【Ψ】おんな城主 直虎の視聴率を語るスレpart6©2ch.net

1日曜8時の名無しさん 転載ダメ©2ch.net2017/01/26(木) 18:48:37.93ID:lRnXHnzM
             ____
           ./, - 、, - 、   ̄ ヽ
          ./-┤ 。|。  |――-、 ヽ
           | ヽ`- ○- ´ /  ヽ  |
           | -   |     ―   |  |
           |  ´  |    `ヽ  . |  |ヽ
  ∩      人`、 _  |    _.- ´ | .|  \
  |  ⌒ヽ /  \  ̄ ̄ ̄     ノノ       \
  |      |´      | ̄―--―― ´ヽ     _  /⌒\
  \_   _/-―――.| ( T )      `l     Τ(      )
       ̄       1   ̄        }      | \_/
             | 、--―  ̄|    /
田中美海と高野麻里佳のうんち臭すぎ

2日曜8時の名無しさん2017/01/26(木) 19:32:01.02ID:838/p3ML
ロリ大河はにゃ〜ん

3日曜8時の名無しさん2017/01/26(木) 21:21:03.17ID:838/p3ML
ここは

「おなにい城主オナ虎」の視聴率を語るスレです

間違えないでください

4日曜8時の名無しさん2017/01/30(月) 00:46:02.90ID:yLwuS88/
>>1,2,3

「大河ドラマ」時代考証者が「男性説」に反論…「直虎が女性だった」と断言できる根拠   (2017/1/29 11:30)

https://dot.asahi.com/dot/2017012600151.html
https://cdn.images-dot.com/S2000/upload/2017012600151_1.jpg

「直虎」の時代考証を担当する静岡大名誉教授の小和田哲男氏に、見解をうかがってみた。
・史料は聞き書きなので、江戸時代の井伊家の家臣にこうした伝承があったといったことは分かっても、信憑性は薄い。
・仮に、新野左馬助親矩のおいが井伊次郎を名乗ったとしても、新史料で「井伊次郎=直虎」という記述はない。
・井伊氏の惣領の仮名(けみょう)は代々、「次郎」で、だからこそ、龍潭寺(りょうたんじ)の南渓和尚も、惣領直盛の一人娘の出家に際し、次郎法師という名を与えた。次郎法師がいるのに、別の人間が次郎を名乗るとは考えにくい。

 新たに見つかった史料が1735年(享保20年)に編集されたものである点から小和田氏は、「江戸時代の人にとっては“おんな城主”の存在を考えにくかったのでは?
 大名の無嗣断絶の例が多く“家督は男が継ぐ”という先入観があり、このような伝承ができたとも考えられる」と指摘する。
 そのうえで、あらためて「次郎法師(直虎)が一時的にではあれ、井伊谷を支配していたことは次郎法師の印判状(『龍潭寺文書』)の存在によって明らか」と、「直虎=おんな城主」説を力説。



【関連記事】
「おんな城主直虎」は男性?磯田道史さん講演   2017年01月28日 19時03分

http://www.yomiuri.co.jp/culture/20170127-OYT1T50024.html
直虎と直政について講演する磯田さん(彦根市で)
http://livedoor.blogimg.jp/yujitono39/imgs/c/b/cb75f1c9.jpg

 磯田さんは、放映が始まったNHKの大河ドラマ「おんな城主直虎」誕生の経緯も絡めながら、彦根藩祖・井伊直政とその養母・直虎について古文書の内容も踏まえつつ、説明した。
 講演の冒頭では、昨年末に直虎が「女性」ではなく「男性」だったという説が公表されたことに触れた。
 その中で「女城主になった井伊家の次郎法師という尼僧は確実にいた」と指摘。

5日曜8時の名無しさん2017/07/20(木) 11:04:24.54ID:fT7J1xuv
天国大河直虎

6日曜8時の名無しさん2017/07/21(金) 17:18:31.55ID:78IHrWS/
味楽大河直虎

7日曜8時の名無しさん2017/08/06(日) 17:12:06.92ID:CDsYnIRa

8日曜8時の名無しさん2017/09/16(土) 16:04:24.58ID:HgVFbwBx
その日。猛吹雪の中、一人の少年があてもなく彷徨していた。
その少年は放火の濡れ衣を着せられ、周りから罵られ居場所を失い、頼みの綱だった絵画コンクールも落選し、絶望の縁に立たされていた。
吹雪と空腹で視界はぼやけ、寒さで意識は朦朧としながらも、 少年は光る建物を見つけた。教会だ。
教会の中は風も当たらず暖を取るには十分だ。ホッとしたのか少年はその場に横たわった。
ふと、耳をすますと「クゥーン」 、犬の声がした。そう長年連れ添った相棒だ。
その犬は主人を探しに来たのだ。犬は少年に近寄り、鼻をそっと少年の頬に擦り寄せる。
「パトラッシュ…僕もう疲れたよ…何だかとっても眠いんだ…」
少年は弱々しい声でそう言うとそっと微笑み瞼を閉じた…そして、パトラッシュも少年に寄り添い瞼を閉じた…
すると天が輝き…天使達が舞い降りて来た、天使達は少年とパトラッシュを取り囲む…
天使達が優しく手をかけようした、その時!
「ガッッシャーン!!」
大聖堂のステンドグラスがカチ割れ、何者かが乱入してきた!寺育ちで尼でもある霊感の強い次郎法師こと直虎だ!
「その子達を冥界へ連れていくのはまだ早い!」
「破ァ!」という叫びとともに眩い光弾が天使達へ向かっていく、その時
「HAa!」
別の方向から光弾が飛んできて、直虎の光弾を弾いた!
光弾の先に目をやるとそこには教会生まれでスピリチュアルパワーの高いオルガンティーノが居た!
「神の使いに危害を加える不遜な輩め!」
再びオルガンティーノが「HAa!」と叫ぶと先程の光弾が直虎へと向かっていった!
「破ァ!」 すぐさま直虎はお札を宙にばらまき、法華経普門品の声明を唱えた。お札は直虎を取り囲んで結界を作った。
結界に光弾が接触する!激しい光ともに札と光弾が弾け飛ぶ、相殺したようだ。
「私の結界を破るとは中々出来るみたいだな。だが、どんな理由があろうとも未来ある子どもの命を摘み取るよな真似は神が許そうともこの私が許さんッッ!」
そんなこんなで直虎とオルガンティーノは一晩中戦い明かしたが、決着は付かなかった…

朝日が教会に射し始めた頃、天使達は天に登って行った、少年を置いて
「神はどうやら少年は生きる運命だと…これ以上戦う理由はない」
そう言うとオルガンティーノは静かに去って行った。

「やれやれ…俺もまだまだ未熟だな…今度会うときは味方であって欲しいものだ…」
そう言うと直虎さんも煙草に火をつけ去って行った…

寺生まれも教会生まれもパねぇなって神父さんは吹き飛んだ教会を見て思った 。

その後少年が潔白だったことが証明され皆が謝罪、再び元の生活に戻ることが出来た。
そして少年の才能を認め弟子に取りたいという画家が現れた。数年の間、その画家の元で修行した少年は立派な画家なったとかなったという。

新着レスの表示
レスを投稿する