねると、「全て本当です」と答え、判事、
検察官の質問に、よどみのない口調で答え始めた。
 供述によれば、フクダ被告は事件当日未明、顔見知りだったデニス(=証人の一人デニス・ユウジ・ヒロタ)という男に誘われ、
行きつけだった成田のディスコに、もう一人の犯人クリスチアーノ・イトウとともに出かけたという。ディスコで二人は、
大柄の男をデニスから紹介された。「その男に、幾許かの金と引き換えに仕事をやらないかと提案された」。提案された報酬は、一人100万円ずつだった。
 被告二人はその夜、男から現金50万円と共に白い車と銃を受け取り、デニスの運転する車で被害者宅に向かい、近くのレストランで、
男から指示があるまで待機した。
 その後川上さんの家に行き、イトウが家の外から最初の一発を撃って侵入したが、その時に銃の挿弾子
(複数個の弾薬を装填する際に用いる器具)が外れた。後から家に侵入したフクダ被告が、落ちていた弾を見つけて引き金にセットし
、二発目を被害者に向けて撃った。
 イトウは川上さんの妻に暴力を振るい、その後二人は現場から逃げた。残りの50万円は、犯行二日後に現金で受け取った。フクダは事件翌日、
仕事を無断欠勤し、クビになったという。
 被告二人は日本で、勤務していたソニーの工場で知り合い、一年ほど一緒に住んでいた。
 暴力団との関係について問われると、「依頼人がヤクザだったかどうかは(そう言われてはいるが)、よくわからない。自分も、
知っている限りではクリスチアーノも、一度も暴力団に所属したことはない。(イトウの)刺青も、ヤクザのものではない」と断言した。
帰国するための航空券は、用意されたのではなく、自分で購入したという。
 日本には犯行までに一年半ほど滞在していたが、フクダ被告はほとんど日本語を話せなかった。犯行に及んだ動機は
「残念ながら金だった」と答えた。被害者のことは知らなかったという。
 フクダ被告には二人子供がおり、帰国後、カンピーナスで清掃員などとして働いていた。同被告の証言によると2004年、
薬物の取引に携わった疑いで逮捕され、有罪判決が出ている。
サンローランの雑誌広告、痩せすぎモデルで掲載禁止に
【AFPBB News】 2015/06/04 15:30
【6月4日AFP】英国の広告監視当局は3日、仏高級ファッションブランド「サンローラン(Saint Laurent)」の
雑誌広告について、痩せすぎのモデルを起用していることを理由に掲載禁止の判断を下した。
この広告では、短いスカートとタイツ、プラットフォームヒール(厚底のヒール)を履いたモデルが地面に
仰向けに横たわっているモノクロ写真が使われている。英国広告基準局(Advertising Standards Authority、
ASA)は、広告を「無責任」と断じた。問題の写真についてASAは、モデルのポーズと照明によって胸部の肋骨
が際立って見えるとし、また脚部も「太ももとひざが同じ太さで細く見える」とコメントしている。
ブランド側は、モデルが痩せすぎに見えるということに同意できないとしたが、今回の決定により、この広告を
現行のまま再掲することはできなくなった。同ブランドは、以前は「イヴ・サンローラン(Yves Saint Laurent)」として
知られていた。(c)AFP

191日曜8時の名無しさん2017/02/01(水) 04:04:08.44ID:YYrsbIW8
「全て事実。後悔している」=デカセギ二人組殺人事件=被告一人が供述、犯行認める=代理処罰申請6件目に進展
【既報関連】東京都葛飾区で2001年6月4日未明、日系人の男二人が暴力団員に雇われ、無職の川上芳考さん(よしたか、当時33)を、
自宅に押し入り拳銃で射殺し、妻に重傷を負わせたとされる事件の被告人尋問が5月25日午後2時半頃、
聖市のバーラ・フンダ刑事裁判所で行われた。被告二人はデカセギで訪日していた日系三世で、犯行の約2週間後に同じ便で帰伯していた。
日本政府は10年に代理処罰申請(国外犯処罰規定による訴追)をし、マルセーロ・フクダ(35)被告は翌年に当地で逮捕され、
聖市ベレンの刑務所に拘禁されている。今回は彼のみが出頭、約一時間にわたって供述を行い、インドの熱波、死者1500人近くに 病院に長蛇の列

「後悔している。冷酷で残虐な行為だった」とのべ、公訴事実を全面的に認めた。
 「やったことは全て間違っていた。後悔している。事件後は、全然人生がうまくいかなかった」―。被告人尋問は報道陣にも公開する形で行われ、
手錠で繋がれた状態で警官に同行され、同被告が出廷した。「罪を犯したことを後悔しているか」との検察官の問いに早口でこう答え、反省の意思を見せた。
 最初に裁判官が黙秘権について説明した後、公訴事実を述べた上で事実かどうかを尋ねると、「全て本当です」と答え、判事、
検察官の質問に、よどみのない口調で答え始めた。
 供述によれば、フクダ被告は事件当日未明、顔見知りだったデニス(=証人の一人デニス・ユウジ・ヒロタ)という男に誘われ、
行きつけだった成田のディスコに、もう一人の犯人クリスチアーノ・イトウとともに出かけたという。ディスコで二人は、
大柄の男をデニスから紹介された。「その男に、幾許かの金と引き換えに仕事をやらないかと提案された」。提案された報酬は、一人100万円ずつだった。
 被告二人はその夜、男から現金50万円と共に白い車と銃を受け取り、デニスの運転する車で被害者宅に向かい、近くのレストランで、
男から指示があるまで待機した。
 その後川上さんの家に行き、イトウが家の外から最初の一発を撃って侵入したが、その時に銃の挿弾子
(複数個の弾薬を装填する際に用いる器具)が外れた。後から家に侵入したフクダ被告が、落ちていた弾を見つけて引き金にセットし
、二発目を被害者に向けて撃った。
 イトウは川上さんの妻に暴力を振るい、その後二人は現場から逃げた。残りの50万円は、犯行二日後に現金で受け取った。フクダは事件翌日、
仕事を無断欠勤し、クビになったという。
 被告二人は日本で、勤務していたソニーの工場で知り合い、一年ほど一緒に住んでいた。
 暴力団との関係について問われると、「依頼人がヤクザだったかどうかは(そう言われてはいるが)、よくわからない。自分も、
知っている限りではクリスチアーノも、一度も暴力団に所属したことはない。(イトウの)刺青も、ヤクザのものではない」と断言した。
帰国するための航空券は、用意されたのではなく、自分で購入したという。
 日本には犯行までに一年半ほど滞在していたが、フクダ被告はほとんど日本語を話せなかった。犯行に及んだ動機は
「残念ながら金だった」と答えた。被害者のことは知らなかったという。
 フクダ被告には二人子供がおり、帰国後、カンピーナスで清掃員などとして働いていた。同被告の証言によると2004年、
薬物の取引に携わった疑いで逮捕され、有罪判決が出ている。
サンローランの雑誌広告、痩せすぎモデルで掲載禁止に
【AFPBB News】 2015/06/04 15:30
【6月4日AFP】英国の広告監視当局は3日、仏高級ファッションブランド「サンローラン(Saint Laurent)」の
雑誌広告について、痩せすぎのモデルを起用していることを理由に掲載禁止の判断を下した。
この広告では、短いスカートとタイツ、プラットフォームヒール(厚底のヒール)を履いたモデルが地面に
仰向けに横たわっているモノクロ写真が使われている。英国広告基準局(Advertising Standards Authority、
ASA)は、広告を「無責任」と断じた。問題の写真についてASAは、モデルのポーズと照明によって胸部の肋骨
が際立って見えるとし、また脚部も「太ももとひざが同じ太さで細く見える」とコメントしている。
ブランド側は、モデルが痩せすぎに見えるということに同意できないとしたが、今回の決定により、この広告を
現行のまま再掲することはできなくなった。同ブランドは、以前は「イヴ・サンローラン(Yves Saint Laurent)」として
知られていた。(c)AFP

192日曜8時の名無しさん2017/02/01(水) 04:04:32.94ID:YYrsbIW8
「全て事実。後悔している」=デカセギ二人組殺人事件=被告一人が供述、犯行認める=代理処罰申請6件目に進展
【既報関連】東京都葛飾区で2001年6月4日未明、日系人の男二人が暴力団員に雇われ、無職の川上芳考さん(よしたか、当時33)を、
自宅に押し入り拳銃で射殺し、妻に重傷を負わせたとされる事件の被告人尋問が5月25日午後2時半頃、
聖市のバーラ・フンダ刑事裁判所で行われた。被告二人はデカセギで訪日していた日系三世で、犯行の約2週間後に同じ便で帰伯していた。
日本政府は10年に代理処罰申請(国外犯処罰規定による訴追)をし、マルセーロ・フクダ(35)被告は翌年に当地で逮捕され、
聖市ベレンの刑務所に拘禁されている。今回は彼のみが出頭、約一時間にわたって供述を行い、インドの熱波、死者1500人近くに 病院に長蛇の列

「後悔している。冷酷で残虐な行為だった」とのべ、公訴事実を全面的に認めた。
 「やったことは全て間違っていた。後悔している。事件後は、全然人生がうまくいかなかった」―。被告人尋問は報道陣にも公開する形で行われ、
手錠で繋がれた状態で警官に同行され、同被告が出廷した。「罪を犯したことを後悔しているか」との検察官の問いに早口でこう答え、反省の意思を見せた。
 最初に裁判官が黙秘権について説明した後、公訴事実を述べた上で事実かどうかを尋ねると、「全て本当です」と答え、判事、
検察官の質問に、よどみのない口調で答え始めた。
 供述によれば、フクダ被告は事件当日未明、顔見知りだったデニス(=証人の一人デニス・ユウジ・ヒロタ)という男に誘われ、
行きつけだった成田のディスコに、もう一人の犯人クリスチアーノ・イトウとともに出かけたという。ディスコで二人は、
大柄の男をデニスから紹介された。「その男に、幾許かの金と引き換えに仕事をやらないかと提案された」。提案された報酬は、一人100万円ずつだった。
 被告二人はその夜、男から現金50万円と共に白い車と銃を受け取り、デニスの運転する車で被害者宅に向かい、近くのレストランで、
男から指示があるまで待機した。
 その後川上さんの家に行き、イトウが家の外から最初の一発を撃って侵入したが、その時に銃の挿弾子
(複数個の弾薬を装填する際に用いる器具)が外れた。後から家に侵入したフクダ被告が、落ちていた弾を見つけて引き金にセットし
、二発目を被害者に向けて撃った。
 イトウは川上さんの妻に暴力を振るい、その後二人は現場から逃げた。残りの50万円は、犯行二日後に現金で受け取った。フクダは事件翌日、
仕事を無断欠勤し、クビになったという。
 被告二人は日本で、勤務していたソニーの工場で知り合い、一年ほど一緒に住んでいた。
 暴力団との関係について問われると、「依頼人がヤクザだったかどうかは(そう言われてはいるが)、よくわからない。自分も、
知っている限りではクリスチアーノも、一度も暴力団に所属したことはない。(イトウの)刺青も、ヤクザのものではない」と断言した。
帰国するための航空券は、用意されたのではなく、自分で購入したという。
 日本には犯行までに一年半ほど滞在していたが、フクダ被告はほとんど日本語を話せなかった。犯行に及んだ動機は
「残念ながら金だった」と答えた。被害者のことは知らなかったという。
 フクダ被告には二人子供がおり、帰国後、カンピーナスで清掃員などとして働いていた。同被告の証言によると2004年、
薬物の取引に携わった疑いで逮捕され、有罪判決が出ている。
サンローランの雑誌広告、痩せすぎモデルで掲載禁止に
【AFPBB News】 2015/06/04 15:30
【6月4日AFP】英国の広告監視当局は3日、仏高級ファッションブランド「サンローラン(Saint Laurent)」の
雑誌広告について、痩せすぎのモデルを起用していることを理由に掲載禁止の判断を下した。
この広告では、短いスカートとタイツ、プラットフォームヒール(厚底のヒール)を履いたモデルが地面に
仰向けに横たわっているモノクロ写真が使われている。英国広告基準局(Advertising Standards Authority、
ASA)は、広告を「無責任」と断じた。問題の写真についてASAは、モデルのポーズと照明によって胸部の肋骨
が際立って見えるとし、また脚部も「太ももとひざが同じ太さで細く見える」とコメントしている。
ブランド側は、モデルが痩せすぎに見えるということに同意できないとしたが、今回の決定により、この広告を
現行のまま再掲することはできなくなった。同ブランドは、以前は「イヴ・サンローラン(Yves Saint Laurent)」として
知られていた。(c)AFP

193日曜8時の名無しさん2017/02/01(水) 04:04:53.48ID:YYrsbIW8
「全て事実。後悔している」=デカセギ二人組殺人事件=被告一人が供述、犯行認める=代理処罰申請6件目に進展
【既報関連】東京都葛飾区で2001年6月4日未明、日系人の男二人が暴力団員に雇われ、無職の川上芳考さん(よしたか、当時33)を、
自宅に押し入り拳銃で射殺し、妻に重傷を負わせたとされる事件の被告人尋問が5月25日午後2時半頃、
聖市のバーラ・フンダ刑事裁判所で行われた。被告二人はデカセギで訪日していた日系三世で、犯行の約2週間後に同じ便で帰伯していた。
日本政府は10年に代理処罰申請(国外犯処罰規定による訴追)をし、マルセーロ・フクダ(35)被告は翌年に当地で逮捕され、
聖市ベレンの刑務所に拘禁されている。今回は彼のみが出頭、約一時間にわたって供述を行い、インドの熱波、死者1500人近くに 病院に長蛇の列

「後悔している。冷酷で残虐な行為だった」とのべ、公訴事実を全面的に認めた。
 「やったことは全て間違っていた。後悔している。事件後は、全然人生がうまくいかなかった」―。被告人尋問は報道陣にも公開する形で行われ、
手錠で繋がれた状態で警官に同行され、同被告が出廷した。「罪を犯したことを後悔しているか」との検察官の問いに早口でこう答え、反省の意思を見せた。
 最初に裁判官が黙秘権について説明した後、公訴事実を述べた上で事実かどうかを尋ねると、「全て本当です」と答え、判事、
検察官の質問に、よどみのない口調で答え始めた。
 供述によれば、フクダ被告は事件当日未明、顔見知りだったデニス(=証人の一人デニス・ユウジ・ヒロタ)という男に誘われ、
行きつけだった成田のディスコに、もう一人の犯人クリスチアーノ・イトウとともに出かけたという。ディスコで二人は、
大柄の男をデニスから紹介された。「その男に、幾許かの金と引き換えに仕事をやらないかと提案された」。提案された報酬は、一人100万円ずつだった。
 被告二人はその夜、男から現金50万円と共に白い車と銃を受け取り、デニスの運転する車で被害者宅に向かい、近くのレストランで、
男から指示があるまで待機した。
 その後川上さんの家に行き、イトウが家の外から最初の一発を撃って侵入したが、その時に銃の挿弾子
(複数個の弾薬を装填する際に用いる器具)が外れた。後から家に侵入したフクダ被告が、落ちていた弾を見つけて引き金にセットし
、二発目を被害者に向けて撃った。
 イトウは川上さんの妻に暴力を振るい、その後二人は現場から逃げた。残りの50万円は、犯行二日後に現金で受け取った。フクダは事件翌日、
仕事を無断欠勤し、クビになったという。
 被告二人は日本で、勤務していたソニーの工場で知り合い、一年ほど一緒に住んでいた。
 暴力団との関係について問われると、「依頼人がヤクザだったかどうかは(そう言われてはいるが)、よくわからない。自分も、
知っている限りではクリスチアーノも、一度も暴力団に所属したことはない。(イトウの)刺青も、ヤクザのものではない」と断言した。
帰国するための航空券は、用意されたのではなく、自分で購入したという。
 日本には犯行までに一年半ほど滞在していたが、フクダ被告はほとんど日本語を話せなかった。犯行に及んだ動機は
「残念ながら金だった」と答えた。被害者のことは知らなかったという。
 フクダ被告には二人子供がおり、帰国後、カンピーナスで清掃員などとして働いていた。同被告の証言によると2004年、
薬物の取引に携わった疑いで逮捕され、有罪判決が出ている。
サンローランの雑誌広告、痩せすぎモデルで掲載禁止に
【AFPBB News】 2015/06/04 15:30
【6月4日AFP】英国の広告監視当局は3日、仏高級ファッションブランド「サンローラン(Saint Laurent)」の
雑誌広告について、痩せすぎのモデルを起用していることを理由に掲載禁止の判断を下した。
この広告では、短いスカートとタイツ、プラットフォームヒール(厚底のヒール)を履いたモデルが地面に
仰向けに横たわっているモノクロ写真が使われている。英国広告基準局(Advertising Standards Authority、
ASA)は、広告を「無責任」と断じた。問題の写真についてASAは、モデルのポーズと照明によって胸部の肋骨
が際立って見えるとし、また脚部も「太ももとひざが同じ太さで細く見える」とコメントしている。
ブランド側は、モデルが痩せすぎに見えるということに同意できないとしたが、今回の決定により、この広告を
現行のまま再掲することはできなくなった。同ブランドは、以前は「イヴ・サンローラン(Yves Saint Laurent)」として
知られていた。(c)AFP

194日曜8時の名無しさん2017/02/01(水) 04:05:08.04ID:YYrsbIW8
「全て事実。後悔している」=デカセギ二人組殺人事件=被告一人が供述、犯行認める=代理処罰申請6件目に進展
【既報関連】東京都葛飾区で2001年6月4日未明、日系人の男二人が暴力団員に雇われ、無職の川上芳考さん(よしたか、当時33)を、
自宅に押し入り拳銃で射殺し、妻に重傷を負わせたとされる事件の被告人尋問が5月25日午後2時半頃、
聖市のバーラ・フンダ刑事裁判所で行われた。被告二人はデカセギで訪日していた日系三世で、犯行の約2週間後に同じ便で帰伯していた。
日本政府は10年に代理処罰申請(国外犯処罰規定による訴追)をし、マルセーロ・フクダ(35)被告は翌年に当地で逮捕され、
聖市ベレンの刑務所に拘禁されている。今回は彼のみが出頭、約一時間にわたって供述を行い、インドの熱波、死者1500人近くに 病院に長蛇の列

「後悔している。冷酷で残虐な行為だった」とのべ、公訴事実を全面的に認めた。
 「やったことは全て間違っていた。後悔している。事件後は、全然人生がうまくいかなかった」―。被告人尋問は報道陣にも公開する形で行われ、
手錠で繋がれた状態で警官に同行され、同被告が出廷した。「罪を犯したことを後悔しているか」との検察官の問いに早口でこう答え、反省の意思を見せた。
 最初に裁判官が黙秘権について説明した後、公訴事実を述べた上で事実かどうかを尋ねると、「全て本当です」と答え、判事、
検察官の質問に、よどみのない口調で答え始めた。
 供述によれば、フクダ被告は事件当日未明、顔見知りだったデニス(=証人の一人デニス・ユウジ・ヒロタ)という男に誘われ、
行きつけだった成田のディスコに、もう一人の犯人クリスチアーノ・イトウとともに出かけたという。ディスコで二人は、
大柄の男をデニスから紹介された。「その男に、幾許かの金と引き換えに仕事をやらないかと提案された」。提案された報酬は、一人100万円ずつだった。
 被告二人はその夜、男から現金50万円と共に白い車と銃を受け取り、デニスの運転する車で被害者宅に向かい、近くのレストランで、
男から指示があるまで待機した。
 その後川上さんの家に行き、イトウが家の外から最初の一発を撃って侵入したが、その時に銃の挿弾子
(複数個の弾薬を装填する際に用いる器具)が外れた。後から家に侵入したフクダ被告が、落ちていた弾を見つけて引き金にセットし
、二発目を被害者に向けて撃った。
 イトウは川上さんの妻に暴力を振るい、その後二人は現場から逃げた。残りの50万円は、犯行二日後に現金で受け取った。フクダは事件翌日、
仕事を無断欠勤し、クビになったという。
 被告二人は日本で、勤務していたソニーの工場で知り合い、一年ほど一緒に住んでいた。
 暴力団との関係について問われると、「依頼人がヤクザだったかどうかは(そう言われてはいるが)、よくわからない。自分も、
知っている限りではクリスチアーノも、一度も暴力団に所属したことはない。(イトウの)刺青も、ヤクザのものではない」と断言した。
帰国するための航空券は、用意されたのではなく、自分で購入したという。
 日本には犯行までに一年半ほど滞在していたが、フクダ被告はほとんど日本語を話せなかった。犯行に及んだ動機は
「残念ながら金だった」と答えた。被害者のことは知らなかったという。
 フクダ被告には二人子供がおり、帰国後、カンピーナスで清掃員などとして働いていた。同被告の証言によると2004年、
薬物の取引に携わった疑いで逮捕され、有罪判決が出ている。
サンローランの雑誌広告、痩せすぎモデルで掲載禁止に
【AFPBB News】 2015/06/04 15:30
【6月4日AFP】英国の広告監視当局は3日、仏高級ファッションブランド「サンローラン(Saint Laurent)」の
雑誌広告について、痩せすぎのモデルを起用していることを理由に掲載禁止の判断を下した。
この広告では、短いスカートとタイツ、プラットフォームヒール(厚底のヒール)を履いたモデルが地面に
仰向けに横たわっているモノクロ写真が使われている。英国広告基準局(Advertising Standards Authority、
ASA)は、広告を「無責任」と断じた。問題の写真についてASAは、モデルのポーズと照明によって胸部の肋骨
が際立って見えるとし、また脚部も「太ももとひざが同じ太さで細く見える」とコメントしている。
ブランド側は、モデルが痩せすぎに見えるということに同意できないとしたが、今回の決定により、この広告を
現行のまま再掲することはできなくなった。同ブランドは、以前は「イヴ・サンローラン(Yves Saint Laurent)」として
知られていた。(c)AFP

195日曜8時の名無しさん2017/02/01(水) 04:05:26.20ID:YYrsbIW8
「全て事実。後悔している」=デカセギ二人組殺人事件=被告一人が供述、犯行認める=代理処罰申請6件目に進展
【既報関連】東京都葛飾区で2001年6月4日未明、日系人の男二人が暴力団員に雇われ、無職の川上芳考さん(よしたか、当時33)を、
自宅に押し入り拳銃で射殺し、妻に重傷を負わせたとされる事件の被告人尋問が5月25日午後2時半頃、
聖市のバーラ・フンダ刑事裁判所で行われた。被告二人はデカセギで訪日していた日系三世で、犯行の約2週間後に同じ便で帰伯していた。
日本政府は10年に代理処罰申請(国外犯処罰規定による訴追)をし、マルセーロ・フクダ(35)被告は翌年に当地で逮捕され、
聖市ベレンの刑務所に拘禁されている。今回は彼のみが出頭、約一時間にわたって供述を行い、インドの熱波、死者1500人近くに 病院に長蛇の列

「後悔している。冷酷で残虐な行為だった」とのべ、公訴事実を全面的に認めた。
 「やったことは全て間違っていた。後悔している。事件後は、全然人生がうまくいかなかった」―。被告人尋問は報道陣にも公開する形で行われ、
手錠で繋がれた状態で警官に同行され、同被告が出廷した。「罪を犯したことを後悔しているか」との検察官の問いに早口でこう答え、反省の意思を見せた。
 最初に裁判官が黙秘権について説明した後、公訴事実を述べた上で事実かどうかを尋ねると、「全て本当です」と答え、判事、
検察官の質問に、よどみのない口調で答え始めた。
 供述によれば、フクダ被告は事件当日未明、顔見知りだったデニス(=証人の一人デニス・ユウジ・ヒロタ)という男に誘われ、
行きつけだった成田のディスコに、もう一人の犯人クリスチアーノ・イトウとともに出かけたという。ディスコで二人は、
大柄の男をデニスから紹介された。「その男に、幾許かの金と引き換えに仕事をやらないかと提案された」。提案された報酬は、一人100万円ずつだった。
 被告二人はその夜、男から現金50万円と共に白い車と銃を受け取り、デニスの運転する車で被害者宅に向かい、近くのレストランで、
男から指示があるまで待機した。
 その後川上さんの家に行き、イトウが家の外から最初の一発を撃って侵入したが、その時に銃の挿弾子
(複数個の弾薬を装填する際に用いる器具)が外れた。後から家に侵入したフクダ被告が、落ちていた弾を見つけて引き金にセットし
、二発目を被害者に向けて撃った。
 イトウは川上さんの妻に暴力を振るい、その後二人は現場から逃げた。残りの50万円は、犯行二日後に現金で受け取った。フクダは事件翌日、
仕事を無断欠勤し、クビになったという。
 被告二人は日本で、勤務していたソニーの工場で知り合い、一年ほど一緒に住んでいた。
 暴力団との関係について問われると、「依頼人がヤクザだったかどうかは(そう言われてはいるが)、よくわからない。自分も、
知っている限りではクリスチアーノも、一度も暴力団に所属したことはない。(イトウの)刺青も、ヤクザのものではない」と断言した。
帰国するための航空券は、用意されたのではなく、自分で購入したという。
 日本には犯行までに一年半ほど滞在していたが、フクダ被告はほとんど日本語を話せなかった。犯行に及んだ動機は
「残念ながら金だった」と答えた。被害者のことは知らなかったという。
 フクダ被告には二人子供がおり、帰国後、カンピーナスで清掃員などとして働いていた。同被告の証言によると2004年、
薬物の取引に携わった疑いで逮捕され、有罪判決が出ている。
サンローランの雑誌広告、痩せすぎモデルで掲載禁止に
【AFPBB News】 2015/06/04 15:30
【6月4日AFP】英国の広告監視当局は3日、仏高級ファッションブランド「サンローラン(Saint Laurent)」の
雑誌広告について、痩せすぎのモデルを起用していることを理由に掲載禁止の判断を下した。
この広告では、短いスカートとタイツ、プラットフォームヒール(厚底のヒール)を履いたモデルが地面に
仰向けに横たわっているモノクロ写真が使われている。英国広告基準局(Advertising Standards Authority、
ASA)は、広告を「無責任」と断じた。問題の写真についてASAは、モデルのポーズと照明によって胸部の肋骨
が際立って見えるとし、また脚部も「太ももとひざが同じ太さで細く見える」とコメントしている。
ブランド側は、モデルが痩せすぎに見えるということに同意できないとしたが、今回の決定により、この広告を
現行のまま再掲することはできなくなった。同ブランドは、以前は「イヴ・サンローラン(Yves Saint Laurent)」として
知られていた。(c)AFP

196日曜8時の名無しさん2017/02/01(水) 04:05:48.52ID:YYrsbIW8
「全て事実。後悔している」=デカセギ二人組殺人事件=被告一人が供述、犯行認める=代理処罰申請6件目に進展
【既報関連】東京都葛飾区で2001年6月4日未明、日系人の男二人が暴力団員に雇われ、無職の川上芳考さん(よしたか、当時33)を、
自宅に押し入り拳銃で射殺し、妻に重傷を負わせたとされる事件の被告人尋問が5月25日午後2時半頃、
聖市のバーラ・フンダ刑事裁判所で行われた。被告二人はデカセギで訪日していた日系三世で、犯行の約2週間後に同じ便で帰伯していた。
日本政府は10年に代理処罰申請(国外犯処罰規定による訴追)をし、マルセーロ・フクダ(35)被告は翌年に当地で逮捕され、
聖市ベレンの刑務所に拘禁されている。今回は彼のみが出頭、約一時間にわたって供述を行い、インドの熱波、死者1500人近くに 病院に長蛇の列

「後悔している。冷酷で残虐な行為だった」とのべ、公訴事実を全面的に認めた。
 「やったことは全て間違っていた。後悔している。事件後は、全然人生がうまくいかなかった」―。被告人尋問は報道陣にも公開する形で行われ、
手錠で繋がれた状態で警官に同行され、同被告が出廷した。「罪を犯したことを後悔しているか」との検察官の問いに早口でこう答え、反省の意思を見せた。
 最初に裁判官が黙秘権について説明した後、公訴事実を述べた上で事実かどうかを尋ねると、「全て本当です」と答え、判事、
検察官の質問に、よどみのない口調で答え始めた。
 供述によれば、フクダ被告は事件当日未明、顔見知りだったデニス(=証人の一人デニス・ユウジ・ヒロタ)という男に誘われ、
行きつけだった成田のディスコに、もう一人の犯人クリスチアーノ・イトウとともに出かけたという。ディスコで二人は、
大柄の男をデニスから紹介された。「その男に、幾許かの金と引き換えに仕事をやらないかと提案された」。提案された報酬は、一人100万円ずつだった。
 被告二人はその夜、男から現金50万円と共に白い車と銃を受け取り、デニスの運転する車で被害者宅に向かい、近くのレストランで、
男から指示があるまで待機した。
 その後川上さんの家に行き、イトウが家の外から最初の一発を撃って侵入したが、その時に銃の挿弾子
(複数個の弾薬を装填する際に用いる器具)が外れた。後から家に侵入したフクダ被告が、落ちていた弾を見つけて引き金にセットし
、二発目を被害者に向けて撃った。
 イトウは川上さんの妻に暴力を振るい、その後二人は現場から逃げた。残りの50万円は、犯行二日後に現金で受け取った。フクダは事件翌日、
仕事を無断欠勤し、クビになったという。
 被告二人は日本で、勤務していたソニーの工場で知り合い、一年ほど一緒に住んでいた。
 暴力団との関係について問われると、「依頼人がヤクザだったかどうかは(そう言われてはいるが)、よくわからない。自分も、
知っている限りではクリスチアーノも、一度も暴力団に所属したことはない。(イトウの)刺青も、ヤクザのものではない」と断言した。
帰国するための航空券は、用意されたのではなく、自分で購入したという。
 日本には犯行までに一年半ほど滞在していたが、フクダ被告はほとんど日本語を話せなかった。犯行に及んだ動機は
「残念ながら金だった」と答えた。被害者のことは知らなかったという。
 フクダ被告には二人子供がおり、帰国後、カンピーナスで清掃員などとして働いていた。同被告の証言によると2004年、
薬物の取引に携わった疑いで逮捕され、有罪判決が出ている。
サンローランの雑誌広告、痩せすぎモデルで掲載禁止に
【AFPBB News】 2015/06/04 15:30
【6月4日AFP】英国の広告監視当局は3日、仏高級ファッションブランド「サンローラン(Saint Laurent)」の
雑誌広告について、痩せすぎのモデルを起用していることを理由に掲載禁止の判断を下した。
この広告では、短いスカートとタイツ、プラットフォームヒール(厚底のヒール)を履いたモデルが地面に
仰向けに横たわっているモノクロ写真が使われている。英国広告基準局(Advertising Standards Authority、
ASA)は、広告を「無責任」と断じた。問題の写真についてASAは、モデルのポーズと照明によって胸部の肋骨
が際立って見えるとし、また脚部も「太ももとひざが同じ太さで細く見える」とコメントしている。
ブランド側は、モデルが痩せすぎに見えるということに同意できないとしたが、今回の決定により、この広告を
現行のまま再掲することはできなくなった。同ブランドは、以前は「イヴ・サンローラン(Yves Saint Laurent)」として
知られていた。(c)AFP

197日曜8時の名無しさん2017/02/01(水) 04:06:13.59ID:YYrsbIW8
「全て事実。後悔している」=デカセギ二人組殺人事件=被告一人が供述、犯行認める=代理処罰申請6件目に進展
【既報関連】東京都葛飾区で2001年6月4日未明、日系人の男二人が暴力団員に雇われ、無職の川上芳考さん(よしたか、当時33)を、
自宅に押し入り拳銃で射殺し、妻に重傷を負わせたとされる事件の被告人尋問が5月25日午後2時半頃、
聖市のバーラ・フンダ刑事裁判所で行われた。被告二人はデカセギで訪日していた日系三世で、犯行の約2週間後に同じ便で帰伯していた。
日本政府は10年に代理処罰申請(国外犯処罰規定による訴追)をし、マルセーロ・フクダ(35)被告は翌年に当地で逮捕され、
聖市ベレンの刑務所に拘禁されている。今回は彼のみが出頭、約一時間にわたって供述を行い、インドの熱波、死者1500人近くに 病院に長蛇の列

「後悔している。冷酷で残虐な行為だった」とのべ、公訴事実を全面的に認めた。
 「やったことは全て間違っていた。後悔している。事件後は、全然人生がうまくいかなかった」―。被告人尋問は報道陣にも公開する形で行われ、
手錠で繋がれた状態で警官に同行され、同被告が出廷した。「罪を犯したことを後悔しているか」との検察官の問いに早口でこう答え、反省の意思を見せた。
 最初に裁判官が黙秘権について説明した後、公訴事実を述べた上で事実かどうかを尋ねると、「全て本当です」と答え、判事、
検察官の質問に、よどみのない口調で答え始めた。
 供述によれば、フクダ被告は事件当日未明、顔見知りだったデニス(=証人の一人デニス・ユウジ・ヒロタ)という男に誘われ、
行きつけだった成田のディスコに、もう一人の犯人クリスチアーノ・イトウとともに出かけたという。ディスコで二人は、
大柄の男をデニスから紹介された。「その男に、幾許かの金と引き換えに仕事をやらないかと提案された」。提案された報酬は、一人100万円ずつだった。
 被告二人はその夜、男から現金50万円と共に白い車と銃を受け取り、デニスの運転する車で被害者宅に向かい、近くのレストランで、
男から指示があるまで待機した。
 その後川上さんの家に行き、イトウが家の外から最初の一発を撃って侵入したが、その時に銃の挿弾子
(複数個の弾薬を装填する際に用いる器具)が外れた。後から家に侵入したフクダ被告が、落ちていた弾を見つけて引き金にセットし
、二発目を被害者に向けて撃った。
 イトウは川上さんの妻に暴力を振るい、その後二人は現場から逃げた。残りの50万円は、犯行二日後に現金で受け取った。フクダは事件翌日、
仕事を無断欠勤し、クビになったという。
 被告二人は日本で、勤務していたソニーの工場で知り合い、一年ほど一緒に住んでいた。
 暴力団との関係について問われると、「依頼人がヤクザだったかどうかは(そう言われてはいるが)、よくわからない。自分も、
知っている限りではクリスチアーノも、一度も暴力団に所属したことはない。(イトウの)刺青も、ヤクザのものではない」と断言した。
帰国するための航空券は、用意されたのではなく、自分で購入したという。
 日本には犯行までに一年半ほど滞在していたが、フクダ被告はほとんど日本語を話せなかった。犯行に及んだ動機は
「残念ながら金だった」と答えた。被害者のことは知らなかったという。
 フクダ被告には二人子供がおり、帰国後、カンピーナスで清掃員などとして働いていた。同被告の証言によると2004年、
薬物の取引に携わった疑いで逮捕され、有罪判決が出ている。
サンローランの雑誌広告、痩せすぎモデルで掲載禁止に
【AFPBB News】 2015/06/04 15:30
【6月4日AFP】英国の広告監視当局は3日、仏高級ファッションブランド「サンローラン(Saint Laurent)」の
雑誌広告について、痩せすぎのモデルを起用していることを理由に掲載禁止の判断を下した。
この広告では、短いスカートとタイツ、プラットフォームヒール(厚底のヒール)を履いたモデルが地面に
仰向けに横たわっているモノクロ写真が使われている。英国広告基準局(Advertising Standards Authority、
ASA)は、広告を「無責任」と断じた。問題の写真についてASAは、モデルのポーズと照明によって胸部の肋骨
が際立って見えるとし、また脚部も「太ももとひざが同じ太さで細く見える」とコメントしている。
ブランド側は、モデルが痩せすぎに見えるということに同意できないとしたが、今回の決定により、この広告を
現行のまま再掲することはできなくなった。同ブランドは、以前は「イヴ・サンローラン(Yves Saint Laurent)」として
知られていた。(c)AFP

198日曜8時の名無しさん2017/02/01(水) 04:06:29.13ID:YYrsbIW8
「全て事実。後悔している」=デカセギ二人組殺人事件=被告一人が供述、犯行認める=代理処罰申請6件目に進展
【既報関連】東京都葛飾区で2001年6月4日未明、日系人の男二人が暴力団員に雇われ、無職の川上芳考さん(よしたか、当時33)を、
自宅に押し入り拳銃で射殺し、妻に重傷を負わせたとされる事件の被告人尋問が5月25日午後2時半頃、
聖市のバーラ・フンダ刑事裁判所で行われた。被告二人はデカセギで訪日していた日系三世で、犯行の約2週間後に同じ便で帰伯していた。
日本政府は10年に代理処罰申請(国外犯処罰規定による訴追)をし、マルセーロ・フクダ(35)被告は翌年に当地で逮捕され、
聖市ベレンの刑務所に拘禁されている。今回は彼のみが出頭、約一時間にわたって供述を行い、インドの熱波、死者1500人近くに 病院に長蛇の列

「後悔している。冷酷で残虐な行為だった」とのべ、公訴事実を全面的に認めた。
 「やったことは全て間違っていた。後悔している。事件後は、全然人生がうまくいかなかった」―。被告人尋問は報道陣にも公開する形で行われ、
手錠で繋がれた状態で警官に同行され、同被告が出廷した。「罪を犯したことを後悔しているか」との検察官の問いに早口でこう答え、反省の意思を見せた。
 最初に裁判官が黙秘権について説明した後、公訴事実を述べた上で事実かどうかを尋ねると、「全て本当です」と答え、判事、
検察官の質問に、よどみのない口調で答え始めた。
 供述によれば、フクダ被告は事件当日未明、顔見知りだったデニス(=証人の一人デニス・ユウジ・ヒロタ)という男に誘われ、
行きつけだった成田のディスコに、もう一人の犯人クリスチアーノ・イトウとともに出かけたという。ディスコで二人は、
大柄の男をデニスから紹介された。「その男に、幾許かの金と引き換えに仕事をやらないかと提案された」。提案された報酬は、一人100万円ずつだった。
 被告二人はその夜、男から現金50万円と共に白い車と銃を受け取り、デニスの運転する車で被害者宅に向かい、近くのレストランで、
男から指示があるまで待機した。
 その後川上さんの家に行き、イトウが家の外から最初の一発を撃って侵入したが、その時に銃の挿弾子
(複数個の弾薬を装填する際に用いる器具)が外れた。後から家に侵入したフクダ被告が、落ちていた弾を見つけて引き金にセットし
、二発目を被害者に向けて撃った。
 イトウは川上さんの妻に暴力を振るい、その後二人は現場から逃げた。残りの50万円は、犯行二日後に現金で受け取った。フクダは事件翌日、
仕事を無断欠勤し、クビになったという。
 被告二人は日本で、勤務していたソニーの工場で知り合い、一年ほど一緒に住んでいた。
 暴力団との関係について問われると、「依頼人がヤクザだったかどうかは(そう言われてはいるが)、よくわからない。自分も、
知っている限りではクリスチアーノも、一度も暴力団に所属したことはない。(イトウの)刺青も、ヤクザのものではない」と断言した。
帰国するための航空券は、用意されたのではなく、自分で購入したという。
 日本には犯行までに一年半ほど滞在していたが、フクダ被告はほとんど日本語を話せなかった。犯行に及んだ動機は
「残念ながら金だった」と答えた。被害者のことは知らなかったという。
 フクダ被告には二人子供がおり、帰国後、カンピーナスで清掃員などとして働いていた。同被告の証言によると2004年、
薬物の取引に携わった疑いで逮捕され、有罪判決が出ている。
サンローランの雑誌広告、痩せすぎモデルで掲載禁止に
【AFPBB News】 2015/06/04 15:30
【6月4日AFP】英国の広告監視当局は3日、仏高級ファッションブランド「サンローラン(Saint Laurent)」の
雑誌広告について、痩せすぎのモデルを起用していることを理由に掲載禁止の判断を下した。
この広告では、短いスカートとタイツ、プラットフォームヒール(厚底のヒール)を履いたモデルが地面に
仰向けに横たわっているモノクロ写真が使われている。英国広告基準局(Advertising Standards Authority、
ASA)は、広告を「無責任」と断じた。問題の写真についてASAは、モデルのポーズと照明によって胸部の肋骨
が際立って見えるとし、また脚部も「太ももとひざが同じ太さで細く見える」とコメントしている。
ブランド側は、モデルが痩せすぎに見えるということに同意できないとしたが、今回の決定により、この広告を
現行のまま再掲することはできなくなった。同ブランドは、以前は「イヴ・サンローラン(Yves Saint Laurent)」として
知られていた。(c)AFP

199日曜8時の名無しさん2017/02/01(水) 04:06:51.42ID:YYrsbIW8
「全て事実。後悔している」=デカセギ二人組殺人事件=被告一人が供述、犯行認める=代理処罰申請6件目に進展
【既報関連】東京都葛飾区で2001年6月4日未明、日系人の男二人が暴力団員に雇われ、無職の川上芳考さん(よしたか、当時33)を、
自宅に押し入り拳銃で射殺し、妻に重傷を負わせたとされる事件の被告人尋問が5月25日午後2時半頃、
聖市のバーラ・フンダ刑事裁判所で行われた。被告二人はデカセギで訪日していた日系三世で、犯行の約2週間後に同じ便で帰伯していた。
日本政府は10年に代理処罰申請(国外犯処罰規定による訴追)をし、マルセーロ・フクダ(35)被告は翌年に当地で逮捕され、
聖市ベレンの刑務所に拘禁されている。今回は彼のみが出頭、約一時間にわたって供述を行い、インドの熱波、死者1500人近くに 病院に長蛇の列

「後悔している。冷酷で残虐な行為だった」とのべ、公訴事実を全面的に認めた。
 「やったことは全て間違っていた。後悔している。事件後は、全然人生がうまくいかなかった」―。被告人尋問は報道陣にも公開する形で行われ、
手錠で繋がれた状態で警官に同行され、同被告が出廷した。「罪を犯したことを後悔しているか」との検察官の問いに早口でこう答え、反省の意思を見せた。
 最初に裁判官が黙秘権について説明した後、公訴事実を述べた上で事実かどうかを尋ねると、「全て本当です」と答え、判事、
検察官の質問に、よどみのない口調で答え始めた。
 供述によれば、フクダ被告は事件当日未明、顔見知りだったデニス(=証人の一人デニス・ユウジ・ヒロタ)という男に誘われ、
行きつけだった成田のディスコに、もう一人の犯人クリスチアーノ・イトウとともに出かけたという。ディスコで二人は、
大柄の男をデニスから紹介された。「その男に、幾許かの金と引き換えに仕事をやらないかと提案された」。提案された報酬は、一人100万円ずつだった。
 被告二人はその夜、男から現金50万円と共に白い車と銃を受け取り、デニスの運転する車で被害者宅に向かい、近くのレストランで、
男から指示があるまで待機した。
 その後川上さんの家に行き、イトウが家の外から最初の一発を撃って侵入したが、その時に銃の挿弾子
(複数個の弾薬を装填する際に用いる器具)が外れた。後から家に侵入したフクダ被告が、落ちていた弾を見つけて引き金にセットし
、二発目を被害者に向けて撃った。
 イトウは川上さんの妻に暴力を振るい、その後二人は現場から逃げた。残りの50万円は、犯行二日後に現金で受け取った。フクダは事件翌日、
仕事を無断欠勤し、クビになったという。
 被告二人は日本で、勤務していたソニーの工場で知り合い、一年ほど一緒に住んでいた。
 暴力団との関係について問われると、「依頼人がヤクザだったかどうかは(そう言われてはいるが)、よくわからない。自分も、
知っている限りではクリスチアーノも、一度も暴力団に所属したことはない。(イトウの)刺青も、ヤクザのものではない」と断言した。
帰国するための航空券は、用意されたのではなく、自分で購入したという。
 日本には犯行までに一年半ほど滞在していたが、フクダ被告はほとんど日本語を話せなかった。犯行に及んだ動機は
「残念ながら金だった」と答えた。被害者のことは知らなかったという。
 フクダ被告には二人子供がおり、帰国後、カンピーナスで清掃員などとして働いていた。同被告の証言によると2004年、
薬物の取引に携わった疑いで逮捕され、有罪判決が出ている。
サンローランの雑誌広告、痩せすぎモデルで掲載禁止に
【AFPBB News】 2015/06/04 15:30
【6月4日AFP】英国の広告監視当局は3日、仏高級ファッションブランド「サンローラン(Saint Laurent)」の
雑誌広告について、痩せすぎのモデルを起用していることを理由に掲載禁止の判断を下した。
この広告では、短いスカートとタイツ、プラットフォームヒール(厚底のヒール)を履いたモデルが地面に
仰向けに横たわっているモノクロ写真が使われている。英国広告基準局(Advertising Standards Authority、
ASA)は、広告を「無責任」と断じた。問題の写真についてASAは、モデルのポーズと照明によって胸部の肋骨
が際立って見えるとし、また脚部も「太ももとひざが同じ太さで細く見える」とコメントしている。
ブランド側は、モデルが痩せすぎに見えるということに同意できないとしたが、今回の決定により、この広告を
現行のまま再掲することはできなくなった。同ブランドは、以前は「イヴ・サンローラン(Yves Saint Laurent)」として
知られていた。(c)AFP

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています